誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    英文学

英文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「英文学」のブログを一覧表示!「英文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「英文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「英文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

浮き草の道草人間の絆
この本はおそらく高校生のときに読んだものです。中学生の途中から世界名作文学全集という本を買っていました。毎月刊行だったので買い始めてしばらくしてかなりの巻数になったような記憶があります。それ以前、小学校から中学校のはじめにかけて『少年少女世 ... » more
テーマ 英文学 サマセット・モーム 読書

【日本文学】   名作の英文タイトル 日本の文学の中には海外でも高く評価されている作品がいくつもあり、川端康成と大江健三郎の2人がノーベル文学賞を受賞しているほか、谷崎潤一郎や賀川豊彦が候補としてあげられていた。こうした日本の名作文学の英文タイトルはどうなっているのか? ... » more
テーマ 英文学

【ウィリアム・シェイクスピア】   シェイクスピアのサインは4億円 オークションなどで世界最高額で取引されている著名人のサインのランキングを米メディアが発表した。1位は英劇作家ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)のサインで、500万ドル(約4億3000万円)。シェイクスピアのサインは ... » more
テーマ 英文学

【今日の英文学】 『ヴェニスの商人』〜W.Shakespeare 【16世紀後半のヴェニス。ヨーロッパ社会のユダヤ人にたいする排除は自由主義の都市国家ヴェニスでも行われていた。彼らはヘイのあるゲットーに住まわれされ、夜はキリスト教徒が門を施錠して番をしていた。この運河の都市で、土地を持つことを許されな ... » more
テーマ 英文学

久しぶりに英文学を話題にした。イギリスでは『マクベス』はシェイクスピア悲劇のなかでも人気の高い劇だという。しかし、初めて『マクベス』を読んだとき、なんと陰惨で、不愉快な劇だろうと思った。芝居を見ても、その印象は消えなかった。 ... » more
テーマ 英文学

Kiyohisaブログ「二都物語」新潮文庫
飲んだ暮れで身を持ち崩して、友人の情けで仕事の手伝いをしている青年弁護士カートン。彼は、全てを、自分自身をも諦めかけていた矢先、ふと友人と婚約中のヒロインに出会います。その美しさに、一生かけて女性に助けが必要になった時には、 ... » more

【英文学】名著ベスト10 米ニューズウィーク誌が人類史上最上の著書をランク付けした「Newsweek's Top 100 Books」を特集し、1位にはトルストイの名作「戦争と平和」が選ばれた。これは、公立の米ニューヨーク図書館、セント・ジョーンズ大学な ... » more
テーマ 英文学

【英文学】ヘンリー8世即位500周年イベント ハンプトン・コートの正面ゲート。赤煉瓦の建物が象徴的で美しい。前にも紹介したが、1509年6月24日にヘンリー8世が即位してから、もうすぐ500年。イギリスではさまざまな記念イベントが開催されている。21日には、ヘンリー8世 ... » more
テーマ 英文学

【英文学】『アントニーとクレオパトラ』 映画「クレオパトラ」から絶世の美女といわれるクレオパトラ。シーザーとアントニーを手玉に取りローマに凱旋したクレオパトラ。歴史に織り込まれたエジプトの匂やかで、猥雑な風土。エジプトの名前で、すでに独特なオーラが立ちこめる。そし ... » more
テーマ 英文学

【指輪物語】Emergent Leader考 ロバート・J・ハウスという学者は、リーダーには3つの区別があると言っている。1つは、エレクテッド・リーダー(Elected Leader)。つまり、選挙で選ばれたリーダーだ。もう1つは、アポインテッド・リーダー(Appointed Le ... » more
テーマ 英文学

【英文学】 今年はヘンリー8世 戴冠500周年 2009年はヘンリー8世(1491-1547)の戴冠500周年である。これを記念し、ロンドン郊外のハンプトン・コート・パレスでは、2009年4月10日より8月3日まで、ヘンリー8世の6人の妻たちにちなんだ展覧会「Henry’s ... » more
テーマ 英文学

【英文学】  ジェーン・オースティン・フェスティバル 18世紀の英女性のコスチューム英政府観光庁からメールマガジンが届いた。それによると、【ジェーン・オースティン・フェスティバル】をやるから英国にいらっしゃいというものである。英国人女性小説家 ジェーン・オースティンは19世紀前 ... » more
テーマ 英文学

【学問】 大学院の意義について考えた 大学を卒業した今、次のステップとして自分なりに大学院の意味を整理してみて、行くべきかどうか考えてみた。各大学院の入学案内の資料を見ると、受け身だと大学院に行く価値はほぼゼロ。研究テーマを見つけ、アクティヴに行動して論文を完成させる気 ... » more
テーマ 英文学  コメント(2)

ヘンリー8世の約500年前のラブレター ロイター通信が面白い記事をリリースしている。約500年前にイングランド王に即位したヘンリー8世が、後に2人目の妻となるアン・ブーリンあてに書いたラブレターが、今週からロンドンにある大英図書館で一般公開されている。手紙は、ヘン ... » more
テーマ 英文学

【今日の英文学】−シェイクスピア 『ソネット集』よりNo.18 シェイクスピア。おそらく世界中の誰もが知っている名前だ。だが、シェイクスピアとは誰だろう?シェイクスピアの作品も謎だらけだ。世界の七不思議をはじめ多くの謎がひとを惹きつけてやまないように、シェイクスピアがこれほどまでに私たちを魅了す ... » more
テーマ 英文学  コメント(2)

ハムレットの世情日記卒業しました
卒業しました 本日10時から日本武道館で卒業式が行われた。12時に学部に戻って、学位記の授与式15時から東京プリンスホテルで祝賀会。ビールがうまくて料理を食べないで飲みまくった。もう日大に通うことはなくなったにかと思うとちょっと寂しい ... » more
テーマ 英文学

【今日の英文学】 『リチャード三世』(Richard III) シェイクスピア戯曲のなかで『リチャード三世』は『ハムレット』や『ヴェニスの商人』とならんで、日本でも人気の高い作品である。人気の原因はリチャードが悪に徹し、マキャベリズム(目的のためには手段を選ばない、権謀術数主義)の権化にあろう。王位 ... » more
テーマ 英文学

【今日の英文学】 『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet ) 現代版「ロミオとジュリエット」↑シェイクスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア北部ベローナで、熱愛カップルが訪れることで有名な「ジュリエットの家」が近く、結婚式場として一般開放される。劇は14世紀のベロー ... » more
テーマ 英文学  コメント(2)

Shakespeareおじさんに・・・ 写真はStratford-upon-Avonの生家に飾ってある肖像画。息子から写真を借用。もしタイムマシンに乗って16世紀のロンドンに行けたら、Shakespeareおじさんに聞いてみたいことがある。でも、お会いできても教えてくれな ... » more
テーマ 英文学

【今日の英文学】 ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』(Pride and Prejudice) Mr. Darcy and Miss Elizabeth(映画「プライドと偏見」から)ジェーン・オ-スティン原作の『高慢と偏見』をキーラ・ナイトレイ主演で映画化。邦題は「プライドと偏見」。男性に依存しないと生きていけなかった時代 ... » more

ストーンヘンジ(Stonehenge) 英文学の授業で必ず出てくるのが、このストーンヘンジ。イギリス本島のブリテン東南部、エセックス州にあるソールズベリーの平野に「ストーンヘンジ」と呼ばれる巨大な環状列石(ストーン・サークル)がある。当地の住民は、これを紀元前後に住んでいたケ ... » more

My favotite dictionary - シェイクスピア辞典 シェイクスピアの作品は、舞台やスクリーンの上で見るだけでも理屈抜きに十分面白い。だが、その面白さについてもっと知りたいと思い文献等を調べ始めると、間口の広さと、奥行きの深さに、唖然としないではいられない。本辞典はこうしたシェイクス ... » more
テーマ 英文学

The Merchant Of Venice 16世紀のイタリア、ヴェニス(ベネツィア)。キリスト教徒に迫害され蔑まされながら生きるユダヤ人たち。彼らはゲットーに住まわせられ、土地をもつことを禁じられ、普通の職業につくことも禁じられ金貸し業を営むしかなかった。利子を取って金を貸すことは ... » more
テーマ 英文学

ハムレットの世情日記卒論面接試問
昨日、提出していた卒論について教員による面接試問があった。日大ではこの試問に合格しないと卒業できないのである。テーマはShakespeare の"The Merchant Of Venice", サブタイトルはーVeniceの異邦人Sh ... » more
テーマ 英文学

岩波新書『自負と偏見のイギリス文化』は、イギリスでは押しも押されぬ大人気作家のジェーン・オースティンが、どうして日本では知名度が低いのかという謎に、一定の答えを与えてくれる一冊です。自負と偏見のイギリス文化楽天ブックス J・オーステ ... » more
テーマ 英文学 ブロンテ姉妹 オースティン

ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』を読んでいると、なかばを過ぎたあたりで、末娘のリディアが駆け落ちをして、スコットランドのグレトナグリーンという町に行こうとする件が出てきます。このグレトナグリーン、イギリス文学ではおなじみの地名 ... » more

イギリスを代表する作家といえばシェイクスピアでしょう。その名を挙げることに反論するものなどいないであろう、押しも押されぬイギリス最大の詩人シェイクスピア。ところが、現代の我々が抱いているシェイクスピア作品への評価やイメージが、実はロ ... » more

“YOUTH”Samuel Ullman -- 青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。 この詩は第二次世界大戦後、アメリカの雑誌リーダーズ・ダイジェストに掲載され、連合国総司令官を務めたダグラス・マッカーサー元帥が座右 ... » more
テーマ 英文学

街(池袋)へ出てジュンク堂へ行った。最初に1階の書籍検索PCで調べたウイリアム・バロウズ「おかま」(Queerの和訳)は在庫もなく、版元でも品切れ。 彼のJunkyは、僕には英語力向上のため仕事以外でも英語を読み始めるようになったこ ... » more
テーマ 英文学 ホモセクシュル

 

最終更新日: 2017/04/25 02:34

「英文学」のブログ関連商品

» 「英文学」のブログレビュー をもっと探す

「英文学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る