誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    浮世絵

浮世絵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「浮世絵」のブログを一覧表示!「浮世絵」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「浮世絵」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「浮世絵」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

驚きの北斎洋画!オランダで発見。 北斎漫画ならぬ北斎洋画がオランダで見つかったとの事です。洋画でも北斎は凄い!作者不明の西洋画、北斎作だったオランダの博物館に(朝日新聞)http://digital.asahi.com/articles/ASJBR421 ... » more

【18歳未満お断り】美人画・春画の頂点を極めた喜多川歌麿。写楽とは無二の親友だったの? ●●●●●★歴史★●問題:生まれて初めて喜多川歌麿の名前を知ったのは、小学校3年ぐらいだったでしょうか。昭和30年代後半、当時、小学生の間でも切手収集が流行していました。みんな型録を眺めたりしていたものです。「月に雁」とか「市川海老蔵」 ... » more

ホテルオークラが毎年、夏に実施しているチャリティーイベント「秘蔵の名品アートコレクション展」である。協賛企業が持っている絵画が展示され、なかなか面白いところがある。今回は標記のテーマで実施され、その副題に「マルケ、魁夷、広重の見た世界」とあ ... » more
テーマ 油彩 浮世絵 美術

広重の名所江戸百景が画かれた場所は現在ではどこかということを書いた本であり、昔から同工異曲の本がある。この本も特に目新しいことは書かれていないが、絵の背景となる事物について簡単に触れている。例えば大きな鯉のぼりで有名な「水道橋駿河台」では場 ... » more
テーマ 浮世絵 美術

今回は、最近購入した広重の浮世絵、富士三十六景シリーズの中の1枚「さがみ川」の鑑賞記を紹介したい。絵でも、浮世絵でも、刀でも、美術品は店や美術館で展示されているのを観るのと、自分の手元において観るのでは当然に違って来る。もちろん ... » more
テーマ 浮世絵 美術 広重

この本はウィスコンシン大学付属のチェイゼン美術館の浮世絵コレクションをもとに、書かれた本である。著者の詳しい説明は無いが、そこの学芸員なのであろうか。広重の多くの浮世絵をもとに、広重の画業を紹介している。翻訳文も読みやすく、図版もき ... » more
テーマ 浮世絵 美術

浮世絵に時々、ミミズクの絵がある。ダルマと一緒に描かれることもあるという。それは、江戸時代に子どもに疱瘡(天然痘)をかかる者が多かったが、その疱瘡除けに、ミミズクとダルマが効果があるという迷信が広まっていたためと作者は書く。この迷信 ... » more

高校の同窓会が千葉であり、その前に妻と出向く。この展覧会は、浮世絵黄金期(歌麿、写楽、北斎、広重、国芳など)に入る前の時期の浮世絵に焦点をあてた展覧会であり、意欲的な展示であり、学芸員の優秀さも理解できる展覧会である。寛文頃の初期の ... » more
テーマ 浮世絵 杉村治兵衛 美術

広重の最晩年の作品である「富士三十六景」の一枚ずつについて解説したものである。なお作品は町田市立国際版画美術館所蔵品を採用している。このシリーズは、初摺りがどのようなものと定義されていないようだが、早い時期の摺りの良い作品であることは確かで ... » more
テーマ 浮世絵 美術

昨日、NHKBSで「浮世絵ツアー 江戸の四季めぐり 秋の巻」(再放送)を見ましたが、感銘したので、要点をまとめて、メモして置きます。またビデオに撮っておいた「夏の巻」も見てみたい気持ちになりました。私にとっては、秋編は録画していないので、こ ... » more
テーマ 浮世絵 林家三平 浮世絵ツアー

ゴッホは浮世絵の俳句が理解できたか? ゴッホは所蔵する浮世絵に刷られた日本語が理解できたのだろうか?三代歌川豊国の≪今様押絵鏡≫のうち、@「芸者長吉」A「梅の由兵衛」B「桃井若狭之助」を、ゴッホは所有していた。それぞれ ... » more

磯部磯兵衛物語、北斎漫画? 愛読マンガの「磯部磯兵衛物語」実は浮世絵も好きでして、葛飾北斎の作品を眺めてみれば母上?団子屋の娘?間違いなく、大八!!(^^;そして・・磯兵衛?といった感じに楽しめるので ... » more
テーマ 浮世絵 磯部磯兵衛物語

flower jet安祥城址で「北斎の富士」
安祥城址で「北斎の富士」 こんにちは。土曜日に、田原市博物館に、出かけてきました。「浮世絵」です。そこでこのパンフレットを発見。即決、出張です。所は、日本のデンマークこと安城市。愛知県内三つ目の新幹線駅があるところです。そこの安城 ... » more
テーマ 浮世絵 お城 写真

flower jet田原城址で「写楽と豊国」
田原城址で「写楽と豊国」 こんにちは。中日新聞の下の隅っこに、田原市博物館で、「写楽と豊国」なんて広告が出てました。「写楽って言えば、浮世絵じゃん。見に行かなくては。」そうこうしてるうちに、ひと月。土曜の午前中は、娘が軟式テニスの試合 ... » more
テーマ 浮世絵 お城 写真

この本は浮世絵1枚ごとに、書かれた題材、書かれた時期などを研究する方法を、例を出して解説したものである。「なるほど」と思うが、オタクの世界である。例えば歌麿の「当時全盛美人揃越前屋内唐士」という浮世絵を取り上げ、この制作年代を特定す ... » more
テーマ 浮世絵 美術

『広重「名所江戸百景」の旅 あの名作はどこから描かれたのか?』安村敏信著(平凡社 1,404円税込) 『広重「名所江戸百景」の旅あの名作はどこから描かれたのか?』(別冊太陽) 安村敏信著(平凡社1,404円税込)広重「名所江戸百景」の旅: あの名作はどこから描かれたのか (別冊太陽 太陽の地図帖 29)平凡社 201 ... » more
テーマ 安村敏信 広重「名所江戸百景」の旅 浮世絵

オヤジのボヤキ帳北斎展
北斎展 北斎展に行きました。88歳までその衰えることのない創作意欲と探究心には驚かされます。今回は多くの弟子の作品もありましたしたし、北斎から影響を受けたフランスのリビエールのエッフェル塔36景も見ることがで ... » more

拝見 歌麿が描いた美女 江戸時代の青樓仁和嘉女藝者之部、風流花之香遊 歌麿が描いた美女江戸時代の青樓仁和嘉女藝者之部、風流花之香遊JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《青樓仁和嘉女藝者之部・淺妻船 ... » more

日本史の「発明発見」08 人類初?のカラー印刷文化 1765年頃のこと、絵師・鈴木春信(1725?-1770年)の創案によって「錦絵(浮世絵)」が誕生しました。いわば「多彩色の木版画」といったところですが、元になる絵を描く「下絵師」、それを版木に彫る「彫師」、さらには絵師の指示 ... » more
テーマ 化政文化 浮世絵 東洲斎写楽

拝見 喜多川歌麿の繊細で優麗な美人が揃う 絹本、錦絵 喜多川歌麿の繊細で優麗な美人が揃う絹本、錦絵JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《立姿美人図喜多川歌麿(1753?〜1806)筆江 ... » more

知・、知らなかった・・・シリーズ その29 米をといでいたとは 子供のころから、これはずっと、船の中の水を外に出しているのだと思っていましたが、よくよく見ると米をといでいたんですねぇ。知・知らなかった。それにしても、米を船の中で炊いていたわけですから、よく火事にならなかったと感心しますね。そ ... » more
テーマ 浮世絵 潮来 木船

浮世絵師の歌川国芳の生涯や、主な作品を紹介している。新書での本であるが、カラーで図版を入れている。私は広重の『名所江戸百景』シリーズが好きでコレクションもしているが、国芳には面白い絵がある。風景画も洋風な感じもして魅力的であるが、広重に ... » more
テーマ 浮世絵 国芳

flower jet浮世絵
浮世絵 こんちわ。先週岡崎美術博物館に、行ってきました。浮世絵を見てきました。ちょびっと、勉強してきました。な、なんと、錦絵って言うんだって(笑)そう、浮世絵って、版画だけだと思ってたら、なんと肉筆画 ... » more
テーマ 浮世絵 写真

落語大好き歌川国貞の二十六夜待の絵
歌川国貞の二十六夜待の絵 落語とは関係ありませんが、先日太田記念美術館で「歌川国貞」展を見て来ました。一枚気になる絵がありました。「十二月之内文月廿六夜待」です。(下図)「豊国画」とありますが、国貞は豊国の門人で二十二、三歳頃から売り出し、後に師の名を継いで ... » more

浮世絵商協同組合主催のオークションが開催される。下見会に行ったが、私の好きな広重の名所江戸百景に良いものが出ていた。最低入札価格が低いから、保存あるいは摺りの状態が悪いのかと思って出向いたが、摺りもよく、保存状態もいいものだった。額に入った ... » more
テーマ 浮世絵 美術 名所江戸百景

北斎の浮世絵だから、有名なものの大半は見たことがあるものだが、その保存の良さ、摺りの良さはさすがにボストン美術館である。巷の浮世絵商で拝見すると、褪色していたり、中折れがあったりが大半だが、そういうのが無いのは素晴らしい。具体的に言うと、紫 ... » more
テーマ 浮世絵 北斎 美術

昨日は千葉で、高校同期会の打ち合わせがあった。朝、会社に出向いて資料を作り、用意する。打ち合わせの前に、昼から妻と千葉市美術館に出向く。夏休みの時期ということもあり「浮世絵に描かれた子どもたち」というテーマでの展覧会である。子どもが絵の前で ... » more
テーマ 浮世絵 美術

http://www.library.city.kawasaki.jp/webgarary/u00001.html東海道川崎宿について、川崎市立図書館のホームページに豊富な画像が掲載されています。図書館の図書資料を読み込み、先日訪問した東海 ... » more
テーマ 浮世絵 東海道川崎宿 川崎市立図書館

この展覧会はクロード・モネの「ラ・ジャポネーゼ(着物をまとうカミーユ・モネ)」が目玉である。修復ができたということでの展示だが、大きな絵である。もう1枚の妻カミーユの絵と対比させて画いたようだが、顔などは、こちらの方が生き生きしている。キモ ... » more
テーマ 浮世絵 ジャポニズム 美術

「北斎と応為(上・下)」キャサリン・ゴヴィエ著, ヨウコ・モーゲンスタン訳(彩流社) 「北斎と応為(上)」キャサリン・ゴヴィエ著, ヨウコ・モーゲンスタン訳(彩流社2,376円税込)北斎と応為 上彩流社 キャサリン・ゴヴィエ Amazonアソシエイト by 北斎と応為(上) [ キャサリン ... » more
テーマ 浮世絵 北斎と応為 小説

 

最終更新日: 2016/12/04 02:29

「浮世絵」のブログ関連商品

» 「浮世絵」のブログレビュー をもっと探す

「浮世絵」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る