誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    や行の作家

や行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「や行の作家」のブログを一覧表示!「や行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「や行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「や行の作家」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

千夜一夜乙女日和 山崎まどか
なぜこれを借りる候補に入れていたのか思い出せない…一年通して、趣味やこだわりをゆったり楽しむ一冊でした。こういう季節ごとの楽しみを自分の中に持っていて、それを暮らしの中に取り込める生活は素敵だなぁ、と。そのためには情報収 ... » more
テーマ や行の作家 読書備忘録 ★★★  コメント(2)

テルマエ・ロマエの映画を斜め見しているぐらいの情報しかなかったのですが、とても評判が良さそうだったので。ご本人の半生と、その中で見て知った物事を綴った一冊。いやぁ、こんな生き方をしていたら日本の一般的な枠内では生活出来ないだろう ... » more
テーマ や行の作家 ★★★★ 読書備忘録

ヤマザキマリ ‘テルマエ・ロマエ’ ‘テルマエ・ロマエ’は、アニメ化や阿部寛氏主演で実写映画化した大人気シリーズです。主人公は、旧ローマ帝国時代の公衆浴場の設計やメンテナンスを生業とする浴場技師のルシウスという男性です。ルシウスは、ひょんなことから浴槽など ... » more

ヨシタケ シンスケ ‘このあと どうしちゃおう’ 最近、絵本業界でじわじわと来ている‘このあと どうしちゃおう’を読んでみました。この絵本は、主人公の少年のおじいさんの死にまつわる話です。主人公の少年が、おじいさんの死後、おじいさんが生前使っていたベットの下から、「この ... » more

…うふふ。アマゾンでソレ系の書籍の中で一般的にも評価の高いこちらの本を借りてみました。著者はキリスト教徒ではなく、いかなる宗教の信者でもないとのこと。客観的な立場で調べられた内容は、キリスト教とこれっぽっちも接点がなく全く知 ... » more
テーマ や行の作家 ★★★★ 読書備忘録

「どんぐり姉妹」というツイッターアカウントを見つけて、元になった本がこちら、とのことで手に取ってみました。私らしからぬセレクトはそんな出会いから。よしもとばななさんの本をきちんと読むのも初めてなんじゃないかな。現実とミックス ... » more
テーマ や行の作家 読書備忘録 ★★★

夜久弘 ‘ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福’ マラソン(42.195q)より長い距離をウルトラマラソンと呼びますが、このウルトラマラソンに魅せられたライターが書いたエッセイが‘ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福’という本です。‘ウルトラマラソン―完走の幸せ リ ... » more

実は2005年に出されていた改定前の本を持っていました。(今回の大掃除で処分してしまいましたが)今年、改めて東日本大震災の時の教訓など追記・改定して新装版が出されていたことを知って、図書館で借りてみました。やっぱり大事な事言って ... » more
テーマ や行の作家 読書備忘録 ★★★★★

千夜一夜羆嵐 吉村昭
ご存知の方も多いかと思われますが、大正4年に北海道で実際にあった「三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)」のドキュメンタリーです。今と違い、家の防護力なんてほぼ皆無ですからね…木と樹皮とむしろで北の大地に暮らしていたのかと思うと ... » more
テーマ や行の作家 ★★★★ 読書備忘録

吉田類 ‘東京立ち飲み案内’ BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」でおなじみの吉田類氏が厳選した東京の立ち飲み屋を紹介した本が‘東京立ち飲み案内’です。‘東京立ち飲み案内’は、目次のすぐ後に紹介されているお店がどの駅の近くにあるかが一目で分か ... » more

千夜一夜64上・下 横山秀夫
文庫落ちしたタイミングでようやっと読めました。職場の人が面白かったと言ってたので…警察って大変そうだニャー、とかいう感想言ったら叩き出されそうな感じですが、いやぁ、読んでて疲れたよ!だって主人公はもう色んな意味で心が休まらな ... » more
テーマ や行の作家 読書備忘録 ★★★

『ねじまき片想い』 柚木麻子 ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)著者 : 柚木麻子東京創元社発売日 : 2014-08-11ブクログでレビューを見る»浅草にある老舗おもちゃメーカー「ローレライ」でプランナーとして働く宝子。仕事上では敏腕プ ... » more

『あまからカルテット』 柚木麻子 あまからカルテット著者 : 柚木麻子文藝春秋発売日 : 2011-10ブクログでレビューを見る»ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、デパートの美容部員の満里子、料理好き主婦の由香子は、女子校時代からの十数年来の仲良し四人組。花火大会 ... » more

絵本「てんぐのがっこう」やぎたみこ作 文渓堂 2014年 「ほげちゃん」で一躍名を馳せたやぎたみこさんの新作です。これ、最初にネットで表紙だけ見て、「ん?てんぐ?でもこれ、インコじゃない?」と思ったんですが、人に助けられたカラス天狗が、恩返しのために、鳥を「てんぐのがっこう ... » more

‘オイドル絵っせい人生、90歳からおもしろい!’というユニークなタイトルのエッセイは、‘あんぱんまん’でおなじみのやなせたかし氏の作品です。‘オイドル絵っせい人生、90歳からおもしろい!’はやなせたかし氏が日ごろから ... » more

「その青の、その先の、」椰月 美智子 幻冬舎   2013年 全く予備知識なしで読みはじめたら、うっかりノンストップで読んじゃった。面白かった。中学生と高校生におすすめ。もちろん、それ以上にも。「その青の、その先の、」椰月 美智子幻冬舎 2013年 主人公は、高校2年生の女の子 ... » more

ヤマザキマリ ‘テルマエ・ロマエY’ 古代ローマと現代日本をまたにかけた「温泉歴史活劇」こと‘テルマエ・ロマエ’が6巻目にして遂に完結しました。ルシウスも遂にローマに帰れたことだしめでたし、めでたし・・・のはずですが、ストーリーの展開が早すぎる!!。無理やり ... » more

ヤマザキマリ ‘テルマエ・ロマエX’ ひょんなことから現代日本の伊東温泉にタイムスリップしてしまった、古代ローマ人のルシウスですが、帰れなくなってしまいました。いつもなら、お風呂などで溺れると古代ローマに帰れるのに、今回は帰れない。そんなルシウスが身を寄せいてい ... » more

100%ガールズ 1st season 吉野万理子 講談社YA!EATERTAINMENT 「けいおん!」とか、「じょしらく」とか、タイトルが平仮名でキャラもきっちり萌えタイプ別に設定され、これでもか!というくらい可愛い女の子たちが出てくるという、ガールズもののアニメが人気です。うちにも二次元の女子しか愛せないヲタ男子がいるので( ... » more
テーマ や行の作家 YA 国内作品

かっこうの親 もずの子ども 椰月美智子 実業之日本社 維新の会が国政に進出するとか。よもやそんなことは無いと思いますが、こんな団体が政権とったら大変なことになりますよ。相続税100%とか言ってますけど、そうされて困るのはお金持ちではなく、(お金持ちはさっさと外国へ逃げるでしょう)生活に追われ、 ... » more
テーマ や行の作家 国内作品 文学・一般書

「彩雲国秘抄 骸骨を乞う」雪乃紗衣 角川書店 2012年 あううう、しまった〜!!読んじゃったよ、うっかり。。。(-_-;)上下冊なのになにこの厚さ、みたいな本編最終巻。だけど、本編の膨大な登場人物を、最終巻で全て回収するのは無理な話。王のまわりにいる人だけでも、大変だった ... » more

『昨日何食べた?』6よしながふみ きのう何食べた?(6) (モーニングKC)講談社 2012-05-23 よしなが ふみ Amazonアソシエイト by 読み終わったのは先月なのですが。 私には、予約してでも発売日当日に買いたいマンガが2作あります。1つ ... » more

スカイツリーが完成して、そろそろ、東京タワーも引退という話が出てきました。そのためか、東京タワーの来場者数が伸びているそうです。東京タワーは所々、劣化し老朽化が確実に進行しています。それでも、東京タワーには美 ... » more

きのう何食べた?6 よしながふみ 講談社 筧氏が、ますますオバちゃん化・・・いや、おっさんオバちゃん化している(笑)おばちゃんは、お弁当を新聞紙では包みませんから〜〜!あ、でも、お弁当の仕切りをアルミホイルっていうのは、可愛い仕切りを買い忘れたときにやるかもしれない。(やるんかい! ... » more

まめゴマというアザラシを手乗りサイズに小さくした架空の生き物を飼い始めたアラサーOLさんのゆるくて不思議な漫画が‘ワタシとまめゴマ日記’です。まめゴマは豆が好物で暑いのが苦手な生き物です。また、豆しばとは異なり豆 ... » more

ヤマザキマリ ‘テルマエ・ロマエW’ 溺れるたびに古代ローマから現代の日本に迷い込んでしまう浴場技師・ルシウスの数奇な物語を描いた‘テルマエ・ロマエ’も遂に四巻目に突入です。‘テルマエ・ロマエW’では、ローマで皇帝の跡継ぎ問題などが深刻な状況に発展してしまい ... » more

ヤマザキマリ ‘テルマエ・ロマエV’ 溺れるたびに現代の日本に迷い込む古代ローマ人のルシウスの日常の中に潜む非日常と古代ローマ人も風呂好きだというのが‘テルマエ・ロマエ’には描かれています。三巻目の‘テルマエ・ロマエV’もまたぶっ飛んだんストーリーが展開され ... » more

ヤマザキマリ ‘テルマエ・ロマエU’ 水やお湯に溺れるたびになぜか現代の日本にやって来てしまう奇妙な体質のローマ人の浴場技師であるルシウスの苦悩と成功の日々を描いた漫画が‘テルマエ・ロマエ’です。二巻目の‘テルマエ・ロマエU’では、現代日本の銭湯でマナー違反 ... » more

海岸通りポストカードカフェ 吉野万理子 双葉社 人にメールを書くのと、葉書や手紙を書く、というのは使う回路というか神経がどこか違うように想う。メールは「伝達」で、手紙やはがきは「伝える」という感じ・・というと、どこが違うねん、という声が聞こえてきそうですが(笑)この物語を読んで、葉書をふ ... » more

頭がこんがらがるというようりはあまりにしょうもなくて笑えてくる今流行りの「ゆるキャラ」がたくさん登場する4コマ漫画です。‘あたまがコんガらガっち劇場’はタイトルからしてこんがらがります。そんな状況なのでどんなトリ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 13:22

楽天市場のおすすめ商品

「や行の作家」のブログ関連商品

» 「や行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「や行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る