誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    米倉利紀

米倉利紀

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「米倉利紀」のブログを一覧表示!「米倉利紀」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「米倉利紀」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「米倉利紀」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ごまよ◆妙に嬉しい!
久しぶりの赤坂BLITZで嬉しい事がありました。もちろん、米倉利紀ライブはとっても楽しくて充実した3時間でしたが、その前に起こったほんのちっちゃなこと。それは、ライブではよく見かけるお花ですが、3つ程 ... » more

yoneしか目に入らず、yoneしか聴こうともしない。わがままなファンの私的レポにつき、多々ご容赦あれ。曲名は反転で確認を。順番は曖昧、なにせ夢の中のこと・・。******************************** ... » more

ごまよ◆アッキーとよねちゃん
やっぱり触れておかないと5月が終れません。2連荘通ったアッキーの朗読劇とよねちゃんの横浜BLITZ公演のこと。☆アッキー事デビュー10周年の年である中川晃教のイベント事は、お芝居やライブだけでなく ... » more

ごまよ◆ご存じない・・・
やっぱり・・・。よねちゃんライブに風の強い初夏の香り漂う横浜、久しぶりの横浜BLITZに出かけてきました。よねちゃんがもうたまらなく最高にかっこよくて、ライブの様子も書きたいのはやまやまですが、そした ... » more

ごまよ◆びっくり!大興奮です
残業して帰宅後の夕飯の支度中、PCでメールチェック・・・で、相当興奮してしまいました!よねちゃんのサイト toshinoriyonekura.com から届くメールマガジンを開いての出来事でした。同じ内容が本 ... » more

ごまよ◆米倉利紀@渋谷PLEASURE PLEASURE
私にとって、震災後復活ライブに相応しいよねちゃんライブでした。震災直後から10日間くらいは、本当にこの日がくるのか?とさえ思うくらいにテンションがおかしくなっていました。とてもライブに参加する気持ちになれそう ... » more

ごまよ◆日々を過ごす
地震から2週間が過ぎた頃から少しずつ気持ちが戻りつつある日々です。地震直後より、時間が経つほどに自分で思う以上に今回の地震後の色々な事でまいってしまっていたようです。“普通に”生活できることのありがたさ、 ... » more

住む家、食べ物、飲み物、着るものわずかずつ、少しずつ改善するにちがいない仕事もまた、あらゆる知恵を結集し方法論を模索し新しい一歩へと近づくにちがいないただ、喪われた命だけは二度ともどらない、もどれない喪失 ... » more

とりとめなき覚書。ただ、あの時空を少しでも留めることができるなら。*******************第二幕、contactがプツリと断ち切られる言葉。「終わった・・」トム・コリンズを演じる米倉利紀の喉元で ... » more

Halloween=エンジェルの命日。ジョナサン・ラーソンはRENTの人物たちそれぞれに自分をすりこんだと思う。中でも、彼の理想を体現したのがエンジェルかなぁと勝手に推測。そんなエンジェルの命日は、エンジェルが本物の天使になった ... » more

「RENT」10月17日マチネA〜Happy Birthday〜 brand new single『my dear friend』をエンドレスでリピート。yone/Collinsの声から素に還り、すっと構えが抜けた声。軽くなった分、より天上に近づく。翼持つ声。喪った人を思うなら、ちゃんと生きて ... » more

「RENT」10月17日マチネ@〜my dear friend〜 RENTは舞台空間に複数の情景を同時発生させ 個々の唯一無二な関係性と、普遍的な感情の交錯を見せる。心と魂は感情にゆさぶられるまま、深く酔い続けるが耳は縦横無尽に絡まり、響きあう言葉と旋律を聴き分け目は視界を可能な限りに ... » more

RENT@シアタークリエ 10月11日マチネ 演劇は他者になることで自己を発見していく。 実に不可思議な自己表現だと思う。倒錯と葛藤。矛盾を越えた消化。2010年RENT。yoneとコリンズのDNA螺旋は複雑に絡みあい時に一体化し、時にゆるい乖離の遊びをみせ ... » more

ごまよ◆やっぱり声が好き!
体育の日、秋晴れの中ミュージカル「RENT」を観てきました。やっぱり、よねちゃんの声が好き☆2年前、同じく有楽町のシアタークリエで行われ、よねちゃんこと米倉利紀がミュージカル初挑戦!と言うことで、見逃さずに入られ ... » more

ごまよ◆見つけた!!!
やっとこれを見つけました!ごまよ、やられたっ!うぅ〜・・・バタッ。近頃の寝不足の理由は、映像サイトで、過去のお気に入り楽曲を探しては、懐かしんで、もっと、もっと、と彷徨っていたから。そして、夕べ、つい ... » more

ごまよ◆6月のまとめと7月の予定
なんだか先月初めのユニットの事がどっぷり後をひいて、おまけに体調もくずしてしまい、書き残してしまった事がたくさんあったな・・・と今夜も書き始めましたが、毎度記事のタイトル決めは大変です。今回のヒネリも奥も何も ... » more

SERENDIPITY米倉利紀 ”super” final
〜陶酔の海に漂いながら、私的ウロ覚書〜”This is the music !!”終盤のcall&responseで、投げかけられた言葉。自信に裏打ちされた旋律にのせ繰り返し、ステージから投げかけられた言葉。そし ... » more

SHIHOの切れ味鋭いBADで始まった two voices show。リーダー横田氏のギターが本家MJのPVダンスなみに踊る。・・・・・かに視覚が惑いとらえてしまう、超絶技巧演奏。横田氏のすごさは、それを51歳になるギタリスト ... » more

SERENDIPITY米倉利紀〜 super @Zepp Tokyo
「みんなぁ〜、どうしちゃったのぉ?」華のかんばせに笑みあふれさせWアンコール時に発したyoneの言葉がすべてを物語っている。いかにyoneの芝居が視覚を中心とした五感を喜ばせようともyoneの歌が、未知の知覚までふくめた ... » more

演技だけの2時間と歌で埋めつくした2時間ではこれほど違うものか。ぎゅっと濃縮され、粋を抽出された米倉利紀の世界が「時計の時間」を追い越す速さで過ぎ去っていく。それとも、華やかに彩られた音たちが、世界共通の時の刻みを妖しく誘い ... » more

日曜の渋谷、晴天ながら風は半歩前の季節が居残る。半そでからダウンまで、服装もまちまちな雑踏を抜けセルリアンタワーに佇む小粋な音楽空間へと急ぐ。JZbratは、小上がりを含めて3,4段に分かれた席配置。客席そのものがいわば、ち ... » more

「Duet for One」米倉利紀、博士を演じる 注:ストーリーを詳細に記してはいませんが、内容に言及しています。未見の方はご承知の上、お読みください。なお、あくまで米倉利紀ファンとしての鑑賞です。英国の物語ながら、昭和30年代とおぼしき日本家屋を舞台として ... » more
テーマ 米倉利紀 演劇

ごまよ◆予定着々と
◆予定着々と なんだかやり忘れているような肩透かしのような本筋から抜けているような感覚のままエンタメ活動の予定を入れています。昨年2009年は、ライブ中心の活動でしたので、今年は、舞台の方からもいろいろと吸収したいと思い4 ... » more
テーマ KANGTA(カンタ) 米倉利紀 松下優也  コメント(2)

ごまよ◆大人の時間−その2−
◆大人の時間−その2− 忘れてしまいそう・・・と言うより上書きされそうです、どっぷりとはまったはずの米倉利紀の世界がっ!と言うのは・・・、11月22日(日)、五反田ゆうぽうとで行われた米倉利紀のライブに参加した記憶に、4月11日 ... » more

*MC中心の覚書(2夜混合・・・)二夜続けて米倉利紀の世界に浸ってしまうとプールサイドにあがった身体が重いように日常時間の気だるさがひとしおだ。彼を表すにもっとも相応しい言葉はなんだろう?艶、華、才だけでは、ステ ... » more

会場入り口からホール扉へと導く赤絨毯の階段が好きだ。数ある赤絨毯ながら、ここのレトロ感は安堵をもたらす。進化しながら、遠い記憶のコマを隠し引き出しの中に仕込み時おり覗かせては安心させてくれる、yoneに似合う会場だ。下手 ... » more

SERENDIPITY米倉利紀〜sensitive sources
”samurai quality ”から二巡りの四季を経て米倉利紀が用意した極上のフルコース。春夏秋冬、彼が編みだした関係性のアラベスクを時計にとらわれない時の流れで熟成させた感性。彼自身という希有な素材をあますところなく味 ... » more

2003年夏、yone's nice&easyツアーは”unreleased songs”と銘打たれ改築直前の赤坂BLIZで幕を閉じた。「僕が好き勝手に作った曲たち」と紹介された未リリース曲を中心に他のアーティストに提供された楽 ... » more

ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット〜座長・米倉利紀の華 初日観劇時は、暗喩に満ちた台詞を理論解釈しようと悪戦苦闘を試み、米倉利紀を味わいきれなかったかも・・と深く反省。メタファー出現には戦闘態勢をもって臨む!という文系人間の面倒くさいサガ。一月強の稽古と並行して、台詞 ... » more

◆米倉利紀 in 『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』 早くも千秋楽を迎えてしまいましたが、よねちゃん2本目のミュージカル作品となった『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』の感想を書きたいと思います。あれこれ思いつく断片的な感想はあったのですが、なかなか書き出しが出てこな ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 07:19

楽天市場のおすすめ商品

「米倉利紀」のブログ関連商品

» 「米倉利紀」のブログレビュー をもっと探す

「米倉利紀」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る