誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    第三章

第三章

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「第三章」のブログを一覧表示!「第三章」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「第三章」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「第三章」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

第三章(Part33) 「ワン、ツー、スリー……」……気がつくと、秀顕は床に仰向けになって、目の前で指を一本一本立てながらカウントしている妻の顔を見上げていた。目の焦点がなかなか合わない。ぼやけた妻の顔が二つに見えた。「……エイト、ナイン、テン ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part32) 「どちらにしようかな。てんじんさまの言うとおり。ごはんつぶ、かきのたね、あぶらむし、ぷりっぷりっぷりっ。ちゅっちゅくちゅーのちゅっちゅっちゅっ。てっぽう撃ってバン、バン、バン。おまけにもひとつバン、バン、バン!」 「あなた、年賀 ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part31) 彼の家庭的な不幸は、愛する娘の母親が妻じゃないことに尽きていた。若村桐花と結婚して十三年。いまでも妻を愛する気持ちに変わりはない。ただ、愛希子が生まれてからは、彼の心を無制限に癒す愛の力は、娘以外には求められなくなっていた。あん ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part30) おまけに趣味がボクシングときている。ときどき秀顕の前で何気なくシャドウボクシングをしたり、台所に飛んできたハエを素手でさっとつかまえたりする動きの速さは尋常じゃなかった。毎日二時間のトレーニングで鍛えあげた体に無駄な脂肪はほとんどな ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part29) 『……くそっ!宇喜田の馬鹿たれが、ほんまに意地の悪いことばっかりしやがって。おかけでこっちは何もかもがワヤになってしもうた……』秀顕は悔しさを顔に出さないように必死で努力しながら考えた。二週間前に得意先の京舞の家元から「奥様 ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part28) ……若村桐花が帝国ホテル新館の三一五〇室に帰ってきたのは、三十一階の窓に眺める銀座の景色が華やいだネオンのいろどりに包まれて、昼間とは別世界のように見える時刻だった。秀顕はいつの間にかソファーで眠っていた。明かりをつけていな ... » more

第三章(Part27) 若いころは自他ともに認める二枚目の彼だった。いまでも五歳ぐらいさばを読んでもばれることはないが、若く見られて喜ぶのは、そもそも老人の習性だ。気持ち的には二十代のころと少しも変わっていないのに、姿形は年齢相応に老化しつつあるのは不当な ... » more

第三章(Part26) その准教授とここで会えたのも、神のお導きかもしれない。秀顕の胸は発作を起こしそうなぐらい波打った。妻や会社のことを考えるなら、恥も外聞も投げ捨てて准教授の前にひれ伏してでも助けを請うべきだった。が、しかし、ロビーに居合わせた大勢 ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part25) 秀顕は鬱なため息をついて、目の前に立ちはだかった苦悩から逃れるように、ホテルに背を向けて日比谷公園のほうへ足を向けた。夕暮れとともに強くなった風が楠の古い葉を歩道に落として、カサカサと乾いた音を立てていた。薄闇に包まれて閑散とした公 ... » more
テーマ 第三章 小説

第三章(Part24) 翌日。京都から帰ったばかりの秀顕を訪ねてきたのが、京橋百貨店の宇喜田専務取締役だった。東京駅前に建設中の高層ビルに世界の高級家具を集めたワールド・ファニチャー・センターをオープンするので、若村家具にも出店してほしいという。「WF ... » more

霧風・幻風【漆黒のカラス】第三章
第三章森の中の迷宮燐「大丈夫かなぁ?ガオォ!!って来るんでしょ?恐よぉぉ!!」亜紀「馬鹿ね、あんたが行ったわけじゃないでしょ。」と二人は、こんな会話をしていると。黎砂「何話てんだあいつらの事はもういいだろ、ほら行くぞ」 ... » more
テーマ 第三章

 

最終更新日: 2016/12/03 15:27

「第三章」のブログ関連商品

» 「第三章」のブログレビュー をもっと探す

「第三章」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る