誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    The Beatles

The Beatles

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「The Beatles」のブログを一覧表示!「The Beatles」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「The Beatles」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「The Beatles」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

『The Long And Winding Road』:またBeatles?・・・しつこいかな? トウモロコシの二期作、その植え付けですけど・・・朝早くに、日が昇る前に、とは思ってはいるけど、お日さまと追いかけっこ。一寸動いたらもう汗だく。それでも、これを植え付けたら10月ごろには、、、なんて期待をこめてこの作業 ... » more

Thunder Storm/And Your Bird Can Sing(1999)(2006) 帰ってから読んでくれと言われたので、帰ってから読んだ。僕はW村上世代なので、どうしてもそういう気取った言い方になるけど、読まれたがっている話が書いてあった。感想を聞かれると、文章にしてみないとうまく分からない。今度書いていいか訊いてみて ... » more
テーマ The Beatles 90s 00s  コメント(11)

『Michelle』:これもよく聴いた曲。日本ではシングルカットされなかったそうです。 「青鷺」家のすぐそばの田んぼに飛んで来た青鷺君です。今年のミニトマトの出来栄えは、優秀です。トウモロコシの二期作に取り掛かって苗箱に種を播きました。さて、そこに困ったことが、、、まあ、しばらくはゆっくりしていいじゃろ ... » more

『YESTERDAY』:The Beatles の代表曲のひとつ。音楽の教科書も取り上げていますね。 ポール・マッカートニーが11年ぶりにこの秋11月に来日公演するそうです。今回の来日は、1966年のビートルズ来日公演を含めると5度目だとか。The Beatles も当時4人のメンバーも2人欠けて、ポールとリンゴだけに。 ... » more

The Whole of the Moon/『This Is the Sea』(1985) ラグビーは、正式にはラグビーフットボール (Rugby football) と呼ばれる。2つのチームに分かれて行われ、楕円形(回転楕円体)のボールを奪い合って相手陣のインゴールまで運ぶ、あるいはH型のゴール上部に蹴り入れて得点を競うスポ ... » more
テーマ The Beatles 80s 00s  コメント(3)

It's My Life/『Crush』(2000) 特にイギリスの労働党を支援しているというわけではないんだろうけど、唯一リクエストが被ったRobert Wyattの"Shipbuilding"。The Rolling Stonesは、50周年でかかった"Junmping Jack Fl ... » more
テーマ 60s The Beatles 00s  コメント(2)

Where Is The Love?/『Elephunk』(2004) 15分しかいなかったので、ドイツ人とイタリア人の男子二人には会えなかったのだけど、会えたからといって別に中学校で三国同盟についてどんなふうに習った?と訊いてみたいわけでもないが、Kashimir/Led Zeppelin は聴きたかったな、 ... » more

...And Justice For All My Loving/『Sgt.』(2007) 亡くなっていたことを知らなかった香月利一さんが編集した『ビートルズってなんだ?−53人のマイ・ビートルズ』(1984)を通勤電車で読んでいた。安部寧:1933年生まれ。音楽評論家。「逆襲された木島則夫−ビートルズ批判とファン ... » more
テーマ The Beatles Metal 00s  コメント(2)

Emperor Tomato Ketchup/Stereolab(1996) なだいなださんが亡くなったことよりも、なだいなださんの「ビートルズは自由にする」という「展望」に載った評論をネットで探していて、なだいなださんの文章を読んだ、紛うことのない「きっかけ」だった『ビートルズってなんだ?』(1984)を編集した香 ... » more
テーマ The Beatles 90s 00s  コメント(8)

Many Rivers To Cross/『Pussy Cats』(1974) セルビアでは1月6日。2月23日のロシア。3月19日アンドラ、ボリビア、ホンジュラス、イタリア、リヒテンシュタイン、ポルトガル、スペイン。 5月8日韓国、5月第2日曜日はルーマニア、5月第3日曜日はトンガ。 6月第1日曜 ... » more

Come Together/『Get Yer Ya-Ya's Out! 』(40th)(2009) 世界三大ロックバンドの3つ目が、Led Zeppelinなのか、The Whoなのか、あるいは Pink FloydなのかQueenなのか、Oasisか、 Red Hot Chili Peppersか、 Radiohead か、Sex Pi ... » more

THE BEATLES FILEBeatles Concert Tour 5/18〜6/9日
共演 ジェリー&ザ・ペースメイカーズ.ロイ・オービソン.デュアン・エディービートルズがメイン・スターとして参加した、初のイギリス公演。「プリーズ・プリーズ・ミー」の大ヒットで人気を不動のものにした彼らは、追い討ちをかけるように「フロ ... » more

Money/It's All Over, Now(1964) 高校時代は、1982年から1984年なんだけど、そんな時代でも「ビートルズ派」対「ストーンズ派」という構図はあった。(なお、「時代」と言う言葉も、「構図」と言う言葉もあった。)ビートルズ派の中にはジョン派とポール派があって、ストーン ... » more

I'll Get You/『Past Masters vol.1&2』(2009) 自由とは、他から強制や命令を受けることなく、自分の思いどおりにできること、という意味だけど、自分がどのように、どのくらい自由なのか、考えてみる。まず、身近なところ、「衣食住」を順番に考えていたら、気が滅入る事件が起こって、そうすると世の ... » more
テーマ 60s The Beatles 00s  コメント(2)

(Just Like)Starting Over/『Double Fantasy』(1980) おまけで、初体験リクエスト候補のまとめ。洋楽のロック限定なので、ちょっとズルかも知れないけど、酷い例で言えば戦争の従軍慰安婦だった方だとか、権力者や教祖やリーダーに仲間同士で殺し合いをさせられた人たちだとか、若くして自ら死んでしまっ ... » more

Jealous Guy/『Imagine』(1972) 幼少の頃を、当時の僕にとってだけど高い垣根に囲まれた当時の同級生から大学生までが通う、聖なる心を持った女の子から女の人までがおしゃべりもせずに坂を上っていく、いわゆるミッション・スクールのすぐ隣にある団地で過ごしたので、他の ... » more

Every Little Thing/『Love Songs』(1977) 白状すると、告白すると、懺悔すると、打ち明けると、歴史上、世界最高のロックバンドであるThe Beatles:ビートルズのレコード、CDを初めて自分で買ったのは、1987年で、大学二年生の時。二十歳である。LPレコードが英国版の仕様でC ... » more
テーマ The Beatles 70s 80s  コメント(2)

The Beatles “In My Life”の弾き語りがしたい “In My Life”、いわずと知れたThe Beatlesの名曲の一つである。この曲は、けっこういろいろな人がソロギターでも演奏していて、YouTubeでたくさんの動画を見ることができる。自分は、英語が苦手ということもあ ... » more

Goodbye Yellow Brick Road/『The Greatest Hits』(1974 初めてお小遣いで洋楽の英語で歌われるアルバム(LP)を買ったのは、中学校の1年生。神戸、三宮(さんのみや)の『Mr.Jacket』で買った、Elton John:エルトン・ジョンの70年から74年のヒット曲を集めた『The Greate ... » more

God/『Plastic Ono Band』(1970) 無神論とは、Wikipedia(日本語)によると、世界観の説明に神の存在、意思の介在などが存在しない、または不要と主張する考え方である、と定義されている。著名な無神論者として採り上げられているのは、ロック・ミュージシャンでは、ジョン・レノン ... » more

イマジン/『COVERS』(1988) リバタリアンの時代が到来した。人類が平和に生きられる世界秩序を明示したことも、フリードリヒ・ハイエクの偉大な功績の一つだ。自生的秩序の概念は、アダム・スミスやカール・メンガーに由来するとハイエクは述べたが、ハイエク独自の概念である。命令する ... » more

Any Time At All/『嘉門雄三 & VICTOR WHEELS LIVE!』(1982) 一九六九年から一九七四年にかけて、ハイエクは身体の不調と深刻なうつ病に悩まされ、その後も時折うつ病に陥った。一九八五年以降は、うつに高齢と体調不良も加わった。以前にも一九六〇年と六一年、うつ病のために仕事ができなくなったことがあった。 ... » more

プルーデンス・ファーロー。イギリス女優ミア・ファーローの妹、1968年2月にビートルズがインドに行ったとき姉のミア・ファーローと共に同行していた。誰もが知っていると思いますが ホワイト・アルバムに収録されている ディア・プルーデンスは彼女の ... » more

Ticket To Ride/『LOVE LOVE LOVE』(2009) LSE時代からの友人でただ一人ハイエクが交流を続けたのが、カール・ポパーである。ハイエクとも最初の妻のヘラも、ポパーとはロビンズや経済学科の他のメンバーほど親しかったわけではなく、そのつきあいも短く、浅いものだったからかもしれない。ポパーが ... » more

エレファンツ・メモリー。イースト・コーストのハード・ロック・バンド、オリジナル・グループは1968年に結成され7人で活動していた。オリジナル・メンバーはリック・フランクとスタン・ブロンシュタインの2人で1971年にそのハードなロック・サウン ... » more

ボブ・ディラン。フォーク&フォーク・ロック界の巨匠。詩の面でロック界に与えた影響は大きく、ジョンもディランの詩を賞賛していた。ビートルズとは1964年の2度目のアメリカ公演以来の付き合いであり、特にジョージといちばん親交があり、アルバム(オ ... » more

THE BEATLES FILEThe Beatles Concert Tour
The Beatles Concert Tour イギリス国内ツアー1963年2月2日イングランド(ブラッドフォード)にて、共演者ヘレン・シャピロ、ダニー・ウィリアムス、ケニー・リンチ、ケストレルズ、レッド・プライス・オーケストラ。演奏曲目ツイスト・アンド・シャウト/ロール・オーバー・ベー ... » more

ピート・ドレイク。アメリカのカントリー&ウェスタン界では名の知られたプロデューサー、トーキング・スティールと異名をとるスティール奏者でリンゴの(セカンド・アルバム)のプロデュースも担当し、スティール・ギターも弾いている。ジョージのアルバム( ... » more

The Beatles's Fliends Vo.12 Delaney & Bonnie デラニー・ブラムレットとボニー・ブラムレットの夫婦コンビ。デイヴ・メイスン、カール・レイドル、ジム・ゴードン等をメンバーにしたデラニー&ボニー&フレンズを結成し1970年2月に彼らの代表作(カミン・ホーム)をヒットさせた。クラプトンがデラニ ... » more

エリック・クラプトン。説明不要だと思いますがジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ3大ギタリストの一人。ジョージとは非常に仲が良かった、これマタ誰もが知ってると思いますが、ビートルズのアルバム The Beatles通称ホワイト・アルバムの中 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 17:28

「The Beatles」のブログ関連商品

» 「The Beatles」のブログレビュー をもっと探す

「The Beatles」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る