誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    JR北海道

JR北海道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「JR北海道」のブログを一覧表示!「JR北海道」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「JR北海道」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「JR北海道」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

北海道新幹線のダイヤ発表 北海道新幹線のダイヤ発表がありました。札幌駅・函館駅発着の新幹線接続ダイヤは以下の通りですとなっています。ここには表記していませんが、はこだてライナーという名で新幹線接続のない列車もあります。個人的な感想とし ... » more

北海道新幹線の始発と最速列車のダイヤがニュース記事に出てきました。北海道新幹線 | これが計13往復ダイヤだ18日正式発表 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20151217/k00/00m/ ... » more

はこだてライナー快速は6往復半(HBCニュースより)簡単に説明すると・・・「はこだてライナー」は、新函館北斗駅と函館駅の間を1日16往復32本運行し、快速運転は上り7本・下り6本となり、停車駅は五稜郭駅のみ所要時 ... » more

少し古い話になりますが、JR北海道が来年3月のダイヤ改正で実施する普通列車削減の具体策を提示しました。http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151127-1.pdfこの削減案が実行 ... » more

9月に利用者の少ない路線と赤字額を公表していますが、廃線にしてどれくらい赤字減るの?って思って計算したデータを書いてみます。JR北海道の鉄道事業は2014年度、756億6400万円の営業収益に対して、1171億3100万円の営業費用を要 ... » more

日豊急行増毛へ、そこから惨敗
増毛へ、そこから惨敗 JR北海道が終端線整理のアナウンスが流れ始めており、羽幌線用のD61の撮影に2回ほど出かけました留萌線、2回目の帰り峠下駅で行き違いのため停車していましたら深川方面からD612が下りて来ました。小雨の中構えていましたら気動車運転士さんが貫通 ... » more

札沼線の非電化部分が減便となるというニュースがちらほらと流れていますが、つくづく思うんですけど新十津川と滝川をくっつけれないものか思うんです。距離にしたら直線約3km弱なので新十津川駅移設(もしくは分岐線)を含めて考えれば、函館線の ... » more

北海道新幹線経由で函館まで行くと高くなる はじめに、ここで書く内容は考えられる想像のことであり確定事項ではないことを承知の上お読みください。ひとつ前のブログで北海道新幹線・新函館北斗〜東京駅間の料金を書きましたが、改めて、東京〜「函館」駅間の料金を計算してみたら、JR北 ... » more

日本一の秘境駅、町の支援で存続へ JR小幌駅 日本一の秘境駅、町の支援で存続へJR小幌駅朝日新聞デジタル2015年10月15日05時46分日比野容子http://www.asahi.com/articles/ASHBG3T06HBGIIPE008.html?iref=comto ... » more
テーマ JR北海道 朝日新聞 JR小幌駅

北海道新幹線の料金が発表されました。新函館北斗〜主な駅の料金は以下の通り(特急料金は指定席料金)東京 22,690円(内特急料金11,130円)上野 22,480円(内特急料金10,920円)大宮 21,740円(内 ... » more

前回、ダイヤ予想をざっくりとしましたが、今回は北海道新幹線区間走行時間を予想してみます。駅間の時間予想1:新青森〜津軽いまべつ15分(駅間38.5km・表定速度154km/h)2:津軽いまべつ〜木古内34分(駅間74.8 ... » more

はまなす廃止後の代替列車 札幌―室蘭に夜間特急「すずらん」JR北海道「はまなす」廃止後 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0188278.html「はまなす」より発車時間が早まると書いていま ... » more

開業日がきまりましたね。事前の報道通り2016年3月26日(土)になりましたね。東京〜新函館北斗はやぶさ10往復仙台〜新函館北斗はやぶさ1往復盛岡〜新函館北斗 はやて 1往復新青森〜新函館北斗はやて1往復まぁー所 ... » more

北海道新幹線で思うところ【その2】  カシオペア実質廃止JR調整はまなす、白鳥も http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0174945.html どうしんウェブ/電子版これで道外から札幌に来るのにいやで ... » more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 244 唯一のクリーンヒットJRでは列車運行や船舶運航はじめ営業、施設等のいろいろな鉄道関係業務については、プロとして歴史と実績があるが、関連事業部門は若葉マークの域だった。前向きに取り組む姿勢が強かったが、一部に安易な考えがあるのも否 ... » more
テーマ JR北海道 書店 航海士  コメント(2)

新聞報道等によりますと、JR北海道は来春開業予定の北海道新幹線・新青森〜新函館北斗間の開業日を2016年3月26日とする方向で調整しているそうです。例年だと3月12日あたりですが、雪解けによる悪天候を避ける狙いがあるようですが、春休 ... » more

JR北海道の引退車両「赤電」、ファンの力で保存実現 JR北海道の引退車両「赤電」、ファンの力で保存実現朝日新聞デジタル2015年8月4日17時29分上地兼太郎http://www.asahi.com/articles/ASH842SXQH84IIPE003.html【 ... » more
テーマ JR北海道 711系車両 農園レストラン「大地のテラス」

北海道新幹線で思うところ 開業目前の北海道新幹線…“北陸”より盛り上がらないワケ-Infoseekニュース http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_995055/来年3月に北海道新幹線が開通予 ... » more

2016年3月開業に近づいた、北海道新幹線。その開業に伴う、システムの切り替えに向け、12月31日の深夜から1月2日の早朝にかけて海峡線の旅客列車、貨物列車を運休させ、試験を行うそうです。日本の鉄道開業以来、試験のための運休 ... » more

【JR北海道】ようやく撮れた!晴天下の寝台特急「カシオペア」 この撮影地を訪れること数回…ようやく晴天で寝台特急「カシオペア」を捉えることができました!室蘭本線長万部〜静狩 ... » more

列車以外ではたどり着けない秘境駅として名高い、JR北海道・室蘭本線の小幌駅が10月にも廃止される方向だそうです。私自身は降りたことありませんが、鉄道ファンしか降りない駅を維持しても、しょうがないという事のようです。また、来年 ... » more

【JR北海道】“黄金海岸”で狙う特急「スーパー北斗」 「北斗星」を見送ること数分後、特急「スーパー北斗」がその後を追うようにやってきました。この先にある伊達紋別駅で追い抜くようですね。 ... » more

【JR北海道】“黄金海岸”で狙う寝台特急「北斗星」 夕刻、室蘭本線黄金駅近くの“黄金海岸”で迎え撃つ「北斗星」。「北斗星」の運転はこの夏が最後になるそうで、当撮影地には数十人の撮影者が詰めかけていました。機関車の豪快な排煙が大迫力。先頭機関車の背景にある電柱も排熱でうまい具合にボ ... » more

【JR北海道】朝日を浴びて駆ける急行「はまなす」 夜明けが早くなり、早朝の撮影には絶好のシーズンを迎えています。札幌に向かう急行「はまなす」の走行シーンもその一つですね。ここは新千歳空港にほど近い撮影地。待つことしばし、朝日に照らされた線路を急行「はまなす」がやってきました ... » more

北海道旅88 1988年8月末に北海道へ出かけました。行程は・・・上野⇒急行「津軽」㋵⇒青森⇒⇒函館㋵⇒長万部⇒東室蘭⇒室蘭⇒千歳空港⇒札幌㋵⇒小樽⇒札幌㋵⇒ニセコ⇒長万部⇒函館⇒快速「海峡」⇒ ... » more

JR北海道>留萌線廃止検討 JR北海道は利用客が減り続けている留萌線の廃止を検討しており、今後の具体的な進め方について沿線自治体に意向を伝えたそうです。2016年春の北海道新幹線の開業、度重なる事故の発生もあり、事業の選択と集中を進めていく方針を明らかにしており、 ... » more

JR北海道>復活海峡号運行 JR北海道は、7月4日(土)に、臨時快速「復活海峡号」を青森〜函館間で1往復運転するそうです。時刻は以下の通りで、車両は「はなます」用14系を使用します。定期運行時も、14系によるアルバイト運用ありましたので、まさに復活です ... » more

 

最終更新日: 2016/12/05 09:58

「JR北海道」のブログ関連商品

» 「JR北海道」のブログレビュー をもっと探す

「JR北海道」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る