誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    渡部昇一

渡部昇一

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「渡部昇一」のブログを一覧表示!「渡部昇一」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「渡部昇一」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「渡部昇一」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

西郷隆盛渡部昇一氏の業績
去る四月十七日、保守派知識人の重鎮として活躍された渡部昇一氏が逝去された。八十六歳であった。 渡部氏の本職は英文学者であったが、大変な読書家で、その該博な知識を駆使しての洗練されたエッセイで多くの読者を獲得した。また、その知性は ... » more

高校生の頃から渡部昇一教授の本を読んできてもう三十数年になる。新刊が出ればすべて買って読んだと思う。86歳の先生が、最新刊で、「人生の本当の幸せは、家族とのふれあいなど、ごく平凡なところにこそ宿るのではなかろうか。これが私の最終結論 ... » more

2016.12.23 07:43【皇室制度を考える】皇室典範に「例外的譲位」の根拠規定を百地章・国士舘大大学院客員教授私は「終身制を原則とした上で、例外的に譲位を認めてもいい」という立場です。天皇陛下のお言葉を聞くま ... » more
テーマ 皇室典範 渡部昇一 百地章

国政を中途半端で放置し、国会閉幕 野田政権が発足してから、2日で丸一年が経過した。この間、野田政権は税と社会保障の一体改革の名のもとに消費税増税を決めたものの、景気・雇用対策には何ら有効な手を打てず、震災復興は遅々として進まないばかりではなく、公務員制度改革、議員定 ... » more

タイトルどおり。この本のポイントは「戦前の日本は悪」の刷り込みに尽きる。明治政府は江戸時代を否定し、アメリカ進駐軍は戦前の日本を否定した。過去と決別することはいいことも悪いこともある。今現在跋扈しているの既得 ... » more
テーマ 渡部昇一 アメリカが畏怖した日本 読書

読書録文学録宿六録知的生活の方法
知的生活の方法 (講談社現代新書 436)講談社 渡部 昇一 Amazonアソシエイト by ≪著者≫渡部昇一1930年山形県生まれ。1955年上智大学修士課程修了専攻は英語学。≪要点≫ ... » more
テーマ 渡部昇一 知的生活 知的生産

読箭・日頃から軽薄な言動を振りまき、TVをあまり見ない自分にさえ届くほどにその影響力の強いテリー伊藤氏ですが、こういった書き出しが全くふさわしくないと思えるのは、ひとえに「お笑い北朝鮮」シリース、「お笑い外務省」シリーズといった力作揃い ... » more

1/4【NHK抗議国民大行動】リレートーク:小田村四郎、渡部昇一、水島総、田久保忠衛、地方議員各氏 ... » more

渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「これはアメリカを考える場合に非常に重要な点だと思うが、アメリカには「中世」が抜けている」アメリカは、若い国です。若いということは、勢いはあるけれど経験は少ない。 ... » more
テーマ 渡部昇一

渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「公教育自身に耐用年数がきたのではないか」永遠の制度など、ないはずです。公教育も例外ではありません去り際は、潔さが大切です。「今の教育問題は、教育制度 ... » more
テーマ 渡部昇一

谷沢永一さん、渡部昇一さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「人生というのは八割以上が待つことだと思うんです。つまり、自分が「こうなって欲しい」と思うことがすぐにその通りにあらわれることは、九〇%あり得ません」自 ... » more
テーマ 渡部昇一 谷沢永一

渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「生き筋を見る、とは、どんな困難な状態にあっても、自分なりの工夫をして自分を生かす道を見つけること、自分を生かす方法を見極めることである」工夫をする、視点を変える、ス ... » more
テーマ 渡部昇一

渡部昇一さんと林望さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「少なくとも、「わかりやすい」「おもしろい」という視点が外れているようでは、一所懸命やっても甲斐がないと言わざるを得ない」何をするにも、外せない始点です。 ... » more
テーマ 渡部昇一 林望

渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「実際、古典や歴史の中には「いま」を考える上でのヒントがたくさん隠されているのです」時代が変わっても、人間は変わらない。ヒントはどこにでもあります。それに気づ ... » more
テーマ 渡部昇一

渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「金は貸し手にもなるな、借り手にもなるな。金の貸し借りは、必ず人間同士の関係をそこなう」お金は、人間を変えます。変わらない関係を築ければ素晴らしいですが、現実はな ... » more
テーマ 渡部昇一

渡部昇一さん、稲田朋美さん、八木秀次さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「国内産業の一定の保護、育成は必要なことで、「海外で安く調達できるものは国内で生産する必要はない」という考えは暴論です」海外で調達できなく ... » more
テーマ 渡部昇一 八木秀次 稲田朋美

渡部昇一さん、船井幸雄さん、増田俊男さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「官僚はどんなに頭がよいと思っても所詮はサラリーマンであって、冨の本質を実感しない。自分で冨をつくったことも使ったこともないからだ」100 ... » more
テーマ 渡部昇一 船井幸雄 増田俊男

上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「私が暗記にこだわるのは、「知力の根幹は暗記力」と確信しているからである」もちろん、暗記がすべてではありません。しかし、暗記している量が多い ... » more
テーマ 渡部昇一

上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「かつて権力を握っていたものを、権力がなくなった時点で叩くことは、韓国の行動様式であり、パターンなのです」調子がいいんですね。そういうパター ... » more
テーマ 渡部昇一

【珠玉ある言葉】No.378 国民の教育
上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「小・中・高合わせて五百二十校分の生徒が「消えている」という一事をもってしても、日本の学校教育がすでに破綻しかかっていることは明らかであろう」学 ... » more
テーマ 渡部昇一

上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「やはり「歴史は繰り返す」のではないか。もっと正確に言えば、「歴史のパターンは繰り返す」のではないか」登場人物は、変わります。演出家も、変わ ... » more
テーマ 渡部昇一

【珠玉ある言葉】No.355 昇る国沈む国
上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「お金を支払ったならば、その対価を要求するのは当たり前のことです」お金は元々、交換の道具だったはずです。その機能は今も変わっていないでしょう ... » more
テーマ 渡部昇一

上智大学名誉教授である渡部昇一さん、関西大学名誉教授である谷沢永一さん、政治学者であり、経済学者でもある小室直樹さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「日本の根本的な原因は、リーダーがいないことです」なぜ ... » more
テーマ 渡部昇一 小室直樹 谷沢永一

上智大学名誉教授である渡部昇一さんと、関西大学名誉教授である谷沢永一さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「本当の批判とは、批判しなければならない悪い出来事が、どういう理由で、なぜ発生したか、その根本的な原因を、 ... » more
テーマ 渡部昇一 谷沢永一

政治評論家である竹村健一さん、日本財団特別顧問である日下公人さん、上智大学名誉教授である渡部昇一さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「未来をあれこれと予測するときには、やはり過去の歴史を調べることは有益です ... » more
テーマ 渡部昇一 日下公人 竹村健一

上智大学名誉教授である渡部昇一さんと、関西大学名誉教授である谷沢永一さんの共著。その中から3つの言葉を紹介します。「若いときに評判が良くて、後に悪くなるという場合は比較的少ない」そのイメージを守ろうとするからでしょう ... » more
テーマ 渡部昇一 谷沢永一

上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「とかく人は、「できない理由」をつけて挑戦することをやめるのである」できない理由は、探せば必ず見つかるでしょう。できる理由についても同じこと ... » more
テーマ 渡部昇一

【珠玉ある言葉】No.265 自分の品格
上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「理想や目標というのは、それが高かろうが低かろうが、そこへ到達する努力の量はあまり変わらないということだ」高ければ高いなりの、低ければ低いなりの ... » more
テーマ 渡部昇一

【珠玉ある言葉】No.249 歴史の鉄則
上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「どんなに緻密で太刀打ちできそうもない立派な意見であっても、税金を沢山取ろうとするならば、それは絶対に間違った考えである」税金が必要なのはわかり ... » more
テーマ 渡部昇一

上智大学名誉教授である渡部昇一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「示談がいったん結ばれたら、その後は問題を蒸し返さないというのが、近代社会の常識である」蒸し返す方につきあうことはありません。毅然とした態度 ... » more
テーマ 渡部昇一

 

最終更新日: 2017/07/18 02:37

「渡部昇一」のブログ関連商品

» 「渡部昇一」のブログレビュー をもっと探す

「渡部昇一」ブログのユーザランキング

西郷隆盛 1 位.
西郷隆盛

テーマのトップに戻る