誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短歌

短歌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 和歌
テーマ「短歌」のブログを一覧表示!「短歌」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短歌」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短歌」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「善意の人を演じつづけたいんだろうね。それも心底、無意識に。他者だけじゃなく、自分自身にも一生、そう信じていたくて。強迫神経症のように。それが何かに代わるアイデンティティのようになっていて。 「昭恵夫人は、キリスト教 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

逆耳良言:耳に痛い忠言が実は良い言葉であること。逆耳利行:耳に痛い忠言が行いを正す上では有益であること。.酒泉子・逆耳良言勸戒酒2017.03.28 -48662.逆耳良言,妻子勸吾嚴戒酒。痛風瘳,無好友, ... » more
テーマ 俳句 短歌

「内閣総理大臣夫人付」の職務規定から、三段論法的に言えば。 3回とも、公務で随行したのではなく、休日に勝手にサービスで行って、勝手に帰って来た場合は違うかな。わざわざ大阪の一幼稚園まで。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

馬鹿だね。弁解しているつもりで。 なぜ、ジャーナリストが、そこまで必死に安倍さんのために弁明しているの? ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

安倍さんや菅官房長官って、ほんとうに卑劣。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

f_blue な日々「冬の人」
「冬の人」 冬の人紙八手といふものありて川土手に鳥の子色のはなを咲かしむ冬至なり南瓜をたかず柚湯にもいらず一日は健やかにすぐ風子さんは猫とおしやべり『なう猫よ』猫はこたへるなうとちひさくうれしいと ... » more
テーマ 短歌

掩耳偸鈴:人に聞かれることを恐れ、自分の耳を押さえて鈴を盗む。自己欺瞞を比喩。.七絶・掩耳偸鈴2017.03.27 -48656.夢聽仙樂戀清音,掩耳偸鈴埋藝林。以後詩人皆善感,繆斯發奮喜彈琴。●○○●●○平,●●○○○ ... » more
テーマ 俳句 短歌

aged stone胡蝶蘭咲く
胡蝶蘭咲く 今年は気候が遅れているような気がする。ベランダの花あ知の開花も遅い。脱から限られたものだけ、べR単打においてある。もちろん胡蝶蘭は、部屋の中で毎年お正月頃は咲いてくれる。もっとも、冬の間に芽生えた花芽を根っこと間違えて傷めて ... » more
テーマ 短歌 季節

隠し続けることが出来ないとなった時点で。 隠し続けることが出来れば、隠し続ける。というだけのことで。 何も無い。なんてことはないよね。あんなに頭がいい人たちなんだから、本当は、憶えてだっていると思う。記憶 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

本人が書いても、官僚が書いても、言いたいことが書かれていれば、それでいいのかもしれないが。出来過ぎた感は否めない。ポイントがきちんとおさえてあるし、それなりに納得もできる。でも、それゆえに変な感じがする。本人作じ ... » more
テーマ 日記 短歌

山口敬之さんって、ほんとに露骨に安倍さん擁護コメントしかしないね。もう芸の域かも。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

わざわざ「私人」と閣議決定した理由は? この「私人」に、政府職員が5人も付いて、しもべのように仕えている。いかにもファ―ストレディ的な役割をする場合、例えば、外遊時などに、総理夫人が同行する場合などはともかく、常時、 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

糠雨にかはりあかるむ川向かふ鴉いちわが朗らかになく 今日は、これつくらいのも。 ... » more
テーマ 短歌

ペンギンが返事をしたら春の海夕飯前には家に戻ろうSucre'皇帝ペンギン子供XLYY SHOP ぬいぐるみ専門店 サイズ:47cm ※メール便 不可 ※注意※ メール便をご指定いただいた場合は、通常の宅配便にご注 楽天市 ... » more
テーマ 短歌

《『短歌研究』勉強帖 2017年4月号》 ---喜多弘樹の前登志夫論「杉山に」にまなびつつ---少し休んでしまったが「『短歌研究』勉強帖』を再開しよう。2017年4月号から。欠いてしまった号もまた補ってゆくつもりだ。2017年4月号巻頭の「1 ... » more
テーマ 短歌 短歌研究 短歌研究勉強帖

朝さめてこの世に老いし人ひとりにれ噛むごとく夢をはかなむ佐藤佐太郎朝目が覚めると、私はこの世に生きる一人の老人だ。見ていたはかない夢を反芻している。七十四歳の佐太郎の、老人生活の悲哀が、ありのままに詠まれていく。若い人には実感が ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

この国の権力の恐ろしさ。実体はどこにあるかわからない。影のようなもの。しかし、確かにある。 森友事件が起きたのも、背景に、右傾化しようとする社会があって、それを温床に生まれようとした学園設立をめぐる事件なので ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

aged stone身体髪膚
身体髪膚 身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなりこの言葉を知ったのは何歳くらいの事であったのか?多分十代初めのころと思うが・・・どんな場面で、誰より教えられたのか、すっかり記憶の中にない。けれども日常生活の中に、そして何か ... » more

耳聞眼睹:自分の耳で聞き、自分の眼で見ること。.七絶・耳聞眼睹2017.03.25 -48648.詩叟耳聞天樂好,春宵眼睹彩雲開。清輝玉女來蝸舎,含笑彈琴促詠懷。○●●○○●●,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○● ... » more
テーマ 俳句 短歌

初めて聞いたような頃から、事の重大さも、経過についても、悪質さについても、よくお解りだったようで。 「かご、いけ、さんですか」などと仰っていたけれど、当初から、一番真相をご存じだったのは、安倍総理だったようで ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

耳熏目染:見聞しているうちに自覚なく影響を受けること。耳聞目染:耳はいつも聴き、眼はいつも見て染まっている。知らず知らずのうちに影響を受けること。.七絶・耳熏目染2017.03.25 -48645.贅叟閑居藝苑東,耳 ... » more
テーマ 俳句 短歌

参道にそふ漆喰の塀のうちに山茶花あかく咲いてゐるなり 桜花芽、これつくらい。 ... » more
テーマ 短歌

真実なんてどうだっていいという結論から始まっていて、首相が挑発的に、私や妻が関与していたら、その時は、首相も国会議員もやめると宣言しちゃったものだから、大変なことになっちゃって。 強く言えば引くと思って言ったのが ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

政治家の家で暮らしていれば、好むと好まざるとに関わらず、そうなって行くのも無理からぬこと。常時、戦国時代のようなものだからね。身内も裏切ったり殺したり、そうしないと自分が消去されるのだろうから。 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

・「内閣総理大臣夫人付」奇妙な役職が本体を離れ一人歩きをすると ・「安倍一強」つまりは独裁政府にも近くその鬼っ子でもある森友事件 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

参考人招致を求めたところで、官僚は、上の顔色ばかり見ている存在で、権力者を守るために、「法令に基づいた適切な」と、決まり文句を並べるだけで、権力を守る鉄壁となり、それが出来ない時は、過去の幾つかの疑獄事件でも、役人や ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

東京新聞の斎藤美奈子さんのコラムによれば、昭恵夫人には、「寄付をするときは必ずしかるべき人に直接手渡さなければならない。」と書く著書『「私」を生きる』の中の言葉、もあるようだから、そういうことがあっても不思議でもないし、 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

《さくら咲くゆふべの別れ》 《さくら咲くゆふべの別れ》---喜多弘樹の論「樹木みな」にまなびつつ---『短歌研究』誌2017年4月号巻頭の「12ヶ月の歌」は喜多弘樹が前登志夫の歌三首を取り上げて吉野の桜を論じる。それについて論じてみよう。 ... » more
テーマ 喜多弘樹 短歌 前登志夫

安倍晋三記念小学校の寄付を募るメールのことは、インターネットを見ている人なら長期間出回っていたことは、インターネット上に出た発端から、周知の事実であり、そもそも、それだからこそ、大きな問題にもなったので、みんな知 ... » more
テーマ 日記 短歌 独り言

 

最終更新日: 2017/03/28 23:46

「短歌」のブログ関連商品

» 「短歌」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る