誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アメリカ経済

アメリカ経済

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アメリカ経済」のブログを一覧表示!「アメリカ経済」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アメリカ経済」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アメリカ経済」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

◇ 雇用者増加数が26倍に=アメリカ経済が再び明るさを取り戻した。米労働省が8日発表した6月の雇用統計によると、非農業雇用者の増加数は28万7000人。事前の予想を10万人以上も上回って、関係者を驚かせた。下方修正された5月の増加数1万10 ... » more
テーマ アメリカ経済

英国EU離脱、EUの崩壊より…アメリカの経済崩壊を危惧!守銭奴ソロス氏(投資家)安倍日本も同様だろう 英国EU離脱、EUの崩壊より…アメリカの経済崩壊を危惧!守銭奴ソロス氏(投資家)安倍日本も同様だろう!日本経済、年金の危機…失敗のアベノミクスに加えて世界的衝撃!金にシフトしたソロスの懸 ... » more
テーマ アメリカ経済 英国EU離脱 年金

◇ 焦点は6月の雇用統計に=イエレンFRB議長は6日、フィラデルフィアで講演し、5月の雇用統計について「がっかりする内容だった」と率直な感想を漏らした。ただ同時に「アメリカ経済は個人消費に改善の兆しが出ており、GDP成長率も上向く」「したが ... » more
テーマ アメリカ経済

◇ 失業率は大幅に低下=アメリカ労働省が先週3日に発表した5月の雇用統計は、市場関係者に大きな衝撃を与えた。非農業雇用者の増加数が、わずか3万8000人に激減したからである。たとえば前年同月の増加数は27万3000人。それが経済成長に必要と ... » more
テーマ アメリカ経済

汗牛充棟.com小原敬士 『ヴェブレン』
小原敬士 『ヴェブレン』 以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。 ... » more
テーマ アメリカ経済 アメリカ社会 ヴェブレン

ジョンケネスガルブレイス 『満足の文化』 以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。 ... » more
テーマ アメリカ経済 アメリカ社会 現代社会

◇ FRBも読み間違え=アメリカ経済の行くえに立ち込めた霧が、だんだん濃くなってきた。いちばん際立っているのは成長率の低下。1−3月期の実質GDP成長率は、ついに0.5%にまで鈍化してしまった。昨年4−6月期の3.9%から、直線的な低下が続 ... » more
テーマ アメリカ経済

ビルトッテン 『日本は悪くない』 以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。 ... » more
テーマ アメリカ経済 貿易摩擦 アメリカ社会

エマニュエルトッド 『帝国以後』 ★おススメのネット本スーパー 『honto』です!書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。更に会員になると、毎月10%あるいは ... » more
テーマ アメリカ経済 世界支配 メディア

◇ 強すぎる?雇用統計=米労働省は先週末、5月の雇用統計を発表した。それによると、最も注目される農業を除いた雇用者数は前月比で28万人の増加。事前の予想を大幅に上回って、関係者を驚かせた。その結果、FRBによる政策金利の引き上げ時期が近づい ... » more
テーマ アメリカ経済

邱永漢、渡部昇一 『アジア共円圏の時代』 ★おススメのネット本スーパー 『honto』です!書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。更に会員になると、毎月10%あるいは20%の ... » more
テーマ アメリカ経済 闇の権力と戦う男 日本の国力

「自動車の都」米国デトロイト市の“破綻(はたん)”が世界中に波紋を広げている。負債総額は180億ドル(約1兆8千億円)で自治体の財政破綻としては米国史上最大だ。この騒動はアメリカの「貧富の格差拡大」の象徴であると、ブルームバーグ・ニュース・ ... » more
テーマ アメリカ経済

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4333320.htmlお久しぶりです・・・今まで気持ちが動かなかったのが、今日あたりからまた少しむ ... » more

◇ 製造・小売り業も雇用が減少=アメリカの雇用回復が頭打ちになった。労働省の発表によると、5月の失業率は9.1%で前月より0.1ポイント悪化。農業を除いた雇用者数も5万8000人しか増えなかった。非農業雇用者数は過去3か月平均で22万人増加 ... » more

◇ 改善したのか悪化したのか=雇用者数が大幅に増えたのに、失業率は上昇してしまった――アメリカ労働省が発表した4月の雇用統計は、こんな結果となっている。雇用者数の増加は、アメリカ経済の順調な拡大が続いている何よりの証拠。だが失業率の上昇は、 ... » more

◇ 雇用者が増え、失業者は減ったのに=アメリカ労働省の発表によると、10月の失業率は9.6%で前月と変わらなかった。依然として高い水準が続き、アメリカ経済が不況から抜け出せずにいることを示している。オバマ大統領も「失業率は受け入れがたいほど ... » more

アメリカで中間選挙が行われ与党である民主党は下院で歴史的大敗をしたとのことです。上院ではギリギリといっていいほど厳しい戦いで過半数になったようです。オバマ大統領に対する期待があまりにも大きかっただけに、期待を裏切られたという怒りが逆 ... » more
テーマ アメリカ経済 アメリカ中間選挙 円高

◇ 2年間で8割超す高騰=金の先物相場が、とうとう1トロイオンス=1300ドルに到達した。ニューヨーク市場の金相場はこのところ連騰、28日には1309.2ドルとなって史上最高値を更新した。年初来の上昇率は19%、08年11月の安値からみると ... » more

経済 らくらく 塾今週のポイント
アメリカでは先週、住宅関連の指標がずらりと発表された。いずれも8月の数字で、着工件数は前月比10.5%の増加。販売件数は新築が前月並み、中古が7.8%増加だった。まだ水準自体は低いが、底入れの感じは強い。ダウ平均も週間252ドルの値上がりと ... » more

◇ 戦後最長の後退だった=サブプライム・ローン問題に端を発したアメリカの景気後退は18か月間続き、戦後最長だったことが確定した。NBER(全米経済研究所)の発表によると、景気の山は07年12月、谷は09年6月。これまで最も長かった景気後退は ... » more

経済 らくらく 塾今週のポイント
焦点はやはり円相場の動き。先週は15日の単独介入で、円の上昇にいったんは歯止めがかかった形。相場は1ドル=85円台の後半にまで戻している。このため日経平均も週間387円値上がりして、週末には40日ぶりに9600円台を回復した。こうした動きが ... » more

◇ 3か月間で順位が大逆転=ことし1−3月期の実質成長率は前期比の年率換算で、日本が4.4%、アメリカが3.7%、EUは0.7%だった。それが4−6月期には、EUが4.0%、アメリカが2.4%、そして日本が0.4%と、順位は全く逆転した。逆 ... » more
テーマ アメリカ経済 EU経済 日本経済

◇ ギリシャ問題で輸出が大幅増!=アメリカの経済成長も目立って減速した。米商務省の発表によると、4−6月期の実質成長率は年率換算で2.4%だった。1−3月期の3.7%からは低下したが、日本の4.4%⇒0.4%に比べれば減速のスピードは緩やか ... » more
テーマ 成長率 アメリカ経済 EU経済

経済 らくらく 塾今週のポイント
今週も円相場の動きが焦点。先週は1ドル=84円台に突っ込み、15年ぶりの高値を記録した。政府や日銀も慌て出したが、口先介入ぐらいでは効果がない。今週も円高の方向で推移するだろう。円高に加えてニューヨークの株価も大幅に下げたことから、日経平均 ... » more

◇ 追加対策は議会で難航=リーマン不況に直面したオバマ大統領は昨年春、総額8620億ドル(約73兆円)にのぼる景気対策法を成立させた。所得減税や新車・住宅の購入減税、高速道路の改修、代替エネルギーへの開発投資などが中核。ところが、その景気刺 ... » more

◇ 雇用の減少に手を打てず=アメリカ労働省が発表した7月の雇用統計。失業率は9.5%で前月と変わらなかったが、農業を除く雇用者数は13万1000人の減少となった。景気の回復を反映して1−5月は増加を記録していたが、6月は22万1000人の減 ... » more

◇ 再上昇は期待できるのか=“踊り場”というのは、階段の途中にある平らな板である。だから階段の場合は、踊り場の先はまた上りの階段が続く。しかし景気の場合は、そういう保証がない。再び上りになるかもしれないが、下りになってしまうこともある。日本 ... » more

◇ 日本の景気回復も一休み?=日本の景気回復テンポも、ここへきてスローダウンしている。経済産業省の発表によると、6月の鉱工業生産は前月比で1.5%の低下となった。5月もわずか0.1%の増加だったが、とうとう4か月ぶりのマイナスに落ち込んでし ... » more

◇ 雇用統計に集まる目=アメリカ経済の拡大テンポが、目に見えて鈍ってきた。米商務省が発表した4−6月期のGDP速報によると、年率に換算した前期比の実質成長率は2.4%だった。4四半期連続のプラス成長にはなったものの、1−3月期の3.7%から ... » more

◇ 視界不良のアメリカ経済=アメリカ経済の行く手が、にわかに霞んできた。直接のきっかけは、雇用と住宅の回復が頓挫してしまったことにある。もともと生産や消費あるいは企業業績などに比べると、雇用と住宅の回復は遅れ気味だった。ここへきて、それがや ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 04:31

「アメリカ経済」のブログ関連商品

» 「アメリカ経済」のブログレビュー をもっと探す

「アメリカ経済」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る