誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読後感

読後感

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読後感」のブログを一覧表示!「読後感」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読後感」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読後感」のブログ記事から画像をピックアップしています。

kunityanのブログ - 冬の蟄居生活を思わせる走りか (11/23 11:55)
遊民翁の旅 - 二人の女性作家の4つの小説  (7/12 13:59)

遊民翁の旅 - アイルランドに関する本三冊 (7/3 13:02)
遊民翁の旅 - 時代小説三冊 (6/23 14:25)

遊民翁の旅 - 紀行記三冊  (5/22 08:43)
遊民翁の旅 - 女性の書いた小説3本 (5/18 08:50)

遊民翁の旅 - 老年に関する評論4冊  (5/17 08:02)
遊民翁の旅 - 啓蒙の旅行記か:「紀行を旅する」(加藤秀俊著) (4/25 08:26)
遊民翁の旅 - 「郷里はつらい土地でもある」の感覚を理解:「乳のごとき故郷」(藤沢周平著) (4/22 10:25)

遊民翁の旅 - 旅番組の取材旅行の内幕はこんなもの:「吸血鬼幻想:トランシルヴァニア」(菊池秀行著) (4/20 10:30)
遊民翁の旅 - 国内・国外の旅行記二冊:「ヨーロッパ夢の町を歩く」(巖谷國士著)&「ニッポン周遊記」(池内紀著) (4/16 09:09)
遊民翁の旅 - 江藤新平のみならず明治を率いた人々の心情理解に有効:「歳月」(司馬遼太郎著) (4/12 15:34)

kunityanのブログ - 直木賞受賞作品、東山彰良著「流」を漸く読み終える (4/9 10:11)
遊民翁の旅 - 明治維新の裏側が楽しく読める:「明治大正史 (上)&(下)」(中村隆英著 原郎・阿部武司編)  (4/7 09:49)
遊民翁の旅 - 勝者の歴史で隠されていたことがスッキリ:「蘇我氏」(倉本一宏著)と「蘇我氏の古代」(吉村武彦著) (3/29 15:46)

kunityanのブログ - 芥川、直木賞受賞作品等が届く (3/17 17:09)
遊民翁の旅 - 人類学者の紀行記:「旅する知」(船曳建夫著) (3/14 08:23)
遊民翁の旅 - 興味ある歴史紀行:「古代史紀行」(宮脇俊三著) (3/11 10:29)
遊民翁の旅 - 隠された歴史だろうか:「天平の女帝 孝謙称徳」(玉岡かおる著) (3/8 14:52)

遊民翁の旅 - 小説と取材旅行記を併せて読んだ:「ドナウの旅人」&「異国の窓から」(宮本輝著) (2/22 16:02)
遊民翁の旅 - 主人公はだれ?:「道頓堀川」 (宮本輝著) (2/19 15:21)
遊民翁の旅 - 何が「あったかーい」のかしら:「あったか〜い話」(森毅著)  (2/18 15:48)

遊民翁の旅 - 古代史の理解に発掘は必須と思われるが?:「天皇陵の謎」(矢澤高太郎著) (2/4 13:28)
遊民翁の旅 - 優雅な旅のエッセイ:「人世は思い立ったら旅支度」(斎藤茂太著) (1/30 17:41)
遊民翁の旅 - 肩が凝らない評論:「内館牧子の艶談・縁談・怨談」(内館牧子著) (1/25 15:00)
遊民翁の旅 - 説得力のある韓国人描写:「日本人と韓国人ここが大違い」(豊田有恒著) (1/19 15:56)

遊民翁の旅 - 持統天皇に関する知識に関し頭の整理に有効:「持統天皇」 (直木孝次郎著) (1/16 16:08)
遊民翁の旅 - 外交官の見た韓国・中国:「日本外交官、韓国奮闘記」「外交官がみた「中国人の対日観」」(道上尚史著) (12/24 13:49)
kunityanのブログ - ドカ雪の中での読後感 (12/18 16:52)

遊民翁の旅 - 聖徳太子の一面:「崇峻天皇暗殺事件」(豊田有恒著) (12/10 10:20)
遊民翁の旅 - 頭の整理には役立つ:「日韓対立の真相」(武藤正敏著) (12/9 09:33)
kunityanのブログ - 残りの注文書籍届く (12/6 11:36)
遊民翁の旅 - 韓国の一部が垣間見れた:「コリアン世界の旅」(村進著) (12/4 10:10)

遊民翁の旅 - そうだったのかあの名画は:「名画の謎:旧約・新約聖書編」(中野京子著) (12/3 14:55)
遊民翁の旅 - 歴史教科書では知らなかった事実(?)を理解:「王朝序曲 上下」(永井路子著) (11/26 09:09)
遊民翁の旅 - 壬申の乱以後奈良時代までの歴史理解に有効な作品:「橘三千代」(梓澤要著 (11/21 10:33)

落書き - 読書 「orange」 5巻(完結) (11/12 21:16)
遊民翁の旅 - ヘルシンキが舞台ということで読んでみた:「かもめ食堂」(群ようこ著) (11/11 19:01)
落書き - 読書 「orange」 (映画化) (9/28 09:21)
遊民翁の旅 - 未来予想は当たるのか:「日はまた沈む:ジャパン・パワーの限界」(ビル・エモット著) (6/1 10:32)

遊民翁の旅 - 変わらずイメージできない宇宙の始まり:「宇宙はどうして始まったのか」(松原隆彦著) (5/26 09:31)
遊民翁の旅 - 心安んじて生きる方法の参考にになる著作:「「般若心経」生き方のヒント」(ひろさちや著) (5/18 10:40)
遊民翁の旅 - 面白く読める物理の近代史:「死ぬまでに学びたい5つの物理学」(山口栄一著)  (4/17 10:39)
遊民翁の旅 - 余りにも学術的歴史文庫本:「日本」とは何か」(網野善彦著)&「古代史を彩る女人像」(黛弘道著) (4/2 15:56)

遊民翁の旅 - 40年前と状況は変わらない国:「もう一つの韓国」(鳥羽欽一郎著) (3/18 14:14)
遊民翁の旅 - 慰安婦問題の整理に好適:「帝国の慰安婦:植民地支配と記憶の闘い」(朴裕河著) (3/6 14:57)
遊民翁の旅 - 天才と何とかは紙一重だろうか:「ノーマン・ゲーデル・チューリング」(高橋昌一郎著)  (3/3 10:57)
遊民翁の旅 - 素人でも読める古事記:「Kojiki古事記」(池澤夏樹訳) (2/4 18:18)

遊民翁の旅 - 今でも日中友好の証か法隆寺の飛天の襖絵:「シルクロードから来た天女」(高田良信・NHK取材班著) (1/27 10:34)
遊民翁の旅 - どのような読者を想定しているのか:「これが物理学だ!」(ウォルター・ルーウィン著・東江一紀訳)  (1/21 14:10)
遊民翁の旅 - ホーキング宇宙論の入門書:「「ホーキング宇宙論」の読み方」(佐藤勝彦監修) (1/8 15:53)
遊民翁の旅 - 中国が嫌いな台湾人の書いた中国論:「中国が世界地図から消える日」(黄文雄著) (1/4 15:41)

遊民翁の旅 - 現在の宇宙論の入門書足り得るか:「ビッグクエスチョンズ宇宙」(スチュアート・クラーク著) (1/3 16:07)
遊民翁の旅 - 最近読んだ本 纏めて  (12/29 11:17)
遊民翁の旅 - 苦あれば楽ありか:「マイナスのプラス:反常識の人生観」(外山滋比古著) (10/22 10:16)
遊民翁の旅 - 中国で出版できない中国人の書いた反日論:「中国「反日」活動家の証言」(王錦思著) (10/14 14:59)

遊民翁の旅 - 科学におけるアメリカンドリーム実現の道か:「タイム・トラベラー」(ロナルド・L・マレット著) (10/12 14:36)
遊民翁の旅 - 中立的な中国論:「街場の中国論 増補版」(内田樹著) (8/10 10:42)
遊民翁の旅 - 面白い娯楽小説:宮部みゆきの作品  (8/9 09:50)

遊民翁の旅 - 紀行というより日本の宗教の薀蓄:「にっぽん聖地巡礼の旅」(玉岡かおる著) (6/9 10:35)
遊民翁の旅 - 中国人の書いた中国の良い話:「21世紀の大国 中国を読む「新語」」(莫邦富著) (5/30 14:57)
遊民翁の旅 - 建前のようにも見えるが、非常に面白い韓国の小説 : 「商道」(崔仁浩著) (5/27 18:14)
遊民翁の旅 - 高度成長時代の知識人の活動とは:「若者が主役だったころ:わが60年代」(色川大吉著) (5/20 10:32)

遊民翁の旅 - 中国を愛する中国人作家の現代中国論:「本当の中国の話をしょう」(余華著) (4/24 14:26)
遊民翁の旅 - 貧乏という言葉が当たり前だった戦後が懐かしい:「半自叙伝」(古井由吉著) (4/13 13:44)
遊民翁の旅 - 庶民段階からも何でもありか、中国:「兄弟 上・下」(余華(ユイ・ホア)著) (4/11 15:05)
遊民翁の旅 - 韓国人の行動様式考え方を理解するには一助となるか:「われらの歪んだ英雄」(李文烈著) (3/28 13:41)

遊民翁の旅 - 中国作家の小説としては読みやすく中国農民の戦後が理解できた:「活きる」(余華(ユイ・ホア)著) (3/26 16:08)
遊民翁の旅 - 没落するかどうかは最終的には我々国民のレベルに依存するのか:「日本は沈没する」(榊原英資著) (3/16 11:00)
遊民翁の旅 - 国策捜査は「時代のけじめ」のため?:「特捜検察VS金融権力」(村山治著)&「国家の罠」(佐藤優著) (3/2 13:39)
遊民翁の旅 - 読めば元気が出る日中比較:「日中「再」逆転」(近藤大介著) (2/21 16:00)

遊民翁の旅 - 在日の韓国人の小説から何か見えてこないか:「カオス」(梁石日著)&「北方からきた愚者」(李恢成著) (2/15 19:12)
遊民翁の旅 - オムニバス相互の関係が理解出来なかった:「佳人の奇遇」(島田雅彦著) (2/5 10:32)
遊民翁の旅 - 主題は悲哀の会社員か、それとも半官の会社批判か:「沈まぬ太陽」(山崎豊子著) (2/2 13:56)

遊民翁の旅 - 「人生意気に感ず・・」「老兵は・・」を思い出させる小説:「不毛地帯」(山崎豊子著) (1/21 14:20)
遊民翁の旅 - どのレベルの読者を対象にしているのか疑問の最先端物理の解説:「入門 超ひも理論」(広瀬立成著) (1/8 18:07)
遊民翁の旅 - おもい、余りにも重い小説だが結末が:「二つの祖国」(山崎豊子著) (1/3 15:29)

遊民翁の旅 - 理解できない小説だが個人の思考様式は育った環境で決まるのか:「Y氏の妄想録」(梁石日著) (12/30 15:45)
遊民翁の旅 - 初期の色んな試みが感じられる小説集:「暖簾・花のれん(山崎豊子全集1)」 (12/10 15:02)
遊民翁の旅 - 日本の伝記物の中では面白い部類:「ドンネルの男:北里柴三郎(上・下)」(山崎光夫著) (12/6 11:09)

遊民翁の旅 - 緊張関係のある今読む意味のある小説:「大地の子(一)(二)」(山崎豊子全集19・20) (12/4 14:50)
遊民翁の旅 - 強烈な人間ドラマだが大学紛争を予見させる小説:「白い巨塔」(山崎豊子全集)」 (11/22 10:51)

遊民翁の旅 - 脇役を自殺させての終了は気に入らないが面白い小説:「華麗なる一族」(山崎豊子著) (11/13 14:29)
遊民翁の旅 - 韓国人の一面が分かる:「此岸の家」(日野啓三著) (11/6 18:20)
遊民翁の旅 - 面白い小説だが主人公の本当にやりたいことは何だったのだろうか:「仮装集団」(山崎豊子著) (10/29 15:29)

遊民翁の旅 - 非日常の出来事だがそれ故面白く読めた:「女系家族」(山崎豊子著) (10/24 14:58)
遊民翁の旅 - 執筆のための取材への拘りとその量の膨大さが想像される。:「女の勲章」(山崎豊子全集3) (10/14 14:11)
遊民翁の旅 - 主人公夫婦の葛藤は今の日韓関係の葛藤に似ている。:「片翼だけの天使」(生島治郎著) (10/8 09:36)

遊民翁の旅 - 目線が高く、後味が悪い。:「韓国から見た日本の歴史教育」(李元淳著) (9/23 10:33)
遊民翁の旅 - 歴史教科書、日本と中・韓では基本が異なる:「日・中・韓・露 歴史教科書はこんなに違う」(鳥海靖著) (9/20 14:44)
遊民翁の旅 - 日本人・韓国人、そして男女の気性の違いが面白く表現 : 「暗雲」(生島治郎著)  (9/19 19:14)
遊民翁の旅 - ごたごたの朝鮮王朝の歴史と日本の歴史認識の批判:「物語 朝鮮王朝の滅亡」(金重明著) (9/18 16:19)

遊民翁の旅 - ある記者の韓国感の変化:「韓国人の発想」&「韓国は不思議な隣人」(黒田勝弘著) (9/12 15:33)
遊民翁の旅 - 2300年以上前に書かれた君主の道のハウツウもの:「商君書:中国流統治の学」(商鞅著) (9/8 08:27)
遊民翁の旅 - 華僑は母国を愛するか?:「華僑コネクション」(樋泉克夫著) (9/7 09:45)
遊民翁の旅 - 歴史著作を読む際に役立つ考え方が例示されている:「歴史を学ぶということ」(入江昭著)  (9/1 19:25)

遊民翁の旅 - 第三者の見た学術的日中関係分析:「中国人の日本観」(A.S.ホワイティング著・岡部達味訳) (8/24 15:34)
遊民翁の旅 - ある一面からみた韓国人理解に有効:「スカートの風(チマパラム)」(呉善花(オソンフア)著) (8/23 09:32)
遊民翁の旅 - 日本人・中国人の書いた日中関係の対処法:「これから、中国とどう付き合うか」(宮本雄二著)&「なぜ中国 (8/17 15:06)

遊民翁の旅 - 呉善花の著作2冊:「漢字廃止で韓国に何が起きたか」&「向かい風:日韓=異文化の交差点から」  (8/12 13:39)

最終更新日: 2016/12/01 07:37

楽天市場のおすすめ商品

「読後感」のブログ関連商品

» 「読後感」のブログレビュー をもっと探す

「読後感」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る