誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    情報システム

情報システム

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「情報システム」のブログを一覧表示!「情報システム」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「情報システム」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「情報システム」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

Dora_PaPa_san's_Pages小林雅一「AIの衝撃」
Expert Syatemなどという懐かしい言葉が出てきたけれど、 何度かの失望の時期を経て、AIはふたたび脚光を浴びている。機械学習の進歩とビッグデータの活用によって、AIは、ビジネスに役立つよう自ら進化するになった。機械学習といっても、 ... » more

分厚いDADの本は昨年読んだ記憶がある。エンタープライズ・アジャイルのその後をさっと知りたくて手にして、斜め読みした。アジャイルの話題が1/3、クラウドの話題が1/3、その他が1/3といった感じで、日経らしく、話題はいろいろだった。 ... » more

企業のIT部門が受け身の姿勢から「攻め」に転じ、経営に対する貢献を果たそうという提案は、何十年も前から議論されていたことであって、その為の本も少なからずあるだろう(多くはない)。この本もIT戦略、態勢、コミュニケーション、人材育成・・と「攻 ... » more

玉川恵他「AWSクラウドデザインパターン設計ガイド」 パブリック・クラウドを試すのにAWSを採用するケースが多いとおもう。とはいえ、目的に適った機能選択を考える必要はある。「パターン」と名付けた、提供機能、あるいはサービスコンポネントを選択、組み合わせることが「設計」となる。第1章は、 ... » more
テーマ 情報システム

Crossover日曜でも稼働
日曜でも稼働 天気の悪い日が続くが今日も雨。しかし、某学会のため外出。基調講演が、某酒造会社の名誉チーフブレンダーでウイスキーの話題(今ある意味旬なのか)で、ちょっと趣の違う興味深いものだった。世の中まだまだ知らないことも多く、奥深い。 ... » more
テーマ 情報システム

Crossoverいつもの例会、今回は京都で
いつもの例会、今回は京都で 毎月平日夜に大阪市内でやっている、某団体関西支部の定例会を、今回は趣向を変えて京都で開催。土曜昼間ということで時間もたっぷりあるので、講演、ショートトーク、ワークショップと盛りだくさんだった。結構多くの人に集まっていただき、それ ... » more
テーマ 情報システム

CrossoverRuby
Ruby 今日はいろいろたまった作業を片付けようと思っていたのに、結局ほとんど片付かなかった。夜は、某所でRuby開発者のまつもとさんの講演会に。K先生にもひさびさにお会いできた・・・それ以外にも結構知り合いも多く参加していて、Rub ... » more
テーマ 情報システム

木村哲「本当に使える 要求定義 改定版」は、若いSEが是非読むといい。 「要求」系の本は結構目を通しているつもりだが、この方は初めて知った。「要求」系の本は、Requirement Engineering的なものから、現場の生活の知恵的なものまで、いろいろなタイプがあるが、木村氏のこの本は、どちらかと言えば現場 ... » more

Crossover情報システムのお勉強
情報システムのお勉強 昨晩は、アドバイザー(名ばかり・・)をさせていただいている情報システム系法人のユーザ向け勉強会にひさしぶりに参加させてもらった。お題は「サービスデザインとアジャイル開発」大学のような学術的な学びも重要だけど、やはり情報システムに ... » more
テーマ 情報システム

阪神淡路大震災で情報(IT)ボランティア活動に携わった人達と考える震災20年と未来 今や震災と言えば東日本大震災のことを指すことが一般的だが・・・・我々の経験した震災からちょうど20年。この機に集まらないと永遠にそういう機会を持てないという発起人の思いで立ち上がったイベントに呼んでいただいた。当時私はボラン ... » more
テーマ 情報システム

ITコーディネータ協会監修のイノベーション経営プロセスガイドライン。ガイドラインだから、あまり逐次的に読む本ではないかもしれないが、三分の二くらい読んだ。アイデアだけに頼るのでなく、それを設計、製品化、事業化、競争優位へとつなげ、広げてゆく ... » more

ビッグデータとアナリティクスの事例、実践例として、なかなか出色の内容だと思われる。こんな分野にも活用されるのかと驚いてもいる。また、オペレーショナルの分野やビジネスプロセスとの連携など、従来のビジネス・インテリジェンスと一味違うことが分かる ... » more

重要単語、語句説明、「プロマネのひとりごと」、IT調停委員からのアドバイス、鉄則とその説明・・・と、77の単語ごとに解説されている。訴訟を話題に、その予防という視点がユニークな点。勿論プロジェクト管理一般論も含む。ごく短い、皮肉っぽい「 ... » more

Crossover某所で某団体の忘年会
某所で某団体の忘年会 今年最後の忘年会、多分。パーティールーム貸し切りだと、今どきはプロジェクタとスクリーンが常備されていたりする。そこでプレゼンが始まるところが某団体(笑)ちょっと飲み過ぎ・・・ ... » more
テーマ 情報システム

Crossover完敗
論文まで進んだら必ず合格できるという自信が崩れてしまった。2年連続。とりあえず、予定どおりこれで一旦打ち止めにしよう。自分ではITストラテジストではなく、システムアーキテクトだと思っている(思いたい?)が、認めてもらえないという ... » more
テーマ 情報システム

IBM PC搭載インテルはイスラエルの技術者が本社を説得した独創的なものだったが、製造は数社に委託された。80386のときはインテル一社供給を実現し、湾岸戦争でロケット弾が落ちる中、8割にも及ぶ自主的出勤者がガスマスクをつけながら生産、供給 ... » more

斎藤昌義「システムインテグレーション崩壊」 どちらかといえばユーザーよりもSI事業者向けに書かれたもので、人月単価に基づくSI事業はユーザーニーズの変化・スピード、クラウドなどの環境、もともとある構造的な問題によって減少してゆく。したがってSI事業者は、クラウドをベースに付加価値をつ ... » more

原題は、”Users, Not Customers : Who Really Determines the Success of Your Business”日本語の副題は「顧客主義の終焉と企業の命運を左右する7つの戦略」 ・・・ つま ... » more

遥か昔、ORと呼ばれる領域があった。そのときの本のトーン、内容と、すこぶる似ている。以下に挙げるような考え方、手法、技法をさらりと理解するには、たいへん良い教科書、それも、無駄を省いて、ポイントを突いたなかなかよい教科書と思う。私には向いて ... » more

自称なんでも屋のディレッタントの私は、ネットワークも少しはやったが、最近の無線LANなど全くわからない。この本もやたらと略語が飛び交い、全く歯が立たない。2008年12月に標準化仕様が完成した3GPP(Partnership Pro ... » more

建築物と同様にWebサイトやアプリケーションは立体構造だと指摘し、カラム・レイアウト、レスポンシブ・デザインやナビゲーションの方法にかなりの頁をさいている。「戻る」のあるAndroidとiOSの違い、パンくずの考慮、グローバルとローカルナビ ... » more

本当にそう思います。分析時にちょっとしたオペミスまたはITシステムのバグや仕様ミスで分析そのものをミスリードしてしまうし、真実を見抜けない分析をしたために意思決定を誤ってしまう。私の26年間以上のITとマーケティング ... » more

最近、vSphereを学ぶ機会があった。VMはともかく、ハードウェアなども、分かったつもりでいると随分認識と違うと思い知った。特にストレージは、私の現役時代とは隔世の感がある。そこで、最近出た「教科書」を眺めてリフレッシュ(?)してみたかっ ... » more

2010年邦訳出版なので、そんなに新しくない。話題は旧知のものが多いが、スタートアップの中で、"バイラル"といっていい企業を手際よくまとめている。先月読んだ「グロースハッカー」と共通する話題(ホットメールなど)もある。古い意味でマーケティン ... » more

香山哲司「なぜマイクロソフトはサーバー攻撃に強いのか」 「なぜマイクロソフトはサイバー攻撃に強いのか」・・・なぜなのか、よくわからなかった。たぶん読み方が悪いのだろう。BYODなどと言う言葉ができる前から、持ち込みPCがOKだった企業は少なくない。検疫ネットワークなどのは仕組みがあるかどうかがキ ... » more

ご存知日経BPの谷島宣之氏の本。企業の情報システムを取り巻く考え方を通して、文化論や、維新以来の近代化を問いなおしている。「日本と日本人論」や日本の「近代化論」は、私が深く関心をもつテーマでもあり、興味深く読んだ。全編、「古くて新し ... » more

伝統的なマーケティングの専門家であった筆者はある日、グロースハッカーによって旧来のマーケターが追われるという記事を見て、猛勉強し、自身、グロースハッカーに転身した。氏の定義では、「グロースハッカーはマーケターとエンジニアのハイブリッ ... » more

なかなか読み進められない、やや退屈な書だ。退屈なのは、新奇をてらったものでもなく、地味で、まっとうな言説だからだ。「新機軸」とあるが、別に新しい画期的な説が述べられている和敬でもない、と思う。他部門からきた情報システム部門長にはぴったりの開 ... » more

小林氏の主張はシンプルだ。HTML5を新たなプラットフォームの武器として、日本勢に世界に向けて再挑戦してほしいということだ。例えば、アップルのixxx、AppStore/iTuneでは、コンテンツ・メーカーは30%の「税金」を払って ... » more

小林雅一「クラウドからAIへ」 全編を通して、AIの歴史的背景が繰り返し、分かりやすく説明されている。ルールベースAI、エキスパートシステムは柔軟性に欠け実用に適さないと考えられ、AIの動きは一時停滞していた。AIの王道であるニューラルネットワークも、一時パーセプトロンの ... » more

 

最終更新日: 2017/04/22 17:18

「情報システム」のブログ関連商品

» 「情報システム」のブログレビュー をもっと探す

「情報システム」ブログのユーザランキング

Crossover 1 位.
Crossover

テーマのトップに戻る