誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文明論

文明論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「文明論」のブログを一覧表示!「文明論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文明論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文明論」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

変人キャズ比較優位の経済学
「比較優位」なんて普通の言葉だから、これが経済学では特別な意味を持っているとは知らなかった。昨年11/16の新聞で知ったことを、メモっておく。経済学者リカードが自由貿易の正しさを説くのに初めて使った原理、を表わす言葉だという ... » more

変人キャズ歴史の危機(補足)
経済学者のコラムに対する異論の心算であった前回の記事:★ 歴史の危機:[C-272]は、引用した話題が我が国の政治の現状であって、経済問題でなかったのが適切でなかった。その点での補足の意味で日銀を取り上げる。現在の全 ... » more

変人キャズ日米開戦70年(1)
今からちょうど70年前の1946/12/8の午前7時に、ラジオの臨時ニュースが流れ、中学校に登校するために玄関で靴を履いていた私の耳に聞えた。「帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れ ... » more

TPPというのは、アメリカ主導の「大東亜共栄圏」だろ ペルーの大統領選挙の件。チャラ夫じゃない方の、元大統領のフジモリの娘は落選しているようですな。結構前だけど、アメリカのとは違って、日本ではそんなに大々的なニュースにもならなかったと見える。このヘンの情報の取り扱い方についても、日本のマス ... » more
テーマ 文明論 歴史 読書

(そういや)ペルーの大統領選挙はどうなったのだろう 『密林の語り部』バルガス=リョサ西村英一郎=訳岩波文庫1980年代というのは、今思えばフシギな10年間である。おそらく、「先進国」がまだその20世紀的形態を保っていた最後の10年間であり、「資本主義」(一国内でおおむねコトが済んでい ... » more
テーマ 文明論 ラテンアメリカ文学 読書

ナニかが終わる時 『ローマ人の物語41 42 43ローマ世界の終焉(上・中・下)』塩野七生新潮文庫ここ何年も、夏の終わりに『ローマ人の物語』の文庫版を読むのが“習慣化”していたから、終わるとなるとさすがに感慨深い。著者の意向による装丁や紙質、文庫本に ... » more
テーマ ローマ史 文明論 読書

変人キャズ稲むらの火と古賀茂明
9/1になると毎年関東大震災の話題が取り上げられる。今年も、関東大震災を予言した地震学者、ということで、今村明恒の話が紹介されていた。今村の業績の一つとして、地震、津波に対する防災意識の啓発に努力して、戦前の小学校の国定国語 ... » more

アイム・ソーリー(太古の洒落) やっぱり、涙をみせちゃ総理になれないだろう。まあ、どっちにしろ増税が確実な決選投票だったわけだが。あとは、どっから搾るのかってだけの違い?……8月も終わり。蝉の声も蜩ばかり。『ケルト神話の世界上・下』ヤン・ブレキリアン田中仁彦・山邑 ... » more
テーマ 文明論 読書 神話

変人キャズ開国の歴史、補足
20世紀の歴史の重大な場面に於ける、先見性を持った人物の行動と、それに対する社会の評価を、▲日本人と先見性:[B-158]に、佐久間氏が書いている。これを見て、気になったのは、明治の開国前の重大な場面で働いた人物として、 ... » more

変人キャズ66回終戦記念日、補足
昨日公開の前記事に、ご注意を頂いたので、補足を。前回の記事の末尾に、「テレビ番組の中で、若い評論家が、東部軍管区司令官が自決した話題を見て、『何も、死ななくても』、と発言している」、と書いた。あの場面で発言したのは、 ... » more

変人キャズ殷時代の遺物
「何でも鑑定団」という、人気の有るテレビ長寿番組がある。有名、無名の人々がそれぞれに、自身は大層価値が高いものと思って秘蔵している物品を、目利きの鑑定者に見て貰うと二束三文の価値しかないことが分かったり、その全く逆のケースが ... » more

2011/4/18の毎日新聞「特集ワイド」欄に、「レベル7の原発震災は、科学技術過信の果てに生じた」、との署名記事(中沢雄大)があった。▲▲▲この日の朝、栃木県鹿沼市の国道で、集団登校中の小学校の児童6人が、 ... » more

変人キャズ狭心症の新治療法
少し前になるが、狭心症の新治療法が厚生労働省の高度医療に承認された、との話題があった。狭心症は動脈硬化などが原因で、心臓の血管が狭くなり、心筋に十分な血液(酸素)が流れなくなって、胸の痛みなどを起こす病気。従来の ... » more
テーマ 文明論

変人キャズ久々の音楽会
学生時代には、“学生音楽友の会“会員だったし、社会人になってからも、ウィーンに行けば国立オペラハウス、パリに行けばオペラ座、と音楽を追いかけていたのに、生演奏の音楽会から遠のいた生活になっていた。地元の川崎市に、「文化の風コ ... » more
テーマ 文明論  コメント(2)

変人キャズ60年前の回想(5)
此処に書く内容は、一口で評するならば、“蛇足”、である。蛇足を描くのは、プライドを持つ人間は、すべきでないこと。それを承知の上で此処に書くのは、私が老化したから、でなない。▲60年前の回想(4)、のブログ記事の文中に、あの雑 ... » more
テーマ 国際性 文明論  トラックバック(2)

変人キャズ白熱電球の製造中止
2010年3月17日、 東芝ライテックは、一般白熱電球の製造を終了した。この日、同社は、「一般白熱電球製造中止式典」、を催した。この大きな節目に、この分野に近い場所で働いてきた老人、の私は、今では知る人の少ない、日本における ... » more

変人キャズ古代人の能力
エジプトのピラミッドがどのようにして作られたか、その建設方法についての新しい考え{推理}をテレビで紹介していた。非常に納得のいく、説得力のある話である。この放送を見ていて私は番組の内容よりも、全く別のことに、頭を占領され続け ... » more

わたしはながらく哲学を研究してきました。専門は中国哲学ですが、そのほかの学問もひととおり眺めてきました。さて、結論としてはやはり人間は生命であって、人間を含む生命の世界、つまり生命圏と共生しなければ、少なくとも肉体であるがぎり生存できないと ... » more
テーマ 文明論 哲学

そんなんじゃだめ、という批判がありましたので、もっと深めてみたいと思います。真理とはなにかといういのは、およそ人間が知性を持ってからは、常に問題とされたのでしょうが、ヨーロッパに限っていえば、やはりギリシャの古代に現れた自然哲学者が ... » more
テーマ 文明論 哲学

もともと子供というのは生命力にあふれて元気なものです。それが捻じ曲げられて妙に良い子になったり、逆に精神に変調をきたすのは教育や躾けの美名のもとに行われる、大人による冷酷な仕打ちです。例えばいうことをきかないと、体罰で服従させるようなやり方 ... » more
テーマ 文明論 哲学

「真理と悪に対する罰について」についてそんなんじゃダメ。もっと本を読んで深めないと! ... » more
テーマ 宗教 文明論 哲学

そもそも仮に神と呼びますが、この宇宙もしくは地球を創ったなにものかは、生き物が生きるために必要な物を十分に与えています。そのことは人間にもあてはまるのです。だからそれ以上のことを求めるのは本当は傲慢です。だからその日に必要な物を必要 ... » more
テーマ 宗教 文明論 哲学

中村敬宇と並び称される、明治初期の啓蒙家に福沢諭吉がいる。彼は「敬天愛人」という言葉を発したわけではないが、その文明思想の核心は、南洲翁と同質のものであったと言っても過言ではない。福沢の「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造ら ... » more
テーマ 文明論 西郷隆盛(南洲) 福沢諭吉  トラックバック(1)

本稿はモダンつまり近代とその連続にすぎないポストモダンを批判的に捉えなおす事で、21世紀の知を模索することを目的とします。1忌避される知現代の科学は難解なために敬遠されています。まるで一部の科学ファンのためにあるもの、も ... » more
テーマ 文明論 哲学

変人キャズ不思議な体験
▲[C-176][2009/1/1]日米開戦67年目の年末に思う という私の前回エントリーは、表題からすれば、当然12月末の日付で公開されなければ可笑しい。しかし、現実は、今年1月1日になっている。実はあの文章の下書きは12 ... » more

パンセの森自己不全感とニヒリズム考
今を去ること15年前、私は人間存在の究極的な目的を考察した結果、そのようなものはないと考えました。もしあるとしたら、生きる事そのものしかないのではと考え、もしそうなら、人間共通の目的は永遠の命を手に入れることであろうとも考えました。しか ... » more

「<温暖化理論の虚妄>」について私の見解とは違うものですが、なるほど科学的に考えるとそのようであるかと思い、公正を記するためにぜひごらんになってください。生憎わたしは科学には不案内なので、科学を修めた方の見解として、啓発されました。 ... » more

パンセの森豊か過ぎるのも問題だ
1950年代のアメリカは今みたいに治安が悪くなく、たいていの家では外出時に鍵なんてかけなかったという。ところが1980年代には、犯罪が日常的で、安全でなくなっていたそうだ。いまの日本は欧米並み、いやそれ以上の豊かな国になった。よ ... » more

『「かわいい」論』は3年くらい前に出版された新書です。買うだけ買って読まずにいたのですが、ふと気になってざっと目を通してみました。「かわいい」論楽天ブックス ちくま新書 著者:四方田犬彦出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:206p発行 ... » more
テーマ 文明論

変人キャズ原少佐に思う事
半世紀前の太平洋戦争の最中に、Y君の在学していた旧制松本高等学校の教員に、原さんという退役陸軍少佐がいた。昔の陸軍士官学校の卒業者だから優れた人物であった事は間違いない。昭和初頭の軍縮の流れの中で少佐で退職する事になった人のようであ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 08:34

「文明論」のブログ関連商品

» 「文明論」のブログレビュー をもっと探す

「文明論」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る