誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    美輪明宏

美輪明宏

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「美輪明宏」のブログを一覧表示!「美輪明宏」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「美輪明宏」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「美輪明宏」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

劇団四季、Mamma mia! 3月の予約をする。画面上で座席の指定ができて、すごい。しかし、一番いい席はもうすでに埋まっている。10時予約開始のところ、やや遅れて、12時ごろHP を開いたのだが。やはりこういうのは、友の会 ... » more

吉井和哉が心にしみるぜ… 土曜の昼間に台風通過という商売的に最悪!まいるよな〜吉井さんの善哉ツアーは今夜札幌でファイナルああっ〜生歌生演奏聴きたい体感したい…こんな感じの天気のせいかはたまた人恋しいのか…「SNOW」や「バッカ」がやけにやけ ... » more

美輪明宏音楽会「愛」について 美輪明宏音楽会「愛」。渋谷パルコ劇場で、チケットにX列、と書いてあったので、どこだろうと思っていたら、最前列であった。美輪先生が、2.5m のところに立っていらっしゃる。新刊の『花言葉』という本をサイン入りで売っている。迷わ ... » more

恋人が次々と死んでしまう魔性の女性歌手、Dalida ダリダに、 > 「18才の彼」、直訳すると、「彼は18歳になったばかり」、という名曲があり、美輪明宏先生もカヴァーしている。歌詞の最後は、「私は、彼の2倍以上年上だった」、 ... » more

MIWAのひとり言〜音楽会
秋からの美輪様の音楽会の予定10月1日(金)〜10月24日(日)パルコ劇場10月29日(金)静岡市文化会館10月31日(日)ALSOKホール(広島)11月2日(火 ... » more
テーマ 美輪明宏

MIWAのひとり言〜こだわらない美学
こだわらない美学 「こだわらない」ということは開き直りの一種かもしれませんが実は心が楽になる魔法の言葉なのです。つまりは「忘れ上手」になること。なかなか難しいですが、でも嫌なことはきっぱり忘れる、考えないよ ... » more
テーマ 美輪明宏

ちょっと前の記事になるけど発見はやり美しい〜素敵なお話。「ラブリボーン」試写会に美輪明宏が登場ワイドショーでは「スピリチュアルスポットはどこですか?」と聴かれて ... » more
テーマ 美輪明宏

Mostly Flowers「友情」篇
「友情」篇 2010年2月21日ほんの少しずつ暖かくなってきたかな、と思わせる日が続いていますね。でも、まだ冬は終わっていない。これからもう一回か二回は寒くなることを覚悟しておかなければ。最近咲いているのは、じゃのめえりか ... » more
テーマ 美輪明宏 RUN&GUN 友情  コメント(2)

MIWAのひとり言〜愛と美の法則
愛と美の法則 NHKで放送された「人生・愛と美の法則」この世の中は”愛さえあればどんな問題も解決できる”DVDも発売されています。まるで、私だけに話しかけてくれている ... » more
テーマ 美輪明宏

県民会館にて母義妹M-TAROと鑑賞。原作三島由紀夫脚本江戸川乱歩主演演出等美輪明宏いつものように美輪さまの舞台は耽美です。ドラマティックで美しい。宝石の本物のきらめきって{キラキラ}陶酔の3時間半でした ... » more

自分の病気(急性膵炎)での2回の入院にその後通院続き、その間に母の骨折手術に父の死・・・挙げ句の果て・・・階段落ちで背中の肋骨3〜4本骨折での3日間入院、その後の自宅養生なのに、彼のまた腰椎ヘルニアで退院後私はゆっくり出 ... » more

ふたたび。。。 3ヶ月間待った美輪さんの音楽会。行ってきました〜駅に向かう途中突然の通り雨。軒下もなく木の下に辛うじて雨宿り。結構濡れてしまいましたがすぐに雨は上がりました。 ... » more

美輪明宏音楽会「愛」に行く。昔はいつもそうだったが、緞帳が上がると、Tabu というオーデコロンの香りがひさしぶりで客席に流れてきて安心する。お香の匂いに近い。銀巴里時代の昔から、浴びるようにつけていた、と著書に書いてある。同時に、 ... » more

国立博物館の「伊勢神宮と神々の美術」展が行われているが、イアフォンガイド(はふつう外国の美術展につくものだろう)の声はなんと美輪明宏先生である:http://www.iseten2009.jp/topics/topic05.html ... » more

モロの君、はただ者じゃないと思ったら・・・ 黒のタートルネック姿で「ヨイトマケの歌」を歌っていた丸山明宏はキムタクも裸足で逃げ出しそうな、息を呑むほどの美少年だった。 その後いろいろなキャリアを重ねて、近頃はジブリの声の重要メンバーという印象が強かったが、こんな過去があの美輪さんの存 ... » more
テーマ 美輪明宏 長崎原爆忌

また、逢える。。。 いつもの朝いつものように新聞を取りに行く新聞に紛れて地元の生活情報誌が入っていた。いつもならさして気に止める事もなく新聞から目を通すのだけど何故かその日はその生活情報誌から見始 ... » more

行ってきました。。。 《美輪明宏毛皮のマリー》受付を済ませて会場に入るとそこには白檀の香りに包まれ高貴な雰囲気が漂ってました。ここからすでに演出が始まっていることにさすがだな・・・実際舞 ... » more

初めて観たが、これは寺山修二版というより、美輪明宏版らしい。そして、寺山も生きていれば、認めたであろうことは、パンフレットをよめばよくわかる。どうも、寺山はいかにも天才らしく、大雑把な筋を書き、ディテールをつめないまま放置して、すぐ ... » more

ウィリアム・モリスの名言を、東京都立美術館が特別展のキャッチコピーに使っている:役に立たないもの、美しいと思わないものを家においてはならない。原文が知りたくなって、『オックスフォード引用句辞典』第四版を引くと、Have no ... » more

伝統芸能の師匠などが、発表会の前に茶断ちをすることがあるという。また、真言密教僧が、護摩祈祷をするなら、おみやげを持って行ったほうがよい、すなわち、何か一番好きな物を断つのがよい、ともよく言う。祖母も塩断ちをしていたようだった。美輪 ... » more

美輪明宏先生の『毛皮のマリー』のティケットが抽選に当たる。昨年の音楽会「愛」は外れて涙をのんだ。最近はフランス式大芝居が多かったが、アンダーグラウンド劇は久し振りではないだろうか。ファンの中には何度も観ている人も多いだろうが、私はまだ見たこ ... » more

♪sakuzo's JOOK JOINT♪美輪さんま対談♪
お正月といえば対談モノ。朝までナントカとか。wコレっていつのでしたっけ?その風貌から警戒してしまい、最初キライだったけど今は面白いと思える人、いませんか?スピリチュアル・カウンセラーの彼もそうですが、この人も本質を捉えてて面白い ... » more

元来、一日の反省とか、一年の反省ということをしたことがない。今年はなぜか振り返ってみる気になり、信号待ちの数十秒で以下のような一年の反省をした。まず、学問的には、適当な論文を2編、厳しい査読付きの学会誌へ書評を1点、という貧しい内容 ... » more

小説好きの人なら、もちろんひいきの作家がいるだろう。私は基本的に、否、まずフィクションは読まないが、新刊が出たら、その日にでも買いたい作家が3人いる。土屋賢二、美輪明宏、葉室頼昭の三氏である。今日は、バスで朝刊を読んでいると、土屋賢 ... » more

なるべく仏前で読経するようにしているが(気力がなくて無理なことも多い。読経にはかなり体力・気力が必要である)、不思議なことが二つある。まず、仏間兼書斎のシャンデリアのあたりが、読経中「チリ」と一回音を立てることが多い。私は霊感ゼロな ... » more

考えてみると、私は人脈をつくるどころか、壊すような人生を歩んできた。出世できないはずである。悪気はないのだが、幼稚園時代から今も、「元気な挨拶」ができたためしがない。向こうから知り合いが来ても、横を向いたり、横道にそれたり、引き返す ... » more

私はまだβのヴィデオデッキを持っている。今日は、βで撮りためていたヴィデオをハードディスクに落とす。これで劣化せずに何度でも見れる。十年前の「徹子の部屋」に出た美輪明宏先生、『高松宮日記』を出した時の、高松宮妃喜久子の迫力あるインタ ... » more

♪海を吹く風教えておくれいとしいあの人いまいづこという美輪明宏先生の、男とも女ともつかぬ不思議な声が、この数日間、ずっと頭を回って、離れない。Eine Nacht in Monte Carlo 「モンテカルロの一夜」というコ ... » more

ラミレスの平行移動について、複数の大学の学生に質問すると、あれは、ダンディ坂田という芸人の真似だという。なぜ、そんなことを知っているのか、世代間の格差に驚く。それなら、彼らが知らなくて、私が知っていることが、学問以外にあるだろうか。 ... » more

カフェ・ドゥ・マゴに行く。クリスマスの飾りつけの最中であった。円柱に緑の葉をまきつけ、イルミネーションをつけている。美輪明宏先生は、ふきさらしの公園の中に座っているようなものです、と書いているが、たしかに、ふだんは黒色の支配する、あ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 08:36

「美輪明宏」のブログ関連商品

» 「美輪明宏」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る