誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    修学院離宮

修学院離宮

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「修学院離宮」のブログを一覧表示!「修学院離宮」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「修学院離宮」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「修学院離宮」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

修学院離宮 見学(3)上離宮。景観を損ねない為の建築。不良企業に怪我させられたおかげで歩きにくい。 [第259回]「数寄屋造」研究4-3修学院離宮は下離宮(下御茶屋)・中離宮(中御茶屋)・上離宮(上御茶屋)と3カ所に分かれていて、その間の通路は両側に松が植わっている。もとはあぜ道だったが、馬車を通すのに松並木にして、今は松が茂って馬車 ... » more

修学院離宮見学(2)下離宮・中離宮。 上段の間は非バリアフリー? 「棚」そのものを見せる霞棚 [第258回]「数寄屋造」の研究4-2朝6時20分に「鴨川十条」バス停に予定通り到着した夜行バスを降りると、夏とはいえ少々寒かったのだが、9時からの修学院離宮見学ツアーでは、むしろ、暑い。夏の見学は朝一番にして良かった。11時だともっと ... » more

修学院離宮見学(1)修学院離宮と桂離宮、飛雲閣・成巽閣、日光東照宮、ヴェルサイユ庭園との対比について [第257回]「数寄屋建築」の研究4-1≪日本の建築の建築様式には、次のような造りがあります ≫古代(上代)神明造り、大社造り、住吉づくり、奈良時代春日造り、校倉造り、平安時代寝殿造り、室町時代書院造り、江戸時代数寄 ... » more

師話§そうだ京都!〜修学院離宮拝観〜 [承前]……そう!修学院離宮を拝観するのだ。桂離宮にも行きたかったのだが、今回のインターネット予約で申し込めたのは修学院離宮だけ。電車利用での行き方もわかってはいたが、最寄駅から徒歩20分という距離に怖気づき、大事を ... » more

名残の桜は 修学院離宮【上離宮編】へ 中離宮から松並木を歩いて行きます。少しだけ登っていますが、気にならない程度でした。そして約7分で、上離宮の御成門に着きました。ここでガイドさんが鍵を開けられ門を入ります。すると、苑路は狭く急な階段を上がって行きます。初めて訪 ... » more
テーマ 修学院離宮 日本庭園 宮内省所管

名残の桜は 修学院離宮【中離宮編】へ 下離宮から美しい田園風景と松並木をガイドさんのあとについて行き、歩くこと5分で、表門に着きました。以前、この前にも綺麗な桜が咲いてたんですが、葉桜でした。しかし、ここが中離宮の入口ではありません。そのためガイド ... » more
テーマ 修学院離宮 日本庭園 宮内省所管

名残の桜は 修学院離宮【下離宮編】へ 今年の1月1日の元旦に、桜狙いで予約した修学院離宮に4月9日(木)に行ってきました。最初に予約した(抽選に当たった日)は別の日だったんですが宮内庁の都合で変更になりました。しかし、最初に予約した日は朝から夜まで雨降りでしたね。{%笑いweb ... » more
テーマ 修学院離宮 日本庭園 宮内省所管

 〈T〉  修学院離宮 久しぶりに里帰りした京都は、緑に溢れていました。訪ねたのは「修学院離宮」後水尾上皇が造営、愛した離宮は、今も美しく、宮内庁によって管理されています。修学院・上離宮にある「浴龍池」。島の形が泳ぐ龍の姿に見立てられています。 ... » more
テーマ 修学院離宮 後水尾上皇  コメント(6)

うちの小庭山荘庭園 修学院離宮
山荘庭園 修学院離宮 (3日間の特別休暇、いざ京都へ)桂離宮と修学院離宮が見たくて、性懲りもなく参観申込みをしたら、2回目に「修学院離宮」の許可が取れた。新幹線とホテルを予約して、3日間の京都散策に出発。一方、桂離宮は出発3日前まで粘ったもの ... » more

身近な写真雨の修学院
雨の修学院 平成24年5月16日。6時過ぎに起きだした。快晴の朝である。昨日の雨もすっかりあがり今日は終日すっきり晴れそうだ。日差しを浴びると急に元気が湧いてくる。人間も日差しの下で生きる生き物だったのだ。朝刊トップはギリシャ問題。先日 ... » more
テーマ 修学院離宮 デジカメ 赤山禅院

修学院離宮・13「舟着」 「舟着」「石船」「外腰掛跡」「三重の塔」「沓脱石」13回に渡り『もう一度行ってみたい』の第一弾として「修学院離宮」の紹介をしてまいりました。壮大なこの離宮は四季折々に姿を変えて訪れる人々を楽しませてくれると思います。 ... » more

修学院離宮・12「釘隠し,引手」 「釘隠し,引手」◎隣雲亭一の間・釘隠し@寿月観一の間・長押の釘隠しA楽只軒一の間・釘隠しB客殿二の間・竹葉形釘隠しC客殿一の間・花車釘隠しDEF楽只軒・引手G客殿内仏間・地袋戸の引手H客殿杉戸の引手I客殿三の間・引手 ... » more

修学院離宮・11「欄間」 「欄間」@御幸門扉・花菱透かし模様A寿月観一の間B寿月観一〜二の間境の欄間・花菱C寿月観二〜三の間境の欄間・星七宝紋D客殿内仏間・逆波の意匠に水玉透かし彫り ... » more

修学院離宮・10「襖絵」 「襖絵」@寿月観一の間・岸駒作・虎渓三笑の墨絵A楽只軒一の間(床の間)・狩野探信作・吉野桜B楽只軒一の間(壁)・狩野探信作・吉野桜C客殿三の間・菊水模様D客殿内仏間 ... » more

修学院離宮・9「東福門院」 江戸幕府の二代将軍・徳川秀忠の娘・和子「東福門院」〜〜後水尾天皇の中宮〜〜@東福門院A客殿一の間B霞棚C日本三大棚(霞棚)D客殿二の間(春夏秋冬襖絵)E客殿杉戸絵(左:祇園祭船鉾、右:岩戸山鉾・放下鉾)F鯉の図(夜毎池へ ... » more

修学院離宮・8「懸花生の屏風」 女流華道家でもあった緋宮(後水尾天皇の第八皇女)が自ら生けた花を写生した「懸花生の屏風」 ... » more

身近な写真修学院離宮
修学院離宮 平成24年2月24日。7時過ぎに起きだした。黒い雲が一面に張り出している。気温はやや低く肌寒く感じられる。先日の地下鉄梅田駅の火災原因は清掃作業員のたばこの不始末だったそうだ。火気厳禁の場所での喫煙。許されることではない。最 ... » more
テーマ 修学院離宮 デジカメ 浴龍池

修学院離宮・7「御水尾上皇」 後水尾上皇は寛永十六年には青蓮院尊純親王から秘伝を伝授された好学心あつく「皇朝類苑」などの活字版も刊行宸筆も多い ... » more

修学院離宮・6「自然の造化」 雄大さと繊細さが見事な統一を見せている。この造化の巧みは人工的とは言えないが自然のものではない。天皇の庭−−−−見方によってはトリックと詐術心理の操作と巧みな装置によって人々を「浮水」の恍惚の境地へと誘いこんでゆく。そのゆくつく ... » more

修学院離宮・5「建築-2」 離宮の秘寺〜〜〜___「門跡林丘寺」 ... » more

修学院離宮・4「建 築」 自然と融解する建築あくまで雄大で優雅___。〜〜〜「建築」〜〜〜下御茶屋(寿月観)中御茶屋(左:楽只軒右:客殿)上御茶屋(左:隣雲亭右: ... » more

修学院離宮・3「灯 籠」 離宮に遊ぶ御殿人の足元を照らす〜〜〜「灯籠」〜〜〜下御茶屋 中御茶屋 ... » more

修学院離宮・2 「庭 園」 王者の山荘〜〜〜「修学院離宮の庭園」〜〜〜・下御茶屋・中御茶屋(松並木)・上御茶屋今度は秋の紅葉時期に見学してみたいものです。 ... » more

「もう一度往ってみたい」修学院離宮〜門〜 是非もう一度いってみたいと思いながら「修学院離宮」の新年の番組をみた。「認」の一字を胸に刻んだ後水尾天皇が深く関与した修学院離宮。将軍家の専横に耐えて王朝ロマンをかき立てる宮廷の庭・・・・〜〜「門」〜〜〜 下御茶屋 ... » more

錦秋の京都・紅葉を楽しむ・・・・・・・ 修学院離宮の巻 2011.11.30晴れ時々曇り13:30〜15:00備忘録京都所在の御所・離宮には、仙洞御所・京都大宮御所・桂離宮・修学院離宮・京都御所が思い浮かぶ。京都御所を除いて、毎年参観希望日の3ヶ月前の月の1日の消印から受付順に定 ... » more

古寺とお城の旅日記U雨の修学院離宮へ
雨の修学院離宮へ 10月の3連休の後は、週末毎に天気が崩れるなか、その雨の中、修学院離宮へ行ってきました。今頃は多分もうすぐ紅葉が見頃になっているでょうけど、ハガキの抽選に当たらなかったので行けません(何枚も出したのに)。{%怒りweb ... » more

にゃーごの日記修学院離宮へ
修学院離宮へ おとといは、修学院離宮へ行きました。離宮や御所などは、予約が必要です。予約も多く、簡単に予約出来て入る事が出来ません。紅葉やその場所、場所で咲いている花が見頃の時期は、特に予約がなかなかとれません。入口で予約 ... » more

古寺とお城の旅日記U修学院離宮へ
修学院離宮へ 修 学 院 離 宮梅雨空で今にも雨が落ちてきそうなジメジメした日、修学院離宮へ行ってきしまた。修学院離宮は下離宮・中離宮・上離宮にわかれており、全行程3q、参観時間は1時間30分、起伏にとんだコースとなっています。 ... » more

にゃーごの日記修学院離宮
修学院離宮 今日は、予約して入ることが出来た修学院離宮へ行きました。修学院離宮は、10世紀後半この地に修学院というお寺が出来たのが始まりだそうです。南北朝時代以後このお寺は廃絶し、修学院村の地 ... » more
テーマ 修学院離宮

身近な写真修学院離宮
修学院離宮 平成23年4月29日。7時に起き出した。久し振りに陽射したっぷりの朝になった。それでもちょっぴり冷え込んでいる。予報では今日明日と晴れマーク。絶好の行楽日和になるだろう。今日からGWに入るがTVは高速道路の混雑ぶりを伝えている。私は ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 14:26

「修学院離宮」のブログ関連商品

» 「修学院離宮」のブログレビュー をもっと探す

「修学院離宮」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る