誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自伝

自伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自伝」のブログを一覧表示!「自伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自伝」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

shupガラスのうさぎ
『ガラスのうさぎ』高木敏子作武部本一郎画金の星社戦争中に兄2人は特攻隊員として出征し、両親と妹たちを亡くし、一人ぼっちになった女の子が、たくましく生きていく実話です。まずは、母親と妹たちが東京大空襲で死んでしまいます。そ ... » more
テーマ 自伝

shup津田梅子
『津田梅子』大庭みな子著朝日文庫さらりと物事に対峙しながら、特に人に対して敏感でありたいと、最近思うようになりました。『津田梅子』を読んで、そんな人物が実在していたことを知りました。何事も次のステップへの良い経験と思う姿 ... » more
テーマ 自伝

”はなわ”よりがばい佐賀のはなし 「佐賀のがばいばあちゃん」島田洋七〔著〕/徳間書店2004.1.15小中学校を佐賀の祖母のもとで暮らした著者が祖母との「由緒正しい貧乏」暮らしを面白く綴った自伝。あとがきによれば最初にこの本が出たのは2001年だったが、2003年初 ... » more

「私の喧嘩作法」屋山太郎〔著〕/新潮社 2000.7.15辛口の政治評論家として知られている著者の中高・大学時代や時事通信社記者時代のエピソードを自伝風にまとめている。薩摩隼人の父から喧嘩は鼻っ柱を殴り相手を戦意喪失させることと教わ ... » more
テーマ 自伝

shup草のうた、石ころのうた
『草のうた』『石ころのうた』三浦綾子著角川書店この間、三浦さんの自伝を紹介しましたが、私は『道ありき』『この石の器をも』しか読んだことがなかったため、幼少期と青春時代が読みたくなりました。感想は、何て三浦さんの周りはいい ... » more
テーマ 自伝

shup命ある限り
『命ある限り』三浦綾子著角川書店三浦綾子さんの著書で、『道ありき』というとても有名な本があります。私は、約1年ほど前にこの本に出合い、強烈な影響を受けました。キリスト教の「原罪」というものを知り、(同氏の『氷点』という朝日新 ... » more

shup茜色の戦記
『茜色の戦記』津村節子著新潮文庫戦時中女学生で、終戦間際に少しだけ社会人を体験したという津村さんの戦争体験記+青春時代の話です。福井の裕福な家の出身の津村さん。彼女が通っていた女学校は中産階級の教育熱心な親のもとにで ... » more
テーマ 自伝

shup私の青春日めくり
『私の青春日めくり』澤地久枝著講談社今から20年ほど前、55歳だった澤地さんが書いた青春時代の話です。読んでびっくりしたのが、以前読んだ、沢村貞子さんの「貝のうた」と似通った点があることです。それは、共産党の活動に入り、 ... » more
テーマ 自伝

文盲 アゴタ・クリストフ 白水社 「悪童日記」で名高いアゴタ・クリストフの自伝。薄い、あっという間に読めてしまう本なのだが、そこに詰まっているものの大きさに畏怖を感じてしまう。初めて「悪童日記」を読んだときは、その双子の恐るべきパワー、そして国家という体 ... » more
テーマ 自伝 外国女性作家 か行の作家

BOOKS&GOODS他の誰かになりたかった
アスペルガーの世界観、藤家さんのワールドが繰り広げられています。自閉っ子、こういう風にできてます!のイメージとはまた違ったイメージを感じた本でした。他の誰かになりたかった―多重人格から目覚めた自閉の少女の手記 ... » more

BOOKS&GOODS地球生まれの異星人
この本、面白かったです!一気に読みました。とても頭のいいかたなのに、困り加減がなんとも言えずうまく表現されています。知能が普通なのにね。むしろ優れているくらいなのに、どうしてこなっちゃうんだろうね?というところあたり ... » more

BOOKS&GOODSこの星のぬくもり
いよいよ復刊しました。わたしは古いほうで読みましたが、漫画で読みやすいと思います。パニックの場面では、わたしは自分の娘のパニックの場面を想像してしまうので、ものすごい混乱している様子を連想しますが、自閉症の子供を見たことがない人が読 ... » more

この本は面白かったです!娘や私とはタイプが違う方だなと思いましたが、社長さんと、ニキさんと、藤家さんの会和風仕立てのストーリーがとても良かったです。この本では、まず体の調子が述べられていましたが、けっこう体の調子に響いている方は ... » more

本の題名を見て、何がクマなんだろ?と思いましたが、この方、人間はみなクマのぬいぐるみといっしょに眠るべきだと言い切ってました。(驚)クマといっしょに寝ると心地よいんでしょうね。そして、クマの選び方が箇条書きにされていました。(さらに驚) ... » more

自伝「在日」/カン・サンジュン著/講談社 2か月位前だったか、昼の番組NHK〈スタジオパーク〉にこのお方が出演。黒っぽいスーツにノーネクタイ、バリトン調の声。あまりに姿良し声良しの中年男だったので、テレビ画面に張り付いてしまった。ゆったりと穏やかに話す言葉はとても解り ... » more
テーマ 自伝 読書

 

最終更新日: 2017/04/25 08:45

「自伝」のブログ関連商品

» 「自伝」のブログレビュー をもっと探す

「自伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る