誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新田次郎

新田次郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新田次郎」のブログを一覧表示!「新田次郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新田次郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新田次郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

歴史散策―真実を求めて―二人の武将
新田次郎氏の歴史エッセイの作品に、『二人の武将』があります。その作品の中に武田信玄関連のものが5編あります。二人の武将・武田信玄の孫・天、味方せず馬場信春・武田勝頼は凡将ではなかった・信濃の女新田氏の作品、『武田信玄』がどの ... » more

武田信玄の世界 先日、甲府駅前の山梨県立図書館に行きました。休みの都合、日曜日になってしまいました。人間嫌いな私にとっては少々耐え難い時間を耐え当地へたどり着きました。季節柄、行楽に訪れる人々の為、中央線特急電車は満席でした。目的は武田信玄公で ... » more

タコ部屋から「たった一人の山」
「たった一人の山」 ようやく梓川の岸辺にたてた。中学生のとき、英語を教えてもらっていた大学生が山好きで、英語以外にもいろんなことを教えてくれた。時代は大学紛争の最中で話はときにセクト闘争の説明にまでおよんだが、先生は基本的にはノンポリでそれ以上 ... » more
テーマ 山登り 浦松佐美太郎 新田次郎

歴史散策―真実を求めて―信虎の最期
新田次郎氏の作品に、『武田三代』があります。氏の大作、『武田信玄』に関連する短編が七編収録されています。その一話目が、「信虎の最期」です。この作品は、『武田信玄』の執筆後に記された作品です。話は題名の如く武田信虎の最期を物語って ... » more
テーマ 新田次郎 武田信虎 歴史

スイス・アルプス旅行記 2:新田次郎の記念碑 アイガー、メンヒ、ユングフラウの展望を期待していたユングフラウ・ヨッホ(Jochは峠/標高3454m)は、小雪のちらつく生憎の天候になり、願いむなしく登山電車でクライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg/標高2061m)駅 ... » more
テーマ 新田次郎 アルプス記念碑 藤原てい

小説家のすべてはその処女作にあるということはよく言われるが,そのような小説家の一人として私が思い浮かべる山崎豊子について,昨年,暖簾(山崎豊子)というエントリを書いた.このような,作家とその処女作については,他にもいろいろと思い浮かべる小説 ... » more
テーマ 新田次郎 人生

「孤高の人」(上・下)新田次郎著 登山家が本質的に有する固陋で偏頗なメンタリティーを可能な限り一般的に文章化した労作である。題材にした人物は海外遠征に一度も赴かず三十歳そこそこで亡くなったにもかかわらず、上下巻で千ページ近いボリュームに至ったのは、著者が共感したその ... » more

本日紹介するのは、新田次郎『望郷』(新潮文庫)です。長いこと探していた新田次郎の『小説に書けなかった自伝』が突如として文庫化されて日の目を見るにあたって、何事かと思えば、今年は、氏の生誕100年だそうな。それならば、今後も、改版 ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版W)

本日紹介するのは、新田次郎『河童火事』(毎日新聞社)です。前回紹介した『安吾史譚』と同じく、年末年始に狸小路のラルズで行われた「古本市」で見つけた一冊で、「鳴弦の賊」「人柱」「河童火事」「きつねもち」「猿聟物語」「武生騒動」「寒戸の ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版V)

剣岳 新田次郎 ★★★★ 2011/04/22 ついに読みました。新田次郎の「剣岳」俺の中では新田次郎のデビュー作です何年か前に映画を見ているので話は分かっていました。(それが少し残念でしたが。。。)読んでいるうちに、浅野忠信、香川照之、仲村トオルな ... » more

本日紹介するのは、新田次郎『陽炎』(文春文庫)です。「ぬけ参り」「筍茶屋」「信長の悪夢」「天狗火事」「着流し同心」「流された人形」「北条早雲秘録」「陽炎」の8編からなる時代小説集。久しぶりにブックオフに行ったら、発見。い ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版U)

死の彷徨がひしひしと伝わってくる作品でした.戦争物は個人的には好みではないのですが,「組織運営」を始めとして,色々と勉強になる点が非常に豊富だなという印象です.文中の名前は変更しているようですが,この話は実話とのことなので驚きです. ... » more

本日紹介するのは、新田次郎『小笠原始末記』(文春文庫)です。「増上寺焼打」「異人斬り」「小笠原始末記」「葉鶏頭」「訴人」「弱い奴」「旗本奴」「佐久間象山」「口」の9編からなる時代小説集。様々な思想がぶつかり合った維新前夜に邂逅し ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版U)

遺書としての『流れる星は生きている』 病名は「全身衰弱」であった。----------------------------ある時、藤原ていは遺書を書こうと思い立つ。自分が子供たちにしてやれることは、将来「母に負けぬように一生懸命生きなさい」と言い ... » more
テーマ 新田次郎 引揚者 藤原てい  コメント(1)

本日紹介するのは、新田次郎『冬山の掟』(文春文庫)です。新田氏の山岳小説はこれが初めてになります(たぶん)。「地獄への滑降」「霧の中で灯が揺れた」「遭難者」「冬山の掟」「遺書」「おかしな遭難」「霧迷い」「蔵王越え」「愛鷹山」 ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版U)

清里で新田次郎 新田次郎原作『剱岳点の記』が映画化され、間もなく上映が始まる。新田次郎と言えば、山岳小説で有名な作家で、実際に山に登らない人たちにも人気があり、その名前を知らない人はいないだろう。今回のこの映画は ... » more

日々刻々本日の雑感
なんか今日はえらい寒いですね。そして俺はお疲れです。明日からはまた一週間が始まります。或人に言わせれば「もう今日やん」なのです。GWらしーのに、GWっぽい気がしないのは普段以上の休みがないからです。こんばんは。 ... » more
テーマ 本を読むこと 新田次郎 ちょっとどうかとおもう最近のあれこれ

本日紹介するのは、新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫)です。茨城県日立市に残る、大煙突の誕生にまつわるお話です。大規模な機械化によって増産を続ける日立鉱山。しかし、その精錬所から絶え間なく出る煙は、近隣の農村を包み込み、 ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版U)  コメント(2)

本日紹介するのは、新田次郎『霧の子孫たち』(文春文庫)です。霧ヶ峰を通るビーナスライン建設反対運動に身を投じた人々を描く長編小説です。霧ヶ峰の美しい自然は、県にとって格好の観光資源でありました。これを多くの人の目に触れさせぬ ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版U)

本日紹介するのは、新田次郎『鷲ヶ峰物語』(講談社文庫)です。5編収録の中編集です。作家・新田次郎の代名詞でもある「山」を舞台にしたり、故郷の諏訪はじめその地域の「歴史」を丹念に追ったり、恋愛や恐怖といった感情を効果的に盛り込んで「人 ... » more
テーマ 新田次郎 本(絶版U)

おっちゃんの備忘録富士に死す
霊峰富士に対する民間信仰は古くからあるが、急速に大衆化したのは、「富士講」のはじまった天正年間である。しかし、大衆化は同時に信仰の俗化、形骸化を招いていった。富士講の荒廃に反発する行者・月行に見出され、後に富士講中興の祖と称された身禄のきわ ... » more

本日紹介するのは、新田次郎『聖職の碑』(講談社文庫)です。木曾駒ケ岳には遭難記念碑があるそうですが、新田氏は物語冒頭でこう記します。「このような場合、一般的には遭難慰霊碑とするのが当り前なのに、なぜ、遭難記念碑としたのであろうか」「 ... » more
テーマ 本(絶版) 新田次郎

本日紹介するのは、新田次郎『梅雨将軍信長』(新潮文庫)です。新田次郎の時代小説集も『六合目の仇討』『からかご大名』『きびだんご侍』に続いて4冊目ですね。新田氏の時代・歴史小説、新潮文庫で残るは、上下巻の長編『新田義貞』だけですかね。 ... » more
テーマ 本(絶版) 新田次郎  トラックバック(1)

おっちゃんの備忘録劒岳―点の記
夏に近くに行く予定なので読んでみました。遂に剣岳には行かないと思いますが、近くにいくことになります。劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))文芸春秋 新田 次郎 ユーザレビュー:日本の技術力にびっく ...Amazonアソ ... » more

おっちゃんの備忘録富士山頂
更新が遅れて過ぎてしまいましたが、富士山測候所しっかりと見てきました。今週末の富士登山に備えて読んでみました。準備万端です?富士山頂 (文春文庫)文芸春秋 新田 次郎 ユーザレビュー:富士の絶顛に挑む昭和 ...プロ ... » more

本日紹介するのは、新田次郎『きびだんご侍』(新潮文庫)です。新田次郎の歴史小説集の紹介も、『六合目の仇討』『からかご大名』に続いて三回目ですね。「豪雪に敗けた柴田勝家」・・・信長亡き後の覇権をめぐって水面下で火花を散らす秀吉 ... » more
テーマ 本(絶版) 新田次郎  トラックバック(1)

本日紹介するのは、新田次郎『からかご大名』(新潮文庫)です。氏の歴史小説集は、『六合目の仇討』について二冊目です。本書は、10編収録。豊富な題材で読ませます。いいです。諏訪や山を舞台にしたり、史料の裏側を読み解こうとしたり、氏の特徴 ... » more
テーマ 本(絶版) 新田次郎

本日紹介するのは、新田次郎『六合目の仇討』(新潮文庫)です。新田次郎の歴史小説というと、まずは、大作『武田信玄』を思い浮かべますが、短編ものも、いくつかあるようですね。本書は、その一つですが、いやー、おもしろかったです。新田氏の歴史 ... » more
テーマ 本(絶版) 新田次郎

「「劔岳〈点の記〉」新田次郎 著(文春文庫)」読みました! 「劔岳〈点の記〉」新田次郎著(文春文庫)を読みました。新田次郎さんは、明治45年(1912年)長野県生まれの直木賞作家。元気象庁職員。日露戦争直後の明治40年7月27日、劔岳山頂に四等三角点を設定した陸地測量部測量官柴崎芳太郎の計画 ... » more
テーマ 新田次郎 富山

藤原てい「流れる星は生きている」 藤原てい。作者は、新田次郎の夫人でもあります。-------------------------------------------------------------------------------- 満蒙開拓団。長野 ... » more
テーマ 新田次郎 満蒙開拓団 藤原てい

 

最終更新日: 2016/12/04 02:41

「新田次郎」のブログ関連商品

» 「新田次郎」のブログレビュー をもっと探す

「新田次郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る