誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「薬」のブログを一覧表示!「薬」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「薬」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「薬」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今日は大学病院に行って来た。和漢外来の診察と、指定難病の「受給者証の更新申請」を神経内科の先生に依頼。こちらは医事課の窓口で手続き。和漢外来では、前回から煎じ薬を「加味帰脾湯」+「六味地黄丸料」に変更したけど ... » more
テーマ 病気 病院

RSP63★トラフル こちらは第一三共ヘルスケアから口内炎のお薬”トラフル”口内炎って口の中かんじゃったり、栄養が偏ってたりすると割とよくなりますよね。で、そのときに自然治癒に任せる人っていうのが半数以上いるそうです。最近でこそスプレーとか軟膏み ... » more
テーマ RSP

RSP63★クロマイーN軟膏 今回は第一三共ヘルスケアから”クロマイーN軟膏”体にできた大人のニキビや吹き出物用に作られた軟膏。15〜45歳女性の3人に2人が経験しているんです。市販のニキビ薬で対応・・・?でも、その原因はカビだった?!真 ... » more
テーマ RSP

RSP63★イータック抗菌化スプレーα まずは今回実は一番気になっていたもの★イータック抗菌化スプレーα実は冬のRSPのときにも紹介されていて、インフルが流行っていた時だったから結構重宝したんですよね。(この時の記事がこちら)で、今の時期っていったら梅雨向けか ... » more
テーマ RSP

今、わが家は「白色ワセリン」ブーム。訪問リハビリの時に同行した看護師さんが、夫の皮膚の状態をチェックしてくださった。特に、お尻にかぶれや湿疹がないか見ていた。今の所、症状はなにもない。でも、夫には腕や膝をガリ ... » more

昨日は大学病院の通院日だった。今回は和漢診療科で血液検査と診察。3月3日から飲み始めた「六味地黄丸料」も、そろそろ身体に慣れてしまったのか、午前中の排尿が少なくおねしょの量が多い日が続いた。そこで、今回は漢方 ... » more

若年性パーキンソン病を生きる―自分という社会で 6月6日のすいごごカフェは、「自分とのつきあいかた」と題し、若年性パーキンソン当事者の橋本直子さんをゲストとして迎えた。彼女は予め原稿を用意してきて、まずそれに沿って語ってくれた。その後の質疑応答から、彼女が切り拓きつつある ... » more
テーマ 若年性パーキンソン病 地域で生きる

この雑誌より。週刊現代 2018年 6/16 号”市販の「かぜ薬」で認知症になる”認知症の発症と「抗コリン作用」を持つ薬の服用に関連が見られることがわかった。p36抗コリン作用を持つ代表的な「市販薬」総合 ... » more
テーマ 健康 医療

「かぜとはどんな病気ですか?」  埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。人生は自分の選択の積み重ね〜あなたが自分らしく生きるためにあなたの意思決定を支えます〜****一般的に ... » more
テーマ 健康 かぜ

RSP61★Saiki治療クリーム RSP61に再び登場した★Saiki治療クリームゆらぎ肌に効くSaiki治療クリーム!季節の変わり目に有効な肌の奥底から治す★Saiki治療クリーム。ヒルドイドローションで話題になったヘパリン類似物質。 ... » more
テーマ RSP 美容

回答/小倉知恵美(坂総合病院・薬剤師)監修/高田満雄(全日本民医連薬剤委員会・薬剤師)妊娠中の女性が外用薬を使用した場合に、胎児への影響について説明します。●貼り薬・塗り薬※1妊娠中はさまざまな原因で腰痛 ... » more
テーマ 妊娠中の外用薬 「いつでも元気」連載〔くすりの話〕一覧

昨日は通院日で、和漢外来の受診だった。「六味地黄丸料」を飲み始めてから、おねしょの量が減って助かっている。年をとると夜間頻尿の人が多くなるのは、「抗利尿ホルモン」が原因の場合も多くあるのだという。若い頃は就寝中に尿を ... » more
テーマ 病気 病院

魔女の日記
いつからかわからないけど、寝つきは布団の中にはいると、すぐ寝込んで横になるのが、うれしかった。でもこれもいつからかわからないいけど、2時か3時にトイレにおきたら、色々考えて寝れなくなった。もう限界だと思って、先生に一 ... » more
テーマ 寝れる

デパス錠の危険性を知って使っていますか? 埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。デパス(エチゾラム)という薬をご存知ですか?精神安定剤のひとつです。(抗不安薬・睡眠薬)2016年10月、第3種向精神薬に指定され保険医による ... » more
テーマ 健康 医療

今日は大学病院の通院日だった。今回は和漢外来だけの診察。朝、8時半に出発して10時に到着。今日は駐車場がどこも満車。何か行事があるみたい。診察では、前回処方された「六味地黄丸料」の効果としては、飲み始めの ... » more
テーマ 病気 病院

風をひいた、熱がある、ちょっと具合が、食欲がなくて、だるい、眠れないなどなど、少しの事で医者に駆け込む人たちがいます。他方、これくらい熱のうちに入らんよ、おれの胃は鋼鉄だよ、寝床に入ったらすぐにがぁ〜っ、病気は気合で治すんだと、威勢の良 ... » more
テーマ 肝臓 初期通過

セミナーの資料、その2。抗精神病薬は出来るだけ少ない量で、長期投与しないこと。副作用「1」動作歩行能力の低下副作用「2」嚥下能力の低下〜誤嚥副作用「3」過度の鎮静による日中の傾眠状態副作用 ... » more
テーマ 病気

先週の金曜日は今年初の通院日だった。今回の診療科は3科。あちこちまわって疲れた〜冬場は通院が大変なので、暫く同じ漢方薬を飲ませていたけど、身体に慣れたせいか最近おねしょの量が多くなった。ブログにも800gと書いた ... » more

回答/藤竿伊知郎(外苑企画商事・薬剤師)監修/高田満雄(全日本民医連薬剤委員会・薬剤師)過食が問題となる現代、不足している栄養素としてカルシウムが注目されています。日本人の食事摂取基準(2015年)によると、50歳以上の ... » more
テーマ カリシューム “丈夫な骨”にはタンパク質も必要

たくさん飲んでも大丈夫 ?  くすりの話 回答/下浦芳久(兵庫・東神戸病院)監修/高田満雄(全日本民医連薬剤委員会 ・ 薬剤師 )「多剤投与」という言葉を聞いたことがあります か? 最近では「ポリフアーマシー」とも言われてい ます。ポリフアーマシーのはっ ... » more
テーマ 薬が増える原因 たくさん飲んでも大丈夫 ?

っぽいので、風邪薬飲んだので、はよ寝ないと…こんな時に限ってサミタのツインB、連爆中なのれす。。。2/7(水)の活動【アニメ】未確認で進行形【マンガ】-【ゲーム】デレマス・スト魔女・ガルフレ(PC)【CG】- ... » more
テーマ 眠い 風邪

Ninjaおやじのお気楽ブログかぜ
かぜ 金曜日朝起きると喉が強烈に痛かった2日ほど前から違和感を感じていたのでかぜの初期症状に効く葛根湯を服用していたノドぬーるスプレーと葛根湯を服用して出勤会社に着くころにはノドの痛みは随分治ま ... » more
テーマ かぜ

プリティ長嶋のブログ風邪?2018
ここ数日、体調不良のため閉店中。そして体調を誤魔化して仕事をすると悪化のパターン。中々戻りませんね。年齢の影響でしょうかね。皆さんもお気を付けてください。インフルではないんですがね。微熱と咳と時々悪寒の日々です。 ... » more
テーマ 病気 インフルエンザウイルス

この冬は寒くなるのが早く、昨年は珍しく11月に雪が降った。そのせいなのか、代謝が悪いのか、いつもは温かい夫の手足が冷たい。そこで、昨年末の和漢外来では、生薬が少し変わった。漢方では生姜と書いてショウキョウ ... » more

kobe御影からの発信薬の効果 副作用
薬の効果 副作用 今日は小学校校庭でのグランドゴルフ練習今年最初の日予定通り出席し32ホール予定通りのスコアで回れた年初から体調が芳しくない理由が判った眩暈とまでも言えないが体が不安定でふらつき気味だったそれは風邪のせいと思っていたがある種の漢方薬の ... » more

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”よりうつ病治療薬のルボックス、デブロメールはカフェインの作用を強くしすぎることがある。市販の解熱鎮痛剤の中にはカフェインがふくまれているものも多いので ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”より抗うつ薬の中には抗コリン作用を持つ薬剤がある。胃腸鎮痛鎮痙薬のブスコパンなどとの併用はブスコパンの副作用である「口の渇き」「動悸」などをさらに ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”よりニューキノロン系抗菌薬などは出血の副作用を引き起こすことがある。ワーファリンなどと併用することで作用が増強してしまう可能性があるアルミニウ ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせロキソプロフェンやイブプロフェンなどの非ステロイド性解熱・鎮痛薬は、血圧を上げる作用がある。降圧薬を併用すると血圧を下げる効果が弱められることがあ ... » more
テーマ 知識 看護師

意味性認知症の夫との闘病記年末の色々
パソコンの調子が悪くて、暫くアナログ生活を続けていた。情報は新聞とテレビだけ。暇だったので、夫と同じく9時に寝ていた。母は16日に無事退院。翌日からは一人で食事を作ったり、お風呂にも入っていた。回復が早く ... » more

 

最終更新日: 2018/07/09 04:46

テーマのトップに戻る