誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    イタリア

イタリア

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: ヨーロッパ
テーマ「イタリア」のブログを一覧表示!「イタリア」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「イタリア」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「イタリア」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

JOE IVI ジョー・イーヴィ:Il tuo vero vestito ジョー・イーヴィのシングル曲です。Folleの前の歌ですが、これがすごくいい曲で、気に留めた人です。記事執筆:Letterina ... » more

名言集 ローマのテルミニ駅の書店で見つけた本。ラテン語の格言、名文句を集め、イタリア語訳をつけていて、2948もある。1日一つ読むと8年、週に一つだと56年間もかかるので、読み終えた時には死んでしまう、あるいは110歳だ。し ... » more

歩く トリエンナーレ美術館に合わせたような赤い千本鳥居が立つカドルナ広場 トリエンナーレ美術館に合わせたような赤い千本鳥居が立つカドルナ広場地下鉄カルドナFNMトリエンナーレ駅徒歩1分2016年9月21日(水) 歩く Piazzale Cadorna, ミラノ、イタリア駅1964年開業《拠 ... » more

JOE IVI ジョー・イーヴィ: Folle 1988年生まれ、本名マルコ・トノーニです。このビデオが初のオフィシャル映像です。いい歌手です。これからどうやって世に出て行くか見てみましょう。https://www.facebook.com/joeivimusic ... » more

Charles Aznavour シャルル・アズナヴール: Ieri si` 昨年93歳で、最後の日本公演を大成功に終わらせたフランスの大御所(もはや神の領域)、シャルル・アズナヴールのイタリア語のIeri si`です。イタリア語の楽曲も数多く歌っています。記事執筆:Letterina ... » more

9月18日にアップされたラジオ番組のニュース音声です。そろそろ何かのプロジェクトが動き始めているようです。記事執筆:Letterina ... » more

歩く 白亜の元修道院 ヴェネチア派作品を抱えるアカデミア美術館 白亜の元修道院ヴェネチア派作品を抱えるアカデミア美術館サンタ・ルチア駅徒歩22分2016年9月21日(水)歩く Campo della Carita, 1050, 30123 ヴェニス、イタリア入館料12ユーロ1817年設立 ... » more

スフォリアテッラ@オスピターレ Cara!Italia〜親愛なるイタリア〜@池袋西武オスピターレスフォリテッラ プレーン 300円/ シチリアレモン 380円何度かこんなのを食べたことがあって、サクサクでおいしかったんだけど、これはサク ... » more

今日のコレ。ジェラート
ジェラート Cara!Italia〜親愛なるイタリア〜@池袋西武ジェラートマエストロコンテストのノミネート品ダブル 600円ダ ルチアーノベリーレアチーズケーキこちらはクリーミー系味は名前通り(笑) ... » more

KK & Matteo Lotti : La Bella Vita ヒップホップのKKとマッテーオ・ロッティのコンビです。音声のみで映像が無いんですねえ。もったいない。ロッティは2013年にVoice of Italyに出演しています。番組ではネックのようなギター弾き語りのロック系アーテ ... » more

Ruggero de i Timidi :L'estate del reggaeton ルッジェーロ・デイ・ティーミディの最新ヒット曲です。本名アンドレア・サンブッコ、1975年北イタリアのウーディネ出身のコメディアンです。経歴では音大のピアノ科卒だそうです。この映像のオープニング、どこかで見覚えがあり ... » more

Stefano Ruffini ステーファノ・ルッフィーニ:Si chiama Helene ステーファノ・ルッフィーニの1989年のサンレモ音楽祭の映像です。いい歌ですよね。1963年ローマ出身ですが、2006年にナポリで亡くなっています。記事執筆:Letterina ... » more

鎌倉佐弓朝日新聞さいたま文化
朝日新聞さいたま文化 イタリアから帰って、まずしなければいけなかったのが「朝日新聞埼玉版」の俳句の選考だった。留守中、記者さんや宅配便さんをずいぶんやきもきさせてしまったようだったから、とにかくどんなに時間がなくとも締め切りは守ろうと思っていた。それが今 ... » more

30代の頃のクラウディオの映像です。若々しくっていいですね。名曲を次から次へと世に送り出していた時期です。記事執筆:Letterina ... » more

Gue` Pequeno ゲ・ペケーニョ:Milionario スペイン語圏の出身者かと思いきや、イタリア人です。本名はコジモ・フィーニ、1980年ミラノ出身。アルバム「GENTLEMAN」が大当たりの、人気ヒップポップ歌手です。記事執筆:Letterina ... » more

Briga ブリーガ: Diazepam タイトルのディアゼパムって抗不安剤の薬品名なんですって。クスリの名前がついてる歌って、結構はらはらしちゃうんですよ。1998年に交通事故死したウィーン出身のラップ歌手、ファルコのデビュー曲「Ganz Wien」の中で ... » more

見る 中庭のナポレオン像のもと カノーヴァの平和をもたらす戦いの神マルス 中庭のナポレオン像のもとカノーヴァの平和をもたらす戦いの神マルス地下鉄3号線モンテナポレオーネ駅徒歩5分2016年9月21日(水)見る Via Brera, 28, 20121 ミラノ、イタリアブレラ美術館入館料10ユーロ ... » more

フィレンツェのバールで、おばさんに、カフェ(=エスプレッソ)にたくさん砂糖入れるっていうんですけど、どれぐらい入れるんですか?と聞くと、あら、私は一袋の半分よ、と、答えた。平均的なイタリア人は? というと、笑って答えなかった。という ... » more

ゆるいオーラ フィレンツェカードというのを日本で買っておいたので、全ての美術館に、並ばずに入れるはずだと思っていたが、ドゥオーモは予約しないと見られないと書いてある。たしかに、ドゥオーモは美術館ではない。インフォメーションにいくと、水曜まで予約い ... » more

Fiorella Mannoia フィオレッラ・マンノイア: Siamo ancora qui いつ聴いても包容力があって、安定感のある歌声です。アルバムも、はずれ曲がない出来栄えです。記事執筆:Letterina ... » more

Ale Ruspini アレ・ルスピーニ: Voglio vederti ballare ゴリゴリじゃない、この人のロックスピリットがわたくし、とっても気に入っています。記事執筆:Letterina ... » more

大公の聖母   La Madonna detta Granduca ピッティ宮殿。何気なく、壁の全てがラファエッロの作品で、驚いたが、まわりにはあまり人がいない。日本では、この中から一点だけを借りてきて、美術館が大騒ぎし、長蛇の列になることを考えると、なんとなく滑稽になってしまう。そんな ... » more

Giorgia ジョルジャ:Scelgo ancora te 9月1日公開された最新映像です。恋人のアレックス・バローニが交通事故で亡くなってから15年経ちます。ジョルジャの個人的な経験も合わさった歌なのかも知れません。 ... » more

Raiの音楽番組Anima miaから、前半部分はリッカルド・コッチャンテと「長靴下のピッピ」をデュエットする共演映像です。記事執筆:Letterina ... » more

Claudio Baglioni クラウディオ・バリオーニ:モランディの番組に出演 2006年にジャンニ・モランディのテレビ番組にゲスト出演した時の映像です。丁度リリースしたばかりのフルカバーアルバム、Quelli degli altri tutti quiの中からもお披露目しています。記事執筆:Let ... » more

1997年、レッド・ロンニーの音楽番組、「ロキシー・バー」に出演した映像です。話題は前年度のライブアルバムAttori e spettatori (ツアー・ロッソ)についてのようです。VHSのビデオ映像らしいので、多少画 ... » more

Claudio Baglioni クラウディオ・バリオーニ:2018年サンレモ音楽祭出演濃厚 来年のサンレモ音楽祭にクラウディオが出演しそうな様子です。しかもゲスト歌手としてではなく、番組の司会進行役として参加するかもしれません。 ... » more

長居しない イタリアには、あまりカフェテリアでゆっくり過ごすという習慣はないようだ。椅子があるのに、カウンターで立ったまま飲んですぐ出たり、すわっていても、長居しない。もちろん、本なんか読んでいる人はゼロだ。パリのカフェが一番良かったと ... » more

フィレンツェで迷って死にそうになる ローマからフィレンツェに移動して、歩いてみるが、道が狭く、両側の建物が高いので、圧迫感がある。ローマでは見かけない風景である。ルネサンスのままなのだ。ローマは、16世紀、略奪・破壊され(=Sacco di Roma)、ルネサンスのも ... » more

資料について 29年前、はじめてロンドンに行ったときは、大学院生だったので、大量に学術書を買い、重くて持ち帰れないので、ロンドンの郵便局から何度も船便で送った。当時、日本で買うより半額以下で買えたし、日本では見たこともない資料があった。今回は、イ ... » more

 

最終更新日: 2017/09/24 15:15

「イタリア」のブログ関連商品

» 「イタリア」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る