誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    こよみ

こよみ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「こよみ」のブログを一覧表示!「こよみ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「こよみ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「こよみ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

suchowan's blog二四六九士
月の大小を覚えるごろ合わせで「西向く侍(二四六九士)」というのがあります。では江戸時代に平年で小の月が二四六九士だった年があるのでしょうか?ちょっとスクリプトを書いてみました。require 'when_exe' ... » more
テーマ こよみ when.exe

suchowan's blogISO 8601 改訂
http://calndr-l.10958.n7.nabble.com/ISO-8601-under-review-td17037.htmlhttp://www.iso.org/iso/home/store/catalogue_ics/ ... » more
テーマ こよみ when.exe

suchowan's blog時代考証(続き)
2016-08-08 時代考証の記事を書いた際に、「昔すごいのを読んだな」というのを思い出して、今回再確認してみたのが、『銭売り賽蔵』(集英社文庫)冒頭の文章が、>明和二(一七六五)年五月十七日の昼下がり。 ... » more
テーマ こよみ

「第5回天文学史研究会」集録PROCEEDINGS OF THE FIFTH SYMPOSIUM ON“HISTORY OF ASTRONOMY”2016年3月25日・26日於:国立天文台Edited by Mitsuru ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog山の日
今日は初めての「山の日」Wikipedia によれば、2014-05-23 参議院本会議で可決↓2016-08-11 今日と、ずいぶん時間的余裕があります。いろいろ先行して準備をしなければならないこと ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog定朔法での閏月の偏り
2015-09-30 区間分割法(続き)のスクリプトを少し変更して定朔法での閏月の分布を計算してみました。require 'when_exe'include Whendate= tm_pos(1797,1,1, fr ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog時代考証
最近『真田丸』の紙オムツが話題になった際に「本能寺の変の夜に月が出ていた」というのが、一緒に話題になったようです。リアルタイムで視聴していなかったので気が付きませんでしたが、録画を確認してみると、1月31日の回の41分19秒 ... » more
テーマ こよみ 雑記

2033年問題に関連して俎上に挙がっている(→資料)置閏ルールが用いる「計算式」のうち“太陽の黄経”に何を使うか整理しておきましょう。❷ 時憲暦❸ 天保暦+冬至優先直接利用する情報は国立天文台 ... » more
テーマ こよみ 2033年問題

suchowan's blog条件(7)
条件(7) 一昨日の条件(7)|(7)閏の前後の二至および二至二分を含む暦月の番号が平年とずれてはならない。先に「二至」に言及しているので「および二至二分」ではなく「および二分」で良いのでは…と感じるかもしれません。しかし、 ... » more
テーマ こよみ 2033年問題

2016-07-15 アルゴリズムと計算式の分離の条文の整理の続きです。任意の整数nというのが出てくるのはわかりにくいかもしれません。“月の位相”“太陽の黄経”“地球回転角”を暦計算用に別途定義するものとして★時憲暦 ... » more
テーマ こよみ 2033年問題

暦定数表に2016-07-19 回回暦が基づいた観測2016-07-22 二均差を反映しました。2016-05-03 『暦の大事典』暦定数表(続き)の課題のうちひとつが片付いたわけです。 ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog二均差
2013-01-30 イスラームの場合で、二均差の発見者について、| 1) アブー・アルワファー(Abū al-Wafā’, 940-997/998) … 二均差| 1) は荒木俊馬『現代天文字事典』ではティ ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog昔の学者さんは偉かった
2015-09-19 『日本暦日原典』関連> 殊に7000年に1日の差という間違いは、吉雄の計算違いがそのまま使われている。> 実際は1900年以降で計算すると、グレゴリオ暦法では2621年ほどで1日違う勘定&g ... » more
テーマ こよみ 2033年問題

「消長法の研究(I)」の貞享観測精度への言及 「消長法の研究(I)」p.84> この頃になると,授時消長法による値とニューカム値との間には多少の開きが生じているが,> いずれも貞享観測の精度の範囲内にまたがり,渋川春海の観測からは,はっきりした結論的数値&g ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog回回暦が基づいた観測
2016-05-03 『暦の大事典』暦定数表(続き)での、| 特に回々暦の中心差の元になった観測が、いつ・だれによる| ものかを記載したいものだと思っています。について、Beno van Dalen(2002)“Isla ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog祇園祭山鉾巡行
>「前祭」・「後祭」山鉾巡行についてhttp://www.kbs-kyoto.co.jp/gion/sakiato/祇園祭山鉾巡行は一昨年より日程がかわり、山鉾巡行は「前祭」7月17日「後祭」7月24日となった ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blogCC-YY(続き)
2016-07-07 のCC-YYの続きCC-YY方式では暗算ができるべきと書きました。グレゴリオ暦 (0FromCE500 (0[1]になっています。余裕があると、現時点では正確に予測できないズレが将来蓄積した場合 ... » more
テーマ こよみ

昨日の書き方で、2016-07-01 「未来の太陰太陽暦」を表現すると、(1)“月の位相”が360n度となる時刻を朔とす。(2)“太陽の黄経”が30n度となる時刻を中気とす。(4)暦月は朔に始まる。(5)暦元の年の冬至を ... » more
テーマ こよみ

2016-07-06 リニアなルールの意義| “暗算”で判断できないほどルールが複雑になるのであれば、どうせ計算機を使うのでリニアか| どうかで人間の手間は変わりません。そういう状況では最早リニアかどうかにこだわらなくても| ... » more
テーマ こよみ

回帰年と朔望月(さらに補足) 国立天文台の暦Wiki「平均軌道要素」に Simon, J. L. et al.(1994) に基づいた計算式が紹介されていると教えていただきました。これを使って計算してみると 〜〜〜 以降のようになります。( Solar, ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog回帰年と朔望月(補足)
昨日の計算には補足すべきことが多々あります。★回帰年具体的な大きさを比較すると分かりますが T の2次項は Precession の方が Earthよりも遥かに大きく、Solar の T の2次項は大部分 Precess ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog回帰年と朔望月
回帰年と朔望月 Wikipedia採用値について 2016-07-04 平均黄経(続き)の類の計算を原典に遡って計算してみました。★回帰年日本語版・英語版ともに、t を地球時2000年1月1日0時を起点(元期)としたユリウス世紀として、 ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog次の閏秒
>うるう秒が2016年末に挿入され、12月31日23時59分60秒が生まれることにhttp://gigazine.net/news/20160708-leap-second-will-be-added/一年半ぶりということ ... » more
テーマ こよみ when.exe

『パリティ』7月号の標題の論文光格子時計に至るまでの歴史的・技術的変遷から、今後の秒の再定義に向けてのマイルストーンまで、俯瞰して綺麗にまとめられています。最後の課題が 10-18 を超える精度[1]を必要とするニーズの ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blogCC-YY
昨日の議論、| 春分の日を固定するという観点から見ると、閏年の配置を4年目・5年目と混在させる方式に| 比較して日付のゆらぎは大きくなります。の「混在させる方式」の具体例として、33年に8回閏年を置くパターンがあります。 ... » more
テーマ こよみ 普遍単位系

suchowan's blogリニアなルールの意義
もともとの現象がノンリニアなのに[1]リニアな暦法を選択する意義に何を求めるか…というのは、何を重要視し何を重要視しないか人それぞれの判断基準が多様である以上、「これが正解だ」というものはありません。私の場合は、 ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog平均黄経(補足)
昨日の記事、参照元の「2621年ノ後一日」の謎を読まないで、グレゴリオ暦は2620年で一日ずれると受け取る人が出る危険に気づいたので、ちょっと補足します。注意しなければならないのは、昨日の[A][B]と2016-07-01 「未 ... » more
テーマ こよみ 普遍単位系

suchowan's blog平均黄経(続き)
2012-08-19 「2621年ノ後一日」の謎で、| 暦表時の定義に用いられた 太陽の平均黄経(L)と時刻(T)の関係式(Newcombの式):| L = 279°41'48".04 + 129602768".13 T + 1 ... » more
テーマ こよみ 普遍単位系

suchowan's blog平均黄経
一昨日の件で出てきた回帰年や朔望月の計算式は、もともと太陽や月の平均黄経を時間の関数として表した式があって、それを時間微分して逆数をもとめたものです。現代では天体の位置は各天体の質量と元期での位置・速度をもとに数値積分し ... » more
テーマ こよみ

suchowan's blog「未来の太陰太陽暦」
『天界』の2016年6月号の標題の論文を見てきました。私なりに整理すると…〜〜〜〜〜〜〜〜〜(1) 回帰年 365.24219040- 6.15 ×10-8t[365.241882900](2) 朔望月29.5305 ... » more
テーマ こよみ

 

最終更新日: 2016/12/05 14:39

「こよみ」のブログ関連商品

» 「こよみ」のブログレビュー をもっと探す

「こよみ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る