誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    源氏

源氏

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「源氏」のブログを一覧表示!「源氏」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「源氏」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「源氏」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

徳川氏&岩松氏協力の神社 群馬県太田市金山の新田神社の隣りには、御嶽神社が鎮座しています。金山新田神社二代社掌の青木庫次郎政経が、金山山頂にあった御嶽神社の祠と、太田市下田島町の新田(岩松)家の館に祀られていた御嶽大神の社殿を譲り受けて、太田市内の信徒と旧尾張藩 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ新田義貞を祀る神社
新田義貞を祀る神社 群馬県太田市金山には、新田神社が鎮座しています。金山城跡の一画にあり、祭神は新田義貞です。明治8年(1875年)に、新田氏子孫の新田俊純氏を中心とした有志の方達によって創建されました。一の鳥居二の鳥居拝殿本殿 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイリスト追加
ネットでいろいろと検索していたら、千葉県南房総市千倉町の安房里見氏所縁の寺院の情報をいくつか入手できました。いずれ訪ねる予定のリストに追加しました。 ... » more
テーマ 源氏 日記 歴史

プチ・エッセイ大ケヤキ
大ケヤキ 群馬県太田市金山の新田神社参道には、推定樹齢800年の大ケヤキがあります。横にあった説明板によると「新田神社の御神木として扱われたと考えられています」とのことです。現在は、御神木ではないということなのでしょうか!? ... » more
テーマ 源氏 その他 歴史

プチ・エッセイ廃墟
廃墟 群馬県太田市金山には、金山城跡があります。現在休憩所として使われている場所と少し離れた所に、かつて休憩所だったと思われる場所がありました。ボロボロになってしまって、見るも無残です。新田義貞を祀る新田神社の前に位置しているせい ... » more
テーマ 源氏 その他 歴史

プチ・エッセイ源義教公生誕&命日
源義教公生誕&命日 7月12日(新暦)は、室町幕府第六代将軍足利義教が生まれた日であり、亡くなった日でもあります。義教は、応永元年6月14日(1394年7月12日)に第三代将軍足利義満の三男として生まれ、僧籍に入っていました。第五代将軍足利義量が早死に ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ今年はないのか・・・
里見の郷推進実行委員会のホームページを時々閲覧しているのですが、2年間続いた「里見の郷フェスティバル」について、今年はわずかしか触れられていません。鳥取県倉吉市の関金子供歌舞伎を誘致する計画があったそうですが、諸事情によって中止になった ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ新田金山城
新田金山城 群馬県太田市金山には、金山城跡があります。金山城は、文明元年(1469年)に、岩松家純によって築かれました。岩松氏は、清和源氏新田氏の一門で、新田宗家滅亡後に新田氏の惣領格となった家柄です。享禄元年(1528年)に、岩松氏は、家 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ鞍懸様
鞍懸様 千葉県館山市山本には、地元の人から「鞍懸様」と呼ばれて祀られている碑があります。源頼朝が安房に落ちてきた時に、この地に立ち寄り、馬の鞍を松の木に懸けて休息したと伝えられています。古い碑明治29年(1896年)に建立されました。 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ源義貞公旗揚げの日
6月28日(新暦)は、上野国の御家人新田義貞が鎌倉倒幕の旗揚げをした日です。旗揚げ理由には諸説あり、「新田庄にやってきた幕府の徴税使を怒りにまかせて斬り捨ててしまって、切羽詰まって旗揚げをした」とか「足利尊氏の指示で旗揚げをした」等があ ... » more
テーマ 源氏 歴史

里見氏&正木氏の供養塔 千葉県鴨川市小湊には誕生寺という日蓮宗の寺院があり、安房国を支配した大名の里見義頼、里見義康、里見忠義とその配下の正木頼忠の供養塔があります。誕生寺は、日蓮の生誕地に建立された寺院です。正木氏は、日蓮宗に深く帰依しておりました。 ... » more
テーマ 平氏 源氏 歴史

プチ・エッセイ源義輝公命日
6月17日(新暦)は、室町幕府第十三代将軍足利義輝が亡くなった日です。義輝は、第十二代将軍足利義晴の嫡男として生まれ、11歳の時に義晴から将軍職を譲られました。元服時は「義藤」と名乗っていましたが、天文23年(1554年)に「義輝」 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ太平寺跡
太平寺跡 神奈川県鎌倉市西御門には、鎌倉尼五山第一位だった太平寺が建っていました。弘治2年(1556年)に、戦国大名の里見義弘が鎌倉を攻めた際に、住持の青岳尼を連れ去りました。青岳尼は、還俗して義弘の妻となりました。青岳尼は、鎌倉を出る時 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ源尊氏公命日
6月7日(新暦)は、室町幕府初代将軍足利尊氏が亡くなった日です。尊氏は、鎌倉幕府の有力御家人であり源氏の棟梁である足利貞氏の二男として生まれましたが、兄が亡くなったため家督を継承しました。後醍醐天皇の倒幕運動鎮圧のために出兵していた ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ源氏姫命日
6月6日(新暦)は、最後の古河公方足利義氏の娘の足利氏姫の亡くなった日です。義氏が死去した時、義氏の嫡男が早世していたため、氏姫が家督を継ぎました。氏姫は、豊臣秀吉の計らいで、小弓公方家の足利国朝を婿養子に迎えました。小弓公方家 ... » more
テーマ 源氏 歴史

通りすがりに見つけたお寺 2 神奈川県鎌倉市西御門には、満光山来迎寺という時宗の寺院があります。永仁元年(1293年)の創建で、開山は一向上人です。石段本堂目的地である大平寺跡の碑のすぐ後ろに建っていたので寄ってきました。入口にあった説明 ... » more
テーマ 源氏 歴史 鎌倉

プチ・エッセイ源義満公命日
5月31日(新暦)は、室町幕府第三代将軍足利義満が亡くなった日です。義満は、初代将軍足利尊氏が亡くなってから丁度100日目という区切りの良い日に生まれたので、足利尊氏の生まれ変わりだとも言われました。南北朝の統一を成し遂げ、室町幕府 ... » more

プチ・エッセイ源義実公命日
5月18日(新暦)は、安房里見氏初代の里見義実が亡くなった日です。以前は「結城の合戦」の落ち武者として房州にやってきて、安房を支配していた豪族にうまく取り入って力をつけ、やがて安房を平定するまでになったというのが通説でした。最近では ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ鎌倉の象徴
鎌倉の象徴 神奈川県鎌倉市梶原の源氏山公園には、源頼朝の銅像があります。鎌倉の象徴として、頼朝の鎌倉入り800周年の年に作られました。源氏山の由来については2007年1月27日の記事で書いているので省略します。その記事でも頼朝の銅像の写真を載せ ... » more
テーマ 源氏 歴史 鎌倉

プチ・エッセイ源頼朝公生誕記念日
5月9日(新暦)は、鎌倉幕府初代将軍源頼朝の誕生日です。頼朝は、久安3年4月8日(1147年5月9日)に源義朝の三男として生まれました。二人の兄は側室の子供でしたが、頼朝の母は正室だったので嫡男として育てられたと伝えられています ... » more
テーマ 源氏 歴史 鎌倉

プチ・エッセイ七口の一つ 2
七口の一つ 2 神奈川県鎌倉市扇ガ谷には、「化粧坂」と呼ばれる道があります。「仮粧坂」と書くこともあります。鎌倉七口と呼ばれる道の一つで、鎌倉の中心から武蔵国に向かう出口になっていました。坂の上は、市や商店で賑わっていたと伝えられています。現在 ... » more
テーマ 源氏 歴史 鎌倉

プチ・エッセイ太田市観光
群馬県太田市の新田氏関連の史跡巡りをしてきました。朝早く行くつもりが、思いっきり寝過ごして、出発は9時過ぎでした。遅れを少しでも取り戻そうと、高速を使用。最初は調子良かったものの、首都高で何度か渋滞に遭遇。東北自動車道に入る ... » more
テーマ 源氏 日記 歴史

プチ・エッセイ大姫の守り本尊
大姫の守り本尊 神奈川県鎌倉市扇ガ谷には、岩船地蔵堂があります。鎌倉幕府初代将軍源頼朝の長女の大姫の守り本尊が祀られています。大姫は木曽義仲の嫡男の義高と婚約していました。義高は頼朝と義仲の和睦の印として鎌倉に人質に出されていましたが、頼朝 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ千利休命日
4月21日(新暦)は、茶聖の千利休が亡くなった日です。利休は、織田信長、次いで豊臣秀吉に仕えましたが、秀吉の勘気に触れ、天正19年2月28日(1591年4月21日)に切腹させられました。利休の先祖は、里見氏の分家の田中氏だったと伝え ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ源義教公将軍宣下の日
4月18日(新暦)は、足利義教に征夷大将軍宣下があった日です。義教は、室町幕府第三代将軍足利義満の三男として生まれ、僧籍に入って義円と名乗りました。第五代将軍足利義量が急逝したため、大御所となっていた第四代将軍足利義持が政務を代 ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイなすび記念日
4月17日は「なすび記念日」です。41(良い)7(ナス)の語呂合わせです。4月がナスの食べごろであることと、ナスが大好きだった徳川家康の命日が旧暦の4月17日だったことにも由来しています。 ... » more
テーマ 源氏 その他

プチ・エッセイ内乱の古戦場
内乱の古戦場 千葉県館山市腰越には、狐塚と呼ばれる場所があります。安房里見氏の内乱(天文の内乱)の最後の決戦地になった場所だと伝えられています。この内乱で、嫡流の里見義豊は敗れて自害し、庶流の里見義堯が家督を継承しました。撮った時は気づかなか ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ諏訪山
諏訪山 千葉県館山市正木には、諏訪山公園があり、山頂には諏訪神社が鎮座しています。延喜元年(901年)に創建されました。祭神は、建御名方命です。当時は麓の村に荒波の被害が度々出ており、村人はとても苦しんでいました。正月八日に、村人の ... » more
テーマ 源氏 歴史

プチ・エッセイ誕生寺の供養塔
千葉県鴨川市内の病院に入院している知人のお見舞いに行ったついでに、小湊山誕生寺という日蓮宗の寺院に行ってきました。目的は、里見氏と正木氏の供養塔を見ることです。安房里見氏配下の正木頼忠は、日蓮宗に帰依していました。誕生寺の公式サ ... » more
テーマ 源氏 日記 歴史

プチ・エッセイ源義兼公命日
4月5日(新暦)は、足利義兼の亡くなった日です。義兼は、源頼朝が平家討伐の挙兵をすると、いち早く駆けつけて頼朝の信頼を得ました。父方では、頼朝は八幡太郎源義家の曾々孫にあたり、義兼は義家の曾孫にあたります。母方では、頼朝と義兼は ... » more
テーマ 源氏 歴史

 

最終更新日: 2016/12/09 09:49

「源氏」のブログ関連商品

» 「源氏」のブログレビュー をもっと探す

「源氏」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る