誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自伝

自伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自伝」のブログを一覧表示!「自伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自伝」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

過激なタイトルですが,内容はそうセンセーショナルなものではありません.若い女性が大人の男性に引かれていく様と,やがて現実を目の当たりにしてうろたえていく様が淡々と綴られている.過激な内容を期待して読んでも,がっかりするだけで ... » more
テーマ 自伝 ★★★

yuria7016? タイトルなし ?
? タイトルなし ? https://www.viral-manager.com/aff/46000/754/ 丹冶式次世代アフィリエイトは、一人の青年の実話を元に書かれた1冊です。挫折をしましたが、それをばねに、コンピューターサイトを立ち上げ ... » more
テーマ 自伝 今しあわせ 座折と栄光

山田二つの自伝
相次いで二人の自伝を読んだ。どちらも最近発刊されたものだ。ひとつは、杉尾好男さんの「オヤジの夜間高校バンザイ!〜二年後輩の娘を背にして読んだ『答辞』〜」(梓書院)だ。宮崎県出身の杉尾さんは、農家の長男。高校一年の時、豪雨で家がつぶれてし ... » more
テーマ 上田七加子 自伝 杉尾好男  コメント(2)

NHK連続テレビ小説「カーネーション」のメデル、小篠綾子の自伝 「糸とはさみと大阪と」 「糸とはさみと大阪と改訂」 小篠綾子著(文園社1,260円)糸とはさみと大阪と文園社 小篠 綾子 Amazonアソシエイト by 糸とはさみと大阪と改訂楽天ブックス 小篠綾子 文園社発行年月:2011 ... » more

「決断のとき 上下巻」 だれも嘘をついていない。全員が間違っていただけだ。 ノンフィクション(自伝)「決断のとき上下巻」DECISIONPOINTS2010年アメリカジョージ・W・ブッシュ著伏見威蕃訳日本経済新聞社2011年4月22日1版1刷2011年5月28日(土)読了「北朝鮮の核を放置すれば、日本の ... » more

Junko Oshida Weblogモノクロのわたし
モノクロのわたし 世界各国が日本に応援メッセージを送ってくれています。お互いのあげあしの取り合いを行う政治家達を見ていて、日本の政治の先行きを不安に思っていました。しかし・・・想像もつかない大震災が日本を襲いました。今、この時 ... » more
テーマ 自伝 押田じゅんこ 東日本大震災

日々、頑張ってます(笑先日、人づてに「Junkoさんって頑張ってる感ありありですよね。愚痴も多いし痛いですよね。」のような事を言っているという方が居ると聞きました・・・。はい^ ... » more
テーマ PureWingsLabel 自伝 押田じゅんこ

OSSのブログ娯楽・趣味の源流
寒さ厳しく、引きこもりを選択。こんなときにはブログでもと想いつつも夕方になりPCに向かう。まずは、OSSの娯楽・趣味の振り返り。小学生の頃が源流(点)、10歳年上の兄の影響を強く受けていたようである。兄は屋根上に10数メートルの長さ ... » more
テーマ 自伝

道後・農事試験場 (7) 〜アメンボ,ツユクサ,ユキノシタ,ネムノキ〜 さて、いよいよ農事試験場シリーズも最終回にしたいと考えている。【アメンボ】ぼくにとって、アメンボの原風景も農事試験場にある。あの異様に足が長く、水の上をすいすい滑るように動き回るアメンボ。初めて見たのは小学1,2年生のころ。 ... » more

道後・農事試験場(6)〜広大な圃場の思い出〜 農事試験場のこと。一度は書かねばと思い続けてきたテーマであった。だが、筆を起こしてみると、発掘される記憶はどれも主観に色濃く染め上げられた個人的なものばかり。農事試験場がいかに深くぼくの内面と一体化しているか、主観と客観との明瞭な境界線すら ... » more

P・Fドラッカー 今回は自伝を読みました。すごいです。やはり超人としか言いようがありません。あのフロイトと会っていたり、ヒトラーにインタビューをされていたりと過去の時代かとおもってましたが、実はそう遠くない過去だったんですね? ... » more

道後・農事試験場(5)〜サクラ・アオギリの思い出〜 農事試験場には、要所要所にさまざまな木が植わっていた。研究用というよりは、憩いの空間を作ることが目的の木々であった。ぼくの記憶がそのすべてを正確に反映しているとは思わないが、さまざまなエピソードをともなって鮮明に覚えている木々のいくつかを、 ... » more

道後・農事試験場(4)〜養鶏研究所の思い出〜 そこを遊びの場としていた子供の目から見た愛媛県農事試験場を語っています。しかも、半世紀以上も前のそれです。研究員や講習所生の目で見た農事試験場像とは、当然ながら、視線の方向・焦点の当て所とも、ずいぶん違いがあるものと思います。今回はまず ... » more

道後・農事試験場(3)〜農業講習所、講堂の思い出〜 (写真1)(図1)【講堂および農業講習所のこと】写真1における黒っぽい二階建ての建物が講堂である。図1を見るとわかるが、事務棟と化学実験棟にはさまれた通路(入口に門はなく、土手が切り取られているだけ)を行くと、正面にズド ... » more

道後・農事試験場(2)〜構内配置図など〜 【農事試験場の構内配置図】ぼくらが遊んだ農事試験場は、いまや思い出の中にしか残されていない。その構内配置図を、思い出すままに描いてみた。どこかに資料でもあろうかと、探してみたのだが、見つけることはできなかった。『愛媛県農業試験場七十 ... » more

道後・農事試験場(1)〜周辺の歴史〜 先日来、何度か、子供時代の思い出が濃縮された一帯を歩いてみた。松山市の道後公園から上一万にかけての電車通り沿い、およびその北側一帯である。かつての農事試験場周辺といってもよい。すでに半世紀が経過し、当時の痕跡は、表通りから見るかぎり、完 ... » more

マイ坊っちゃんテニスコートの記憶
【テニスに夢中】ぼくはある時期、そうだ、今となってはある時期としか言いようのない過去完了のある時期、テニスに夢中になっていた。持病が突如最悪の事態を引き起こし、倒れ込むように入院してしまうまでの20年間ほどだ。持続したその期間を、今や「 ... » more

マイ坊っちゃん古時計の話
腕時計、柱時計、置き時計、目覚まし時計。いまわが家にいったいいくつの時計があるのだろう。数えたこともない。数えようとも思わない。動かなくなった時計も数かぎりない。捨てられることもなく、引き出しの奥に眠っている。そして忘れ去られている。 ... » more

マイ坊っちゃん新鮮な体験
先日、好天に恵まれて、ぼくが通う教会でバザーがあった。どの年も、たいていぼくはコーヒー係をやってきた。大型のコーヒーメーカーでコーヒーを淹れ、熱湯で温めたカップにコーヒーを注いでは、チケットと交換にコーヒーを差し出す。小さなケーキも添え ... » more

マイ坊っちゃん地球儀の歌
地球儀には懐かしい思い出がある。小学4年生のとき。ぼくが母に「地球儀がほしい」と言ったのだろうか、それとも母が「地球儀を買ってあげよう」と言ったのだろうか。おそらく前者だ。家には経済的なゆとりなどなかったのだから。★ ★ ★ ... » more

マイ坊っちゃん鐘の鳴る丘
先日見た映画『君の名は』。その原作とも言えるラジオ放送は、1952年4月から1954年3月まで、丸2年間続いた。空前絶後の国民的大ヒット番組であった。放送が流されていた2年間は、いま思うと、ぼくの4歳と5歳の2年間だ。今風に言えば、幼稚 ... » more

記憶の揺籃期、萌芽期。2歳というのはそういう時期らしい。孫を見ていてつくづく思う。自我はある。どんどん言葉を覚え、しゃべり、理解する。しかし、2歳の日々をはたして孫は、後の日にどこまで記憶にとどめているのだろう。記憶にかかわる自我は、2 ... » more

自伝風エッセー (20)「魚と真珠」ぼくの時計が動き始めたのは、たしかに2歳1ヶ月と10日ばかりのときだ。それが特定できるというのも不思議なことだが、初動の瞬間に続く一年ばかりの記憶が模糊としているのも、不思議と言えば不思議。当然と ... » more

ぼくがぼく自身を、取り巻く環境から切り離された一個の主体としてはじめて認識したとき、そこはきらめく光の中にあった。記憶の原点でもあるそこは、南に面した磨りガラス窓から射し込む春の陽光に満たされていた。母を母として、父を父として、記憶の襞 ... » more

自伝風エッセー (18) ぼくの始まり ぼくの前にあって、ぼくという存在の根源的原因をなす父と母の人生を、駆け足でなぞってきた。その区間は、ぼくが受動的に存在し始めた地点をやや越え、主体的な実在となった地点まで延びている。駆け足とはいえ、長すぎるプレリュードであったのかもしれない ... » more

母と違い、父は人中に身を置くことを厭わなかった。いや、それを心から楽しむのが常であった。場のムードに合わせて軽口を叩き、冗談を言い、話題の種を蒔き、人の話題にも素早く応じ、笑いを絶やさず、かといって場の主導権を握ることもなく、話が弾んで ... » more

父が見た下駄工場は、5年前の出征時とは、まるで様子が違っていた。かつての工場は、夜になれば昼間の喧噪が嘘のように静まり、一家水入らずの生活がそこにあった。共同経営者の兼光は、一日に一度、様子見と打ち合わせのために必ず工場に顔を出 ... » more

父はバンドンで敗戦を知らされた。が、すでにその何ヶ月も前から、日本の敗戦は時間の問題であることを、ラジオを通して知っていた。★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★バンドン飛行場で父は、24飛行大隊の衛生材料管理係を担当し ... » more

シンガポール陥落を待って、2月18日、60隻の大輸送船団がカムラン湾を出航した。行き先はジャワである。60隻の構成はばらばらで、数万トンの大型客船から、数十トンの漁船まで、種類も大小もさまざまな船の集合体であった。雑居集団のようなこ ... » more

12月8日の開戦によって、日本の戦う相手は明瞭になった。ハワイ、フィリピンのアメリカ軍、マレー半島、ビルマのイギリス軍、それにジャワ、ボルネオなどのオランダ軍がその相手であった。さらにはアメリカ、イギリスなどが領有していた広大な南洋諸島 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 03:17

楽天市場のおすすめ商品

「自伝」のブログ関連商品

» 「自伝」のブログレビュー をもっと探す

「自伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る