誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本を読む

本を読む

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本を読む」のブログを一覧表示!「本を読む」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本を読む」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本を読む」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

直木賞候補となった黒川博行著『悪果』。 昨年の十大かつ重大ニュースを挙げたなら、黒川博行さんの『暗礁』の文庫本解説を書かせていただいたことは上位に入るだろう。ていうか1位と2位が同位入賞て感じなんだけど。そして、単行本が発売された『悪果』については数々 ... » more

上野千鶴子の「おひとりさまの老後」を読む。といっても、途中まで読んで嫌な気分になるフレーズのあるページを折っていると本が倍ぐらいの分厚さになるほど折り目がついて熱が余計に上がりそうになったので半分ほどで放り投げてしまった ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話  トラックバック(1)

食べても太らない。という人より、あたしが妬ましく思うのが「飲んでも二日酔いしない」人。そんな人間がこの世にいるなんて知らなかったが、去年か一昨年くらいに飲みダチの女支配人が「こないだ、はじめて二日酔いしま ... » more
テーマ 仁義なき戦い 本を読む 神戸な生活  コメント(6)

毎日がこんにちは
だいぶ、ごぶさたしてしまっていましたもう今年もあとわずかですね。いろいろな事がありましたが、周りの方々に支えられた一年でした。さて、いつものように本に紹介を・・・以前にもご紹介しましたいしいしんじさん ... » more
テーマ 本を読む

ミシュラン、あ、東京版ね。あれ、売れてるって噂なのだけれど、みんなそれ見て実際にいかれるのでしょうか。いや、あたしはたぶんそんなカネ(値段)もヒマ(予約待ち)もないから行けないし買わない。加えて、たぶん読んで ... » more
テーマ 本を読む 食べる 神戸な生活  コメント(12)

やっぱり『サイゾー』。 会社帰りに堂チカの「旭屋書店」で久しぶりに『サイゾー』を購入。特集は「ヤバい本100冊」。http://www.cyzo.com/cat35/相変わらず、気を吐きまくってる誌面と文面。デザインも良すぎる。 ... » more

『やっぱり神戸はモノがちがう』表紙&神戸への願望。 えと、『やっぱり神戸はモノがちがう』が搬入されました。発売は今週の金曜日の16日です。こんな顔で、書店にて並ぶこととなりました。これは、中でも紹介させていただいた元町高架下に戦後すぐよりある[ミスターボンド] ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む 神戸な生活  コメント(12)

毎日が読書の秋
あっという間にあの暑かった日々から冷え込みの季節に。日が落ちるのも早くなりました。そんな秋にふさわしく、「とりのなん子」さんの『とりぱん4』とりぱん 4 (4) (ワイドKC)が発売になりました。庭に遊びに来る鳥達と、な ... » more
テーマ 本を読む

仁義のち積ん読。 栄町の港町酒場からこれらのサイトを見よ、と仁義なき朗報が送られてきた。http://harrisonsimmons.blog4.fc2.com/blog-entry-984.htmlhttp://www.junplannin ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話  コメント(2)

『仁義なき戦い』はじまる。 色校正がまだだし、日曜日の余韻で喉もがしゃがしゃ言ってるし、TSUTAYAの半額クーポンデーの案内が来ていたので、あたしは中之島に行くのをやめて、昨日は神戸で仁義なき戦いに巻き込まれ、死闘を繰り広げていた。ちょっと前 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む 観る  コメント(2)

黒川博行『悪果』続報。ガサ入れ、まだまだ続くよ(黒笑)。 『悪果』にまつわる東京新聞のインタビュー。http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/doyou/CK2007101302056199.htmlこれによると、次は「監察もの」だとか。 ... » more

西加奈子『ミッキーかしまし』。 ファイティング大迫力と、あたしの中でリング・ネームを改めたダイハクリョク青年が、オハラ軍曹の校閲やあたしのへなちょこ朱書きをせっせせっせと反映しながらクォークエクスプレスに流し込み、何10ページと入稿してくれている。 ... » more
テーマ 本を読む

黒川博行著『暗礁』発売報告と『悪果』続報。 ばたばたしてて更新できなかった昨日。えと、黒川博行著『暗礁』の文庫版が発売された。この文庫版の解説を書かせていただいたんだけど、幻冬舎文庫は解説者のクレジットも背表紙に入るので書店で見て、ひへへへ、と嬉しくなり、柱の ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(10) トラックバック(1)

黒川博行『悪果』、圧巻(ダジャレじゃないよ)。 撮影と調整の日々。お世話になったハイシ嬢や、ムーンライトの宍戸さん&ヒサミさんや森谷商店の娘さんや神戸元町牡丹園の王さんや…たくさんの方に感謝。昨夜は上海帰りのミスター捻挫と平尾くんとコトエちゃんで最近のヘビーローテ ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(12) トラックバック(2)

『エリア88』とチリアーノde少年漫画汁。 大阪と神戸をばたばたと往復している車中にて、4人掛けの座席の前の席で、女の子が眉間に皺を寄せて真剣な表情で本を読んでいる。と思ったら『エリア88』だった。「無頓着」なストレートの黒髪が「無造作」なナチュラルヘ ... » more

黒川博行著『悪果』 土砂振る雨のちょっと先をすり抜けて撮影終了。あーあぶないとこだった。ていうか、そんな強行突破もまた、カン悪し…。帰宅して原稿でも書こうかと思うと、アマゾンから発売連絡のメールが入る。黒川博行著『悪果』。 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む

村上龍『ハバナ・モード』。 ムーンライト宍戸さんに借りていた『ハバナ・モード』に、頭がくらくらした。『半島を出よ』と『13歳のハローワーク』を書いていた時の同時進行のエッセイ集。消耗品男のシリーズ。『半島を出よ』はもちろんあまりに面白く ... » more
テーマ 本を読む

内田樹・平尾剛著『合気道とラグビーを貫くもの』。 やることはチョモランマの如くそびえているが、どうもやる気が起こらず、見えないふりをして、のらりくらりと避けてアイスを舐めたり寝転がったりしていて、ふと目の前の『合気道とラグビーを貫くもの』に気づき、なんで忘れていたのかを ... » more
テーマ 本を読む

つくづく懲りない人生を送ってきたが、昨日はさすがにちょっと懲りた。いや、ようやく懲りた。あたしが何かを懲りずにしてしまうとき、あたしはいつも心底懲りたがっていて、そのために何度も繰り返すのだと思う。そのこ ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(2) トラックバック(1)

始動した神戸本については、久しぶりに140Bブログを更新した。http://www.140b.jp/blog/オフィシャルでは敬語のあたしなのであった。 ... » more
テーマ 本を読む 神戸な生活

久しぶりに『ノルウェイの森』を読み返す。初めて読んだ日のことを思い出し、同時にとても大切なことを忘れていたことも思い出す。お盆に泊まりがけで訪れる京都はいつもすることがなく退屈だった。天王山トンネルが30キロ ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む 歌・音  コメント(5) トラックバック(1)

女流作家。 『逃亡くそたわけ』『袋小路の男』と絲山秋子を続けて読む。2冊とも140Bのオオサコ文庫(単行本だけど)。というのは、私は前に絲山秋子を何かで試しにペラめくりしたもののまたの機会に…と疎遠になったので、もはや本屋でわざ ... » more

もういい加減にわかってきているんだけど、あたしは基本的に面倒くさいことが好きだ。人生において。目の前に、回り道がぐねぐねうねうねと現れていったいどうやったらそれが攻略できるのかと考えるとき興奮で鳥肌が立ちそうになる。 ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話

京都へお墓参りに行く。北野白梅町で挨拶して、仁和寺の墓園。「仁和寺にある法師〜」と相方と二人で諳んじるも、その後、続かず。「耳ちぎれる話やんねえ」「鼻ももげるやろ」吉田兼好、グロい男である。帰宅してネット ... » more

西東三鬼『神戸』。 ここ数カ月、悩んでいた案件がふとした入門書で劇的に解決。もっと早く読めば良かった、という気持ちもあるが、おそらく今だから血と骨に染み渡るわけで。まあ、良しとしよう。本屋で久しぶりに『en-taxi』を手に取る。 ... » more
テーマ 本を読む 神戸な生活  コメント(3)

黒川博行さんへのラブレター(解説)北新地前夜祭。 140Bブログに書いたように、この秋に文庫化される黒川博行さんの『暗礁』の解説をかかせてもらうことになった。暗礁昨夜は、版元の幻冬舎モリシタさん仕切りで、黒川さんと装丁家の多田和博さんとで北新地。そこに混ぜて ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(6)

猫にまみれて。 締め切り前夜のばたばた日曜日がひと段落した。もう9時やんけっ。昨夜、パラ読みで即買いしたものの涙の放置プレーで身悶えしていたこれ、じっくりと読みふけることとする。作家の猫『太陽』の1997年5月号特集 ... » more
テーマ 本を読む

京大文学。 締め切りデッドヒートに勝者の雄叫びを上げ、無事、のらりくらりの日常に舞い戻る。昨夜は、後半を主人公とともに一気に闘い抜けた『鴨川ホルモー』を読了。万城目学さんと森見登美彦さんの作品共通点は、京大及び左京区を中心と ... » more
テーマ 本を読む

毎日が新刊!
こんにちは、きょうはとてもよいお天気です。もやしもん 5 おまけ付き―TALES OF AGRICULTURE (5)が出ました。かわいいおまけ付もあります!!子供達にも大うけでした。秋にはTVアニメにもなるそうで、 ... » more
テーマ 本を読む

そして…神戸。 久しぶりの街風景カットの撮影日を狙いすませたように…雨。こないだの嫌な感じの雨の日も、実はそうだった。あたしのかわりに、手帳を見てるのか。雨が一概にダメということもない。けれども、現時点では、しっとり ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話 神戸な生活

 

最終更新日: 2016/12/02 08:30

「本を読む」のブログ関連商品

» 「本を読む」のブログレビュー をもっと探す

「本を読む」ブログのユーザランキング

Oh Edo Sampo 2 位.
Oh Edo Sampo

テーマのトップに戻る