誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    倫理

倫理

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「倫理」のブログを一覧表示!「倫理」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「倫理」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「倫理」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

職場の教養から「梅雨を晴れやかに」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「梅雨を晴れやかに」朗読首藤隆司がぞうをクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「紫陽花の季節」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「紫陽花の季節」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more

八王寺だより職場の教養から「初鰹」
職場の教養から「初鰹」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「初鰹」画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「泣きたいときは泣けばいい」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「泣きたいときは泣けばいい」画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

内部告発者は処罰の対象の可能性 義家副大臣発言 義家も副大臣として立場を重んじるようになったんだな。。。では、守秘義務とは何だろうか?確かに職業上の個別案件について、上司の許可を取らず公の場に出すことは通常は公務員としてやってはならない行為であり、守秘義務違反と言われても ... » more
テーマ 倫理 道徳 ルール

職場の教養から「くせをつける」 燕三条FMラジオはーと番組「職場の教養」から「くせをつける」画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

リタイア日記世界宗教と民族宗教
宗教は世界宗教と民族宗教に分けられる。世界宗教は、民族の垣根なく、多くの人々が信仰している宗教で、民族宗教は、限られた民族の間で信仰されている宗教だ。世界宗教には、キリスト教、イスラム教、仏教がある。それぞれ20億、13億、3億6千 ... » more
テーマ 倫理 学び

リタイア日記キリスト教
キリスト教って、優しい宗教だな。キリスト教の神って、人がどんなに過ちを犯しても、見放さず、罰も与えず、見返りも求めず、赦してくれる。人が初めて出会った、優しい神ではなかったか。ユダヤ教の神は、人の過ちに罰を与える神だ。他の宗教の神の ... » more
テーマ 倫理 学び

リタイア日記ユダヤ教と選民思想
ユダヤ教と言うと、特色として必ず「選民思想」があげられる。選民思想とは、神に救われるのは自分達だけという考え方だ。狭量だなぁと思わなくもないが…。ユダヤ人の歴史は苦難続きだった。元々は遊牧民で、紀元前15世紀頃、パレスチナの地に定住 ... » more
テーマ 倫理 学び

リタイア日記ストア派の思想
エピクロス派の思想を快楽主義、ゼノンが創始したストア派の思想を禁欲主義と呼ぶ。相対立する思想に見えるが、実はそうでもない。前者の目標は、アタラクシア(心の平安)であり、後者のそれは、アパティアだ。アパティアとは、情念や欲望によって心 ... » more
テーマ 倫理 学び

リタイア日記エピクロスの思想
エピクロスはヘレニズム時代の哲学者で、「快楽こそ善」と唱えた。高校で倫社を学んだとき、初めてこの思想を知ったが、一目ぼれだった。快楽などと言うと、何やら後ろめたさを感じたものだが、きっぱりとこう言い切ってくれたところに、快哉の思いが ... » more
テーマ 倫理 学び

職場の教養から「知らない間の慢心」 燕三条FMラジオはーと番組「職場の教養」から「知らない間の慢心」画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「別れのキス」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「別れのキス」画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「オムレツの先に」 燕三条FMラジオはーと番組「職場の教養」から「オムレツの先に」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

リタイア日記アリストテレスの国家論
アリストテレスは、国家について次のように語っている。国家は、統治者の数により、王政、貴族政、共和政に分けられる。それぞれ独裁政治、寡頭政治、衆愚政治に陥るリスクがある。それでも統治者の数が多い共和政が最も安定している。だから共和政がいいと。 ... » more
テーマ 倫理 学び

職場の教養から「選択肢を絞り込む」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「選択肢を絞り込む」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

預言者のコラム言の葉74 成就
言の葉74 成就 人間の完成とは何か。人は死んだからと言って完成するわけではありません。悟りを開くことか?そう。しかし「悟りを開く」という言葉の意味を知っている人がいるのだろうか?僧侶になったら分かるのか、高位にある僧侶は悟りを開いた ... » more
テーマ 倫理 精神世界

職場の教養から「心地よい慣習」 「職場の教養」から「心地よい慣習」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

預言者のコラム言の葉73 真の教育
言の葉73 真の教育 古代エジプトの教育は子供の頃からその子の特質を見抜いて、適材適所に分配されたそうです。数学、ダンス、裁縫、文学、運動人間は個々に才能を持っています。それに合わせた教育が成されその人の才能が最大限に引き出せるようにすれば良 ... » more

職場の教養から「未知への挑戦」 燕三条FMラジオはーと番組「職場の教養」から「未知への挑戦」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度すると拡大します ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

言の葉71 音楽は技術ではなく心 文明は利器ではなく心 スポーツで試合に勝つことは良い。そのために努力するのも良い。しかしそれだけが人生の目的であるかのごとくふるまう監督、指導者などは間違っています。スポーツに勝ったからといって人は死を免れるわけでもなく戦争がなくなるわけでもない ... » more

言の葉70 解釈・深奥の教師 人間は教師がいないと何も分からないものです。しかしここで言う「教師」とはいわゆる学校の先生のことではなく、宇宙の真理を教える教師のこと。本来なら僧侶や牧師がこれらを教えるのであるが、現代の宗教家らは誰も教師ではありません。 ... » more

言の葉69 どれだけの量かではなく、どれだけ愛をこめたか キリストは、神殿で賽銭を投げる貧しい女性が有り金を投げたことについて、彼女は最も大きい献金をしたと言いました。貧しい女性がした献金は額としては少ないが、心意気は大きかったのです。これと同じことをマザーテレサも言っています。 ... » more
テーマ 倫理 精神世界

言の葉68 親切であるなら間違いを犯してもよい 「親切で間違いを犯す方が、不親切で奇蹟を起こすより良い」これはマザーテレサの言葉です。こんな話を聞いたことがありませんか。電車の中で親切心で人に席を譲ってあげたのに、「私はそんなに年ではない」と逆に怒られたとか。 ... » more

職場の教養から「口下手解消法」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「口下手解消法」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「時間は節約できたけれど」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「時間は節約できたけれど」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「謙遜は美徳?」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「謙遜は美徳?」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「温かな声で」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「温かな声で」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「受験シーズン」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「受験シーズン」画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

職場の教養から「脳をリフレッシュ」 燕三条FMラヂオはーと番組「職場の教養」から「脳をリフレッシュ」朗読首藤隆司画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ... » more
テーマ 倫理 教養 朗読

 

最終更新日: 2017/07/21 23:36

「倫理」のブログ関連商品

» 「倫理」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る