誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    内田康夫

内田康夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「内田康夫」のブログを一覧表示!「内田康夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「内田康夫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「内田康夫」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

昨夜エントリーした『浅見光彦のミステリー紀行番外編2ミステリーへの熱き想い』――。この中で、『王将たちの謝肉祭』の引用部分について触れました。文庫というのは、読者側からみると簡便さだけが取り柄だが、作家側からいうと、これはいわば ... » more

『浅見光彦のミステリー紀行 番外編2 ミステリーへの熱き想い』 内田康夫 (光文社文庫) タイトルに浅見光彦が入っていますが、登場するのは竹村・岡部両警部など、浅見光彦以外の探偵たち。だから「番外編」なのですが、そもそもの話として、浅見光彦を入れる必要はありません。タイトルは売れ行きに少なからず関わるので、こういうのは出 ... » more
テーマ 内田康夫

「新装版 死者の木霊」(講談社文庫) 内田康夫著(講談社 810円税込) 「新装版死者の木霊」(講談社文庫) 内田康夫著(講談社810円税込)信州の松川ダムに浮かんだバラバラ死体事件。警視庁の岡部警部と信濃のコロンボ竹村警部が共演した、内田康夫衝撃のデビュー作!【内容情報】(出版社より ... » more
テーマ 内田康夫 講談社 死者の木霊

【GWに読みたい最新警察小説特集】 「死者の木霊」内田康夫著(講談社 750円+税) ザッツエンターテインメントGWに読みたい最新警察小説特集日刊ゲンダイ2016年5月1日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/180687 「死者の木霊」内田康夫著 ... » more
テーマ 内田康夫 死者の木霊 Wに読みたい最新警察小説特集

1時間ほど前にエントリーした『怒り(上)』の中で書いた、実家では内田康夫×2冊。1冊はおとといエントリーした『伊香保殺人事件』で、もう1冊がこの『菊池伝説殺人事件』です。実家の本棚から選んだ理由は、「舞台が熊本だから」――。『伊 ... » more

おととい、たまたま見たBS朝日の『歴史から学ぶ健康法!英雄たちのカルテ』。徳川家康の次の取り上げられたのが、竹久夢二。------------------------------------------------------- ... » more

山口県が舞台ということで、実家の本棚から選んだ『耳なし芳一からの手紙』『赤い雲伝説殺人事件』との共通点は山口が舞台――だけではありません。こちらは七盛塚、あちらは落人伝説と、どちらも平家絡みの記述があること。そして、「高山」 ... » more

千葉へ戻る車中で読んだのは、『赤い雲伝説殺人事件』。『明日香の皇子』との共通点は内田康夫、そして、30年前の角川文庫――。4分の1ほど読んだ本がありましたが、確実に寝てしまうと思い、予定変更。結局、途中で寝てしまったので、海 ... » more

『明日香の皇子』 内田康夫 (角川文庫) スキマ時間にネットカフェにて、その2――。実家の本棚から選んだのは30年前に発行された角川文庫。内田康夫の作品としては異色となる「伝記推理小説」。鍵を握るのは大伯皇女の歌――。うつそみの人にあるわれや明日よりは二 ... » more

『萩殺人事件』 内田康夫 (光文社文庫) 『汚れちまった道』の上下巻に続き、きのう『萩殺人事件』を読了。ヤマグチ・クロスということで、内容はかなり重複しています(特に、会話の部分)。なので、550ページ以上という分量のわりに、速く読めました。『汚れちまった道』で深く ... » more

きのう、『汚れちまった道』の下巻を読み終えました。複数の事件が絡み合い、登場人物も多くて、その関係性はかなり複雑。読み終わったのに、未だにすべて整理出来ていない感じです。。ヤマグチ・クロスのもう一冊、『萩殺人事件』も読まないとダ ... » more

約半年ぶりの内田康夫は『汚れちまった道』。文庫本が出たのは知っていましたが、ほかにもいろいろ読むべきものがあり、控えていました。・・・が、クリスティーの戯曲を3冊読み、一区切りついたので(?)衝動買い。もっとも、「読むべきもの」 ... » more

さみしがりやのひとりごと不知火海
不知火海 またまた内田康夫先生ですこれは、公害??放射能?すごい話です炭鉱の時代変化その影に潜む、罠面白いね!題名からは、内容が把握できないけどね。 ... » more

戸隠伝説殺人事件 またまた内田康夫先生です。40年もの過去の事件の怨念。この歴史というか?過去の遺恨のスト−リは何回かありました。普通の警察ならば、事件の根本が、深く解決が難しいでしょう?さすが信濃のコ ... » more

さみしがりやのひとりごと神楽島
神楽島 これは内田康夫です。上下先日TVで放送してたのとはちょっと内容が異なりますがやはり大作です。宗教と政治家タブ‐ネタですね。浅見光彦またまた大活躍ですよ。 ... » more

さみしがりやのひとりごと蜃気楼
蜃気楼 内田康夫先生蜃気楼です。これは薬売りの方が亡くなる事件からとんでもない展開に、ほんとにこんなスト−リをいきなりかける何て。すごすぎです。死ぬまでに、私も一度は蜃気楼を見てみたいものです ... » more

さみしがりやのひとりごと萩殺人事件
萩殺人事件 内田康夫先生山口県の身近な地名が出てくるので、わかりやすい。でもマイナ−な駅まで出てくるよ。やはりスト−リがすばらしいね。 ... » more

『悪魔の種子』 内田康夫 (幻冬舎文庫) 二週間前に泊まった優香苑(旧・幸迎館)の廊下にこんな写真があったので・・・。花巻を舞台にした浅見光彦シリーズで思い浮かぶのは、もちろん『イーハトーブの幽霊』。でも、事件が起きたのは温泉でなかったし、温泉に泊まるシーンもなかっ ... » more

『透明な遺書』と順序が逆になりましたが、先週、岩手へ戻る車中で読みおわった浅見光彦シリーズ。『喪われた道』と同様、枕元のスペースに眠っていた本です。細かすぎて伝わりにくい共通点としては、芙蓉グループが登場すること。『喪われた ... » more

先週の帰省は行きが『氷雪の殺人』、帰りは『透明な遺書』で、往復ともに内田康夫でした。『氷雪の殺人』は後回しにして、読み終わったばかりの『透明な遺書』から――。(500ページほどあるので、新幹線+京葉線では無理でした。。)-- ... » more

枕元のスペースにずっと眠っていた『喪われた道』を読み始めたのは三連休の初日だった金曜日。その日は夜中に目が覚めて眠れなくなり、200ページ以上も進み・・・。土曜日、銚子への車中で読み終わる勢いでしたが、結局、読み終えたのは帰ってきて ... » more

『しまなみ幻想』 内田康夫 (光文社文庫) 先週読んだ『JR瀬戸大橋線の危機』について、こんなことを書きましたので――。DルートがメインのミステリーにAルートも登場し、残るはEルート。そんなわけで、Eルートがメインのミステリーを久しぶりに読み始めました。Eルートが ... » more

風の中の櫻香 内田康夫これはまた、うーーん。浅見光彦の活躍がすごいね。尼さんって、あまり知らない世界です。 ... » more

『美濃路殺人事件』 内田康夫 (徳間文庫) 週の後半に岐阜へ行くので、実家から持ってきた内田康夫のミステリー。二十数年ぶりで読みました。-------------------------------------------------------------------- ... » more

きのうの朝、初めて見たNIKKEIプラス1。見たと言っても最初の10分ぐらいなので、「歴女が訪ねたい城下町」ランキングの途中まででしたが・・・。▽「何でもランキング」…今回は「歴女が訪ねたい城下町」ランキング。歴史好きの女性を引 ... » more

先週、実家から持ってきた一冊。数十冊ある内田康夫のミステリーからこれを選んだ理由は、シーラカンス絡みだから。どういうことかというと――。同じチームだった某後輩に、シーラカンスにたとえられことがあるのです。確かにチーム内で ... » more

『中央構造帯 (下)』 内田康夫 (講談社文庫) 『中央構造帯』の下巻、ようやく読み終わりました。三日前の上巻の記事で、以下のように書いていましたが・・・。その前に目先やるべき(?)は、下巻を読み終えること。残りはあと100ページほどですが、あすも5時起きなので、今夜中はち ... » more

三日前、新幹線の車中で読む本を探して、何冊かページをめくっていたら「花巻」の文字が――。壮明と康助はほかの遺族たちとともに現地へ向かった。といっても岩手までは遠い。とりあえずバス四十台を連ねて羽田の全日空本社まで行き、会社側と折衝し ... » more

さみしがりやのひとりごと教室の亡霊
教室の亡霊 内田康夫先生の作品だよ教育現場を背景に起こる事件なんだかリアルにありそう教育現場の裏側そんな事とは言えないが、殺人事件が、浅見光彦が今回も活躍しますよ。 ... » more

日勤の前の夜はあれほど眠れないのに、夜勤初日の前はなぜ眠れるのか?なんとも不思議ですが、おとといの夜もこのパターンで、夜勤初日のきのうは朝7時に目が覚めました。出社は11時間後――より問題なのは、あがれるのは21時間後・・・。 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/14 14:41

「内田康夫」のブログ関連商品

» 「内田康夫」のブログレビュー をもっと探す

「内田康夫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る