誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    賃金

賃金

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「賃金」のブログを一覧表示!「賃金」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「賃金」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「賃金」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠 15歳から24歳非正社員」で取り上げた非正社員のうち、在学中で、仕事がアルバイトだといっている者を抜き出してみました。世間で流布しているイメージとは少し違う結果が。15歳から24歳の学生 ... » more

「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠 15歳から24歳正社員」に続き、今度は非正規社員の動きです。正社員のは異なり、4〜6月よりも7〜9月が多く、10から12月にはさらに増えます。1から3月は減るようです。正社員で入っても半年経つま ... » more

15歳から24歳の正社員の数です。総務省の労働力調査から抜き出しました。この年齢層は学校を卒業する時期の若者です。そのため、毎年4−6月に増え、その後減っていくというパターンがあります。実績は次の通りです。15歳から ... » more

12月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.3%の増加です。7月から12月まで6か月連続して2.0%を超えです。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が1.4%であり、パートタイム労働者の増加率は ... » more

労働、社会問題低賃金立国論?
2016年2月12日の日本経済新聞の「特区で外国人材の活躍をさらに進めよ」という社説は、まるで低賃金立国論のように思えてしまいます。 人手不足が進む日本では女性や高齢者と同様、外国人にもっと活躍してもらう必要がある。政府は受け入れ ... » more
テーマ 賃金 雇用

「雇い負け」で、「対策を講じるべきなのはその企業であり、国ではありません。」と書きましたが、一つ例外があります。付加価値の生産性もそれなりにあり、労働者もきちんと処遇しているが、知名度が低い、あるいは、広告などを出す余裕がないため企業の ... » more
テーマ 統計 賃金 若者

労働、社会問題雇い負け
経団連調べの初任給です。大手企業が中心といえるでしょう。http://www.keidanren.or.jp/policy/2015/090.pdf図表3−2で大学卒業者の初任給を見ると、211,562円で「初任給の上昇」の大企業よ ... » more

労働、社会問題初任給の上昇
厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2015年の大学卒業者の初任給は前年に比べ上昇しています。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/15/02.html ... » more

(2015年1月23日)訂正、追加をしました。11月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.1%の増加です。7月から11月まで5か月連続して2.0%を超えです。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増 ... » more

労働、社会問題2016年の注目点
あけましておめでとうございます。2015年には、二つの注目すべき変化が生じました。一つ目は、「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠 男女計年齢計」で示したように、前年に比べて正規労働者の数が増え始めたことです。二つ ... » more

「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠 若い女性」に関連して、労働力調査で「正規の職員、従業員」(以下「正社員」)の数を見ることができます。月々の数字にはランダムな変動があると思われますので、3か月の移動平均で見ることにしました。6月 ... » more

10月分が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.2%の増加です。これで7月から10月まで4か月連続して2.0%を超えたことになります。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が9月と同じ1.3%であり、パ ... » more

これまで書いてきた「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2015年9月)」では、前年同月比の変化を解説してきた。毎月勤労統計が最近の労働市場の状況を把握するための速報統計(構造統計に対する速報統計という意味で、速報、確報という意味での ... » more

9月分が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.0%の増加です。7月から4か月連続して2.0%です。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が1.3%であり、パートタイム労働者の増加率は3.9%となっています。 ... » more

「「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠」について」では、男性だけを取り上げましたが、今回は女性を取り上げます。15歳から24歳では、大体増える傾向にあるようです。男性と合わせると7月までは増加、8月は増減なし、9月は減少です ... » more

労働力調査の9月分が発表されましたので、「人的資本の生産が増えているかもしれない根拠」にに9月分を追加しておきます。残念ながら、15歳から24歳では、8月に続いて9月も減少しています。15から24歳の男性正社員・正職員の数の ... » more

「なぜ雇用は改善し続けているのか?人的資本の生産が増えているから? その2」で、「本当に人的資本の生産が増えているのかは実証できるデータがあまりありません。学卒採用が増えていることぐらいです。」と書いたので、これに関連する数字を。総 ... » more

8月分の確報が発表になりました。常用雇用は、全体では2.0%の増加です。15年に入ってから2%程度の伸びが続いてます。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が0.9%であるのに対してパートタイム労働者の増加率は4.7%と ... » more

「なぜ雇用は改善し続けているのか?人的資本の生産が増えているから?」で書いた最初の問題、本当に人的資本の生産が増えているのかは実証できるデータがあまりありません。学卒採用が増えていることぐらいです。一応、増えているのだと考えた場合の問題、な ... » more

「なぜ雇用は改善し続けているのか?」で、生産活動は停滞しているのに雇用はなぜ拡大しているのかという問を立てたのですが、ラスカルさんも同じような問題意識をお持ちのようで、「真の失業率−2015年8月までのデータによる更新」で、「雇用にはこれま ... » more

7月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では2.0%の増加です。15年に入ってから2%程度の伸びが続いてます。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が0.9%であるのに対してパートタイム労働者の増加率は4.7%とか ... » more

厚生労働省では、平成27年8月24日の報道発表資料において、全都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されたことを公表しました。全国加重平均額は昨年度から18円引上げの798円です。各都道府県労働局に設置されているすべての地方最低賃金 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2015年5月分確報)」の続きです。常用雇用は、全体では2.1%の増加です。15年に入ってから2%程度の伸びが続いてます。フルタイム労働者(一般労働者)の増加率は1.1%です。パートタイム労働者の ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2015年5月分確報)」で示したように、現在、雇用が拡大を続けていることは疑いがありません。これはある意味では、不思議なことです。片岡剛志さんのコラム「回復ペースは強まるか?2015年後半の日本経 ... » more

◇ 4−6月期はマイナス成長に=厚生労働省が発表した6月の毎月勤労統計によると、5人以上の事業所に勤める従業員の現金給与総額は平均42万5727円で、前年同月を2.4%下回った。さらに物価の上昇分を調整した実質賃金は、前年比2.9%の減少と ... » more
テーマ 賃金

基礎的財政収支の改善方策についていろいろな議論が行われている。議論の土台になっているのは、2015年度の税収見積りである。どうも当てにならないのではないかという気がしてきた。実績とのかい離が大きすぎるのである。実績は現時点では6月分 ... » more

厚生労働省は、平成27年7月30日の報道発表資料で、「平成27年度地域別最低賃金額改定の目安について」を公表しました。これは、同日開催された中央最低賃金審議会(仁田道夫会長)で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられ ... » more

◇ 25か月ぶりのマイナス脱却=実質賃金が、ようやくマイナスの領域を脱出した。厚生労働省が発表した毎月勤労統計の5月・確報によると、実質賃金指数は前年同月と同じ。速報値では0.1%減少だったのが、「変わらず」に上方修正された。これで実質賃金 ... » more
テーマ 賃金

厚生労働省は、平成27年7月30日午前10時から、第44回中央最低賃金審議会を開催します。議題は、平成27年度地域別最低賃金改定の目安について(答申)です。これに先立って7月28日午後3時から開催された同審議会目安に関する小委員会は ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2015年4月確報)」の続きです。5月分の確報が発表になりました。常用雇用は、全体では2.0%の増加です。15年に入ってから2%程度の伸びが続いてます。フルタイム労働者(一般労働者)の増加率は ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 16:39

「賃金」のブログ関連商品

» 「賃金」のブログレビュー をもっと探す

「賃金」ブログのユーザランキング

国民国家 1 位.
国民国家

テーマのトップに戻る