誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    随想

随想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「随想」のブログを一覧表示!「随想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「随想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「随想」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

なんかんベトナムコーヒー
最近の気になるベトナムコーヒー検索…フィルター、カルディが安い約400円、ステンレス製、というブログ2009年5月28日の記事すみきち、住吉美紀さん、2011年にフリーということは、NHK在職 ... » more

鵜の目鷹の目国連の存在意義などない
国連には価値観を共有できない特定の国が拒否権を持っているために結局は何もできないのが現実である。拒否権は戦勝国と称する5カ国だけがが持っているのは大戦直後はともかく、現代においてはいかにも理不尽である。本来、国連は国際連盟を引き継ぐもので戦 ... » more
テーマ 随想 政治,社会

外患誘致罪」に次ぐ第二弾の著作である。タイトルの中の共謀罪は今国会で野党が命がけで反対している「テロ等準備罪」など組織的な犯罪の共謀罪に関する法律である。この法律が今まで日本にはないばかりに在日韓国人や左翼団体に放送業界、新聞などのマスコミ ... » more
テーマ 随想 読書紹介 政治,社会

以前、がんで余命三年と宣告された患者が「余命三年」というタイトルでブログを書いていた。その方はすでに亡くなったが、その遺志を継いでプロジェクトチームが結成された。その人たちが「余命三年時事日記」の中で「外患誘致罪」という書籍を出版した。 ... » more
テーマ 随想 政治,社会

鵜の目鷹の目民進党の馬鹿さ加減
蓮舫党首は初めに今までのような与党の失言や政策の揚げ足取りをやめ、政策論議、政治主導で民進党が民意を得られるようにすると公言したはずである。にもかかわらず、相変わらず法務大臣に対する揚げ足取り、籠池問題、加計問題など重箱の隅をつつくような問 ... » more
テーマ 随想 政治,社会

鵜の目鷹の目中国の動き
今日本に中国から楊国務院が日本に来ている。北朝鮮問題に関する安倍総理とのやりとりで、安倍総理が中国の北朝鮮への圧力を要請したものの、どうもちぐはぐのようである。そもそも楊氏がなんのために日本を訪問したのかよくわからない。民主党政権の時、尖閣 ... » more
テーマ 随想 政治,社会

鵜の目鷹の目決められない小池知事
私は豊洲問題を政局にすべきではないと、このブログでも書いたし都庁小池知事宛に意見書をファックスなどして早く豊洲移転を決め裏べきだと進言した。私だけならともかく多数の専門技術者の安全面でのお墨付き、他党の政治家、漁業当事者の人たちが早急な ... » more
テーマ 随想 政治,社会

自分は今までに何度かアメリカのエゴと題してこのブログに書いたことがある。アメリカは超大国として世界をリードしなければならない立場なのに、トランプ大統領がやっていることは自分の国さえよければのアメリカファースト、なんでもありのエゴ丸出しで ... » more
テーマ 随想 政治,社会

なんかんポリデキストロース
ポリデキストロース 先日のシリアルごろっとグラノーラ/宇治抹茶(日清シスコ)PREMIUM GRANOLA宇治抹茶100%使用薫り豊かな和の味わい抹茶・小豆・栗・苺・黄粉・豆乳内容量は、500g価格は、295円( ... » more

江戸時代の偉大な経営者、河村屋七兵衛(のちの河村瑞賢)の一生を書いた歴史小説である。七兵衛は江戸の大火で我が子を失い、悲嘆にくれる中、人がもっとも嫌がる7万人焼け死んだ死人の埋葬を命じられ、見事にその責を果たす。その後江戸では復興のため ... » more
テーマ 随想 読書紹介

この本を読んで、まず感心させられたのが、恩田陸という作家のピアノコンサートを文章で表現する能力である。自分などコンサートを聴いていても、なんとなく聴いているだけで情景を想像したとしても言葉で表現するなど考えたこともない。この小説は芳ヶ江 ... » more
テーマ 随想 読書紹介

鵜の目鷹の目不可解な政治の世界
この頃の政治、社会の新聞記事やTVのニュースを見ていると嫌になってしまうことばかりである。失言問題では野党が執拗にくだらない追及ばかりに時間をさき、大事な時期に国会は空転ばかりで無駄金を使う。与党の失言にことさらうるさい癖に党首の蓮舫氏の国 ... » more
テーマ 随想 政治,社会

なんかん車体のロゴ
車体のロゴ 自動車の車体・北菓楼・ホリ・鯉寿し・ファーム富田・観光バス昨年の北海道で見た車たち北菓楼砂川本店に立ち寄り店舗側は満車、離れた所に駐車隣接は、ホリの工場の駐車場クリックしていただけると、恐 ... » more

kunityanのブログ冬に逆戻り
冬に逆戻り 昨日から日中の気温が、昨日6.3度、今日は4度台と予報されている。4月も半ばだと言うのに、肌寒い日となった。昨日、手首と腰の検診に行ったが、帰り雨からみぞれに変る寒さだった。今日12時ころ雪が降り出した。 ... » more
テーマ 随想  コメント(2)

原田マハという作家は美術関係の小説を情熱的な表現で書いた作品が多い。「ゲルニカ」は言わずとしれたあのパブロ・ピカソが描いた作品で、今から約80年前、スペインのフランコ将軍が当時の共和制政権を倒すため、ヒットラーやムッソリーニと共謀し ... » more
テーマ 随想 読書紹介

滞るのは天候のせいにする 霧のような雨で、七股池の景色は灰色の輪郭だけが朧に浮き上がり、さも遠くを眺めるかのようなよそよそしい遠景へと後退している。4月に入って、普通なら一度くらい寒の戻りがあるものだが、3月の後半あたりから暖かい日が続きそのまま春に突入して ... » more

なんかん
桜 今日の出来事桜と踏み切り跡この木以外は、1分ほどの開花クリックしていただけると、恐縮です ... » more

晴耕雨読・・・? 天気は下り坂と予報では言っていたが、朝のうち晴れ間があり、一時間ほど自転車で散歩。杉山町では田植え前の荒起こしという作業が始まっている。帰宅してからペンキ塗りをしたが11時頃になってぽつぽつ降ってきたため仕方なく中断。やがて本降りに。 ... » more

なんかんエヴァのネクタイ
気になる映像激高する今村雅弘復興大臣今村大臣のネクタイが、気になったエヴァンゲリオンの図柄福島訪問時、プレゼント思い出の品とのことクリックしていただけると、恐縮です {%下降webry ... » more

この小説のタイトルからはこの小説の内容がわかりにくい。オリガ・モリゾヴナはソビエト時代の名物舞踊教師で、とびきりバレーが上手い。教師をしているが大げさに褒めることで罵倒するという反語法を駆使して情熱的に教えるのでそのようなタイトルをつけたの ... » more
テーマ 随想 読書紹介

昭和55年、私が初めて管理者として地方に出た時の上司が、31日に亡くなった。小学校1年先輩だった。一緒に勤務するまでは、同じ小学校出身とは知らなかった。先輩の方が、私を知っていたが、私は先輩の記憶が全く無 ... » more

雑想 心の風景 Heartscape森林の精気
森林の精気 4月1日、前日から降り続いた雨が夕方になって止んだ。豊川市内のパチンコ店の駐車場で巡回中、気がつくとスギ、ヒノキの香りが漂っていた。背後に連なる三河の山々から湧き出る熱れ(いきれ)は陽が沈み麓にまで降りて漂っていたのだ。我が家の ... » more
テーマ 随想 森林の精気 フィトンチッド

退職後の旅行で思い出すこと9 夏タイヤで雪道は危険と、路線バスで次の目的地に向かう。麓に降りると、道路上の雪は消えて、道路脇のみ残っていた。目的地旭岳温泉「勇駒荘」に差し掛かると、矢張り標高が高いので、かなりの積雪状態だった。「勇 ... » more

退職直後の旅行で思い出すこと8 息子たちとスキーに興じたころ、合同スキーツアーの思い出を噛みしめながら、白金温泉をあとにしました。近場の白金ゴルフ場でプレーしたのち、一度も訪れたことない天人峡温泉に向かう。 ... » more
テーマ 随想 旅行

穏やかな気候になりましたな 爽やかな朝だった。家中の窓を開け放って柄にもなく冬の後ろ姿なんぞを眺めつ淹れたばかりのコーヒーを啜っていたら、咽てしまってコーヒーとヨダレと鼻水で、拭いたばかりの床を拭き直す羽目になり気分が悪い。それでもこの穏やかな陽気に誘われて、 ... » more

退職直後の旅行で思い出すこと7 「凌雲閣」を後にし、白金温泉に向けて出発する。林道(968号線)を車で進む。当時、恐らく冬場は通行止めになっていたと思うが、現在は地図上に吹上温泉まで、その表示はない。昭和43年当時、冬場、自衛隊のスキー ... » more
テーマ 随想 旅行

もうね、 シンシャク とか ソンタク とか使いたくて使いたくて 昨日、今日と早く目が覚める。せっかくの休みなんだからもっとゆっくり寝ていても誰にも怒られることはないが、ゆっくりと寝るだけの体力もなく、どうしてもノコノコと布団から這い出てしまうのはやっぱり歳のせい。今日は風もなく穏やかな日差しに誘 ... » more
テーマ 忖度 随想 斟酌

退職直後の旅行で思い出すこと6 今回は、最終となる道央旅行となります。時期は、道内では晩秋といえる10月半ばでした。訪ねた場所の中で、天人峡温泉を除けば、珍しく複数回訪ねている懐かしいスポットでした。先ず訪ねたのが十勝岳温泉です。 ... » more
テーマ 随想 旅行

退職直後の旅行で思い出すこと5 知床岬に向かって更に進むと、珍客が現れる。キタキツネを発見、車のスピードを緩めると、傍に寄ってくる。観光客が餌付けするためか、恐れず寄ってくる。 ... » more
テーマ 随想 旅行

退職直後の旅行で思い出すこと4 知床峠は、霧が多く晴れに恵まれることは稀ですが、この日は晴れでした。ウトロの知床第一ホテルに宿泊しました。海の幸を満喫し、翌日の行程を考え早めに就寝する。翌日、オホーック海側を突端に向けて進む。先ず知 ... » more
テーマ 随想 旅行

 

最終更新日: 2017/06/18 15:30

「随想」のブログ関連商品

» 「随想」のブログレビュー をもっと探す

「随想」ブログのユーザランキング

なんかん 2 位.
なんかん

テーマのトップに戻る