誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自叙伝

自叙伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自叙伝」のブログを一覧表示!「自叙伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自叙伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自叙伝」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

自叙詩 第12弾 “ パイアグラ ” あいつの汚れた 名刺の肩書き 手垢のコインが あいつのイカサマイリュージョン 公序良俗 裏金成金 札束束ねて あいつのゴム付きハレーション YEAHYEAHあいつへ贈るで ... » more
テーマ 自叙伝 パンク

“ ビール向上 ” ビール向上ビール向上 ビール向上ビール向上 ビールシャワービールシャワー ビールシャワービールシャワー ウォッカルームウォッカルーム ウォッカルームウォッカルーム ... » more
テーマ 自叙伝 ビール

“ αRomeomen ” 反旗を掲げメガホン集め バラック小屋に立てこもり 唸りを挙げた堪らねぇ最高の FightαRomeomen 盃交わし忠誠誓い 2004年師走時壁になぞった オン ... » more
テーマ 自叙伝

“ウイリー” 劣等頭の劣等頭の 半ぺらアンタに 半ぺらアンタに 18禁爆弾 18禁爆弾 プレゼントするで 猥褻 悶絶 絶頂 絶倫 宣誓君主の宣誓君主の 薀蓄アンタに 薀蓄アンタに ピンクのカーテン ... » more
テーマ 自叙伝 パンク

自叙詩 第8弾 “ 黄色いロケット ”グラマラスなメガトンボディ オイラ今夜も空飛ぶレッスン 弾けた肌から甘い蜜零し さらりと消えちまうアンタ眩いで その黄色いボディアンタのロケット 磨くでロケットオイラのロケット ... » more
テーマ 自叙伝 真紀

“ XYZ ”レザーを羽織り 尖った指先満ち足りた女の 今夜は舞台さ明日のことなど 吐き捨ててしまえ踊れ高らかに 笑い飛ばせ昔憶えた言葉を忘れ誰ひとりに優しくなれないよただ真夜中渇いた吐息潤すXY ... » more
テーマ 自叙伝 恵美

自叙詩 第6弾 “ 200マイル ” 忘れたはずの街背をそむけ列車に乗った 新しい景色と共に 昨日のおまえの姿が浮かぶ 何をしにゆくの こんな思いをしてまで あの時の言葉 巡る街並みに置き去りにされたまま Love ... » more

“ タイムマシーンに乗って ”貴女の未来は僕との未来は 七色の虹を放つタイムマシーンに乗って 触れてみたいな破裂間近の一番星をBABYBABYミラクルONTHETIMEBABYBABYミラ ... » more

“ OHCLYDE ” 今日も眠れない もう朝なのだろうか 静けさに耳を澄ませば 時計の音がやけに響く おまえとふたりで 毛布にくるまってたあの日 腕の中で眠っていた 長い髪は時の向こう いま ... » more

“ 紅いギター ”真紅のカーテンに突き射す明け方の太陽が茹だるようさそこには消し忘れたテレビがノイズ混じりに廃墟を映す来る日も明くる日もヒステリックなワイドショー鼻に吐く輩がうんちくを並べてしけた匂い ... » more
テーマ 自叙伝 ザ・バラックス

自叙詩 第2弾 “ 夜が終わらない街へ ”変わらない御日様に贈る夜に目覚める愉快なリズムをいま何時だAllright遊びに行こうほら耳を澄まし目を覚ませ夜中のテレフォンコール星がちりばめみんな起きてらかわ ... » more
テーマ 自叙伝 夜景

自叙詩 第1弾 “ エンジェル ” 真夜中を過ぎた ルート17僕の車はスピードを上げ君のもとへ向かう 過ぎた日々をひとつずつ数えていく度にこの胸をしめつける 真夜中を過ぎた ルート17 ... » more

ブログを始めて1年。ここ1週間体調を壊し、殆んど食事を取らずベッドに横たわっていました。久しぶりに筆を執ります。記念の日として、私のことを記録しておこうと思います。私は2008年2月に入院したのですが、「体力がないので治療できない。 ... » more
テーマ 自叙伝 メッセージ ちょっと一休み  コメント(1)

なをブログあおいくま コロッケ
母さんのあおいくまコロッケ著ものまねタレント、コロッケさんの自叙伝幼少時代貧困生活でも、あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな」頭の文字をとって「あおいくま」という、母の教え。すばらしい言葉ですね・・・ ... » more
テーマ コロッケ 自叙伝 あおいくま

起り得る最大の地震は? 私の学生時代(1971年)の地学の試験は、「地球上で起り得る最大の地震はいくらか?論ぜよ。」という問題でした。もう40年前で、どう解答したか憶えていません。原発の再稼動のことを考えていたら、『えぇ?地震ってどのくらいまで大きいのが起るんだっ ... » more
テーマ 自叙伝 ちょっと一休み 地震

今日もいいことありました?麗水万博が始まり、このブログでも紹介させていただきました。自叙伝「平和を愛する世界人として」に麗水に関する記述がありますので、ピックアップしてみます。(308〜310ページ)私は太平洋文明圏の中 ... » more

お小遣い総合研究所自叙伝
インターネットでお小遣い(ジェネシス)忘れもしない、思い出したくも無い。2008年10月、「リーマンショック」が発生。それまでも、決して良い状態ではなかった日本経済は大打撃を受けました。私は、「半導体」の工場勤め ... » more
テーマ 自叙伝 自叙伝(New)

自叙伝が高校の教科書に写ったことは偶然か?必然か? 今日もいいことありました?韓国統一教ホームページにある「自由掲示板」に「偶然か?必然か?」と題したスレッドが上げられていました。そのページはこちら(韓国語)。http://www.tongilgyo.org/tongil ... » more
テーマ 自叙伝  コメント(2)

私が十歳の頃、牧師である潤國大叔父の影響で、私たち一家は全員キリスト教に改宗しました。次姉と兄の精神的な病が按手祈疇を通して治癒したことから、猫頭山(標高三一〇メートル)のふもとにある徳興長老教会に入教し、熱心に信仰生活をしたのです。その時 ... » more
テーマ 自叙伝

私は人々の流れる涙をぬぐい、心の底に積もった悲しみを吹き払う人になりたかったのです。森の中に横になって鳥たちの歌声を聞くと、「あのさえずりみたいに、誰もが仲良く暮らせる世の中を築こう。一人一人の顔をかぐわしい花のように素晴らしくしてあげたい ... » more
テーマ 自叙伝

牛を愛せば牛が見える*目に入るものはすべてを知り尽くして初めて満足する性格だったので、何でも大まかに知ってそれで終わりということはありませんでした。「あの山の名前は?あの山には何があるのだろう?」という疑問が浮かぶと、必ず行ってみた ... » more
テーマ 自叙伝

私の人生の明確な羅針盤*私たちの本貫は全羅道羅州の東にある南平です。曾祖父文禎紘は高祖父文成学の息子で、三兄弟の末弟でした。曾祖父にも致國、信國、潤國の三兄弟の息子がおり、私たちの祖父は長兄に当たります。*祖父の致國は学校にも通 ... » more
テーマ 自叙伝

人に食事を振る舞う喜び私の目はとても小さいのです。どれほど小さいかというと、母は私を産んで、「うちの赤ちゃんには目があるのか、ないのか」と言って、わざわざ目を広げて見ようとしたそうです。すると、生まれたばかりの私が目をぱちぱちしたの ... » more
テーマ 自叙伝

私は物心がついてくると、「将来何になるのか?」という問題について熱心に考え始めました。自然を観察し研究することが好きだったので、科学者になろうかと考えましたが、日本の収奪に苦しめられ、日に三度の食事さえままならない人たちの惨めな有様を目にし ... » more
テーマ 自叙伝 訓読

父の背におぶさって学んだ平和私は生涯一つのことだけを考えて生きてきました。戦争と争いがなく世界中の人たちが愛を分かち合う世界、一言で言えば、平和な世界をつくることが私の幼い頃からの夢でした。そのように言うと、「幼い時から平和を考えていた ... » more
テーマ 自叙伝

本日、北朝鮮の金正日総書記が亡くなったとの報道がありました。真のお父様の自叙伝「平和を愛する世界人として」に金正日総書記に関する記述がありますので、ピックアップしてみます。(ページは第1刷を基準にしています)268ページ「主 ... » more
テーマ 自叙伝  コメント(2)

イキヌキブログ千秋 自叙伝
「不思議ちゃん」と題して発売される、千秋の自叙伝、事業家として成功している千秋ですが、40歳までには結婚したいと言ってます。どんなお金持ちが相手になるんでしょうかね。シャネルカンボンミディアムジッ ... » more
テーマ 自叙伝 不思議ちゃん 千秋

? タイトルなし ? 私の学生時代には、まだ電卓はありませんでした。その頃の計算は、計算尺を使っていました(50代までかな?)。<掛け算、割り算、平方根、立方根、三角関数、対数の計算ができます。>写真は表で、掛け算、割り算、対数の計算ができます。(裏 ... » more
テーマ 自叙伝 数学 サステイナブル・シティ

√の開き方 私の学生時代には、まだ電卓はありませんでした。その頃、平方根(√)は数表を使っていましたが、無いときは筆算で求めていました。その方法は□の中に同じ数g入るようにすること。小数点で、2桁ずつ区切ること。あとは割算と同じ ... » more
テーマ 自叙伝 数学 サステイナブル・シティ

大学3年の夏、大阪駅で夜行列車に乗り、北海道将棋行脚の旅に出た。二日目の午後函館駅に着き、調べておいた人(アマ4段:日本アマ名人で函館支部長)に逢うためにバス停を探したが、どのバスに乗ればいいのか解らず困った。キョロキョロしていたら ... » more
テーマ 将棋 自叙伝 サステイナブル・シティ

 

最終更新日: 2016/12/10 04:12

「自叙伝」のブログ関連商品

» 「自叙伝」のブログレビュー をもっと探す

「自叙伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る