誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    交響曲

交響曲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「交響曲」のブログを一覧表示!「交響曲」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「交響曲」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「交響曲」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

シベリウス・チクルス(番外編・その2):サラステの交響曲全集<PA-151> シベリウス・チクルスも一通り完了しました。そこでいろいろな方のお話とか聞けまして、ずいぶんと参考になりました。やっぱりこのシリーズやって良かったと、あらためて思います。たまっちもおかげさまでシベリウス好きになったようです(苦笑) ... » more

シベリウス・チクルスもついに最終回、今回は第7番を取り上げます。おそらく、シベリウスの交響曲中、もっとも幻想的な曲でしょう。曲の長さももっとも短いですね。この曲の完成は1924年、6番とほぼ同時期ですね。作品番号も6番の次で ... » more

さて、今回はシベリウス・チクルス第6回目です。やはり休日は文章が進みますね(笑)。今回は第6番を取り上げます。おそらく、シベリウスの交響曲中、もっともファンタジックで抒情的な曲でしょう。後期の中では最もとっつきやすい曲かもしれま ... » more

今日は電車で福生のほたる祭に行ってきたので、公開が遅くなりました(苦笑)。さて、シベリウス・チクルス、本来は第6回目ですが、今回は番外編ということで寄り道してみます。今週、たまたまCD屋で見つけて衝動買いしてしまった、アンソニー・コ ... » more

シベリウス・チクルス第5回目、今回は第5番を取り上げます。内向的な4番とは対照的に、喜びに満ち溢れた明るい曲です。この曲は、シベリウスの生誕50周年にあたる1915年、記念行事の祝賀コンサートのために作曲されました。第1次大 ... » more

シベリウス・チクルス第4回目、今回は第4番を取り上げます。ついに後期の深遠な世界へ突入した大傑作です。うぐいすはこの曲がとても好きです。疲れてるときとか、結構この曲は頻繁に聴くのですよ。何も考えずに、音にひたすら浸ってい ... » more

感涙のブラームス〜パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送交響楽団公演(6/8横浜みなとみらいホール) 今年のマイベスト公演の一つとなるであろうコンサートへ行ってきた。今最も勢いのある指揮者の一人、パーヴォ・ヤルヴィ(1962年生)とドイツの名門、フランクフルト放送交響楽団(1929年設立)の来日公演。今回の横浜公演ではブラームス交響曲全 ... » more
テーマ 交響曲 コンサート/映画

シベリウス・チクルス第3回目、今回は第3番を取り上げます。後期の作品群への入り口または過渡期とも言われる作品です。しかし、なんか調子よくここまですいすい来てしまいました(笑)。もっと難航するかと思っていたのですが。まあとにかく、書け ... » more

諸井三郎は日本の近代音楽史上かなり重要な作曲家です.作曲家の諸井誠の父であり,2代つづけての作曲家ですね.ちなみ,2代続けて作曲家というケースは結構ある気がします.さて,交響曲第3番(op.25)は,1944年という太平洋戦争の最中 ... » more
テーマ 交響曲 諸井三郎 音楽

シベリウス・チクルス第2回目、今回は第2番を取り上げます。シベリウスの交響曲の中ではあまりにも有名な曲ですね。この曲は1番の完成の2年後の1901年に完成です。1901年のイタリア長期滞在の旅がきっかけで一気に作曲が進んだよ ... » more

さて、それではシベリウス・チクルスの幕開けです。今回は第1番を取り上げます。この曲が完成したのは1899年、フィンランディアとほぼ同時期ですね(後にまた改訂されます)。この曲、ドイツロマン派とかチャイコフスキーとかの影響を指 ... » more

今回、ちょっと思い立ちまして、うぐいすの大好きな作曲家の一人、シベリウスの交響曲を当ブログで番号順に書いてみようと思います。やはりこんな蒸し暑いときこそ、寒々とした曲で乗り切ってみようかと(笑)。今回はプロローグということで、うぐい ... » more

サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」マイベスト盤〜オーマンディ&フィラデルフィア管の輝ける名盤@ 先日観たフィラデルフィア管のドキュメンタリー映画「オーケストラの向こう側」上映とオケの来日公演を記念して、フィラデルフィア管の名盤を。自分にとっては、やはり42年もの長きに渡り音楽監督としてフィラデルフィア管との信頼関係を保ってきた指揮 ... » more
テーマ 交響曲

感動のウィンド・シンフォニー「バーンズ:交響曲第3番」〜木村吉宏&大阪市音楽団の名盤 iPod収録曲の中で、もう既に30回近く聴いているリピート率の高い曲がある。ジェームズ・バーンズ(b.1949)の交響曲第3番〜終楽章(第4楽章)。通勤では、職場の最寄駅からのひと駅分を約15分かけてウォーキングする習慣が、ここ5年近く ... » more
テーマ 交響曲 吹奏楽/ブラス曲  コメント(2)

プロコフィエフ:交響曲第1番「古典交響曲」〜オーマンディ、マリナー、ショルティ他 ディスク5選 週明けからプロコフィエフの交響曲第1番を楽しんでいる。通称「古典交響曲」といわれるこの作品は、「もしもハイドンが現代に生きていたら書いたであろう作品」というコンセプトで、26歳(1917年)の時に作曲されたプロコフィエフの代表作の一つ。 ... » more
テーマ 交響曲

昨日久しぶりにフルトヴェングラーの運命を聴いたので、なんとなく最近のうぐいすの「英雄」のお気に入りの演奏を聴いてみたくなりました。それが今回取り上げる、カラヤンの「英雄」、1982年のベルリン・フィル創立100周年のジュビリーコンサート ... » more

なんとベタなエントリーでしょうか!(苦笑)なぜか今回は、学生時代に大好きだったフルトヴェングラーのベートーヴェンです。いつもうぐいすのブログへ訪問していただいている方々はあまりお好きな方がいらっしゃらないようで恐縮なのですが(汗)。 ... » more

シューベルト:交響曲第3番&第5番〜バレンボイム&ベルリン・フィルの爽やかな美演 ここ2週間ほど、シューベルトの曲を聴く回数がぐっと増えてきた。他の作曲家に比べ、シューベルトの作品はこれまであまり聴く事はなかったから、「熱狂の日」が一つのいいきっかけになったようだ。この機会に、シンフォニーが好きな自分にとって改めて交 ... » more
テーマ 交響曲

ケルテス&ロンドン響の熱演ライヴ〜シューマン:交響曲第1番「春」、ブラームス:交響曲第2番他 春にふさわしい曲を聴こうと思っていた矢先、うってつけのディスクが発売された。シューマンの交響曲第1番「春」とブラームスの交響曲第2番ほかが収録された、イシュトヴァン・ケルテス指揮のロンドン交響楽団の演奏によるライブ録音もの。シューマ ... » more
テーマ 交響曲

モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」〜テンシュテット&ロンドン・フィルの白熱ライヴ はや2007年も年の瀬。大晦日だけにラストナンバーの作品を…という意味合いも兼ねて、モーツァルトのラストシンフォニー、交響曲第41番「ジュピター」をクラウス・テンシュテット指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の1985年のプロムス・ ... » more
テーマ 交響曲

予想的中!元オーボエ奏者宮本文昭氏の最新著作〜巨匠ギュンター・ヴァントとのシューベルト録音秘話 今年、オーボエ奏者を引退し指揮者・音楽プロデューサーとして新たな音楽活動をスタートした宮本文昭氏の最新著作、「疾風怒濤のクラシック案内」(アスキー新書)が面白い。こういう類のクラシック本は、音楽評論家による著作がほとんどで、音楽史を説い ... » more
テーマ 交響曲

東京オペラシティのクリスマスツリー♪ 13日。東京フィルの定期公演で東京オペラシティに。オペラシティはすっかりクリスマスコンサートの方は、シューベルトの交響曲第8番「未完成」と、ワタクシお気に入りのブルックナーの交響曲第9番。 ... » more

英国オケ特選Cブラームス:交響曲第4番〜アンドレ・プレヴィン&ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 敢えて第4番だけの録音にプレヴィン側が留めたのか?それとも交響曲全集への計画がレコード会社側の何らかの理由でストップしてしまったのか?指揮者アンドレ・プレヴィンがロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と残したブラームスの交響曲第4番 ... » more
テーマ 交響曲

英国オケ特選Bブラームス:交響曲第2番〜スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ&ハレ管弦楽団 英国オケの第2番といえば以前、ヴァーツラフ・ノイマン&フィルハーモニア管弦楽団の渋みある名演をエントリーしたが、今宵はスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮、ハレ管弦楽団の演奏で。ブラームスの第2番(実際には2番の3楽章)を自分が初 ... » more
テーマ 交響曲

英国オケ特選Aブラームス:交響曲第1番〜ネーメ・ヤルヴィ&ロンドン交響楽団 今宵は第1番をネーメ・ヤルヴィ指揮 ロンドン交響楽団の演奏('87年5月16〜18日録音、セント・ジュード教会、ロンドンにて収録、CHANDOS輸入盤)で。録音魔のヤルヴィがドイツものにも強い指揮者である事を伺わせるブラームス。 ... » more
テーマ 交響曲

英国オケ特選@ブラームス:交響曲第3番〜マリン・オールソップ&ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 英国オケによるブラームスの交響曲には名演・名盤が多い。自分なりのこだわりの視点で全4曲のディスクをそれぞれ取り上げてみたい。今宵はまず第3番から。注目の女流指揮者、マリン・オールソップ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団による ... » more
テーマ 交響曲

ベートーヴェン「第9」名盤ディスク〜ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデンの記念碑的ライブ 日曜の「第9」公演がきっかけで、「第9」にもマイブームに火がついてしまった。合唱陣に不完全燃焼の感が残ったので、改めてディスクでも聴いてみることにした。CD棚よりライブ録音の「第9」のものを探して取り出したのが、ヘルベルト・ブロムシュテ ... » more
テーマ 交響曲

ベートーヴェン「第9」で始まる師走〜外山雄三&日フィルと東京フロイデ合唱団(12月2日東京芸術劇場) 気が付けばもう師走。たまたまフリーペーパーの愛読誌「ぶらあぼ」の最新号を眺めていたら、師走最初の日曜日に都内3箇所(都響/東京文化会館、日本フィル/東京芸術劇場、新日本フィル/サントリーホール)で「第9」が開催される事を知り、早速当日券 ... » more
テーマ 交響曲 コンサート/映画

モーツァルト:交響曲第25番 3大巨匠ライブ盤聴き比べ〜クーベリック、バーンスタイン、ワルター 渡哲也と中山美穂が出演し、9月にオンエアされていたジョージア・ヴィンテージ・レーベルのCM。そこではモーツァルトの「交響曲第25番」ト短調の一楽章の冒頭の主題が効果的に使われていた。「交響曲第25番」といえば、高校時代に見た映画「アマデ ... » more
テーマ 交響曲

ラフマニノフ:交響曲第2番〜巨匠アンドレ・プレヴィンの求めるロマンティシズム 先々週と先週のN響アワーは見逃せない放映だった。9月に客演したアンドレ・プレヴィン指揮の公演。放映されたプログラムはモーツァルト、ラヴェル、ラフマニノフのプレヴィンの十八番のレパートリー。何でも圧巻だったのは先週末放送されたラフマニノフ ... » more
テーマ 交響曲

 

最終更新日: 2016/12/03 02:23

「交響曲」のブログ関連商品

» 「交響曲」のブログレビュー をもっと探す

「交響曲」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る