誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    島崎藤村

島崎藤村

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「島崎藤村」のブログを一覧表示!「島崎藤村」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「島崎藤村」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「島崎藤村」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

木曽路〔きそじ〕はすべて山の中である。あるところは岨〔そば〕づたひ〔い〕に行く崖〔がけ〕の道であり、あるところは数十間の深さに臨〔のぞ〕む木曽川〔きそがわ〕の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入口である。一筋の街道〔かいどう〕はこ ... » more
テーマ 島崎藤村 周易ごよみ

昨日14日諏訪市で信州文芸誌協会総会がありその後作家大久保智弘氏講演「文学のゆくえ」があった。大久保氏は「水の砦」で第5回時代劇大賞を受賞し文壇デビュー。講演は日本の自然主義小説文学を代表する作品の一つで私小説の出発点に位置する作品 ... » more
テーマ 田山花袋 島崎藤村 大久保智弘

♪朝〜は、ふたたび〜♪こぉこぉ〜にあり♪朝〜は、われ等と〜♪とぉもぉ〜にあり♪今日のいのちの〜♪たぁた〜かいに〜♪装い〜せぇよ〜と♪さぁけ〜ぶかな〜♪おはようございます^L^東雲の空に朝日が輝いて気持のいい朝です。空 ... » more
テーマ 島崎藤村 周易ごよみ 詩歌

神石高原町暮らし夜明け前(7)
夜明け前(7) 今朝、6時55分、油木小学校グランドからの「夜明け前」です。今日は、覆われていた雪雲が何処かへ行ったようだ。グランドの芝には、薄く雪が積もっている。さむ―い。さて、「夜明け前」と言えば、島崎藤村の書き出し「木曾路はすべて山の中である ... » more

三鷹の一日懐古園を散策する
懐古園を散策する 小諸高校での模擬授業を終えたあと、まだ電車の出発まで時間があったので、小諸駅の裏にある懐古園を散策しました。懐古園を訪ねたのは、清里で勤務をしていた高校の受験合宿があり、その帰りに上田に史料調査に行く途中で小諸に立ち寄ったことがあり ... » more

島崎藤村エッセイより「日本の女性の教育は役だっていない」 掲題の話、「藤村文明論集」(十川信介編岩波文庫)が出ています。ただし、これはあくまでも明治時代の話、でも現代にも通づるところもあるので紹介します。「女性のめざめ」の章の冒頭、「女子と修養」の項です。藤村は女学校の教師をしていたこ ... » more

Hermes Angels No.201 の今月の作家に岐阜出身の「島崎藤村」が紹介されていました。小生、実は藤村ファンにつき一安心しました。と言いますのは、藤村の「私小説」的な作品の中には人間の心の負 or 闇的なドロドロしたとこ ... » more
テーマ 日本神道 島崎藤村 知的青春のすすめ

「収蔵は九十七歳になる父親を車に乗せて、漆の紅葉の始まった木曽路を下った。車に乗った時の父は上機嫌で、勝手に話をし続ける。」父親の昔話を聞くこと、何度もくり返される話も聞くこと。そして車に乗せて昔話にまつわる地を走ること、これが主人公、 ... » more
テーマ 島崎藤村 園原 鴨下信一

切手と文学白旗神社の左義長
白旗神社の左義長 いよいよ一月も最終日、あっという間の一ヶ月でした。少し遅くなってしまいましたが、一月の正月関連行事を一つ、紹介したいと思います。毎年1月14日には、近所の白旗神社で左義長が行われています。今年は14日が土曜日で仕事がお休みでしたので ... » more
テーマ 島崎藤村 左義長 白旗神社

きたのはじめの文章は一頁とこの号の中で一番短い。しかし極めれ重要な問題を含んでいると私は思う。書き出しは---「息子は障害者ではありません」先年、亡くなった、この母の一言によって、脳性マヒの私に、妙な力が出て、予想外の人生をこの ... » more
テーマ 島崎藤村 矢野武貞 中上健次

最初に切手に登場した「島崎藤村」 島崎藤村は文化人切手として一度切手になっていますが、それ以前にも一度切手に登場したことがあるのをご存知でしょうか。ただし、肖像ではなく、名前です。しかも、切手そのものではなく、切手のシートのまわりにある耳紙の部分です。 ... » more

藤村の「椰子の実」の小型印 昨日のブログで紹介した、島崎藤村の「椰子の実」。この歌をテーマにした切手が、日本の歌シリーズの第8集として1981年2月9日に発行されています。その時に使われた小型印に、藤村の詩碑が描かれたものを見つけましたので紹介したいと思います。 ... » more

小諸に藤村の足跡を訪ねて(3)椰子の実と藤村 小諸の懐古園には、藤村の詩碑が二つあります。今回はその一つ、藤村記念館の前にある「椰子の実」の詩碑を紹介したいと思います。明治31年、松岡國男なる23歳の青年が渥美半島の伊良湖岬を訪れ、夏の間一ヵ月半ほどをここで過ごしました ... » more
テーマ 島崎藤村 懐古園 小諸

小諸に藤村の足跡を訪ねて(2)「田中君」の実像が判明 小諸懐古園の中にある藤村記念館を、引き続き紹介いたしましょう。島崎藤村は明治32年4月、小諸義塾の講師として招かれ、この地にやってきました。記念館の前には、藤村の胸像が建っています。台座の背面に記されているように、こ ... » more
テーマ 島崎藤村 懐古園 小諸

小諸に藤村の足跡を訪ねて(1)いざ懐古園へ 先日、このブログで小諸懐古園のパンフレットを紹介し、ちょっとした謎解きを試みましたが(http://ikezawa.at.webry.info/201110/article_10.html)、先週末の軽井沢散策の折に小諸まで足を延ばし、その ... » more
テーマ 島崎藤村 懐古園 小諸

島崎藤村と懐古園〜「田中君」の謎 島崎藤村は、明治32年4月、信州北佐久郡小諸町にある小諸義塾に教師として赴任しました。この小諸義塾のそばには、小諸城の跡地である「懐古園」があり、藤村も学生を連れてたびたびここを訪れています。藤村の代表作の一つ、「千曲川旅情のうた」 ... » more

切手と文学仙台と島崎藤村(2)
仙台と島崎藤村(2) 仙台駅前にある藤村ゆかりの場所を、続けて見て行きましょう。平成16年、藤村が下宿した『三浦屋』の跡地が仙台駅東第二土地区画整理事業の中で藤村広場として整備されました。仙台駅東口から初恋通りを数分ほど進み、前回のブログでも紹介した塩釜 ... » more

時雨亭往還秋風の歌
秋風の歌 知り合いのナースの助言で、スポーツドリンクはやめて、ペットボトルに麦茶を入れて近所を散歩した。するともう、ススキが背を伸ばしている。暦通りに秋が来て、大震災の時は被災地に雪が舞っていたのに、あれから五ヶ月が経とうとしている。 ... » more

切手と文学仙台と島崎藤村(1)
仙台と島崎藤村(1) 8月6日から8日まで、仙台では大規模な七夕が開催されました。仙台と言えば、24歳の島崎藤村が単身赴任で一年ほど滞在していたことがあります。藤村が下宿していたのは、仙台駅とは目と鼻の先。現在、建物の痕跡はありませんが、以前訪問した際に、駅前の ... » more

島崎藤村の旧居探訪 大磯編(2) 前回に引き続き、大磯にある島崎藤村の旧居を紹介したいと思います。今回は、建物と庭を見ていきましょう。低い門をくぐり、母屋沿いに延びる飛び石を歩いていくと細い格子戸の正面玄関が見えてきます。建物保護のため、一般の見学者は内部に入ること ... » more

島崎藤村の旧居探訪 大磯編(1) 島崎藤村は、晩年を大磯で過ごしました。この旧居は、現在も残されており、自由に見学することができます。私の家がある藤沢からも比較的近いのですが、このたびようやく見学してきましたので紹介したいと思います。昭和16年(1941)1月14日 ... » more

切手と文学島崎藤村の墓探訪
島崎藤村の墓探訪 最近、島崎藤村の墓が我が家から意外と近くにあることがわかり、先日訪問してきました。近所と言っても、車で30分ほどの場所、JR大磯駅の近くです。6月28日から新湘南バイパスの無料化実験が始まったので、平塚大磯方面に出るのに、気軽に高速 ... » more

はなしのひろば椰子の実ひとつ
すてきな名曲です。日本の愛知県の海岸に流れ着いた椰子の実から、はるかな望郷の思いを叙情歌にしたものです。島崎藤村の詩です。 ... » more
テーマ 島崎藤村 叙情歌 椰子の実  コメント(2)

きょう10月30日は『初恋の日』だそうです。あの「初恋」の詩をつくった島崎藤村ゆかりの宿である中棚荘が制定した日だそうです。きょうは藤村の「初恋」を詠んで甘酸っぱい青春の頃を思い出しましょうか(照;初恋まだあげ初めし ... » more
テーマ 島崎藤村 周易ごよみ

きょうは旧暦の『七夕の節句』です。七夕には、7月7日の新暦の七夕、月遅れの七夕8月7日と、旧暦の七夕がありますが、ことしの場合は8月26日になります。芭蕉の句に、こんなのがあります:たなばたや秋をさだむる夜のはじめ『笈日 ... » more
テーマ 島崎藤村 周易ごよみ 七夕

今夕は旧暦の『七夕の節句』の前夜です。島崎藤村の詩集『夏草』にある『天の河二首』というのがあります。その最初の一首『其一七月六日の夕』というのがあります:其一七月六日の夕あすは思へばひとゝせに一夜〔ひとよ〕の秋の夕な ... » more
テーマ 島崎藤村 周易ごよみ

きょう8月22日は『藤村忌』です。詩人・小説家の島崎藤村が亡くなった日です。享年72歳。島崎藤村といえば、「名も知らぬ♪遠き島より流れよ〜る♪・・・」の『椰子の実』とか、「遠き別れに〜♪たえかねて〜♪」の『惜別の歌』、 ... » more
テーマ 島崎藤村 周易ごよみ 若菜集

りんご畑の樹の下に りんごのつぼみりんご”サンふじ”の枝に沢山のつぼみが付きました。りんごの花は、中心とそれを囲んで五つ、六つのつぼみが付きます。中心花が開いて、次に周辺の花が咲きそろうと、満開となります。まるで、葉っぱの座布団に六〜七花が円座している ... » more
テーマ 島崎藤村 りんごの花 花摘み

Mostly Flowers信州の古城ふたつ 篇
信州の古城ふたつ 篇 2008年10月9日(木)10月に入りました。1日は台風の影響もあり、雨が降って冴えませんでしたが、2日の木曜日から土曜日までは爽やかな秋空が続きました…と思ったら、5日(日)の午後から月曜日の午前中に掛けて雨、それが夕方近くになる ... » more

島崎藤村「夜明け前」 長野で仕事をしていると、島崎藤村の話題が良く出ます。小生は新潮社の日本文学全集に収録されている藤村作品しか読んでいなかったのですが、長野の友人が「夜明け前」を勧めてくれました。長編なので、早速他の本と平行して読み進めてきました。今日、読 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 03:25

「島崎藤村」のブログ関連商品

» 「島崎藤村」のブログレビュー をもっと探す

「島崎藤村」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る