誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短歌

短歌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 和歌
テーマ「短歌」のブログを一覧表示!「短歌」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短歌」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短歌」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

今生の別れとばかりに三歳は泣けり朝の保育所にきて エナガ、かな。 ... » more
テーマ 短歌

明日25日に投句〆切のNHK俳句其二、題は「蛾または自由」七言俳句を七句と漢俳三首を詠み二句二首を投句。投稿を見送ったのは次の五句と一首。.七言俳句・蛾其一2017.03.24 -48635飛蛾投火碎星河とぶがひにと ... » more
テーマ 俳句 短歌

明日25日に投句〆切のNHK俳句其一、題は「新緑または自由」七言俳句を五句と漢俳二首を詠み一句一首を投句。投稿を見送ったのは次の四句。.七言俳句・新緑其一2017.03.24 -48630.新緑破屋鳴布谷しんりょくや ... » more
テーマ 俳句 短歌

工事を請け負った藤原工業。 共産党の議員が質問した議事録は、公明と維新の会が、関係ないとして、削除を申し入れされているようだが。 藤原工業は、維新の会へ、献金しているという。受注量が、何倍にも急に増え、も ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

そういうつながりで起こり、そういうつながりの捻じれで終わった問題だと。 たまたま、森友学園が、資金難の学校だったから、紆余曲折あって座礁するように船の建造計画は止まったけれど、もし、潤沢な資金を持った学校であったら、 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

機を見るに敏で、賢くて、上司のお憶えもめでたい人なんだろうね。まちがっても不用意に証拠なんか残さない人たち。政権に不利になるようなことは、死んでも言わない人たち。 * 違和感があるといえば、政府 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

つくづく厭だな。 見えない鋼鉄製の輪で、首にも手にも足にも施錠されているような社会。何があっても、二重三重に守られた権力には抗いようがないというよう絶望。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

あそこまで、来た段階では。世間の厳しい目が集中していたのだし。四月開校を誰にしろ認可すれば大変な状況になっていたのだから。 ただ、私学開設能力のない学校に認可妥当と、条件付きであるにせよ、本来は認可の要件を満たさ ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

バルセロナはるけしグエル公園に我はカタルニアンといひし少年 朝は寒かつたのですが、お昼前から暖かくなりました。今日はヨガへ。緩ーいヨガです。あぁ、気持ち好い。 ... » more
テーマ 短歌

安倍さんは、「なるはずはないんですよ」というが、ないはずがあるんですよ、ということもあり、思想信条への共鳴や支援が事を動かすことがあり、「日本会議」や、「教育再生機構」という一本の糸でつながれた力が、働いたとしても、それ ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

財務省も国交省も、法令に従い粛々と事を進めただけで、ゴミの撤去は、お金がかかるものだから、それは正当な金額であるから、(そうほんとうにお金がかかる。きちんとやったら。)ゴミを撤去しなかったとしても、そこまで確認する義 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

連立与党を組む公明党に用意されるポストと決まってでもいるように、公明党から、国交省の大臣が多く出ている。 今回の国有地払下げ事件で活躍しているのが、国交省大阪航空局。その経験に基づいて、ゴミ撤去費用を見積もった。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

縁側のサッシざらりと開けたのち怒りをふふむ声にものいふ キンクロハジロ。目が金、背が黒、羽が白。 ... » more
テーマ 短歌

1耳目股肱:目となり耳となり手足となること。帝王を輔佐する重臣、また、力になってくれる人を比喩する。七絶・耳目股肱2017.03.22 -48616聖王美政育詩林,耳目股肱皆撫琴。休日墨池傾畫酒,醉來朗朗競高吟。●○●● ... » more
テーマ 俳句 短歌

田舎のアトリエ余花の舞
余花の舞 ※風神に 散り行くさだめ 余花の舞 最後の想い天空を舞う※先輩を 送りて目立つ名残花 寂しさ隠し鳥を呼び寄せ ※絢爛の 春服脱ぎて 余 ... » more
テーマ 短歌 写真

短歌人誌 三月号より その7 会員1 帰ることなき故郷よ菜の花の畠に立ちて泣きしことあり青木ルリ子どうして故郷へ帰ることがないのだろう。両親や兄弟など、近親の家族がもういらつしやらないのかもしれない。作者は、子供の頃に菜の花畠で泣いた ... » more
テーマ 短歌

くれなゐ
病む花のひとつの花弁の色を問ふかそと音きくいのちの音を ... » more
テーマ 短歌

着々と、国民を縛るナチス的改革が迫っている。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

一方的にせよ、心と心が一緒だったとまで、片思い的に思ってもいて、だからこそ、「しつこい」と言われて、ショックを受けて、反動的に現在の行動に出てもいる。(その上に、長年信じていたのに「保守の人は誰も助けに来てくれな ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

 日本の歴史を読み詠む56<江戸幕府4>江戸の町づくり、 関ヶ原の戦い、戦後処理 <江戸城普請と武家屋敷>家康は秀吉の朝鮮出兵に参加するため京に向けて出発〈1592年)その不在中西の丸を主眼とする江戸城修理工事始まる 譜代大名、旗本が多数動員された城内にありし寺々「局沢16寺」は城外に移 ... » more
テーマ 短歌 歴史 独り言

胡桃工房〈短歌紹介〉 
・目に見えぬ絶望小さく折り畳み何もなかつたやうに歩き出す ・生きのいい命を油で揚げてゐる生きろ生きろ生きろ蝉鳴く 築林歌子「晩年」『玲瓏』93号 ・中上健次の最大の才能はその出自なりと柄谷行人言い切り ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

ずーっと、下手っぴ−な演奏(そういう設定なので)ばかり続いて、このまま終わりまで行っちゃうの?と思う最後の最後に、やっと出て来た。部員をひやひやさせ続けたソロ部分を含む演奏。(これも別に上手な演奏というわけじゃない。でも、映 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

発揮するし、下位にあるものは、人事権を持つ上司に配慮する。まして、最高権力を持つ者に全く配慮しない者は稀有だろう。ゆえに上に立つものは、自ら身を律する気持ちが大事なのであって。(もちろん贈収賄があれば、その罪深さは言うま ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

日向で光る軽く音立てつつ床を転がって日向で光るアルミの硬貨放られて光った水の自らの影に砕けて地中に沈む眼を閉じていた私から脱け出した思案の後に入ったまどろみ歩くのも遊びであって幼子の体の弾む春風の中あ ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

ミュージカル映画と、ちょっとシリアスな映画。 『ラ・ラ・ランド』は、『セッション』以来2年を経過、デイミアン・チャゼル監督の作ったミュージカル映画。ということで、アカデミー賞も何部門も受賞し、どんな映画だろうと思って ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

ソリティアのひとり遊びのつれづれよトランプは口をつぼませ語る あたたかい一日。今日一日で、さくらの蕾がずいぶんと膨らんだやう。とは言へ、先ほどから雨に。 ... » more
テーマ 短歌

aged stone彼岸中日
彼岸中日 穏やかな彼岸中日である。毎月の命日には、降っても吹いてもお詣りしていたころがあった。齢を重ねて、春秋のお彼岸、祥月命日、盆暮れのお参り。心にないわけではないが、段々とご無沙汰が多くなった。去年も、祥月命日にお参りして、お彼岸 ... » more
テーマ 短歌 鎮魂

Ban'ya万葉集についての一文
万葉集を2回通読し、原稿用紙約10枚の一文「波路のコスモロジー」を書く。万葉集について書いたのははじめて。大伴家持の歌が多いこと、またこの歌人の意図的編集が、後半とくに顕著。海にも天にも歌の波路を敷いて一人寝夏石番矢 ... » more
テーマ 俳句 短歌 万葉集

凄く強気な方ですね。豊洲市場問題は、えらいことになっているんですけど。。 こんな調子で、折衝を進めて来たんですね。そりゃあ、相手も引くでしょうね。石原都知事が、「浜渦はすごいやり手」って言って、自分は、殿様出勤で ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

 

最終更新日: 2017/03/28 23:46

「短歌」のブログ関連商品

» 「短歌」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る