誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ことわざ

ことわざ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ことわざ」のブログを一覧表示!「ことわざ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ことわざ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ことわざ」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

自分の分際を忘れて他人のまねをすること。恋の道は誰から教えられるということなく自然に覚えるものである。恋愛には身分の上下はない。鯉の滝登り・・・コイが滝を逆のぼることから、立身出世のこと。恋の手習・・・恋をした者が、恋文 ... » more
テーマ ことわざ

才気は有り余るほど持っているけれど、惜しい事に見識に欠けている。野菜作りにかかりきって、米や麦などの田畑は荒れるままにしている事。人間の吉凶禍福は予測できない。塞翁はシナの故事に出てくる人物。細工は流々仕上げを御覧じろ・・・ ... » more
テーマ ことわざ

豪奢を尽くした酒宴。一番肝心なことが嫌い。人は交わる友によって善悪いずれにも感化される。須弥山と丈競べ・・・比較にならない。須弥山は、仏説で世界の中心にある大きな山。春秋に富む・・・年が若く、将来が長い事。正直者が馬 ... » more
テーマ ことわざ

始めは盛んで終りがふるわないこと。世の中の物事は、あべこべではないかと思われることが多い事。下手な者が仕事の種類をえり好みすることのたとえ。福過ぎて禍生ず・・・あまり大きすぎる幸せは災いの基になる。無事これ貴人・・・つつ ... » more
テーマ ことわざ

つまらぬものでも、ないよりはまし。多く集まれば、数の力が物を言う。うまい話が舞い込むことのたとえ。出会うのが容易でないこと。めったにない幸運に巡り合うこと。孟母三遷の教え・・・孟子の母が、わが子の教育の為に適した環境を選んで ... » more
テーマ ことわざ

善事を行えば天はこれに対して多くの福をあたえるものだ。互いに注意しあって善行に励むのは、友人の間柄として当然なすべきことである。よくよく考えてした事でも、一つ二つの手落ちはありがちなこと。千里も一里・・・遠い道も苦にならない ... » more
テーマ ことわざ

ばくちと相場は、一時に大金がもうかることがあるため、これにこったら一生やめられない止まらない。非常に危険な立場にあること。馬の耳に東風が吹く。人の言うことを聞き流して心にとめないことのたとえ。化けの皮をあらわす・・・隠してあ ... » more

金銭はこじきでも持っているのだから、金を持っていることは自慢にはならない。宿なしの犬。人のやせ衰えて元気のないことにたとえる。時は人の都合にかかわりがなく、刻々と過ぎ去ること。思案がつかずに首を傾けること。あとのことはお構い ... » more
テーマ ことわざ

逆らわないで適当に受け流すこと。得がたい機会だから、ここでその機会を利用すべきだ。ひと癖あるぐらいの人物が役に立つものだ。辛苦して学問を修めること。恋をすると耐えがたい心の重荷になること。キャンディーズVSピンクレデ ... » more
テーマ ことわざ

ぼちぼち亭雑記帳石橋を叩いて渡る
石橋を叩いても渡らない人がいる。石橋の叩き方を自慢している人がいる。石橋とは何かについて論じている人がいる。石橋をかるーく2,3歩で渡りきってしまう人は、そもそも石橋を叩かない。石橋を叩いて壊してしまう怪力がいる。石橋の ... » more

実生活に直接用のない事をしないで、実益のある仕事をせよ。好きな事のためには、身が痩せるほどの苦労をしてもいとわないということ。立身出世を望む功名心。また、俗世を逃れようという志。反っ歯に餅見せな・・・出っ歯はもちを食べるのに ... » more
テーマ ことわざ

人の一生は朝露のようにはかない。好きなことは上達が早いこと。たくさん食べられること。我が身をつんで人の痛さを知れ・・・自分の苦痛に引き比べて、人の苦しみを思いやれ。やれやれ・ただただことわざ続く ... » more
テーマ ことわざ

あてにならぬ約束のこと。どうなるのかまったくわからないこと。できるはずのないことのたとえ。言葉に物はいらぬ・・・口で言うだけなら、どんな親切そうな事でもいえる。錦上花を添う・・・美しいものの上に別の美しい物を加えること。 ... » more

値段の安い者は品質も悪いから、買っても結局は損である。自分の興味のあることは、人の迷惑をかまわずにすること。流行は一時的な現象で長続きしない。春に三日の晴無し・・・春の花時には雨の多い事を言う。髭の塵を払う・・・おべっか ... » more
テーマ ことわざ

平生の苦労から解放されて気ままに時を過ごすこと。年中楽しい気分で暮らすこと。思いがけない幸運に恵まれることのたとえ。自分のしたことで苦しむことのたとえ。若気の無分別・・・年が若いために冷静な判断ができないこと。また、その ... » more
テーマ ことわざ

ことわざの間違い探し。「美人なのに悪女の深情け」は誤り? ●●●★日本語★●●●問題:日ごろ何気なく使っている慣用句には、ときどき間違った使いかたをされているものがあります。故事に由来した言葉、あるいはことわざなどの使用法にも誤りが含まれていることがあります。では、次の表現はどこが間違いでしょ ... » more

諺・慣用句の書取問題。「スイホウに帰す」のスイホウはどう書くの? ●●●★日本語★●●●問題:漢検2級程度の書き取り問題です。次の諺や慣用句のカタカナ部分を漢字に直してください。[い]「人間万事塞オウが馬」[ろ]「スイホウに帰す」[は]「食わずギライ」[に]「カッシテモ盗泉の水は飲まず ... » more

気ままに言いたい放題すてる紙あれば
ひろう紙あり?????・・・・・・・神さま〜〜〜〜〜〜〜 ... » more

倫敦巴里早起きは三文の徳
「早起きは三文の徳」。ATOKは「徳」で一発変換した。「広辞苑」にも「徳」とある。実は、これがよく分からない。「早起きは三文の得」だと思う人が多いだろう。そんなニュアンスがある。ちょっと物知りを自慢したい人などは「徳だよ ... » more

2課ではことわざについて勉強しましたね。教科書に出ていたのはこの7つでした。とんびが鷹を生む虎穴に入らずんば虎子を得ず君子危うきに近寄らず情けは人のためならず光陰矢のごとし覆水盆に返らず類は友を呼ぶも ... » more
テーマ ことわざ 宿題

黒猫137 ぼくんちの新しいことわざ。〜お母さんのしょぼしょぼ人生初×2〜 お母さんがこの間頭をカイカイしてました。こんにちは。下着柄黒猫ルナです。あのね、最近。お母さんとお父さんは久しぶりにデートに行ってきたのだわ。今日は ... » more

倫敦巴里坊主丸儲け・・・?
坊主丸儲け・・・広辞苑を引いてみた。「坊主は元手いらずで儲けるという意」とある。小学校の頃、こう言われるのが辛かった。神社の倅もいたけど、彼は言われなかったなあ。寺生まれ、は充分にイジメの対象だったように思う。我が坊主として ... » more

鍼灸徒然 秋の扇
夏を過ぎて、振り向いてもらえなくなった扇(うちわ)をわが身の境遇に喩えたことわざなんですって。さみしい。男に見向きもされなくなった女、とかですね、その反対も。さみしい。現代なら、秋の扇風機とか、秋のクーラー。本格的な秋を ... » more
テーマ ことわざ 季節

倫敦巴里忙中閑あり
どうした訳か、今年は蝉が鳴かないなぁ、と思っていたが、今日はガンガン鳴いている。今日、明日が寺では一番忙しいときといえるだろう。明日は、墓参りと、8月7日に厳修した施餓鬼の塔婆を取りに来る人、お墓の管理費を払いに来る人が「次から ... » more
テーマ 子供 ことわざ

慣用句・諺の問題。「山の芋が鰻になる」ってどんな意味なの? ●●●★日本語★●●●問題:夏が真っ盛りになってきました。だからというわけではありませんが、夏においしい食べ物にまつわる慣用句の問題です。次の慣用句・諺の説明で正しいものはどれでしょうか?[い]「夏の虫、氷を笑う」とは、見識が狭いこ ... » more

倫敦巴里「急がば回れ」
他人の運転する車に乗る機会が多いけれど、運転するのに、人は大きく分けて2種類の人間がいる。それは、信号を避け、脇道ばかりをグイグイ走ってゆく人間と、そうでない人間である。私は、脇道に入るのは基本的に嫌だと思っている。友人に、 ... » more
テーマ ことわざ

無念無想の境地に至れば火さえ涼しく感じられる。即ち、いかなる苦難に遇っても、その境涯を超越して心頭にとどめなければ、苦難を感じない、の意。・・・by広辞苑。またこうもある。「禅僧快川が、甲斐の恵林寺で火刑に処せられ、端座焼死せん ... » more
テーマ ことわざ

いよいよ今ツアー〜シングル大全集!!〜が幕を下ろすわけですが、今ツアーは個人的には、引きが悪く、チケ捌きまくりでけっきょく、小春ちゃん加入以来最少の一桁台での参加に納まってしまいますが、後悔はないですね。それだけ1公演1公演の楽しみ ... » more

のりのり BLOG“Igonorance is bliss”
しらぬがほとけ・・・・ものごとはすべて、真実や真相を知らなければならないということはありません。本人に知らせない方がよい場合もありますから、周囲の人が詮索などしない方が万事うまくいくということがあるのです。 ... » more
テーマ ことわざ 無知 英文

のりのり BLOG"Seeing is believing"
" 百聞は一見に如かず"人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうが確かであり、よくわかる。今この日本では、情報や流通が発展して、自由に何でもできるようになってきている。実際に手に取らずに ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 07:14

「ことわざ」のブログ関連商品

» 「ことわざ」のブログレビュー をもっと探す

「ことわざ」ブログのユーザランキング

山田 1 位.
山田

テーマのトップに戻る