誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    尊厳死

尊厳死

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「尊厳死」のブログを一覧表示!「尊厳死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「尊厳死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「尊厳死」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

様々な意見があるかと思います、あなたはブリタニーさんの選択をどう思われますか?米国で、脳腫瘍により余命半年と診断され、「尊厳死」が合法化されているオレゴン州に転居したブリタニー・メイナードさん(29)が、インターネットで予告した ... » more
テーマ 尊厳死 ブリタニー・メイナード オレゴン州

中学生の方から尊厳死と安楽死の違いについて質問がありましたのでご紹介します。尊厳死とは、患者が「不治かつ末期」になったとき、自分の意思で「延命治療」をやめてもらい、安らかに、人間らしい死をとげることです。 尊厳死は安楽死と混 ... » more

ケボルキアン博士は、ミシガン大学卒業後病理学担当の医師として勤務し、「難病で苦痛以外に生きる方途が見出せない患者が安楽に死ぬこと」「苦痛に悩みながらも避けられない死を決意する人の意志を尊重すること」を社会が認めるように、カウンセリングに基づ ... » more
テーマ 尊厳死 ケボルキアン博士 ホスピス  コメント(1)

尊厳死・安楽死の提唱者で、現実にコレを実行した医師として矯正収容所(刑務所)に服役中のKevorkian氏が、腎臓疾患などのため病院へ移動したと報じられています。http://detnews.com/article/20 ... » more
テーマ 尊厳死 Dr. Jack Kevorkian 安楽死

最近の相談で、ガン宣告を受けたり、先々の心配として病院で体中にチューブを付けられて何ヶ月も苦しい思いをさせられないようにしたいとのご相談を受けることがしばしばあります。が、これは難しい問題です。医師に対する説得性と医師の側の訴訟リスクへの考 ... » more
テーマ 尊厳死 終末期医療 延命拒否

集中治療室での入院生活が始まりました。妻は口から人工呼吸器のチューブを挿管されていました。この時点ですでに弱いながら自発呼吸も始まっていたようです。点滴や導尿のチューブも付けられていて、まさに植物状態でした。それから昼ごろだったでし ... » more
テーマ 病院 尊厳死 経緯

「団塊世代の尊厳死終末期医療を考える」について「死に際の美学」尊厳死かって「死に際の美学」など考える必要がありませんでしたが・・医療の高度化の時代にあっての超高齢者社会、「延命治療」で10年20年は「生きてしまいます」、 ... » more
テーマ 尊厳死 終末期医療 死に際の美学  トラックバック(1)

厚生労働省が「尊厳死指針骨子」を纏めつつあるとの報道がありました。医療技術が高度化した時代に超高齢者社会を迎えるわけであり、「終末期医療」や「尊厳死」の扱いは重要と考えています。この機会に一言述べます。尊厳死の尊重本人が ... » more
テーマ 尊厳死 尊厳死宣言公正証書 終末期医療  トラックバック(6)

尊厳死と安楽死。ふたつの違いがわかりますか? ●●★●●●●問題:「延命中止判断は拙速、富山県警が病院の関係者聴取」(YOMIURI ON LINE 060327)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060327i307.htm? ... » more

お家に帰ってきて、テレビのニュースで尊厳死反対って、障害者の団体が?米人君的には、尊厳死も有りかなーって思っている。米人君は直接的に人の死って立ち会ったことは3〜4人かな、その時も病院の先生が「明日までもてるかどうか分かりません ... » more

我、思う。尊厳死。
一昨年、祖母が亡くなった。94歳だった。(大往生!)完全看護の特別老人ホームに入っていた。祖母は生来のお嬢様気質で、わがままに育ってきた。父を始め、子供達は皆、祖母のわがままを受け入れる人生を選んだ。(つまり、我慢する訳です。) ... » more
テーマ 尊厳死

 

最終更新日: 2016/12/03 04:28

「尊厳死」のブログ関連商品

» 「尊厳死」のブログレビュー をもっと探す

「尊厳死」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る