誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自伝

自伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自伝」のブログを一覧表示!「自伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自伝」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

小室哲哉容疑者 お蔵入り自伝のすごい中身 小室哲哉容疑者 お蔵入り自伝のすごい中身投資家への音楽著作権の売却話を巡る詐欺事件で大阪地検特捜部に逮捕された音楽プロデューサーの小室哲哉容疑者(49)。住民税の滞納で、自宅のある東京都港区役所から著作権使用料の一部を差し押さえ ... » more

前の続き。ゲームをやりつづけてそのまま小学生に上がる。1年生のころに、親戚のおじさん(金持ち)の家行ったら、そこにとってもキレイで、すごいファミコンが置いてあった。スーパーファミコンだ!!!ボタン ... » more
テーマ ゲーム 自伝

なんかXbox360も壊れてネタがないので、私のゲーム人生を死ぬ前に書いておこうかな。別にまだ死ぬ予定無いけどwwwww今ではすっかりゲームオタクな私。私とゲームの出会いは、4〜5歳くらいの頃・・・小さい ... » more
テーマ ゲーム 日記 自伝

自伝を作って儲けちゃおう!? オリンピックが終わり、人々の日常生活も普段通りに戻りました。日テレは、今週末に24時間テレビをやるそうですが、テレビを見るのは、もう食傷気味です。まして、エドはるみのマラソンをみても、オリンピックの感動とは比べ物になりません。 ... » more
テーマ 自伝 儲かる仕事 マンガ  コメント(4)

去年軽井沢の大賀ホールのコンサートに行って以来ずっと気になっていたSONYの大賀元社長の自伝です。以前からカラヤンが亡くなるときにたまたま居合わせた音楽家であり社長ということで、どんな人なのか興味があったのですが、それだけでなく飛行機の操縦 ... » more

久しぶりの更新です。訳あってしばらく何を書こうか迷っていました・・・・・・・。ワインのことばかり書いてもというわけです。そこで今日からすこしづつですが・・・・・・・。自伝でも書いてみようかなと思います。来歴わ ... » more

               heetanのキモチあれから1年
あれから1年 大好きなおばあちゃんへ前略お元気ですか?体の具合はいかがですか?足は痛くありませんか?とても心配してます。こちらは毎日元気にしてますよ。庭ではピッピが鳴いています。様子を伺いに来たみたいです。また手紙書きます。それまで、お元 ... » more
テーマ 自伝 日常

※前もって言っておくとすれば、彼とは十数年間、秘密の関係だ。そして秘密のまま終わりを告げる。毎年恒例のK氏主催のバースデイパーティ。私はどんなことがあっても、この日だけは彼と過ごしてきた。彼は私を高校時代か ... » more
テーマ 自伝

N美よ、幸あれッ!!!  N美から久々に電話があって、店が2周年を迎えるとのこと。彼女は現在スナックのママをしている。ぼったくりの、ウソです(笑)。夏ぶりに会ったけど、いたって元気そうだった。そんなことよりも、事件は帰り際に起きた。私が「来年早々、日本を離れる。」と ... » more
テーマ 自伝 日常

5年ほど前、1通の手紙が届いた。消印は16年前。中を開けてみると、そこには私宛の手紙と1枚の色あせたポラロイド写真が入っていた。あどけない少女の私と、やさしく微笑む父の姿がそこあった。封筒の外にはポストカプセルと判が押してあって、どうやらク ... » more
テーマ 自伝

痒い〜ッ!!!そして淡い思い出 身体が痒くてたまらんのです。どうしてかって、理由は簡単、お風呂に入ってないからに決まってるじゃん。ちなみにシャーワーもですよ。LASIKの手術以来。当初、注意事項には翌々日からシャワー ... » more
テーマ 自伝 日常

ALWAYS 続・三丁目の夕日 IN 韓国 先週末、久々に韓国に行ってきました。高校の修学旅行で初めて行って以来、今回で3度目となる。日本に韓流ブームが押し寄せてからは、少なからず韓国には違った意味で興味があったので楽しみにして行った。仁川国際空港にも初めて降り立ったので、うわぁデカ ... » more

shupガラスのうさぎ
『ガラスのうさぎ』高木敏子作武部本一郎画金の星社戦争中に兄2人は特攻隊員として出征し、両親と妹たちを亡くし、一人ぼっちになった女の子が、たくましく生きていく実話です。まずは、母親と妹たちが東京大空襲で死んでしまいます。そ ... » more
テーマ 自伝

shup津田梅子
『津田梅子』大庭みな子著朝日文庫さらりと物事に対峙しながら、特に人に対して敏感でありたいと、最近思うようになりました。『津田梅子』を読んで、そんな人物が実在していたことを知りました。何事も次のステップへの良い経験と思う姿 ... » more
テーマ 自伝

shup草のうた、石ころのうた
『草のうた』『石ころのうた』三浦綾子著角川書店この間、三浦さんの自伝を紹介しましたが、私は『道ありき』『この石の器をも』しか読んだことがなかったため、幼少期と青春時代が読みたくなりました。感想は、何て三浦さんの周りはいい ... » more
テーマ 自伝

shup命ある限り
『命ある限り』三浦綾子著角川書店三浦綾子さんの著書で、『道ありき』というとても有名な本があります。私は、約1年ほど前にこの本に出合い、強烈な影響を受けました。キリスト教の「原罪」というものを知り、(同氏の『氷点』という朝日新 ... » more

shup茜色の戦記
『茜色の戦記』津村節子著新潮文庫戦時中女学生で、終戦間際に少しだけ社会人を体験したという津村さんの戦争体験記+青春時代の話です。福井の裕福な家の出身の津村さん。彼女が通っていた女学校は中産階級の教育熱心な親のもとにで ... » more
テーマ 自伝

shup私の青春日めくり
『私の青春日めくり』澤地久枝著講談社今から20年ほど前、55歳だった澤地さんが書いた青春時代の話です。読んでびっくりしたのが、以前読んだ、沢村貞子さんの「貝のうた」と似通った点があることです。それは、共産党の活動に入り、 ... » more
テーマ 自伝

文盲 アゴタ・クリストフ 白水社 「悪童日記」で名高いアゴタ・クリストフの自伝。薄い、あっという間に読めてしまう本なのだが、そこに詰まっているものの大きさに畏怖を感じてしまう。初めて「悪童日記」を読んだときは、その双子の恐るべきパワー、そして国家という体 ... » more
テーマ 自伝 外国女性作家 か行の作家

BOOKS&GOODS他の誰かになりたかった
アスペルガーの世界観、藤家さんのワールドが繰り広げられています。自閉っ子、こういう風にできてます!のイメージとはまた違ったイメージを感じた本でした。他の誰かになりたかった―多重人格から目覚めた自閉の少女の手記 ... » more

BOOKS&GOODS地球生まれの異星人
この本、面白かったです!一気に読みました。とても頭のいいかたなのに、困り加減がなんとも言えずうまく表現されています。知能が普通なのにね。むしろ優れているくらいなのに、どうしてこなっちゃうんだろうね?というところあたり ... » more

BOOKS&GOODSこの星のぬくもり
いよいよ復刊しました。わたしは古いほうで読みましたが、漫画で読みやすいと思います。パニックの場面では、わたしは自分の娘のパニックの場面を想像してしまうので、ものすごい混乱している様子を連想しますが、自閉症の子供を見たことがない人が読 ... » more

この本は面白かったです!娘や私とはタイプが違う方だなと思いましたが、社長さんと、ニキさんと、藤家さんの会和風仕立てのストーリーがとても良かったです。この本では、まず体の調子が述べられていましたが、けっこう体の調子に響いている方は ... » more

本の題名を見て、何がクマなんだろ?と思いましたが、この方、人間はみなクマのぬいぐるみといっしょに眠るべきだと言い切ってました。(驚)クマといっしょに寝ると心地よいんでしょうね。そして、クマの選び方が箇条書きにされていました。(さらに驚) ... » more

2か月位前だったか、昼の番組NHK〈スタジオパーク〉にこのお方が出演。黒っぽいスーツにノーネクタイ、バリトン調の声。あまりに姿良し声良しの中年男だったので、テレビ画面に張り付いてしまった。ゆったりと穏やかに話す言葉はとても解り ... » more
テーマ 自伝 読書

 

最終更新日: 2017/11/24 08:49

「自伝」のブログ関連商品

» 「自伝」のブログレビュー をもっと探す

「自伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る