誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    浮世絵

浮世絵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「浮世絵」のブログを一覧表示!「浮世絵」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「浮世絵」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「浮世絵」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

拝見 写実が巧みな浮世絵師歌川広重 江戸時代・19世紀 写実が巧みな浮世絵師歌川広重江戸時代・19世紀JR東北線上野駅徒歩9分2014年3月21日(金)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館本館入館料600円 《義経一代記之内義経智略一の谷鵯越逆落し江戸時 ... » more
テーマ 浮世絵 日本 版画

周延の「開花御遊覧之圖」(つづき) 3月末にオークションで落札した周延作「開花御遊覧之圖」をようやく額装してきました。た2枚組(本来は3枚一組)のモノを別々に額装してしまうのはちょっと、もったいない気がしました。何しろ、130年余り、一緒だった2枚なので、ちょっと、可愛そう。 ... » more
テーマ 浮世絵

「開花御遊覧之圖(楊洲周延作) 久しぶりのブログUPです。^_^久しぶりに、ヤフーのオークションで、周延の「開花御遊覧之圖」という浮世絵を落札しました。(ipadで撮った写真がおボケだったので、携帯で撮ったモノに差し替えました)本来は、3枚つづき1セットの ... » more

日本史の「女性」14 ゴースト絵師?失踪す 絵心が素寒貧の人でも、時には一枚の絵に目を奪われることがあるでしょう。素寒貧の度合いでは誰にもヒケを取らないワタシですら、この絵には思わず「ほぅ」と感心したものです。もろに和風の題材ですから、日本人画家であることは容易に ... » more
テーマ 浮世絵 葛飾北斎 葛飾応為

拝察 江戸時代に人気を博した力士の浮世絵 相撲絵 江戸時代に人気を博した力士の浮世絵相撲絵JR総武線両国駅徒歩5分2014年1月30日(木)拝察東京江戸博物館入館料600円《相撲絵和歌ノ浦若右衛門 歌川国貞1845年巨大力士だ14.1.30撮影》相撲絵(すも ... » more

この展覧会は、浮世絵をテーマ別に集めたもので、新しい切り口であり、企画した美術館の意欲を評価したい。テーマは「江戸の繁栄」(日本橋や両国橋などの繁華街を描いたもの)、「吉原の粋」(吉原を描いた浮世絵)、「江戸の盛り場」(吉原以外の品川、深川 ... » more
テーマ 浮世絵 美術

金沢文庫へのトンネル!? いきなりですが、このトンネル。普通のトンネルに見えますが、実はタイムトンネルじゃないか そう思わせるものなんです。ここは再び、横浜市金沢区にある称名寺(しょうみょうじ)。その境内の西側にあるトンネルです。 ... » more
テーマ 浮世絵 横浜散策 美術館・展覧会  コメント(44)

拝察 歌川広重の東海道五十三次その3 吉田宿から関宿まで  歌川広重の東海道五十三次その3吉田宿から関宿までJR総武線両国駅徒歩5分2014年1月30日(木)拝察東京江戸博物館入館料600円《34吉田豊川橋左に豊川橋、右に修理中の吉田城で遠見する職人が面白い14.1.30 ... » more
テーマ 江戸 浮世絵 旅行

拝察 歌川広重の東海道五十三次その2  雪の蒲原宿から二川宿まで 歌川広重の東海道五十三次その2 雪の蒲原宿から二川宿までJR総武線両国駅徒歩5分2014年1月30日(木)拝察東京江戸博物館入館料600円《十五蒲原夜之雪全体のぼかしが素晴らしい14.1.30撮影》蒲原は、特 ... » more
テーマ 江戸 浮世絵 旅行

拝見 歌川広重の東海道五十三次その1 神奈川宿から富士山の見える原宿まで  歌川広重の東海道五十三次その1神奈川宿から富士山の見える原宿までJR総武線両国駅徒歩5分2014年1月30日(木)拝見東京江戸博物館入館料600円 《三神奈川台之景右が台町の急坂で景色が良いため茶店がたくさん出て ... » more
テーマ 江戸 浮世絵 旅行

拝察 秀でた模写力 葛飾北斎の多彩で巧みな風景画 秀でた模写力葛飾北斎の多彩で巧みな風景画JR総武線両国駅徒歩5分2014年1月30日(木)拝察東京江戸博物館入館料600円《富嶽三十六景東海道程ヶ谷1831〜 34年4番目の宿場らしく描く14.1.30撮影》 ... » more
テーマ 江戸 浮世絵 旅行

拝見 色の数だけ版木がある 浮世絵版画の作り方 色の数だけ版木がある浮世絵版画の作り方JR総武線両国駅徒歩5分2014年1月30日(木)拝見東京江戸博物館 東京都墨田区横網一丁目4-1入館料600円《左から右へ摺りが流れる上が作品14.1.30撮影》江 ... » more

3軒めの里山ガーデンの続きです。 庭の散策が終わると「部屋の中に瓢箪があるので見せて上げます。」と言われた。普通の瓢箪が沢山家に飾っているのかなと思ったぐらいでした。それが、創造以上に凄かったです。それで、沢山あるので吃驚です。瓢箪に書かれている、画像誰でし ... » more
テーマ 浮世絵 瓢箪 瓢箪に描く絵

長年の疑問シリーズ その39 ホンマカイナこの構造 これもずっとおかしいと思っていた絵です。この水車ですが、ほんとにこんな構造がお成り立つんでしょうかね。接合部を考えると何かちょっとおかしいような気がします。まあ、これもデフォルメなんでしょうが、長年の疑問です。★Yahooの天気とか国道 ... » more
テーマ 勘合 浮世絵 水車

長年の疑問シリーズ その38 ホンマカイナ まあ変な子供だったんでしょうが、広重の東海道五十三次とか北斎の富嶽三十六景が大好きでした。おそらく、記念切手の影響か何かだったんでしょうが、結構いろんなタイトルを覚えていました。ただ、絵とはいえ、ホンマカイナと思っていたことが沢山あります。 ... » more
テーマ 乾燥 浮世絵 くるい

この週末に、第24回浮世絵オークションが開催される。下見会に出向くが、今回は写楽が4枚出ている。摺り、保存の状態での価格であるが、下値はそれほど高くはない。やはり大首絵は魅力的だ。今回、写楽の魅力の一つは目の描き方、目の表情にあるのかなと思 ... » more
テーマ 浮世絵  コメント(1)

辞世百句その七 画狂老人こと葛飾北斎 (凱風快晴)文化遺産候補を審査する国際記念物遺跡会議(イコモス)が、富士山を世界文化遺産に登録すべきとの評価を勧告したことが、昨日報じられた。古くから信仰の対象であり、日本の芸術・文化を育んできた存在価値からして、至極当然。 ... » more

「浮世絵春画を読む(上、下)」(中公文庫)白倉敬彦、田中優子他著(中央公論新社  各800円) 「浮世絵春画を読む(上)」(中公文庫)白倉敬彦、田中優子他著(中央公論新社 800円) 春画読むべし、論ずべし!これまでアカデミックな領域からは周辺に追いやられてきた春画に多角的な光を当て、江戸研究に新時代を切り開く刺激 ... » more

明治の版画家=浮世絵師の小林清親は、光線画と呼ばれる浮世絵を作成した。なかなかいいもので、私は清親の弟子で夭折した井上安治の一枚「霊岸寺高橋の景」(http://www.mane-ana.co.jp/hiroshige/yasuji-rei ... » more
テーマ 浮世絵 美術

15日:浮世絵と歌舞伎と その2 さて、原宿から地下鉄に乗って六本木へミッドタウンのサントリー美術館は始めて入りますテナントの入っているフロアにフツーにありましたw新しい歌舞伎座の開場記念展ということで、歌舞伎の歴史を屏風や草紙、浮世絵などで辿っていきます ... » more

松井 澄夫見返り美人
見返り美人 この写真は、都港湾振興協会で作成したクルーズで晴海に着く外人旅行者のための土産用紙製コースターの中の一枚です。私も昨年1セットついでに、いただいたものの中の一枚から写したものです。浮世絵の祖と言われる房陽菱川師直友竹の筆によ ... » more
テーマ 浮世絵

15日:浮世絵と歌舞伎と その1 冷たい雨の中、原宿の太田記念美術館「幕末・明治の美女たち」を観に行くちょうど学芸員のスライド・トークに間に合ったので聴講簡単な説明とその浮世絵の出版された時に起こった出来事など(これは普段浮世絵を見るとき気にしないことなのでとて ... » more

浮世絵に出てきそうな松ですねぇ 名所江戸百景の小名木川の五本松とか上野山内月のまつほど強烈さはありませんが、かなりゴツゴツの枝ですね。若芽を好むムシにあちこちやられたんでしょうね。。それにしても、ここの松並木はよくマツクイムシにやられなかったもんですなぁ。不思 ... » more
テーマ 浮世絵 マツクイムシ マツ

明けましておめでとうございます 新年明けちゃいました放置状態のブログにアクセスしてくれたみなさん、お久しぶりです今年はヘビ年。ヘビが出てくる名画はグロいのが多かったので(メデューサで検 ... » more

おせちのクワイにはパントテン酸がふくまれる 浮世絵師で葛飾北斎が食していたことで知られる。長寿であった。それは ストレスに対する抵抗力を高める エネルギーの代謝、肥満予防 、善玉コレステロールを増やす 悪玉コレステロールを回収し、動脈硬化や心筋梗塞な ... » more
テーマ 浮世絵 長寿 肥満

歌川広重には、富士山を描いた浮世絵が当然にある。この本は、それら全部を様々な視点から紹介し、あわせて葛飾北斎の、かの有名な「富嶽三十六景」とも比較考察しながら書いている。雑学的知識も持っている著者で、その中で教えられることもある。引用してい ... » more
テーマ 浮世絵

拝察 見返り美人図 肉筆浮世絵の美人画  見返り美人図肉筆浮世絵の美人画JR東北線上野駅徒歩9分2012年9月21日(金)拝察東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館本館1階展示室入館料600円《見返り美人図菱川師宣17世紀・江戸時代巧みな均整12 ... » more

あるところで、国芳の「東都御厩川岸之図」の浮世絵を拝見。国芳は武者絵とか猫の絵、人体をデフォルメしただまし絵などで有名だが、私は国芳の風景画も好きである。「東都御厩川岸之図」は、雨の中の川岸を、人物が3組それぞれに歩いている絵だが、魅力 ... » more
テーマ 浮世絵

日本史の「逆転」01 ” 謎の絵師”に謎はない! 江戸中期の浮世絵師・東洲斎写楽は、一般的には〜寛政六年(1794年)5月から翌年3月にかけての約10ヶ月に百点以上の錦絵を残し「忽然と姿を消した」?謎の人物〜と理解されているようですが、これって少しヘンなのでは?なぜなら ... » more
テーマ 浮世絵 女形 東洲斎写楽  トラックバック(3)

拝見 江戸時代の美人画 多色刷りの浮世絵 錦絵 江戸時代の美人画多色刷りの浮世絵錦絵JR東北線上野駅徒歩9分2012年9月21日(金)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館本館2階展示室入館料600円《五節集勝川春潮大判・錦絵18世紀美人画だ12. ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 02:29

「浮世絵」のブログ関連商品

» 「浮世絵」のブログレビュー をもっと探す

「浮世絵」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る