誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山口雅也

山口雅也

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山口雅也」のブログを一覧表示!「山口雅也」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山口雅也」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山口雅也」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「吸血鬼になりたい」と作文に書いた陽太と引きこもりっぽい叔父さんが自由研究のために東京駅に出かけて事件に出くわし…。密室の謎も、この設定ならOKか。ところどころクサい感じのところもありましたがまあ、半分子ども向けだからね ... » more

ミステリ界の鬼才(?)・山口雅也のユーモア・ミステリ、シリーズ第3弾!前作を楽しく読ませてもらった憶えがあるので(随分前に読んだので、記憶はあやふやですが…)、期待して手に取りました。新・垂里冴子のお見合いと推理講談社 山口 ... » more
テーマ 山口雅也 読書

★★★★☆前記作『暗黒館の殺人』が「本格ミステリの頂上」とするなら、本作は「本格ミステリの最下階」と言えるかもしれない、「本格ミステリ」と呼ばれる建物の地下一番深く、アンダーワールドの粋。しかし、「到達点」としてみるのなら、「海面からの ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 山口雅也

★★★★前作「ミステリーズ」よりも、「サイコミステリ」の要素が強くなった気がする。しかしそのスタイルは、洗練され、バリエーションも増えている。サイコにスラップスティック、SF、ショートショート風など書きたいテーマに合ったスタイルがと ... » more

★★★☆豊富な知識、シニカルな世界観、「十分」でありながら「限界」には見えないロジック。「芸術家」と「職人」、ふたつの面を持つ作者がその「技巧」のみを抽出し、様々な短編として並べた作品集。それにしても難解、表された形を見てもそう ... » more

★★★このシリーズに現れる作者「らしさ」について。例えば、「キャラクターがかなり変」だという点、妹の空美が目立っているが他のキャラクターも非常に個性的。(だが探偵が「待ちタイプ」の今シリーズにおいて、空美の「持ってくる力」は欠か ... » more

★★★山口雅也版、「日常の謎」だろうか、人死に多いが。もしくは「キャラメインのミステリ」だろうか。作者の腕を考えれば、「安心して読めるシリーズ」といえる(最近新作が出ました)。トリックは、「本格」のそれを「煎じて丸めた」ような雰 ... » more

★★★★☆この作品は…、「小説の限界を描いた作品」と言えるだろうか。第2話「実在の船」のラストにおける「解決」は、あらゆる小説の「解決」でもありうる。「ロゴス=論理・言葉を疑い出せば、小説、特に「本格」は即死する」、そんな風。 ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 山口雅也

★★★★この作者は「本格の作家」である前に、「世界の作家」だと感じる、文字通り「世界」を「作る」のだ。デビュー作もそうだが、作者が得意とするのは「現実とは違うルールが支配する世界での本格」である。その意味で、この作品はこの作者「らし ... » more

★★★★★この作品はかなりの「硬度」の「本格ミステリ」といえる。「犯人VS探偵」という構図、驚愕必至の動機の設定、主人公を初めとした魅力的なキャラクター等々。ただひとつ、他の作品と違うのは、死んだ人間が生きかえること「だけ」であ ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 山口雅也

お見合いのたびに面倒な事件が起こって破談になるのはお約束のパターン。巻き込まれる冴子本人も家族も相変わらず。それでもって、垂里家に伝わる呪いか何かしらんけど、家族って、特別乗り気でない本人を差し置いてそんなに結婚させたい ... » more

生ける屍の死 [山口雅也] 生ける屍の死山口雅也死んだ人間が蘇る世界。そんなありえない世界観の中で展開される殺人事件を描いた作品。殺人といっても生き返るため、何がなんだかわからなくなる点では「西澤保彦」の作品に似ている部分はあるが、突拍子も無いスト ... » more
テーマ 山口雅也

続いて読んだのも<ミステリーランド>の一冊。ステーションの奥の奥 (ミステリーランド)主人公の陽太は「吸血鬼に憧れている」以外はごく普通の小学六年生。陽太の家には、一風変わった叔父さん「夜之介」が居候している。あ ... » more
テーマ 山口雅也 読書

『ミステリーズ!』 by 山口雅也 いや〜、面白かった。のめりこむほどではなかったが、短編だから読みやすい。しかし短編のくせに妙に頭を悩ませるものもあり、軽いものもあり、ここまで本格的にミステリーが集合していると見事というか、読み応えあるというか、お得というか、しかし疲れ ... » more
テーマ 日記 山口雅也

ステーションの奥の奥 山口雅也 講談社ミステリーランド 装丁が、まずいい。まあ、このシリーズは装丁が一つのセールスポイントなんで、いつも凝ってます。久しぶりに山口さんの作品を読んだような気がするんですよ。・・・というか、山口さんの持ち味である、マニアックな軽さを味わえた、というか ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 03:47

「山口雅也」のブログ関連商品

» 「山口雅也」のブログレビュー をもっと探す

「山口雅也」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る