誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ことわざ

ことわざ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ことわざ」のブログを一覧表示!「ことわざ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ことわざ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ことわざ」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ロボットのつれづれ日記始動!
始動! ロボット家の元日は、朝食を済ませて一休みすると、お参りに行きます・・・、と、云っても初詣ではなく、墓参りからスタートします。何年も前からの“ブロ友”の方々には「聞き飽きた!!」と言われてしまうかもしれませんが、ご勘弁を願います。(笑 ... » more

K君、幼稚園のクリスマス会 娘からの電話がロボットのケイタイに鳴ることは殆んどない。通常は家内の方への発信で足りるからだ。父親の方に電話がないからと、ひがんでいる訳ではなく、父親には理解しにくい「母親と娘の関係」によって築かれた太いパイプのようなものが ... » more

声優の福井裕佳梨さんのブログに『立てば芍薬座れ牡丹、歩く姿は百合の花』と言う記事が載っていた(12月24日付)。多分、ミスタッチだと思う。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」が本来の形。美人の立ち振る舞いを花に例えたものである。オジ ... » more

【歯が立たない】硬くて噛めないこと。そこから、相手が強くて対抗できないの意。【歯がゆい】思うようにならず、もどかしい気持ち。【歯ぎしりをする】歯を強くかみ合わせて音をたてること。転じて、くやしい様子。 ... » more
テーマ ことわざ 格言

【白い歯を見せる】笑顔を見せ、心を許すこと。【唇歯輔車(しんしほしゃ)】「輔」はほお骨、「車」は歯ぐき。相互の利害が密接で、一方が亡びれば他方も立ちゆかないような関係のたとえ。【切歯扼腕(せっしやくわん)】歯 ... » more
テーマ ことわざ 格言

ぼんやりしていたら「あぁ〜!ほんとそうね」って思えることが浮かんだ。それは人って好きになるときは一瞬。たった一つのことで好きになっちゃう。髪型とか、笑顔とか、話し方とか。まさに「あばたもえくぼ」状態。 ... » more

倫敦巴里七転び八起き
七転び八起き 寺の門前に結構付き物の「門前法語」というもの。これはここで何度か取り上げさせていただいてる、同教区の花蔵院さんのもの。車で通り掛かる時など楽しみにしている。この前が丁度信号なので、停車中に見させていただいたりして、ちょっ ... » more

空の彼方ひねくれ者? 物?
ひねくれ者? 物? ひまわりも日差しに背向け反抗期ヒマワリは、常に太陽に向かって首を振ると言いますがこれは花開くまでの蕾の期間だけなんですね開花すると、どっしり首を据え動かない ... » more

橋の下〜植物の群生/ことわざ「連歌師が露の字を質に置く」 【橋の下〜植物の群生】台風18号は宮崎を少しかすめる程度で、ほとんど影響がなく通り過ぎようとしてます。一安心ですが、明日には近畿以北に上陸の恐れがあるようです。これは少し前に、宮崎市の大淀大橋の下で偶然見つけた植物の群生です。ど ... » more
テーマ ことわざ 橋の下〜植物の群生 連歌師が露の字を質に置く

空の彼方天高く・・・・・
天高く・・・・・ 天高く馬肥ゆる秋と申しますが!??「天高く」は、理解できる。秋になると、気温が下がり空中の水分が減少し、透過率が上がるため空が遠くに感じるからですね。では、馬も肥るのか?? ... » more

調べてみたら沢山あったので、参考までに。色んな表現があって、中々興味深いですねw【奥歯に剣】敵意をいだきながら表面に出さないこと【奥歯に物のはさむ】思うことを率直に言わないで、どこかにおもしろくない気持ち ... » more
テーマ ことわざ 格言

実はこの句に上の句がありました。谷川の瀬々を流るる栃がらも身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれこれでやっとわかりました。巷間、下の句ばかりが強調され、この教訓歌は、決死の覚悟をもって努力すればこそ救われる、と教えられ ... » more

昔から伝わる、ことわざ。ここには人生の知恵が詰まっています。世に自己啓発本は多々あれど、数あることわざを実践できてさえいれば、それで充分なんじゃないかと思うときもあります。ということで、いろんなことわざ、あと名言とかも取り上げて ... » more

空の彼方ことわざ
食べてすぐ横になると牛になる小さいころ、今は亡きばあちゃんに言われました。これって、ホント?そんなわけないよね〜見た目に行儀悪いからだよね。本当は横になったほうが良い ... » more

還暦の繰言占い師の日常 648
仲道郁代さんという美人ピアニストがいます。もうママさんになっちゃいましたけどね^^ で、その人がこんな言葉を 「朱に交わって、もっときれいな赤になろう」 面白いなと思いました。 エネ使いも、あっちゃこ ... » more
テーマ 日記 ことわざ

百度参り 百度参りは、一度の参拝ではなく何度も参拝することでより、願いが成就するようにと願ったものである。元は、近くの神社や社寺に、百日間毎日参拝するというもので、これを百日詣という。それが簡略化され、また、百日もかけていられ ... » more
テーマ ことわざ

問:◆に漢字一字を入れてことわざを完成させなさい。@◆いものには巻かれろA弘法にも◆のあやまりB人の口に◆は立てられぬCまかぬ◆は生えぬD亀の甲より年の◆E◆の上にも三年F◆の耳に念仏G立つ◆あとをにごさ ... » more

ダンマパダ121、122悪の結果は私には来ないだろうと悪行を軽視してはいけない水滴の落下によって水瓶が満たされるように少しずつ積み重なって愚か者は悪に満たされる(121)善の結果は私には来ないだろうと ... » more

方角の吉凶にとらわれる迷信家は、ついには家をつぶしてしまうという意味。弱者に同情して声援する感情。判官は九郎判官源義経の事。乾魚を売る店にはいったようだ。悪人と交際すれば悪に染まることのたとえ。暴虎馮河の勇・・・トラを手で打 ... » more
テーマ ことわざ

ひいきをしすぎて、かえってその人を不利な目にあわせること。負け惜しみで強がりを言うこと。ひかれ者は罪を犯して引き立てられて行く者。利益のある所には人が集まること。比丘尼に笄・・・不必要な物のたとえ。笄は髪をかき上げるのに用い ... » more
テーマ ことわざ

放蕩者に意見をしても効き目がないが、遊びに財産を使い果たし、放蕩ができなくなれば、だれが意見しなくても、放蕩は自然にやむものであるという意味。いくらしてやりたいと思っても、持ち合わせがなければしてやれない。資力が無くて援助してや ... » more
テーマ ことわざ

老いた英雄がなお元気を失わないでいること。骨折ってみても効果がないこと。人間の命数は、老人が先に死んで若い人が後で死ぬものとは限らないこと。蠟燭は身を減らして人を照らす・・・自分の身を犠牲にして他人の為に尽くす ... » more
テーマ ことわざ

英雄は女色を好む傾向が強い。交わってためになる友人には、正直、誠実、博識の三つがある。易者は他人の運命を占っても、自分の身の上については知らない。得手に帆・・・待ち設けた機会が到来し、これを利用すること。江戸っ子は五月の ... » more
テーマ ことわざ

一方で得るところがあれば、他方では失うところがあるというたとえ。ある事で負けたら、その事にくよくよせず、別の事で勝って取り返せばよい。日ごろは不信心な者も、何か身辺に急難が起こると、仏の足元にひれ伏して助けを求めるものだ。 ... » more
テーマ ことわざ

心のありたけを傾けて考えること。競争に負けた者は、その競争についてとやかく論ずる資格はないという意味。一歩も退くことの許されない絶体絶命の立場で対決すること。吐いた唾は呑めぬ・・・一度口から出したら、取り消しても間に合わない ... » more

よい事のあった後では、悪い事がありがちだ。思ったことをすぐ口に出さないで、よく考えてから言え。口で言う事は誰にでもできるが、実行はむずかしい。家は狭かれ心は広かれ・・・生活は質素に、心は平らかに広く持て。生き馬の目を抜く ... » more
テーマ ことわざ

争いの仲裁人は、その時には氏神のようなものであるから、仲裁人の調停に従うべきものである。女が男に向かって別れ話を持ち出すのは、金が思うようにもらえないため、嫌気がさすのが主な原因である。ある人をすっかりいやになってしまうこと ... » more

衰えたものが再び栄えること。木は若木でないと曲らない。人も若いうちになおさないと一生治らない。若いうちは口うるさい女房だと思っていたが老年になって女房のありがたさを知った。追風に帆を上げる・・・好条件に恵まれて物事を行う ... » more
テーマ ことわざ

部下または日ごろ目をかけてやっていた者から害を加えられること。敗戦の屈辱。シナの春秋時代に越王が呉王と戦って屈辱的な講和をした故事による。臣が主君にいとまを願うことで、辞職を願い出ることを言う。 ... » more
テーマ ことわざ

前人の失敗が後の人のいましめになること。他人のことに奔走して、自分のことはお留守にすること。また、意外な失敗をすること。荒神はかまどの神。物事から解放された屈託のない心持ち。巧遅は拙速に如かず・・・巧みであっても仕事の遅 ... » more
テーマ ことわざ

 

最終更新日: 2016/12/10 07:16

「ことわざ」のブログ関連商品

» 「ことわざ」のブログレビュー をもっと探す

「ことわざ」ブログのユーザランキング

山田 1 位.
山田

テーマのトップに戻る