誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    梁石日

梁石日

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「梁石日」のブログを一覧表示!「梁石日」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「梁石日」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「梁石日」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

此処にそして彼方に映画制作の楽しみ
シネマ・シネマ・シネマ光文社 梁 石日 Amazonアソシエイト by 在日作家が好きな私であるが、余り映画を見ないので、それら作家の作品が映画化されても見た事はない。韓流も良いが在日文化の一本は ... » more
テーマ 梁石日 読書

ヤン・ソギルの『血と骨』読み終わりました結構な大作で470ページ×2冊上下巻長かったがベストセラーで傑作小説と言うだけあってかなり面白かっ ... » more
テーマ 梁石日 読書 小説

My Favorite Books闇の子供たち
タイトルからしてやばいよね〜。昨日読み終わったヤン・ソギルの小説。タイの貧しい家庭の子供たちが親からマフィアに売られ、幼児売春、臓器売買・・・悲惨な現実のエグイ話。だけど、そんなところから入るけど、実は幼児売春や子供たちの売買をなく ... » more
テーマ 梁石日

DVDで梁石日原作・阪本順二監督・江口洋介主演の「闇の子供たち」を見た。タイにおける幼児売春・臓売買を題材とした梁石日著「闇の子供たち」(解放出版社)は、大分前に購入していたのだが、読むこともなくそのままにしていた。しかし昨年、二人の子 ... » more
テーマ 梁石日 映画 小説

本ミシュランひげらっきょさんの外食
ひげらっきょさんの外食 今日は久しぶりに外食。韓国料理をチョイスしてみた。韓国の焼肉はうまいけど甘い。この甘さが好き嫌いを分けると思う。韓国といえば梁石日【血と骨】が代表作で、飲む打つ買うの父親を題材にした内容で業の深い人間を描いた傑作らっきょ。著者は自分の人 ... » more
テーマ 紹介 梁石日

いつも応援ありがとうございます。私のデビュー当時から舞台を見守って下さっている作家・梁石日(ヤン・ソギル)さんのテレビ番組のご案内です。12月毎週水曜日の夜、4回に分けて放映されます。世間に衝撃を与えた代表作「血と骨」な ... » more
テーマ 在日 太田慎一 梁石日

「闇の子供たち」/梁石日(幻冬舎) 宮崎あおい、江口洋介、妻夫木聡出演で映画にもなりましたこの作品。映画の宣伝とか観て……もの凄い衝撃を受けた覚えが……。「……いいのか?こんな映画、発表して……」と。先日、図書館で借りてきて読みました。舞台はタイ。ヤイルー ... » more
テーマ 梁石日 読書 幻冬舎系  コメント(3)

おっちゃんの備忘録闇の子供たち
闇の子供たち 映画化されるようですが、そのまま映像化するのは難しいだろうな。ネットで調べると映画の方はどちらかと言うと臓器移植の方にスポットをあててるのかな?闇の子供たち (幻冬舎文庫)幻冬舎 梁 石日 ユーザレビュー:衝撃の書である事に ... » more

珈琲Time『闇の子供たち』梁石日
命には値段がある。先進国の命は何物にも代え難く、貧しさに喘ぐ国々では命は売り物なのだ…。本書はタイにおける児童売春・臓器提供をテーマに、現代社会の醜悪さと人間の欲望の深さを描いた問題作、と見ました。児童売春については、ユニセフのボラ ... » more

朝のTV番組で紹介されていた岩代太郎氏と「Tact」のCD。その中のバイオリンソロ「血と骨」に魅せられてしまった。そんなときに古書店で偶然にこの本を見つけた。映画があることはCDのジャケットで分かっていたけれど、原典があることに感激! ... » more
テーマ 梁石日 読書

おっちゃんの備忘録血と骨
タクシー狂躁曲の主人公の父親の話?タクシー狂躁曲の中で父親を凄く恐れていたところがあったけど、こりゃ誰でもビビるだろうな。宮本輝の「流転の海」「地の星」「血脈の火」「天の夜曲」シリーズを髣髴したけど、熊さん?とは次元が違うほ ... » more

「タクシー狂躁曲」梁石日著 10年以上にわたる著者の東京でのタクシードライバー経験をベースに、頓狂な客との騒動を笑いあり涙ありで描き出す連作ヒューマンコメディーである。というのはほとんど嘘で、“月はどっちに出ている”というタイトルで映画化された際のプロ ... » more

おっちゃんの備忘録タクシー狂躁曲
映画とは全然違う印象。とはいっても映画もちゃんと見たわけではないので。。読んでてちょっと古い感じがしたけど、「1970年型のセドリックが5年落ち」という表現があることからすると、1975年ころの話なんだ。。初出は1981年。ちょっと古い ... » more

朝日新聞報道の抜粋73年8月に東京で起きた金大中(キム・デジュン)氏(後に大統領)拉致事件について、韓国政府の真実究明委員会は、当時の情報機関・中央情報部(KCIA)による組織ぐるみの犯行と断定する報告書をまとめた。近くKCIAの後 ... » more

今明らかにされた金大中拉致事件の真相とこのミステリー 今日の朝刊に発表された「金大中事件の真相」をみてすぐにこの小説を思い浮かべました。やはりこれに書かれていたようなことだったんですね。国家ぐるみの犯罪。主権を侵犯する大事件が闇に葬られたんだ。以下、2001年3月3日の感想文ヒ ... » more

2001年3月3日 梁石日「死は炎のごとく」 韓国現代史を描く迫真のテロル ヒトラー、スターリン、ド・ゴールなど要人暗殺を描いたサスペンスミステリーの傑作はいくつかありますが、そこには虚構の前提があるからこそ、手放しで楽しめる世界があります。時代も、場所も我々とは遠く離れていていわば絵空事の世界です。一方スパイ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 16:27

「梁石日」のブログ関連商品

» 「梁石日」のブログレビュー をもっと探す

「梁石日」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る