誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本を読む

本を読む

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本を読む」のブログを一覧表示!「本を読む」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本を読む」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本を読む」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

橋本治ワンダーランド。 このところの通勤電車はザッツ橋本治ワンダーランドへようこそ。今日はデビッド100コラム。内田樹先生がサインもらう本です。(『橋本治と内田樹』参照)きっと内田先生のは単行本であたしのは文庫だけど ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む

『橋本治と内田樹』と『仏教ではこう考える』。 あたふた人生街道をよたよた小走りしているのだが、読む本読む本面白過ぎる。内田樹先生と橋本治さんの対談。『橋本治と内田樹』はあたしの今年のベスト5にいきなり入りこんだ。興奮のあまり、内田先生には「あまり ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(5)

インタビューへの独り言。永江朗著『聞き上手は一日にしてならず』。 実はインタビュー取材が得意ではない。いや、いちおうはプロの看板をあげているのである程度の原稿はつくられる。でも、得意じゃないんじゃないか、といつも不安になる。不安にならないようにその為の下準備 ... » more
テーマ 本を読む オシゴトノコト 世知辛い話  コメント(9)

連休中日の探偵団&最終日の中華な皿と三国志。 連休の中日はずいぶと前から楽しみにしていた劇団Gフォレスタによる洋館ミステリー劇場。お題は夢野久作『二重心臓』。いつもの乾邸@御影山手ではなくて、偶然にも自宅から5分の場所にある、山本通3丁目(外国人 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む 神戸な生活

ぐずぐずな独り言。 ここんところ、あたしは「よく生きたい」と思ったことをときどき思い出しながら、せっせと働くようにしている。自分のせっせぶりに、ふと、疑問が湧く。そのせっせは、「よく生きたい」ため?イエスともノー ... » more

翻訳コンニャクなしで読む翻訳本のこと。 ドクターayaさんのブログを読んでアマゾンっていた本が届く。イアン・マキューアン著『贖罪』。あたしは大学生の頃に重度の翻訳小説アレルギーを自覚して以来、カタカナの人が書いたカタカナの人たちが登場する本 ... » more
テーマ 本を読む 神戸女学院  コメント(2)

NEKO-NEKO読書のすすめ
神様からひと言〈光文社文庫〉 荻原 浩 この本、チョーお勧めです!!ある書店の手書きのPOPにふと目がとまり数年前に読んだのですが、今日本屋さんに行ったらこの本がまた平積みで売られていたので紹介します♪ ... » more
テーマ 本を読む

別件で買い物カゴを手に提げてお買い物にいそいそ出掛けたアマゾンで、レジに行きかけてあらそうそうとのぞいてみると『困難な自由』の棚には「お取り扱いできません」の貼り紙。アマゾンの「お取り扱いできません」というのは< ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話

誕生日プレゼントに内田樹先生の『困難な自由』を買おうと昨夜に」引き続き、ジュンク堂大阪本店へ。ジュンク堂大阪本店の2階から3階へのエレベーターは、階数でなく偏差値が上がる気がする。あたしの。フロア ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話  コメント(2)

山田可南と永沢光雄さん。『ねこメロコーダ』に『ブルータス』琳派って誰? 築地のフジモトマミ嬢から聞いていた『わたしという猫』を探しに、ジュンク堂大阪本店へ帰りに寄ってみる。久しぶりの漫画コーナー。幻冬舎コミックスと教えられていたのですぐに見つかるだろうと高をくくっていたが、街の本 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む

六本木ヒルズの都市伝説?という記事を読む。http://npn.co.jp/article/detail/42366910/うーん、と考えてる場合では、今日はなくて、さっそく、必死のぱっちで原稿書きを開始します。 ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話

城戸久枝著『あの戦争から遠く離れて』。 またも満州に辿りついた城戸久枝さんの『あの戦争から遠く離れて』。良かった…。中国残留孤児のことを書いた本、ドキュメンタリー映像なども多くはないけど観たり読んだりしていた。山崎豊子さんの『太陽の子』もそ ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む

土曜日は撮影の後、ファンタスティック・ラフ・マシーンになり月曜日のデザイン出しの用意を終えて、神戸で相方と合流してホタテのバター焼きや豚玉などにビール→日本酒→焼酎で出来上がったところで加納町の金村兄貴に会いに行く。 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む

珍しいことばかりの、佳き秋の日。 午前8時からロイヤルホテルでの撮影のため珍しく早起き。といっても、6時起きって、世間では普通に近いよね。撮影内容は楽しみなものだったので、起き抜けは爽快で、もはや戦友(いや同志かな)のTさんのお陰で順調のこの上ないし ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む 今日のできごと  コメント(2)

帰り道から止まらなくなり頁を繰り続けた。本田靖春さん、すごすぎる。『誘拐』は予想通り昭和の薄汚れた東京と、あたしには遠すぎる東北の不幸が濃く闇を描いていた。関西で暮らしているせいか、「赤貧を洗 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む

星新一さんと本田靖春さん。 最近、NHKで星新一のショートショートをやっていて、すごく懐かしくて面白いけど、勿体ない。やっぱりあの真鍋博さんの表紙でいきなり不安になりつつ星新一節で意表を突かれつつ、またもあの鍋博さんの線画イラストで一層と不安に ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(7)

「知ってるけど書いてないこと」。 テープ起こしした黒川博行さんインタビュー原稿を読むと、「これは書けん!」とだいぶと考慮して起こしたはずなのに、「これだって書けん!!」とそこからまただいぶと削る。主に、11月から『サンデー毎日』で連載が始まる「監察も ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(5)

コスプレ小池百合子さん@『振り袖、ピラミッドを登る』。 出馬を固めたいのに集めたボールがどっか飛んでいきそうであたふたしてます。の小池百合子さん。あたしにはどこまでも他人に感じるから「さん」つけであり、他のひとにつける「さん」とは全く意味が違うけど、このブログでも ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話  コメント(4)

12分の9の誓い。 気がつけばもうすぐ9月。月日を思うとき、縦長の月めくりか日めくりのカレンダーを想像するのであたしは今年があと何ヶ月なのか。あたしの「現在地」は今年のどの部分なのか。すぐに感じることができない。なので、 ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話  コメント(2)

石田衣良著『非正規レジスタンス』。 ダイハクリョクに借りてたのを思い出して今さらなんだけど、石田衣良著『非正規レジスタンス』を読む。これは『池袋ウエストゲートパーク』のシリーズ八作目。あたしは『池袋ウエストゲートパーク』はテレビから入っ ... » more

メモリー「カウンター主義」と、ラブレター「The ROYAL」(だらだらとむちゃ長いよ)。 あたしがどうしようもなく吸い寄せられてしまう店がある。ソースの香り漂うお好み焼き屋だとか、香ばしい油の匂いがたまらん中華食堂などのジャンルの話ではない。そこにカウンターがある限り。あたしはカウ ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(4)

仙台市生まれの甘粕正彦の家系は佐野眞一著『甘粕正彦乱心の曠野』にこう書かれている。<豊臣秀吉の世になって、越後から会津に国替えとなった上杉家は、関ヶ原の合戦で西軍に参加して敗れたため米沢に移封され、甘粕家も主君の上杉家に従って米 ... » more

佐野眞一著『甘粕正彦 乱心の曠野』。 この時期ということもあり、HNKでは連夜戦争体験を語る番組が放映されている。ちょっと前に平川克美さんとお話したときに、「俺だって、戦争は見てねえんだよ」とおっしゃっていたが、つまり、戦争体験をした人間というのがど ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む 世知辛い話  コメント(2)

先週の食べ走り書きと「サービス」について。 17日は相方と福島で炭焼きバイ・マイ・セルフ。18日は相方と北新地で「喰海」のプルコギやチヂミや砂ずりでマッコリ。店主兄弟のオモシロトークでにっこり。19日は質問大会を開催のため、支配人嬢とトアロード横「バール・ ... » more
テーマ 本を読む 食べる 世知辛い話

今週の走り書きと西加奈子さん『窓の魚』など。 ●火曜日●相方と神戸一真剣な台湾料理の「蓬莱亭」にて豚足と蒸し鶏とビーフンにむせび泣きながら女料理人から社会情勢についての見解を拝聴し、その後、加納町のサードローに移動してはじめましての沖縄の友を交えた歴史オタクの金 ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む ムーンライトのピザ  コメント(2)

曖昧ミー。 えー、そわそわしております。先週末は麻雀にも行けなかったんだけど、日曜日は買い物帰りに、ふと発作的に栄町へピザを食べに行きました。それで気がついたけどあたしは珍しく1週間ほど酒場からも遠ざかっていて、目の前の ... » more
テーマ 本を読む 今日のできごと 神戸な生活

毎日が本の事
梅雨とか台風とか言っているうちにもうすぐ7月ですね。今月のお勧め本は食堂かたつむりですお勧めといっても、もうすでに読んでいる方も多いと思います。ゆっくりとした感じですすんでいくお話の中で、自分の生活ももう少し内面を大切に生き ... » more
テーマ 本を読む

黒川博行さんの新刊『蜘蛛の糸』。 しかしなんですなオヤジという生き物は命がけですなあ。と、幾度とないとほほに継ぐとほほでどんどんと切ない気持ちになってきたのが黒川博行さんの新刊『蜘蛛の糸』。Amazonの説明にはこんな記述もある。 ... » more

ビバ・釈徹宗先生による『キョースマ』の京都の寺特集。 火曜日に不肖。と久しぶりにゆっくり話して、水曜日にベトナムでベンケットのたあやんとなるシンゾウとあやふやな未来を想像しあって、木・金と原稿を書いて打ち合わせて土曜日に講義をなんとか終えて、東京から一時生還のしみちょんと ... » more
テーマ 心が震えたこと 本を読む  コメント(4)

秋葉原の事件関連の報道が続いている。容疑者の生い立ちや苦悩や抱えていた問題。それを社会の問題として捉えたニュース番組が目立つ。それに意味はあるかもしれないけど、同じような犯罪を起こさない、ということに果た ... » more
テーマ 本を読む 世知辛い話  コメント(5)

 

最終更新日: 2017/06/23 10:29

「本を読む」のブログ関連商品

» 「本を読む」のブログレビュー をもっと探す

「本を読む」ブログのユーザランキング

Oh Edo Sampo 1 位.
Oh Edo Sampo

テーマのトップに戻る