誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新田次郎

新田次郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新田次郎」のブログを一覧表示!「新田次郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新田次郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新田次郎」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

小説を読んでいて、登場人物の生き方から考えさせられたり、ドラマ展開に驚いたり、教養小説として多くの雑学を学んだり、いつも充実した読了感を獲ますが、今回は女性の心理描写と後半の思わぬプレゼントの中身に驚きました。いやあ、女性の想像力は男性なん ... » more

富士山頂に永年気象観測所を設立するために、佐藤順一は冬の一定期間山頂での観測をし、これが可能であることを政府に示すことで、予算と許可を得ようと努めた。結果として、登山中の暴風雪、そして山頂では夏のうちにストックされたはずの食料が盗まれており ... » more

この短編は大分前に読みましたが時々思い出します。主人公の万作は金貸しであった。ある家でご馳走になった帰り、皆の心配をよそにひとり暗い雪道を提灯も借りずに帰るのだった。そして山犬のために掘られた落とし穴に落ちるのである。ここから万作の妄想が始 ... » more

新田次郎著「剱岳」<点の記> 新田次郎著の長編作品を読んだ後だからでしょうか、今回はとてもシンプルな作品としての印象を受けました。簡単に言うと、決して登ることの出来なかった剱岳に、国の威信をかけた陸地測量部と富山山岳会との初登頂争いを基本にしながら、さまざまな人間模 ... » more

新田次郎著「銀嶺の人」(女性登山家に関しては否定的にならざるを得ません) 女流登山家駒井淑子と若林美佐子が、冬の八ヶ岳で出会ってから登攀を学び、女性として初めてのマッターホルン北壁登攀に挑む。これを主軸に、二人の女性に登攀を指導する男性クライマーとの恋愛、仕事と登山との葛藤、家庭内の問題、そして女性独特の表現 ... » more

新田次郎著「栄光の岩壁」(クライマックスに号泣してしまいました) この小説を読むにあたり、決して結果を先に知ることなく読み進めようと誓った。先日読んだ「孤高の人」では登山家の加藤文太郎に対して全く共感するものが無かった。不快感を抱きながらの読了であったし、生き地獄のクライマックスは耐え難いものであった ... » more

おっちゃんの備忘録孤高の人 (下巻)
実話に基づいているだけに結婚あたりからは、最後の山行に対する不吉な雰囲気が常に付きまとう。。しかし揺るぎない価値観を持ってる人が、命に関わる判断をするときになんとなく流されていくところが、それまでの人間関係からすると分かる気がして心 ... » more

登山家加藤文太郎の人生について実話をベースにした小説です。登山に関するエピソードはもちろんですが、この人のもどかしい性格が、山岳界・女性関係・仕事・労働運動などと絡み合い、いろいろと面倒くさいことになるという人間ドラマとしても面白い ... » more

新田次郎著「孤高の人」(小説としては素晴らしいが主人公には全く共感出来ない) 大分前に読んだのだが、小説としての素晴らしさに感動はしたものの、主人公の加藤文太郎には少しも共感できなかった。実はこの物語は、著者が富士山観測所勤務時代からの知り合いの実際の話であったが、このことを全く知らないまま読了して、追記の文で初 ... » more

新田次郎著「槍ヶ岳開山」(播隆上人の人生と哲学) 長野の友人から、登山で長野に度々来るのだったら新田次郎の作品を読むといいと言われた。飲み会で同席した同県の友人は、それぞれが愛する新田次郎の作品の魅力を高揚した語り口で披露していた。今「槍ヶ岳開山」を読了して、長野の友人が熱く語るその訳が ... » more

毎度!転がる達磨です。<書籍情報>タイトル:「火の島」収録作品: 「火の島」「毛髪湿度計」「ガラスと水銀」出版社:新潮文庫著者: 新田次郎久しぶりに、新田次郎氏の本を読みました。いつもの、山岳モノでなかっ ... » more

「「アラスカ物語」新田次郎(新潮文庫)」読みました! 廣川まさきさんの「ウーマンアローン」を読んだ後、安田恭輔さんは、ポイントバロウ周辺の海岸エスキモーをつれてビーバー村に移住したときからエスキモーがインデアンと親戚になり、その土地になじんでいく事を想定していたのか?50年後には、インデアン ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 02:41

「新田次郎」のブログ関連商品

» 「新田次郎」のブログレビュー をもっと探す

「新田次郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る