誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    BL小説

BL小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
類似テーマ: BL小説 BL小説
テーマ「BL小説」のブログを一覧表示!「BL小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「BL小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「BL小説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

皆さまこんばんは!農家の嫁です(*^^*)毎度毎度の小説に、足を運んでくださり、どうもありがとうございますいろいろ思われているかもしれませんが、私自身は楽しんで書いています。ろくな人間じゃなくて、本当にすみませんねぇ。もうほ ... » more

皆さまこんばんは!農家の嫁です(^^;毎度毎度けしからん展開と、ワンパターンな展開に、お前は阿呆かと突っ込みが入りそうですが、気にせず楽しみたいと思っております。いかんせん私が萌えてツボる展開がこうでございますので、本当にその………いろ ... » more

どうも、こんにちは。農家の嫁と申します。もうかなり前置きもいらないと思いますが、一応念のため〜。ここは、ハヤブサさん×シュバルツさんの二次創作クロスオーバーBLカップリングを取り扱っております。殿方同士の濡れ場です。 ... » more

皆さんこんにちは!農家の嫁と申します。ほとんどR−18表記がいらないぐらいの表現しかないんですけど、一応念のため、記載させていただきます。殿方同士の濡れ場に続いていく場面ですのでね(^^; 一応注意書きを。いらない人は例によって飛ば ... » more

しかし、身を起こそうとして、自分の身体に誰かの手が触れているのに気づく。振り返ってそこにハヤブサの姿を見た時、シュバルツはほっと安堵の吐息を漏らしていた。(そうだった……。私はハヤブサに……)先程まで自分は、ハヤブサに激しく抱かれて ... » more

皆さまこんばんは、農家の嫁と申します。要らないかもしれませんが、一応前置きを。この小説は、ハヤブサさん×シュバルツさんの、二次創作クロスオーバーカップリングを取り扱っております。BLで、殿方同士が絡んでいます。このCPイ ... » more

皆さまこんばんは!農家の嫁と申します。一生懸命けしからん小説を書いていますが、皆様楽しんでいただけてますでしょうか?各方面から怒られそうかなと思いつつも、恒例の前置きを書いておきたいと思います。いらない人は飛ばしてください。 ... » more

皆さん、こんばんは〜。農家の嫁です(^^;相も変わらず怪しからん内容の小説でごめんなさい。でも、読みに来てくださっている方、本当にありがとうございますm(__)m今日は諸般の事情で、珍しく私一人の夜です(*^^*)旦那も子供 ... » more

皆さん今晩は♪農家の嫁と申します。毎度毎度、私の小説を読みに来てくださって、本当にどうもありがとうございますm(__)mおかげさまでこの妄想で、忙しい毎日を乗り切っております。多分もういらないと思いますが、一応前置きを……。 ... » more

こんにちは〜。農家の嫁です(^^;真昼間からけしからん小説をアップしていてすみません(^^;しかしですね〜。この時間帯に書いておかないと、当方の睡眠時間が(←知らんがな( ̄ロ ̄;!!!!)うう……働く主婦はつらい。ボカボカ ... » more

こんばんは!農家の嫁です(*^^*)どうして大人は雑用に追われ、なかなか暇が無いのか……。この前は農協、今日はPTAの出役でした(^^;ゆっくり小説を書かせてくれ〜! 楽しいこともそれなりにありますけどね(^^;と、いうわけ ... » more

皆様こんにちは〜。内容がけしからなくなってきたので、恒例の前置です。不要な方は読み飛ばしてくださって結構です。何も知らずにここに踏み込んでこられた方は、ここを読んでいただいて、記事の閲覧は自己責任でお願いいたしますm(__)mこ ... » more

「これは、あの戦いの最中、俺を守って死んでしまった人の『遺骸』だ」「―――――!」ハヤブサの言葉に、一同ははっと息を呑む。「あそこではきちんと弔ってやることもできないからな……。できれば、落ち着いた場所に、ちゃんと葬って ... » more

突如として、天地をつんざくような咆哮が、あたりに響き渡る。「なんだ!?何が――――」そう口走った兵士の首が、いきなり宙を舞う。「!?」何が起こったのかわからず戸惑う兵士たちに、襲い掛かってくる黒い影。結局彼らはそ ... » more

ふらり、と、少女がこちらに向かった歩を進めてくる。しばらく呆然とそれを見守っていたシュバルツであるが、いきなり、その顔色が変わった。「―――――!」ダッ!と、少女に向かって飛びかかるように突進する。「シュバルツ!?」シュバル ... » more

シュバルツはおよそ、慈悲の塊のような男だった。戦う相手には、必ず敬意を払った。その刀を振り下ろす瞬間すら、相手を思いやっていた。こんな風に―――――「うおおおおおおっ!!」目の前に来た兵士の首を一瞬にして刎ね飛ば ... » more

(え………!?これは、どういうことだ!?どういうことなのだ!?)愛おしいヒトの戦う後姿を見ながら、ハヤブサはしばし混乱する。自分は確か、シュバルツをキョウジに預けてきたはずだ。それなのになぜ―――――彼のヒトは、今ここにいる ... » more

(シュバルツ……)不思議だ。こんな時ですら、大切なヒトのことを想うと、心が凪いだ。生きる。生きよう。あがけ。足掻くんだ。あきらめて、生きることを放棄するのは簡単だ。だが足掻けば―――――それを ... » more

「艇を出せ!!そして、援護を要請するんだ!!」「了解(ラジャー)!!」返事とともに、パイロットは空輸艇を発進させる操作をする。ドアが閉まると同時に、艇が上昇しだした。艇の発進を目の端でとらえながら、龍の忍者はロケット砲を構える二 ... » more

龍の忍者の頭の中には、逃走ルートが完全に入っている。追っ手を撃退しながら、二人は確実に、脱出地点へと向かっていた。「ありがとう。リュウ……」道中でぽつりと、アーサーに言われる。「俺を助けるために、わざわざ………」 ... » more

「上等だ!!表へ出ろ!!」「フハハハハハ!!返り討ちにしてくれるわぁ!!」ものすごい勢いで、師弟が玄関から外へ出ていく。キョウジがやれやれ、と、ため息を吐いていると、開いた玄関のドアからレインが入ってきた。「レイン」少し驚く ... » more

「……『術』にかかっているって……シュバルツは大丈夫なんだろうな!?」噛みつかんばかりに聞いてくるドモンに、キョウジは苦笑するしかない。「『術』をかけているのがハヤブサだったら――――シュバルツの安否はほぼ心配しなくていいと思うよ」 ... » more

ダイニングで脱力して椅子に座りこんでいるキョウジの前に、トン、と、水が入ったコップが差し出された。「………落ち着いたか?」声をかけられて顔を上げると、その先にハヤブサの優しい眼差しがある。「うん……。ありがとう……」 ... » more

身を起こせるようになってから数日の間、キョウジは呪いを解く方法を調べていた。しかし、有効な手立てが見つかるわけでもなく、ただ『呪術』に関する知識が、無駄に深まっていくだけだった。(ううう……。できれば一生知りたくなかった………) ... » more

「そうだね……。確かに………」2つのデータから目を離さずに、キョウジは口を開いた。「異常値の値が小さくなってる……。さっき見た墨の紋様も、だいぶ薄くなっているように感じられたしね」「では―――――?」問いかけるハヤブサに、キ ... » more

皆さまこんばんは。農家の嫁です(*^^*)本当にけしからん展開になっておりますが、皆様ついてこられていますでしょうか。そろそろ見放されてしまいそうで、多少恐怖にいちびっております(^^;でも仕方がない。私が『好き』と思う物を、他の方が『 ... » more

皆さまこんばんは。農家の嫁と申します。毎度毎度の注意事項を。この前置き、要るか要らんかは分かりませんが、ブログと言う媒体の性質上、一応念のため置いておきますね。要らない人は飛ばしてください(^^;この話はハヤブサさん×シュバルツ ... » more

「………もう少し、殺気を隠せ。でないと、すぐに見つかるぞ」「えっ?」驚いたキョウジが東方不敗の方に振り返ると同時に、黒い影が音もなく床に降り立ち、その姿を現す。「……………」「ハヤブサ……!」龍の忍者の殺気だった眼差しに ... » more

「今ちょっとその『術』のせいで、軽く操り人形状態になっているんだ。その『術』をかけちゃったのはハヤブサで――――それも事故のようなものだったらしい。だけど、その術自体で心配していることは、あまりないんだけどね」「そうなの?」きょとん ... » more

「断る!!」押し通ろうとするドモンを前に、龍の忍者も一歩も引かない。「そこをどけ!!」「どいて欲しければ腕ずくで来い!!」「なにぃ!?」「尤も―――――返り討ちだがな!」「おのれ言わせておけば………ッ!」ぶるぶる ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 13:23

「BL小説」のブログ関連商品

» 「BL小説」のブログレビュー をもっと探す

「BL小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る