誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    詩集

詩集

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「詩集」のブログを一覧表示!「詩集」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「詩集」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「詩集」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

麻衣ブーム99歳の詩人
99歳の詩人 朝の情報番組で何気なく見ていたの。99歳の詩人。鏡に向かい、毎朝お化粧をしているとっても笑顔が素敵だった。さっそく本屋さんに走ったの。素敵な言葉が沢山。99年の人生がふわっ、と優し ... » more

『八丈太鼓』高橋文子詩集 銀の鈴社 今は無人となっている、八丈小島という孤島での生活と、難病との闘いの経験が詩の底にあります。読む人に勇気と潤いを与えてくれます。 ↑作品紹介より八丈太鼓―高橋文子詩集 (ジュニア・ポエム双書 203)高橋 文子 山中 桃子 銀の鈴 ... » more
テーマ 詩集 高橋文子 児童書

水のように 川の流れのように 上善如水水善利萬物而不争<老子>The best of men is like water ;Water benifits all thingsAnd does not compete with them ... » more

白木蓮 坂村真民 白木蓮の花がいっせいに花をひらき始めたああ今年も生きてこの花を見るうれしさよありがたさよ詩集「念ずれば花ひらく」より ... » more
テーマ 詩集 写真

My Favorite Books金子みすず
「あそぼ」っていうと「あそぼ」っていう・・・・・こだまでしょうか。いいえ。だれでも。金子みすずさんの詩集です。こだまでしょうか、いいえ、誰でも。楽天ブックス 金子みすゞ詩集百選 金子みすゞ 宮帯出 ... » more

自分の感受性くらい自分で磨け●茨木のり子詩集『おんなのことば』 ポケットに入る詩集なのに、その中身には人生が凝縮されている。決して難しい言葉や表現を使ってないのに、何故か、新鮮な言葉。決して世間に媚びず、前向きに人生を凝視している。背筋を伸ばして凛としている言葉たち。 ... » more
テーマ 詩集 面白い本

二度とない人生だから 二度とないい人生だから一輪の花にも無限の愛をそそいでゆこう一羽の鳥の声にも無心の耳をかたむけてゆこう二度とない人生だから一匹のこおろぎでもふみころさないようにこころしてゆこうどんな ... » more
テーマ 詩集 平和への祈り 祈り  コメント(2)

嬉有箱かさぶたってどんなぶた
かさぶたってどんなぶた 『かさぶたってどんなぶた―あそぶことば (絵本かがやけ詩) 』小池昌代編スズキコージ画ことばで遊ぶ楽しい面白い詩がたくさん。スズキコージさんの画が詩を盛り立ててとっても楽しい絵本になってます。子供のお気に入りは阪田寛夫さんの ... » more
テーマ 絵本 詩集

嬉有箱きつねうどん
きつねうどん 『きつねうどん』阪田寛夫 子供が阪田寛夫 さんの詩が好きでこの詩集もたまに歌ったりしながら大声で読んでました。ふたりでワイワイ騒ぎながら楽しんでます。特に「そうだ村の村長さん」がお気に入り(^^)vあとは「すっからか ... » more

群馬民主文学会『赤城野』45号に、短文が掲載されました! 群馬民主文学会『赤城野』45号に、「プロレタリア詩集『全線』の行方」が掲載されました。原稿用紙12枚くらいです。『全線』1号は、一昨年発行した『「多喜二奪還事件」の文学的前提』に複写再録しました。本がほとんど完売になったので、ダウンロードで ... » more
テーマ 詩集 プロレタリア文学 群馬プロレタリア文学

坂村真民さんの詩から 私の好きな詩を詩集からいくつか紹介します。本気をつかむ本気本気になると世界が変わってくる自分が変わってくる変わってこなかったらまだ本気になってない証拠だ本気な恋本気な仕事ああ人 ... » more

木作なページタワイもない夫婦の会話
妻 「さて、泥パックをして、奇麗になって出かけるワ!」夫 「それ以上、奇麗になってどうするんだ?」妻 「お嫁に行くの!」夫 「何! ヨメイイクバクもない」妻 「うまい!」妻夫 「ハハハ……」タワイもない夫婦の会話 ... » more

坂村真民さんの詩から 詩集から二編紹介します。念ずれば花ひらく念ずれば花ひらく苦しいとき母がいつも口にしていたこのことばをわたしもいつのころからかとなえるようになったそうしてそのたびわたしの花がふしぎとひ ... » more
テーマ 詩集

柴田トヨ著***くじけないで*** 昨日、宅配で、待ち望んでいた1冊の本(詩集)が届きました。90歳を過ぎてから詩を書き始めた、柴田トヨさんの処女作品集です。もうすぐ百歳になろうとしているトヨさん、現在99歳というお年で今も書き続けておられます。 ... » more
テーマ 詩集  コメント(4)

どんな小さなものでもみつめていると宇宙につながっている 『どんな小さなものでもみつめていると宇宙につながっている―詩人まど・みちお100歳の言葉 』まど・みちお新聞や雑誌などのインタビューで語られた談話の中から、こころにひびく言葉を掬い上げて紹介してある。この本を読んでいると ... » more
テーマ 詩集 エッセイ

嬉有箱のはらうたT
のはらうたT 『のはらうたT』くどうなおことのはらみんな子供が図書館から借りてきた本です。それが詩集だったのはちょっと意外でびっくりした。けど、しっかり音読していたので、お気に入りなんだろうな。と、思った(笑)この詩集は、すごく楽しい ... » more

茨木のり子『自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ』 茨木のり子著『自分の感受性くらい自分で守ればかものよ』小学館、2009年11月刊、125頁、1200円詩人、茨木のリ子は、2006年2月、病のため急逝しました。享年79歳。本書は、『永遠の詩』シリーズ(全8冊)の第2册目 ... » more
テーマ 詩集  コメント(1)

傾聴ボランティアの方から紹介された詩集。「山田雅己詩集〜全部抱きしめて〜」久しぶりに波長が合う手応え。身震いするほど感動!!思わず涙が?!絶版とは至極残念。**メモ**興味のある方は下野新聞社 ... » more
テーマ 詩集

「くじけないで」柴田 トヨ 今、話題の90歳を過ぎて詩を書き始めたトヨさんの初の処女作品集です。詩集なんて普段は読まないのですが、この詩集は面白い。トヨさんステキ。時には気分が沈む事もあるけれど、すぐに気持ちを切替えて、顔を上げて自分を励まして ... » more
テーマ 詩集 柴田 トヨ

1.精髄多くの隊員たちが体当りをすればこの戦に勝てるものと思っていてその気であった。そして、出撃の時には様々な懊悩を一掃して決然と飛翔し。目的を成し遂げるための鬼と化しえた。彼等は犠牲者などと言われるのを拒否し、自らの運命を ... » more
テーマ 詩集 国防 軍事

みみをすます(谷川俊太郎/詩) こどものことばでおとなのしをかき、おとなのことばでこどものしをかくひと。 ひらがなだけでつづられたせかい。 ちいさなほんのなかのおおきなせかい、おおきなうちゅう。 たにかわしゅんたろうさんのしはなんどよんでもすばらしい。 ... » more

目次第一部「叙情詩篇」菜の花変奏曲夢のもつれ・・・池雨の庭春立つ何処へ?超人飛翔−T飛翔−U呪われし子守唄出発月が燃えてこの世が消滅する面影風が光る特攻をした人達への鎮魂歌 ... » more
テーマ 詩集 哲学

ステキな詩に会いたくて―54人の詩人をたずねて― 『ステキな詩に会いたくて―54人の詩人をたずねて―』水内喜久雄中日新聞の連載コラム『詩と歩いて―詩人と私』をまとめたもの。詩って不思議だな。と最近よく思う。自分では意識していなくても、いつの間にか心に沁みこんでいて…。作者の ... » more
テーマ 詩集 エッセイ

嬉有箱屋根裏の明かり
屋根裏の明かり 『屋根裏の明かり』シェル・シルヴァスタイン倉橋由美子訳昨日に引き続き、今日もパラパラとシルヴァスタインを読む。『屋根裏の明かり』は一コマ漫画風の絵に詩を添えたもの。絵もユニークだし、少し毒もきいていて、ユーモアたっぷり。やっ ... » more
テーマ 絵本 詩集

どきん(谷川俊太郎/詩・和田誠/画) 「みち」の歌がたくさんありました。 全部で12 それぞれにそれぞれの道。 一番印象に残ったのはここかなあ。 どきん (フォア文庫)理論社 谷川 俊太郎 ユーザレビュー:どきん子供の詩のよう ...Amazonアソシエイト ... » more

子どものがんは、大人のがんの200分の1患者さんの数は少ないし、家族は治療に一生懸命で、声が出せないだから、誰かが声を出してあげないと、誰かが温かい手をさしのべてあげないと、その幼い命はまるで風前の灯火数少ない医師や看護 ... » more
テーマ 詩集  コメント(3)

はだか(谷川俊太郎/詩・佐野洋子/絵) 何気なく読んでると、ずどんと胸をやられます。 心して読んでも、ばきゅーんと胸をやられます。 なので、覚悟を決めて読むことをおすすめします。 はだか―谷川俊太郎詩集筑摩書房 谷川 俊太郎 ユーザレビュー:はっきり言って大人が ... » more

うつむく青年―詩集(谷川俊太郎/詩) 初版は1971年だそうで、詩の年齢は私をほぼ一緒らしいです。 当時は画期的な形態だったのかな? 詩は、読み手も書き手も自由ですよね。 気に入ったように咀嚼して気に入ったように飲み込みました。 詩集 うつむく青年サンリオ ... » more

いしっころ―谷川俊太郎詩集―美しい日本の詩歌E(北川幸比古/責任編集・中山智介/画) なぜ、谷川俊太郎さんの詩は、いつの間にか声に出して読んでいるのだろう。 読んだことのある作品がいくつかあったけれど、なぜ、なんど読んでも感動を味わえるんだろう。 言葉遊びだったり、哲学的だったり、いくつかの詩のカラーがあるのだけれど ... » more

みんなやわらかい(谷川俊太郎/詩) 優しいタイトルに惹かれてページを繰ったら、いきなり最初の詩にガツンとやられました。 『あい』なんて、こんな単純なのに難しくて、考えてもこんがらがるばかりなものを、どうしてさらっと心に入る言葉にできちゃうんだろう。 ふと心のエアポケッ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 10:29

「詩集」のブログ関連商品

» 「詩集」のブログレビュー をもっと探す

「詩集」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る