誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    時代

時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「時代」のブログを一覧表示!「時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「時代」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

人類の平和というか、『にんげんの時間』という題名ですが、前回の、社会貢献の記事に通じるユーチューブのビデオを発見しました。何度観ても、考えさせられます。人と人の結びつきが相乗効果を産み、祈りだけではない能動的な行動を起こす、 ... » more
テーマ 時代 社会 インターネット・パソコン

今日、会社へ行く通勤順路にあるガソリンスタンドが閉店してしまいましたぁ〜、このガソリンスタンドは有人給油方式でしたぁ〜、なんか複雑な気分(涙)以前は会社へ行く通勤順路に何店ものガソリンスタンドがあり道の門角にあったって言 ... » more

陳舜臣「ものがたり史記」(中公文庫) 史記は、大学時代にテキストとして学んだが、それ以来、少しは読んだりしたが、今回また読む。まずは、「天道、是か非か」から。ここで、大学の先生が声高く話していたことを思い出す。政権の禅譲ありやなしや。伯夷・叔斉・・・・・ ... » more
テーマ 時代 読書 生き方

実は、わたしは、mixiにも登録してるんですが、マイミクさん(ウェブリで言ったらフレンドさん)から、YouShare っていうコミュニティーサイトを紹介していただいたんです。社会貢献をサイトのメンバーと共に行うことをメイン・コンセプ ... » more
テーマ 時代 生活 インターネット・パソコン

R☆S' cafe 〜絆☆2011〜携帯電話
今や、現代人の必需品となった携帯電話。今日のニュースで1200万円の携帯電話が!!驚いたよ。おじさんは。ティファニーの携帯って…。ブランド音痴の平畝は、ティファニーの良さとかよく分からんが、高い!というのは分かる。 ... » more

堤未果「ルポ貧困大国アメリカ」(岩波新書) 今話題の書。日本もこのようになるのだろうか?ふとそんなことを思ってしまう。 ... » more
テーマ 時代 読書 戦争

毎年、今くらいの頃合になると、出身地の秋田から、あきたこまちの新米が送られてくるんです。それも30キログラム。米俵が一俵60キログラムだから、二分の一俵。送り主は、母方の1番上の伯父さん。最初は、地元産のを買って送ってきてい ... » more
テーマ 時代 食生活 生活

尾木直樹・森永卓郎「教育格差の真実」(小学館101新書) 小学館が新書を出した広告を見て買った。本屋に行ったら、もう並んでいて、すぐ手に入れられた。それにしても、もう新書も飽和状態でそこにまだ参入だからなぁ。同じ著者が、あちこちの出版社を掛け持ちしている。何を規準に購入すればいいのか迷 ... » more
テーマ 教育 時代 読書

昨日、お彼岸の墓参りに行ってきました。墓参りと言えば、先祖供養のひとつですが、自分のご先祖様のこと、真剣に調べたり、供養している人って、案外かなり少ないんじゃないか、って想います。たとえば、仏壇。本家で祀ってあるから、分 ... » more
テーマ 時代 日常 生活

松本清張「形影」文春文庫 この文庫、岐阜の大垣の笠浪書店という古本屋で求めた。そこのおばさん曰く。「ブックオフの本はブックオフに持っていってね。あそこはぴったりと値札が貼っているから困るの」その通りだ。これは客との会話。菊池寛と佐佐木茂索という文 ... » more

なんで? UFOを歌う マイ ドーターとお友達・・・なんで? ... » more
テーマ 時代  コメント(3)

なんだかんだ。「当時」
前々から気になってました。中島みゆきさんの「世情」。最近はホント便利なものでネットとかでいろいろ検索していたら↑この時点でかなりオヤジ?加藤の逮捕、連行シーンにやはりたどりつきました。「そそっこれこれっ」・・・・ ... » more

わたし、ことしの5月に引越ししてるんですね。で、前3部屋あったところから、ワンルームマンションに引っ越したものだから、過剰な荷物を、バスで15分くらいの妹のところに預けてあったんです。ちまちま、片付けしているうち、だいぶ今の ... » more
テーマ 時代 引越し 生活

ジュセリーノ氏の予知夢による予言、またはずれました。予言外れてよかったです。自分は、情報提供者の方々に、情報は、いつどこで発言したか、ただした際、予言のような事をみんなに言い触れ回ると、「外れた時、ともだちとか、発言を見聞き ... » more

前々回にも関連した記事を掲載したけれども、ジュセリーノ氏が、今年の今日8月6日は、東京でかなりの揺れの地震が起きると予知夢による予言を発言しています。東京近辺のかた、この地震が起きない事を北海道から影ながら祈らせていただきますが、く ... » more
テーマ 時代 生活

(75)ショートストーリー「真夏の白昼夢」 きらきらと木漏れ日が降り注ぐ。風がそよそよと吹く。アブラゼミが絶え間なく鳴いている。青葉が茂る桜の木陰にある切り株。そこに、年の頃四十をわずかに過ぎた僧侶が座っていた。目を閉じ、微動だにしない。そこへ木刀を肩に担いだ青年が通りかかる。立ち ... » more
テーマ 時代 小説

一時期、三島由紀夫の初版本は高価だというような話題を耳にしたことがあります。いずれにせよ、本に関して、そうした趣味はありません。三島に関して言うと、『亀は兎に追いつくか』ぐらいしか、初版は所有しておりません。三島は自分にとって『金閣寺』一冊 ... » more
テーマ 俳句 時代

田中克彦氏著『エスペラント』に登場する人々をめぐって、いろいろと「本の寄り道」をしてきました。石川啄木もその一人ですが、今回は別のかたちで。啄木を取り上げてみます。その前に、物書きでも研究者でもない「生活人」の小生の場合、本との接し方は全く ... » more

六○年安保→ベ平連→全共闘運動と流れを追ってきて、奥武則氏著『論壇の戦後史』は丸山真男に関して、次のような記述に到達しています。最首は、当時、東京大学教養学部生物学教室の助手。東大助手共闘会議のリーダーだった。すでに六九年一月二九日号( ... » more
テーマ 俳句 時代

詳しいことは、よく知らない。しかし、テレビで、「予知夢を観て、数々の予言を的中させた方」ということは知ってる。そのブラジルのジュセリーノ氏が、どこで起きるのかは知らないが、たしか日本であったはずだ。今年7月16日に熱波が起き ... » more

奥武則氏著『論壇の戦後史』は、江藤淳氏に関しては次のような記述が見られます。だが、半年後、江藤は「"戦後"知識人の破産」(『文芸春秋』六一年一一月号、『一九四六年憲法――その拘束』所収)を書き、「「安保闘争」という異常事」を、苦い思いで ... » more
テーマ 俳句 時代

奥武則氏著『論壇の戦後史』は、六○年安保における清水と丸山の対比を述べ、清水・丸山に江藤淳を対置しています。 一八日、国会周辺はデモの隊列で埋まった。全学連主流派の一万五千人をはじめ四万人以上が正門前に座り込む中、一九日午前零時、新安保 ... » more
テーマ 俳句 時代

奥武則氏著『論壇の戦後史』は、「第二芸術論」で、寄り道をしたようなので、今回は論壇史の本筋にもどって、丸山真男氏に関して奥氏の記述を引用します。奥氏は、「丸山論文の衝撃」という小見出しで、以下のように紀述しておられます。 津田論文の ... » more
テーマ 俳句 時代

筑摩書房の「現代日本思想大系34 近代主義」に桑原武夫氏の『第二芸術――現代俳句について――』が収められていて、小生はそれで『第二芸術』を読んだことを述べました。つまり、ピンボケタイムでよんだわけです。桑原氏の『第二芸術』は雑誌「世界」の一 ... » more

奥武則氏著『論壇の戦後史』の中に、次のような記述があります。 ○講演に行った北海道小樽市で「財団法人二十世紀研究所所長」という名刺を見た人が、「ああ、梨の研究ですか」と勝手に納得していたというウソみたいなエピソードを清水が記している ... » more

アットランダム通信本の寄り道 7
『論壇の戦後史』(奥武則著平凡社新書373 2007年5月発行)は、今まで「本の寄り道」に登場した人々と関連する記述の多い本です。帯広告に半藤一利氏の「これぞ日本人の精神史。戦後日本の欠落部分がいまここにうめられた。」の推薦文があります。や ... » more
テーマ 俳句 時代

アットランダム通信本の寄り道 6
筑摩書房の『現代日本思想大系』の「34 近代主義」では、丸山真男氏と清水幾太郎氏が主軸になっているような感じです。丸山氏の『超国家主義の論理と心理』はよく解かりませんでした。天皇制について自分のて意見がないからです。清水氏の『運命の岐路 ... » more

喜味こいし・戸田  学(聞き手)「いとしこいし 想い出がたり」(岩波書店) むかし、余興というといとしこいしの漫才をやっていた人がいたが、あの人はどうしているかなあ。たしかその時のネタは、ここにも出てきた(職務質問)やったと思うが、、、戦前戦後、特に私には、戦後の知っている役者さんや漫才師さんのこと ... » more
テーマ 時代 読書 漫才

アットランダム通信本の寄り道 5
前回、「本の寄り道」で石川啄木の「時代閉塞の現状」について、触れましたが、筑摩書房の『現代日本思想大系』の「13文学の思想」の中では、いつまでも記憶に残る批評です。第13巻は、自然主義と反自然主義という項目にかなり分量を割いていますが、重要 ... » more
テーマ 俳句 時代

アットランダム通信本の寄り道 4
田中克彦氏著『エスペラント』の中で、石川啄木とローマ字日記ののことが出てきますが、詩人・歌人としての啄木以外の側面を知ったのも、筑摩書房の「現代日本思想大系」でした。「13文学の思想」に石川啄木の『時代閉塞の現状』が収録されています。そこに ... » more
テーマ 俳句 時代

 

最終更新日: 2016/11/27 04:35

「時代」のブログ関連商品

» 「時代」のブログレビュー をもっと探す

「時代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る