誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    椎名誠

椎名誠

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「椎名誠」のブログを一覧表示!「椎名誠」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「椎名誠」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「椎名誠」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【HOT Interview 】 初のエロチックハードボイルドを書いた椎名誠氏に聞く 「EVENA」 HOT Interview 初のエロチックハードボイルドを書いた椎名誠氏に聞く日刊ゲンダイ2015年2月8日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/157058 ... » more
テーマ HOT Interview 椎名誠 EVENA

「EVENA 」椎名誠著(文藝春秋  1,620円税込) 「EVENA 」椎名誠著(文藝春秋 1,620円税込)雨の中、「エベナ」を酒で流し込み、いい気分でトラックを運転中、人を轢きそうになった「おれ」。幸い人は轢かなかったが、「おれ」のトラックの急停止が原因で、多重衝突事故が ... » more
テーマ EVENA 椎名誠 小説

岳物語 / 続 岳物語 (椎名誠) 満足度5★★★★★集英社文庫初出版1985(正編)、1986年(続編)読んだ回数3回★ 集英社文庫−裏表紙の紹介文山登りの好きな両親が山岳の岳から名付けた、シーナ家の長男・岳少年。坊主頭でプロレス技も ... » more
テーマ 椎名誠 読書 私小説系

『発作的座談会』椎名誠角川文庫椎名誠さんといえば、麦酒?お酒を酌み交わしながらの、ライブバージョンのような座談会。ふとかわす言葉が恋しくなったときに、きっととても楽しい本。しらふで読むのはもったいない ... » more
テーマ 椎名誠 読書

『岳物語』から30年を経て続くシーナ家を椎名誠が綴った本…『三匹のかいじゅう』椎名誠著(集英社) 『岳物語』から30年を経て続くシーナ家を椎名誠が綴った本NEWSポストセブン2013.02.11 16:00【書籍紹介】『三匹のかいじゅう』椎名誠著(集英社1260円) 三匹のかいじゅう集英社 椎名 ... » more

地球どこでも不思議旅 (椎名誠) 満足度3★★★集英社文庫初出版1982年読んだ回数1回★ 集英社文庫−裏表紙の紹介文ある日ふと“真実のラーメン”を求めて中国シルクロードをさまよい、踵を返し一路、プロレス王国メキシ ... » more

哀愁の町に霧が降るのだ (椎名誠) 満足度5★★★★★新潮文庫初出版1981〜2年読んだ回数3回★ 新潮文庫−裏表紙の紹介文脚本学校に通い、小さな雑誌社でアルバイトをしている椎名誠、大学生の沢野ひとし、弁護士をめざす木村晋介、唯一の給料 ... » more
テーマ 椎名誠 読書 私小説系

気分はだぼだぼソース (椎名 誠) 満足度3★★★新潮文庫初出版1980年読んだ回数3回★新潮文庫−裏表紙の紹介文世の中、不思議なことは沢山あるもんである。なぜ電卓付きの腕時計というものが存在するのか?ラブホテルはどうし ... » more

「菜の花物語」椎名誠著 私小説のようでもありエッセイのようでもある短編集。もとは月刊誌に連載されたもので、なにかネタとかテーマを設定した連作ではなく、その月に起きたことをスケッチ的につづるタッチである。ときには何ヶ月にもわたる旅に出ることもある著者にし ... » more
テーマ 椎名誠 集英社文庫

わしらは怪しい探検隊 (椎名 誠) 満足度4★★★★角川文庫初出版1980年読んだ回数3回★ 角川文庫−裏表紙の紹介文離島でのきつい天幕生活に挑む会「東日本何でもケトばす会」の、結成当時の行状記。椎名隊長ほか隊員たちの個 ... » more
テーマ 椎名誠 読書 怪しい探検隊シリーズ

椎名誠の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。本棚の画像をクリックすると、Amazonへ、本棚下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。★の色は私の満足度で、★は、最高に面 ... » more
テーマ 椎名誠 著作リスト

さらば国分寺書店のオババ (椎名 誠) 満足度4★★★★新潮文庫初出版1979年11月読んだ回数2回★ 新潮文庫 裏表紙の紹介文今をさること?年前。全身に正しい怒りのパワーをみなぎらせた一人の男がいた。やたらとケンカっぱ ... » more

「日本細末端真実紀行」椎名誠著 1980年代のはじめ、30代だった椎名誠氏が、単独かせいぜい3人くらいの野郎連れで、日本国内のあんまり名所でないところを、"ちまっ"と旅した紀行集。紀行といえば、なかなか訪れがたい景勝地とか遺跡とかを、テーマを持って紹介したり文化を ... » more

シーナ・ワールド椎名誠の近未来SF小説、またの名は「超常小説」と呼ぶ一群の作品は、それなりに読まれているのだろう。今回文庫化された「砲艦銀鼠号」は、『ひとつ目女』の前に単行本化された「半島戦争」後の作品群に属する。例によって ... » more
テーマ 椎名誠

ぼくは今こうしてブログを書いているわけだけども・・・この文体はわざと尊敬する作家の真似をしてるのですよ。たまに出る効果音などはまさにそのまま。その作家の名前は椎名誠。この人のエッセイや作品はぜひ読むことをお勧めします ... » more

椎名誠さんのファンです。椎名誠さんと言えば旅・アウトドアの作家で、国の内外問わずいろんなところに出かけていて羨ましい限りです。彼は食べ物に強いこだわりを持っていて、食べ物に関するエッセイなども多々あります。…と思っていたらブログも手がけ ... » more

椎名誠がカメラマンなどと一緒にミャンマーを見て回った旅行記。椎名誠ならではな、良く食べ、よく歩き回り、よく話をし、よく交流をしていて、なかなか面白い。ところどころ、アフガンの攻撃の話が出ていた。ミャンマーが軍事政権で情報統制していて ... » more

「男・椎名、父親・椎名」 椎名誠/続 岳物語 世の中には、「男だからこそわかる」という文学作品が存在する(と私は思う)。例えば、東野圭吾の『秘密』がそうだ。主人公の苦悩や嫉妬、悲しみといったものは、きっと女性の読者には完全には理解できない世界だと思う。だから、『秘密』を読みながら流 ... » more

「わしらは怪しい探検隊」椎名誠著 探検隊、と云っても、海辺での仲間うちのキャンプを面白おかしく描いた作品である。いま書いて自分で驚いたのは、こういうまとめ方をしてしまうと、ちまちました卑小なエッセイの印象を受けてしまうことだ。じっさい仲間うちのキャンプを描いているに過ぎない ... » more

こっそり・こってり日記今日は何だか
今日は何だか 社内がみんなソワソワしていた。休みと休みの間の出勤だからかな。有休をとっている人も多かったし。私の直属の上司も休み。私は月初だし、引継ぎ中なので、やる事はたくさんあったんだけど。うちの会社、定時が5時35分なんだけど、今日は6時には40人 ... » more

こっそり・こってり日記一日一歩
一日一歩 始まったな1週間。また教える日々。新人=轟(仮名)の隣に座り、今日の仕事のメニュー。金曜日にやり残したので、そこから、と思い資料を出す。さて、その仕事の前に、先週の復習から、と思ったら、その仕事の内容を覚えてない。あのー、まだ今日の仕事の ... » more

 

最終更新日: 2016/12/10 11:44

「椎名誠」のブログ関連商品

» 「椎名誠」のブログレビュー をもっと探す

「椎名誠」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る