誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    逢坂剛

逢坂剛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「逢坂剛」のブログを一覧表示!「逢坂剛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「逢坂剛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「逢坂剛」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『恩はあだで返せ』逢坂剛 逢坂剛の『恩はあだで返せ』(2004年6月2刷)を読みました。読書メーターによると、<御茶ノ水署の迷走コンビが挑む珍事件の数々!「怪しい男が通行人に迷惑をかけている」生活安全課に苦情の電話が入った。早速現場に向か ... » more
テーマ 逢坂剛

『おれたちの街』逢坂剛 逢坂剛の『おれたちの街』を読みました。読書メーターによると、< 御茶ノ水署の迷コンビ、斉木と梢田。所属部署に新人キャリアの立花が加わったこのごろ、行きつけの定食屋に行くと、柄の悪い客が店を占拠していて…!?大好評警察 ... » more
テーマ 逢坂剛

ふくろうの読書記録『禿鷹の夜』逢坂剛
『禿鷹の夜』逢坂剛 逢坂剛の『禿鷹の夜』(2000年5月2刷)を読みました。BOOKメーターによると、<神宮署の刑事・禿富鷹秋、通称禿鷹。信じるものは拳とカネ、ヤクザも泣かす無頼漢。しかし、恋人を奪った南米マフィアは許せない。悪党は地獄 ... » more
テーマ 逢坂剛

『無防備都市 禿鷹の夜U』逢坂剛 逢坂剛の『無防備都市禿鷹の夜U』(2002年1月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<悪党は地獄を駆けろ! 史上最悪の刑事、禿富鷹秋-通称・禿鷹-は神宮署の放し飼い。信じるものは拳とカネ。汚れきった無頼漢に南 ... » more
テーマ 逢坂剛

『よみがえる百舌』逢坂剛 逢坂剛の『よみがえる百舌』(2014年10月22刷)を読みました。BOOKメーターによると、<元刑事が殺された。後頭部を千枚通しで一突き。伝説の暗殺者、百舌の手口だ。闇の彼方から百舌が帰還したのか?それとも、警察の汚 ... » more
テーマ 逢坂剛

ふくろうの読書記録『凶弾』逢坂剛
『凶弾』逢坂剛 逢坂剛の『凶弾』(2010年2月2刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<史上最悪の悪徳警官が死を賭して守った署内裏帳簿のコピーをめぐって、神宮署、警察庁、東都ヘラルドの記者が動き出した。南米マフィアの復活と共 ... » more
テーマ 逢坂剛

『禿鷹狩り 禿鷹W』逢坂剛 逢坂剛の『禿鷹狩り禿鷹W』(2006年9月2刷)を読みました。BOOKデーターによると、<ヤクザすら好人物に感じられる悪徳刑事・禿富鷹秋に巧妙に仕掛けられた執拗な罠。ヤクザも南米マフィアも手玉にとる男の前に最強の刺客 ... » more
テーマ 逢坂剛

『銀弾の森 禿鷹V』逢坂剛 逢坂剛の『銀弾の森禿鷹V』(2003年11月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<渋谷のシマを巡る3グループの争いの中、敷島組幹部が殺される。どうやら原因を作ったのは、神宮署の禿富鷹秋警部補らしいのだが…。ポ ... » more
テーマ 逢坂剛

『しのびよる月』逢坂剛 逢坂剛の『しのびよる月』(1997年11月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<元小学校の同級生、今は御茶ノ水署の生活安全課の上司と部下の、斉木斉と梢田威。朝から晩までいがみあいながら、ストーカー、酔っぱらい ... » more
テーマ 逢坂剛

『まりえの客』逢坂剛 逢坂剛の『まりえの客』を読みました。BOOKデーターによると、<知るはずのない女が、体をすりよせて来た。「ずいぶん他人行儀でいらっしゃるのね。やっと二人きりになれたのに」。一瞬耳を疑い、頬がこわばるのを感じた…。情事 ... » more
テーマ 逢坂剛

『配達される女』逢坂剛 逢坂剛の『配達される女』(2000年8月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<事件の謎より難解なその女の正体とは!?御茶ノ水署・生活安全課の新任刑事は、女でしかも位が上!迷走コンビ、斉木斉と梢田威が出くわす、 ... » more
テーマ 逢坂剛

『砕かれた鍵』逢坂剛 逢坂剛の『砕かれた鍵』(2014年7月6刷)を読みました。BOOKデーターによると、<警察官が関連する事件が続発した。麻薬密売を内偵中の特捜隊の警部補とその同僚の巡査部長が射殺され、麻薬吸引者の元警察官に婦人警官が刺 ... » more
テーマ 逢坂剛

ふくろうの読書記録『幻の翼』逢坂剛
『幻の翼』逢坂剛 逢坂剛の『幻の翼』(2014年10月10刷)を読みました。BOOKデーターによると、<かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮の工作員として、日本に潜入した―。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理 ... » more
テーマ 逢坂剛

『百舌の叫ぶ夜』逢坂剛 逢坂剛の『百舌の叫ぶ夜』(2014年3月改訂新版)を読みました。BOOKデーターによると、<能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。東京新宿では過激派 ... » more
テーマ 逢坂剛

「平蔵狩り」逢坂剛著(文藝春秋 1,728円税込) 「平蔵狩り」逢坂剛著(文藝春秋1,728円税込)平蔵狩り文藝春秋 逢坂 剛 Amazonアソシエイト by 平蔵狩り [ 逢坂剛 ]楽天ブックス 逢坂剛 文藝春秋発行年月:2014年08月11日 予約締切 ... » more
テーマ 逢坂剛 時代小説 平蔵狩り

TBSドラマ『MOZU 百舌の叫ぶ夜』の緊張感、スピーディな展開がたまらなくいい NHKドラマ『ロング・グッドバイ』も翻訳ものハードボイルドドラマとしては見逃せない連続ドラマだが、この逢坂剛原作の『MOZU百舌の叫ぶ夜』もハードボイルド調の雰囲気が魅力だ。かなり前に読んだ原作だから、間違っているかもしれないが、ドラマ ... » more

『情状鑑定人』逢坂剛 逢坂剛の『情状鑑定人』(2004年5月刊)を読みました。BOOKデータによると、<書店社長の娘が誘拐されるが、間もなく犯人は捕まり、少女は無事保護される。犯人は書店の従業員だったことが判明するが、七年前に妻殺しと放火 ... » more
テーマ 逢坂剛

燃える地の果てに [逢坂剛] 燃える地の果てに逢坂剛スペインの田舎町で起きた米軍機の墜落事件。幻のフラメンコギターを入手するため、その町を訪れていた主人公は、事故現場から核と思われるミサイルを見つけてしまう。一方、その三十年後の東京では、幻のフラ ... » more

こりゃま日記重蔵始末の続編
重蔵始末の続編 逢坂剛作品重蔵始末の続編『猿曳遁兵衛』『嫁盗み』『陰の声』を読んだ。残念ながらこのシリーズは、だんだんつまらなくなった。なぜ?猿曳遁兵衛 〈重蔵始末(三)〉 (講談社文庫)講談社 逢坂 剛 Amazonアソシエイト by ... » more

『重蔵始末』逢坂剛を読む 『重蔵始末』シリーズ逢坂剛の『重蔵始末』は面白い。もともと、逢坂剛などを読むきっかけは彼のウェスタン小説を読んだことにあった。『墓跡の伝説』『アリゾナ無宿』。予想よりも面白かった。そしえt、彼が時代小説も書いているこ ... » more
テーマ 逢坂剛 ウェスタン 時代小説

『恩はあだで返せ』 逢坂剛 『御茶ノ水署』を舞台とするユーモア・ミステリシリーズの第3弾です。恩はあだで返せ (集英社文庫)集英社 逢坂 剛 ユーザレビュー:仕掛けが読めないおも ...気楽なユーモアミステ ...逢坂版2時間ドラマ本 ...Amazonア ... » more
テーマ 逢坂剛 読書

書道楽ブログ『配達される女』 逢坂剛
『配達される女』 逢坂剛 『御茶ノ水署・生活安全課』の二人のお調子者刑事の活躍をえがく、短編連作シリーズ第2弾です。配達される女 (集英社文庫)集英社 逢坂 剛 ユーザレビュー:個性ゆたかな刑事たち ...軽いハードボイルドの ...Amazonアソシエ ... » more
テーマ 逢坂剛 読書

書道楽ブログ『しのびよる月』 逢坂剛
『しのびよる月』 逢坂剛 以前、某アンソロジー作品集で逢坂さんの作品を読みましたが、独自の作品として読むのはこれが初めてです。しのびよる月 (集英社文庫)集英社 逢坂 剛 ユーザレビュー:軽くて楽しい短編集で ...Amazonアソシエイト by ウェブ ... » more
テーマ 逢坂剛 読書

百舌の叫ぶ夜 [逢坂剛] 百舌の叫ぶ夜逢坂剛爆発テロによって妻を失った公安のデカと、事件を追う刑事達。犯人と目される記憶をなくしたボマーと、所属するテロ集団が複雑に絡み合い、一つの真相が明らかになる。練りこまれたストーリーは秀逸で、流石に傑作と呼 ... » more
テーマ 逢坂剛

風のない場所禿鷹の夜/逢坂剛
神宮署の禿鷹は極悪非道。ヤクザも泣かす無頼漢。しかし恋人を奪った南米マフィアは許せない。痛快無比。迫真の警察小説第一弾□渋六興業の社長であり、裏では暴力団の組長である碓氷が、レストランで殺されそうになる。それ ... » more
テーマ 逢坂剛 読書

2002年8月12日 マカロニウェスタンではない古きよき時代の西部劇 逢坂剛「アリゾナ無宿」 逢坂剛が書いた西部劇ということで注目されていいと思って読んでみた。アリゾナとか無宿、このタイトルを構成する単語からして今日ではもうはやらない、西部劇としては死語と言える時代物だ。駅馬車、アパッチの ... » more

2002年7月26日 逢坂剛の第一級サスペンスといえばこれだ 「ノスリの巣」。逢坂剛、「百舌シリーズ」の最新作が刊行された。ノスリは野鼠や小鳥を捕食する鷹の一種らしい。ヨタカとも読むようであり、新たな女の刺客が登場するのかなと思い巡らせるだけで、前作の「よみがえる百舌」が期待はずれだったこともあり ... » more

2001年9月14日 逢坂剛『重蔵始末』  逢坂・重蔵対池波・平蔵火付盗賊改方の腕比べ最近発売された「江戸東京古地図散歩」と称するパソコンソフトがあって、現在の地図と重ね合わせながらぐりぐりと地図をドラッグしつつ、どこがどうなっているのかなどと「江戸名所図会」を眺めるよりは、 ... » more

2000年5月23日 バイオレンス小説、暗黒小説って? 逢坂剛の作品はだいたい読んでいることもあり、「禿鷹の夜」もおつきあいをした。これは愚作としか言いようがない。大沢在昌「新宿鮫」の渋谷版を狙ったとしても成功していません。もっとも最近の鮫島刑事はすっかりオトナに変身して、初期の圧倒的な ... » more
テーマ ミステリー 逢坂剛 馳星周

1999年11月24日 逢坂剛「百舌シリーズ」読み始める方へのアドバイス 「よみがえる百舌」が書店に並んでいます。逢坂剛のこの方面のジャンルはスペインものがロマンティクな香りがあるのと比べ純粋ハードで乾ききっているだけ私好みです。「よみがえる百舌」は シリーズの最終作品です。シリーズものでも単独で読 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 15:29

「逢坂剛」のブログ関連商品

» 「逢坂剛」のブログレビュー をもっと探す

「逢坂剛」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る