誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    水滸伝

水滸伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「水滸伝」のブログを一覧表示!「水滸伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「水滸伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「水滸伝」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

中国ドラマ「水滸伝」☆第6回 魯達 剃髪し文殊寺に入る 魯達剃度文殊寺妻を衙内に襲われた怒りから、陸謙と衙内を太尉府前で待ち伏せする林冲。事態を重く見た高俅は、陸謙に林冲を陥れるよう指示する。一方、鄭を殺し追われる身となった魯達は、逃亡先の山西で翠蓮と再会。彼女を妻に迎えた ... » more

中国ドラマ「水滸伝」☆第5回 拳にて鎮関西を打つ 拳打鎮関西腐敗した官制下では鄭を裁けぬ現実を知る魯達。彼は父娘が東京へ逃げる時間を稼ぐべく肉屋で鄭に難癖をつけ、さらには三発の拳で鄭を殺してしまう。一方、東京では、張氏に心奪われた衙内が、手下の入れ知恵で林冲の親友・陸謙を買収し、張 ... » more

中国ドラマ「水滸伝」☆第4回 魯堤轄 翠蓮を助ける 魯提轄拳義助金翠蓮 元師範・王進の墓を探し、渭州を訪れた史進。茶館で拳を交えた魯達と意気投合した彼は、街で再会した師・李忠と3人で酒を交わす。その最中、すすり泣く女・金翠蓮と父親から、街の顔役・肉屋の鄭に私財を搾取された話を聞いた魯 ... » more

☆お気楽♪電影生活☆水滸伝☆音楽集
中国ドラマ「水滸伝」の歌曲、集めてみました♪兄弟無数(完整版) 唄:公孫勝@景崗山第1回〜第48回オープニング、最終回エンディング兄弟一二三四五兄弟個十百千万兄弟一二三四五兄弟個十百千万兄弟相逢 三碗酒兄弟論道 両杯 ... » more

中国ドラマ「水滸伝」☆第3回 九紋竜 東京を脱出する   第3話九紋龍私走延安府東京開封府の禁軍師範・林冲に、北京大名府の将軍への昇進話が持ちかけられる。だが、昇進が生辰鋼輸送のためと知った林冲は、大尉・高俅の前で仮病を使い辞退する。そんなある日、林冲の妻・張氏に高Ì ... » more

中国ドラマ「水滸伝」☆第2回 石碣村に七星が集う 石碣村七星聚義 公孫勝を追う宋江は、生辰鋼が通る村の名士・晁蓋を訪ね、強奪に関わらぬよう諭す。だが、村の廟で眠っていた劉唐が晁蓋へ強奪の話を持ちかけていた。晁蓋は劉唐、私塾の講師・呉用、そして公孫勝と漁師の阮三兄弟と義兄弟の契りを結 ... » more

 中国ドラマ「水滸伝」☆第1回 洪太尉 誤って妖魔を逃がす  洪太尉誤走妖魔時は北宋。皇帝への献上品を輸送中の役人・宋江は、道士・公孫勝と出会う。公孫勝は宋江が、かつて伏魔殿より放たれた百八星の生まれ変わりであると説き、宰相に贈られる祝い品=生辰鋼の強奪をもちかける。だが宋江は誘いに乗らず、公 ... » more

楊令伝・ついに最終巻 いつでも読めるものはできるだけ後に・・・と思ってましたが、やっぱり最後まで読んじゃいました。読み始めると止まらない・・・でも、う〜ん、まあ、こんな感じかなあ。なんだか歯切れが悪いなあ。前半5巻くらいまでの、なにか途方もない力を蓄えて ... » more

野合というマスコミの宣伝に踊らされビクツイテ橋下は大連合の道から脱落。マスコミは官僚の手先なんだからそんな宣伝にビクツイタラだめよ。これで官僚主導の政治は自民民主の連合政権を作らせればいいのだから簡単。官僚独裁政治は延命する。Ah ーーーあ ... » more

楊令伝 著者 北方謙三 2006年11月号 - 2010年7月号 15巻+読本1巻7巻まで買ったけどまだ先があるんだ。今、中村敦夫さんの水滸伝を見ている。http://www.k3.dion.ne.jp/~kuroneko/suikoden ... » more
テーマ 中村敦夫 水滸伝 楊令伝

満載!Myど−らく楊令伝・第10巻
楊令伝・第10巻 先日、某金融筋の若手担当者の名刺の裏に、自家製のシールで「いまハマっているのもの・・・北方謙三の三国志と水滸伝」と書かれているのを見つけて、二人で盛り上がっちゃいました。「じゃあ、やっぱり今はあの10巻でしょう!」と振ったら、「そうそう、こ ... » more
テーマ 水滸伝 楊令伝 北方謙三

北方謙三の水滸伝、19巻を読み終わりその続きの楊令伝に入っている。「水滸伝」はもちろんあの中国の小説水滸伝。駒田信二訳の水滸伝をずい分昔に読んでその本はまだ本棚にある。梁山泊に108人の人々が集まり北宋時代の朝廷に反乱を起す ... » more

秋の夜長に(もう冬ですが) 出張が多いおかげで、移動時間も長い、本を読める時間も長い、と、いうわけで、今年はずいぶん読んだ本が多いなあ。ほとんど(すべて?)小説ばっかり。もうちょっと経済の本とか勉強したほうが・・・いいのか・・・?高橋克彦の後は、やっぱり歴史も ... » more

沖縄転勤 突然ですが28年間慣れ親しんだ千葉県から沖縄県に転勤することになりました…。沖縄といっても那覇ではなく「うるま市」という中部地区です。可処分所得も大幅に下がってしまい、生活水準を2ランクくらい下げることになりました。今後、どのよ ... » more
テーマ 水滸伝 沖縄 馬万里  トラックバック(1)

最終巻。楊令は、梁山泊は、どうなるのか・・・。*****以下、かなりネタバレ含みます。未読の方はご注意を。*****とうとう最終巻。これで終わりなんだな〜と思うと、読み進めるのがイ ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

いよいよ、この巻を含めてあと2巻で完結なんだなぁ・・・。そんなことをしみじみと思わせる14巻でした。13巻の最後で梁山泊を出奔した李英がどうなるのか、すごーく気になってたんですよね。そうか、そうきたかー!な展開。多少はビックリしつつ ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

北方謙三の『楊令伝』第14巻を読了しました。本巻では『水滸伝』108星の生き残りが次々と退場していきます。そこはそれ漢(おとこ)の生き様・死に様を描くのが得意な作者だけあって、それなりに読ませてはくれます。ただ、『水滸伝』の ... » more
テーマ 水滸伝 読書

完結までこの巻を含めて残り3巻。ラストに向かっていよいよ最後の盛り上がり?・・・という訳ではないんでしょうが、なんだか久々に夢中になって読んだような気がします。童貫との闘いが終わってから、なんだかまったり〜な雰囲気が漂ってたんだけど ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

酒器のコレクション〜その42 粉彩盃 はじめてこの盃をみたとき、(あれ、この図柄、どこかで見たおぼえがあるな。)というのが第一印象であった。杖をついた長者(ちょうじゃ)と寄り添う学士。柱をはさんで棒と手紙をもつ偉丈夫。「あ、これ、『水滸伝』の一節じゃないか。」と気がついた。 ... » more
テーマ 水滸伝 酒器

童貫の死後。崩壊した宗国、そして梁山泊や楊令は・・・。前巻を読んでから、この作品はどうなるのかと期待と不安が入り混じった状態でこの巻を手にしました。思ったよりは面白かったかな、という印象です。でも、なんだかなぁ・・・。この作品は童貫 ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

・・・え?え?えぇーーっ!?思わず叫んじゃいますよーぅ!だって、まさかまさかの展開だったんですもん。楊令伝九巻は、か〜な〜り〜ビックリ!の巻でした。梁山泊軍と宋禁軍の戦いが始まりましたが、こうあっさり童貫が死んじゃうとは・・・。 ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)  トラックバック(1)

この「楊令伝」10巻完結だと思っていたのは私の勘違いだったらしく、15巻完結らしい;;;進み具合がびみょーだなぁと思ってたんだよね。納得。いよいよ、梁山泊軍と宋禁軍との真っ向からの戦いが始まりました。もうちょっとタメがあるのかなぁと ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

総帥・童貫率いる禁軍が、ついに梁山泊討伐に出動。梁山泊は、頭領・楊令を中心に結束を強め、地方軍を制圧し迎え撃つ準備をかためる。緒戦は童貫の部下・岳飛軍と、梁山泊の花飛麟軍が激突するとうとう始まりました。梁山泊(楊令)と禁軍(童貫)と ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

いよいよ梁山泊と宋との闘いが始まるなー。そんなことを感じさせる巻でした。いわゆる、闘いの前の助走段階って感じかな。前巻で、扈三娘の子供たちが攫われてガックリ;;;したんだよねぇ。あの子供達はどうなるのかと心配してました。このまま聞煥 ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)

小学生の頃に、光栄の信長の野望にハマって以来、日本の歴史についてや三国志などにも造詣が深くなっていった。その頃、光栄のキャラクターブックのイラストが綺麗で、とても印象に残っていた。その後、その作者が絵巻三国志などを発刊。しか ... » more

奈々央のキラメキ日記『水滸伝』
おひさし武士です♪(^-^)/お元気でしか??もう夏も8月も終わりですね☆私はというと・・・昨夜から風邪か花粉症か原因はわかりませぬが、鼻が若干やられてます(*_*)なんだろぉ〜。。。 ... » more

全10巻予定のこの作品。この巻でちょうど折り返し。・・・あと5巻で終わるの?という疑問も無きにしも非ず。なんたって、タイトルが「楊令伝」って割には、この巻で楊令の登場って・・・無い?よねぇ。会話の中に出てくることはあっても、楊令が描 ... » more
テーマ 水滸伝 読書 著者(か)  トラックバック(1)

ブログ版 趣味人の放言『楊令伝』
もう2週間も前のことになりますが、北方謙三の『楊令伝』をまとめ買いしてきました。昨年4月に刊行が開始され、現在第5巻まで出版されている本書。もちろん、『水滸伝』の続編にあたります。図書館で借りて3巻の途中あたりまでは同時 ... » more
テーマ 水滸伝 読書

帰宅前にちょこっとジムに寄りトレーニングしてきました。2〜30分ランニングマシンで走りその後筋トレ。ランニングマシンは体が軽く感じるから走っていて ... » more
テーマ 日記 水滸伝 音楽

一月に一冊の刊行という、いらいらするような刊行ペースで実に19ヶ月。本を読むのが遅い僕でも、一冊があっとい間に読み終わってしまい、次の巻が出るまで間が空いてしまうため、毎月わざとゆっくり読んだり、他の本と掛け持ちで読んだりして、ペースを ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 14:23

「水滸伝」のブログ関連商品

» 「水滸伝」のブログレビュー をもっと探す

「水滸伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る