誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    や行の作家

や行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「や行の作家」のブログを一覧表示!「や行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「や行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「や行の作家」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

神かくし 山岸涼子スペシャルセレクションV 潮出版社 今日は、久々に心斎橋をぶらぶらとし、滅多に行けない大きな本屋巡りをしてきました。今日の戦利品。「淑やかな悪夢英米女流怪談集創元推理文庫」「西瓜糖の日々R・ブローティガン河出文庫」等々、そして、この山岸涼子さんのマンガ ... » more

針がとぶ 吉田篤弘 新潮社 何とも、自分がちっぽけだと思う事がある。空を見上げる時もそうだし、このネットの海の中を漂う時もそう。あと何冊、生きている間に本が読めるのかな、と思い、読みたい本の個人的なリストを眺めている時もそう。何かを追い求め、少しで ... » more
テーマ や行の作家 吉田篤弘

吉田浩 ‘人生の時間銀行 あした元気になるために’ ‘人生の時間銀行あした元気になるために’は「時間」という概念がテーマの詩集です。この本は詩と写真が効果的にページを構成していて、「癒し」を演出しています。‘人生の時間銀行あした元気になるために’は全体的に「時間」をお ... » more

「少年鉄人」 山下貴光 少年鉄人宝島社 2009-09-10売り上げランキング : 227734Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明内向的な少年・瀬尾太一、乱暴者でクラスの王様・大江和真は、関西弁の転校生「てつじん」のペースに巻き込まれて ... » more
テーマ や行の作家

山崎ナオコーラ ‘浮世でランチ’ ‘浮世でランチ’は主人公・「私」が14歳の時と25歳の時といった二つの時間軸を行ったり、来たりする構成の小説です。そんな25歳の「私」が、3年間勤めていた会社を辞め、東南アジアへ「女一人旅」に出ます。彼女は行く先々で ... » more

「キャンセルされた街の案内」 吉田修一 キャンセルされた街の案内新潮社 2009-08-22売り上げランキング : 198090Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明僕たちはあの街で出会い、恋をし、そして別れる。次の街へ行くために−。戸惑い、憂 ... » more

夫が「こんなの出るらしい」と教えてくれた。『赤の書 The Red Book』C・G・ユング[著]河合俊雄 [監訳]発売記念特別価格37,800円(税込)田中康裕、猪股剛、高月玲子 訳A3上製予464頁 ... » more

ヨースタイン・ゴルデル ‘ビッビ・ボッケンとふしぎ図書館’ ‘ビッビ・ボッケンとふしぎ図書館’は、‘ソフィーの世界’などの学童向けの小説を多く出版しているヨースタイン・ゴルデル氏です。‘ビッビ・ボッケンとふしぎ図書館’は、ミステリー小説のような内容で、主人公たちと謎を解きなが ... » more
テーマ や行の作家 小説 ヨースタイン・ゴルデル

ヨースタイン・ゴルデル ‘ソフィーの世界‐哲学者からの不思議な手紙’ ‘ソフィーの世界‐哲学者からの不思議な手紙’は小学校の哲学の教科書として書かれた本です。哲学がテーマですが、ファンタジー小説として十分、楽しめる内容になっています。新装版ソフィーの世界上―哲学者からの不思議な手紙NHK出 ... » more
テーマ や行の作家 小説 ヨースタイン・ゴルデル

おっちゃんの備忘録独居45
独居45 芥川賞作家で初めて読んでみましたが、独特の世界ところどころ引き込まれましたが、基本的におっちゃんには理解不能です。独居45文藝春秋 吉村 萬壱 ユーザレビュー:ものすごい毒気でした ...それなりの純文学経験 ...何もないとこ ... » more
テーマ や行の作家 読書 吉村萬壱

吉田恵輔 ‘純喫茶磯辺’ 人が仕事を変える理由もさまざまです。今回、ご紹介する‘純喫茶磯辺’は、「喫茶店のマスターがモテそうだ」と、勢いで喫茶店経営に乗り出す、工事現場のおっちゃんの話です。勢いで喫茶店を開業したものの、コーヒーの淹れ方も ... » more

おっちゃんの備忘録インシテミル
インシテミル これも表紙がおっさんにはキツい感じなのですが、シリーズ物ではないのと評判がよさそうなので読んでみました。内容は読んでいて退屈でおもしろくないわけではないんですが読むのに凄く時間がかかりました。設定が不自然で複雑な条件だからかなぁ。 ... » more

おっちゃんの備忘録犬はどこだ
犬はどこだ なかなか進まないインシテミルを中断し、珍道中に持っていったら一気に読めた。ハンペーとのコミュニケーション不足をもどかしく感じ、チャットの相手が頼りになりすぎるところもありますが、最後は一気に展開。犬はどこだ (ミステリ・フロ ... » more

おっちゃんの備忘録儚い羊たちの祝宴
儚い羊たちの祝宴 「古典部」から時系列に読んでいこうと思うも、いきなり誰かが借りているのか「氷菓」がない。「愚者のエンドロール」「クドリャカの順番」は置いてあったけど、表紙がおっさんが読むには若干恥ずかしい感じ。。とりあえずは諦める。「小市民」はタイ ... » more

おっちゃんの備忘録ジョーカー・ゲーム
ジョーカー・ゲーム 軽めの小説をサッサと読みたいな。と思い、短編だし薄めだからいいかと選択したけど、読み始めると戦時中のスパイ小説という結構めんどうな設定。少し躊躇したけど、内容はあっさり系で多少スパイの凄さを何度も書いてるところがコメディチックだなあと苦 ... » more

おっちゃんの備忘録追想五断章
追想五断章 久しぶりに追いかけたい作家発見しました。Webで調べると経歴も面白いし、独特の区分で年寄りには分かりにくいのですが最初の方から読んでみようと思います。追想五断章集英社 米澤 穂信 ユーザレビュー:リドルストーリーに脱 ... ... » more

いつも心に音楽が流れていた 柳田邦男 平凡社 柳田邦男さんの本を、読むことが多いです。幾つもの優れたルポルタージュを書いてこられた柳田邦男さんですが、そのハートの真ん中に、柔らかい感受性をもっておられて、いつも感性が初々しい。その繊細さと、まっすぐな正義感が好きなんです ... » more

白ブタさん沈まぬ太陽 山崎豊子
映画の公開前になんとか読了★(最近これにかかりきりだった(^_^;))メタローグ日本を代表する航空会社の凄まじいまでの腐敗。85年の御巣鷹山事故の衝撃を出発点に、その内実を描いたノンフィクション・ノベル。全5巻の ... » more

本は友達!「虎と月」  柳 広司
資源回収にむけて、子供たちの古い教科書やノート、プリントやテストを処分することに決定!以前から気になっていた、部屋の隅に置いてある山積みの教科書。机の上の本棚や引き出しの中にも、使わない物がたっぷりあるに違いない。「 ... » more

『小市民シリーズ』の新作今回、和菓子ですね〜(*^_^*)内容(「BOOK」データベースより)あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文 ... » more
テーマ や行の作家

儚い羊たちの祝宴 米澤穂信 新潮社 久しぶりに読んだなあ、米澤さんを。ブラック&クラシックな味わいのミステリー連作。「お嬢様」とか、「旧家」とか、「座敷牢」とか、いやー、懐かしくて嬉しい(笑)大体、ミステリー上においては「旧家」という場所では殺人事件が起こ ... » more

「秋期限定栗きんとん事件 下」 米澤穂信 秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)米澤 穂信東京創元社 2009-03-05売り上げランキング : 15Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)ぼくは思わず苦笑する ... » more

「秋期限定栗きんとん事件 上」 米澤穂信 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)米澤 穂信東京創元社 2009-02売り上げランキング : 86Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、 ... » more

おっちゃんの備忘録恋の姿勢で
恋の姿勢で ブックオフで調達した本です。最近なにやら脚本復活したようで、テレビドラマのCMを良く見かけます。内容は前半は良かったんですが、後半からオチにかけてが。。。恋の姿勢で新潮社 山田 太一 Amazonアソシエイト by ウェ ... » more

「屋上ミサイル」 山下貴光 屋上ミサイル (このミス大賞受賞作)山下貴光宝島社 2009-01-10売り上げランキング : 4812Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)大統領がテロ組織に拉致監禁されるという大事件が ... » more

「封印のエスメラルダ」山本 瑤 (コバルト文庫) またちょっと、面白いラノベを探してあれこれ読んでます。で、見つけたのがこのシリーズ。「封印のエスメラルダ」山本 瑤・著(コバルト文庫)封印のエスメラルダ (コバルト文庫)東村山図書館の、ティーンズ新着本で「面白そ ... » more

「彼女について」 よしもとばなな 彼女についてよしもと ばなな文藝春秋 2008-11-13売り上げランキング : 1171Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明由美子は、幼なじみのいとこ昇一とともに失われた過去を探す旅に出た。どこまでも暗く、哀しみ ... » more

アカペラ 山本文緒 新潮社 山本さんの小説を読むのは久しぶりです。なんだかねえ・・眼差しが、柔らかく、深くなられた。三つの中篇が収録されていますが、どれも心の深いところに落ちてきて、ひっそりと灯りをともしてくれます。うーん、うちの猫のお腹みたい。(わか ... » more

本は友達!「証し」   矢口 敦子
終業式をあさってに控え、小学校は今日から給食なしの短縮4時間授業です。時間はタップリあるはずなのに、なんだかゴロゴロ元気のないザブチ君。学校でなにかあったかな?と思っていると、やおらあちこちの友人宅に電話を始め・・・、玉砕。 ... » more

「おひるのたびにさようなら」 安戸悠太 おひるのたびにさようなら安戸 悠太河出書房新社 2008-11-18売り上げランキング : 212376Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明【文藝賞(第45回)】昼休み、真司の任務は、無音のTVの映像だけで昼ドラの ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 13:22

楽天市場のおすすめ商品

「や行の作家」のブログ関連商品

» 「や行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「や行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る