誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江戸川乱歩

江戸川乱歩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「江戸川乱歩」のブログを一覧表示!「江戸川乱歩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「江戸川乱歩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「江戸川乱歩」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

Le passe-temps三角館の恐怖〔江戸川乱歩〕
三角館の恐怖〔江戸川乱歩〕 隅田川近辺の川岸に建つ石とレンガの古色蒼然たる3階建ての洋館―元は正方形の屋敷だったものを対角線で真二つにしたため、付近の人々から三角屋敷とも三角館とも呼ばれる蛭蜂一族の洋館で、1月下旬の雪の日の深夜、突如として1発の銃声が鳴り響いた。 ... » more

「江戸川乱歩傑作選」江戸川乱歩著 乱歩といえば角川文庫から大量に発刊されていたエログロ長編群がまず目に付いた1970年代に、いちお格調らしきものを志向していた新潮文庫から、乱歩で一冊だけ刊行されていたのが、この比較的初期の短編集である。昭和の前半にぐちゃぐちゃの長編 ... » more

切手と文学江戸川乱歩生誕の地
江戸川乱歩生誕の地 前回のブログでは、池袋の地下街で展示されている乱歩ゆかりの品を紹介しましたが、それに関連して、今日は乱歩生誕の地の風景印を紹介しましょう。江戸川乱歩は明治27年10月21日、三重県名張で生まれました。乱歩の父が、名張町にあった名張郡 ... » more

切手と文学Echika池袋ギャラリーで乱歩展
Echika池袋ギャラリーで乱歩展 先日、久しぶりに池袋を歩いていたら、西口の地下鉄副都心線改札に向かう地下に「Echika池袋ギャラリー」なる、通路沿いのギャラリースペースが生まれていました。解説によると、平成21年3月、文化芸術の薫るまち「池袋モンパルナス」をコンセプトに ... » more

Le passe-temps化人幻戯〔江戸川乱歩〕
化人幻戯〔江戸川乱歩〕 25歳の独身青年庄司武彦は、もと侯爵大河原義明の秘書役をつとめることになった。大河原家の若い夫人由美子は、もと大名華族のお姫様であり、その美貌に武彦はひかれた。大河原家に出入りするふたりの青年、姫田吾郎と村越均の間には険悪な空気が流 ... » more

暗黒星/闇に蠢く〔江戸川乱歩〕 戦災で廃墟に化した大都会東京の中で、ここ麻布K町に焼け残った赤レンガの怪西洋館があった。そこには奇人資産家として知られる伊志田鉄造氏一家が住んでいた―。長男の美青年一郎とその姉の綾子のうえに奇怪な、そしてぶきみな脅迫の牙が迫る。一郎 ... » more

丸尾末広展「乱歩パノラマ」出版記念原画展【スパンアートギャラリー】 本日、見て参りました。11時すぎに入ったので、ゆっくり観賞することができました。(でも、芳名帳は二番目だった…)カラー絵が美しいのは、もう当然でして、下描き段階での完成度の高さに改めて驚きました。“プロの仕事だなぁ…”と惚れ ... » more
テーマ 江戸川乱歩 展覧会 丸尾末広

乱歩パノラマ 丸尾末広画集〔丸尾末広〕 最高!保存用にもう一冊買わねば。この内容で2000円しないなんて、太っ腹すぎますでしょ。カラー絵の美しさは言わずもがな。「パノラマ島綺譚」の未使用原稿の完成度に驚愕しました。「踊る一寸法師」の漫画作品は二 ... » more
テーマ 江戸川乱歩 丸尾末広

名探偵-明智小五郎=天地茂にハマっている! >チャンネル銀河というCATVで江戸川乱歩シリーズを放映している。いや、今から20年以上も前のTV朝日作品で好評だった「明智小五郎」シリーズなのだ。この明智小五郎が天地茂という俳優サンなワケだ。当時から ... » more
テーマ イラスト 江戸川乱歩 天地茂

Le passe-temps影男〔江戸川乱歩〕
影男〔江戸川乱歩〕 影男!その正体は、速水荘吉・綿貫清二・鮎沢賢一郎・殿村啓介・宮野緑郎と無数の名をもつやせた男。さらに小説家としては佐川春泥という名で知られ、その執筆する怪奇異風の小説は世にもてはやされていた。このふしぎな男は何をもくろむのであったか ... » more

地獄の道化師・一寸法師〔江戸川乱歩〕 小林紋三は浅草公園を散歩中、ぶきみな一寸法師に出会った。その一寸法師が紋三の前に落としたふろしき包みの中には、青白い死人の切断された腕が入っていた。――名作「一寸法師」と「地獄の道化師」の二大作を収録。『地獄の道化師』は ... » more

Le passe-temps黄金仮面〔江戸川乱歩〕
黄金仮面〔江戸川乱歩〕 突如!大東京にその姿を出現させた“黄金仮面”とは!?上野公園で開催された産業博覧会に出品された日本随一の大真珠、その値5000万円といわれる「志摩の女王」をねらう黄金仮面。そしてまた、日光山中C湖畔の華族鷲尾家の広壮な別邸で発生した ... » more

今日はさすがに風邪と体調不良で家にいた。家にいても料理、洗濯、食器洗いなど結構やることが多くて忙しかったが、一方で昼間にゆっくりアロマ風呂に入ったり、行きつけのサロンの人に頂いた生姜ジャムにお湯を入れて飲んでいた。風邪をひいた時には ... » more
テーマ 江戸川乱歩 丸尾末広 マンガ

Le passe-temps黒蜥蜴〔江戸川乱歩〕
黒蜥蜴〔江戸川乱歩〕 「美しい女の左の腕に、1匹の真っ黒に見える蜥蜴がはっていた。それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をよたよたと動かして、はいだしたように見えるのだ。」怪奇なとかげの刺青をもつ世紀の女賊黒蜥蜴!緑川夫人に変装して狙う獲物は何!? ... » more

Le passe-temps月と手袋〔江戸川乱歩〕
月と手袋〔江戸川乱歩〕 シナリオ・ライター北村克彦は高利貸し股野重郎の妻あけみと通じ、股野を絞殺した。夜空には化けもののような巨大な赤い月がでていた。まるで凶事の前兆のように…。克彦とあけみは股野殺しを巧みなトリックでのがれようと図り、すべては順調にいった ... » more

Le passe-temps吸血鬼〔江戸川乱歩〕
吸血鬼〔江戸川乱歩〕 初秋の塩原温泉、塩の湯A旅館で世にも奇怪な毒薬決闘が行なわれんとしていた。ひとりの美女柳倭文子をめぐっての美青年・三谷房夫と画家・岡田道彦との決闘であった。決闘に敗れた岡田は“畑柳未亡人”という不思議な言葉を残して温泉から去っていった。 ... » more

ペテン師と空気男〔江戸川乱歩〕 わたし、野間五郎は青年時代から物忘れの大名であり、友人から、空気のようにたよりない男といわれ、そこから「空気男」というあだなが生まれていた。そのわたしが、なんとなく汽車に乗りたくなり、静岡までの切符を買って乗った車中で、ふしぎな黒ずくめ ... » more

夜想 モンスター&フリークス―yaso monster & freaks 宇野亜喜良氏の『乱歩讚江』目当てに購入しましたが、保存用にもう一冊購入しなきゃ!と思う程の充実ぶり。(編集に1年がかりだったそうです)しばらくは就寝前の楽しみの一つとして、ゆっくり読み込んでいきたいです。『アリスが落 ... » more
テーマ 江戸川乱歩

江戸川乱歩 早稲田の下宿と土蔵 江戸川乱歩は、作家として多忙な日々を送りながらも自己嫌悪に陥り、休筆を宣言して、早稲田界隈で下宿屋を営んでいた時期がありました(実際には下宿の経営は妻にまかせ、自身は放浪の旅に出ていたようですが)。まず、昭和2年3月、早稲田大学正門前(戸塚 ... » more

切手と文学江戸川乱歩と棟方志功
江戸川乱歩と棟方志功 2009年10月3日から11月15日まで神奈川近代文学館にて開催されていた「大乱歩展」を、最終日に訪れました。私の乱歩との出会いは小学校四年生の頃だったでしょうか。学校の図書室にあったポプラ社の「少年探偵シリーズ」をむさぼる ... » more

Le passe-temps人間豹〔江戸川乱歩〕
人間豹〔江戸川乱歩〕 大学を出たばかりの青年会社員・神谷芳雄がめぐりあったあそるべき怪事件。愛人の弘子がつとめる京橋のカフェ・アフロディテで、芳雄は怪物人間豹を知った。その顔はドス黒く、大きな口、そして敏捷に動く舌は肉食獣猫属の舌であった。怪屋にとじこめ ... » more

大ベストセラー ついに完結! ポプラ社発行の『江戸川乱歩少年探偵シリーズ』全26巻で完結だそうですね。「黄金仮面」「人間豹」「一寸法師」は出ないのかと、ガッカリ……。「黄金仮面」以降はの少年向けは代作のリライト作品だから、出ないかもしれないという話は ... » more

Le passe-temps心理試験〔江戸川乱歩〕
心理試験〔江戸川乱歩〕 蕗屋清一郎が下宿屋をいとなむ老婆を絞殺した。老婆がためていた大金をねらって…。容疑者として蕗屋の同級生斎藤勇があげられた。犯人として斎藤が確定したかと思われたが―。蕗屋は判事のおこなう心理試験にそなえ万全の応答を準備した。蕗屋の ... » more

芋虫〔江戸川乱歩×丸尾末広〕 「夢幻紳士回帰編」を買い求めに書店に行きましたら、同じ平台に出ていました。表紙を見た瞬間“キターッッ!!”と、テンション上がりましたね。こんなに早く単行本化してくれるとは思ってなかったので、感激でした。(しかし、せっかく ... » more
テーマ 江戸川乱歩 丸尾末広 漫画

Le passe-temps孤島の鬼〔江戸川乱歩〕
孤島の鬼〔江戸川乱歩〕 わたしは25歳の青年で、丸の内にオフィスのある貿易商S・K商会につとめていた。そこでタイピストの可憐な乙女木崎初代とわたしは恋におちた。結婚を約束したわたしに初代は命から二番めに大切な先祖の系図書きを預けた。それは何を意味したか? ... » more

Le passe-temps人間椅子〔江戸川乱歩〕
人間椅子〔江戸川乱歩〕 外務省書記官夫人である佳子は、美しい閨秀作家としても知られていた。そんな佳子のもとへ、突然ある男から原稿が送られてきた。その原稿には何が書かれていたろうか?…彼女がいま腰をおろしている書斎のイスのなかに、彼女をひそかに恋する男がひそ ... » more

Le passe-tempsD坂の殺人事件〔江戸川乱歩〕
D坂の殺人事件〔江戸川乱歩〕 D坂の古本屋の細君が殺された!その死体には生傷がたくさんあった!D坂のカフェー白梅軒で知り合いになったわたしと明智小五郎は、犯人さがしに懸命になった。わたしの推理では明智が犯人かと思われた!だが…。危うく犯人にされそうになっ ... » more

怪人二十面相(ポプラ文庫クラシック)〔江戸川乱歩〕 十年以上を経て突然帰郷した羽柴家の長男、壮一。折しも羽柴家には、ちまたで噂の盗賊「怪人二十面相」からロマノフ王家に伝わる宝石を狙った予告状が届いていた。変幻自在の愉快犯・怪人二十面相と名探偵明智小五郎、記念すべき初対決の幕が開く。 ... » more

夜光人間(ポプラ文庫クラシック)〔江戸川乱歩〕 「きもだめしの会」を開いた少年探偵団。ひとだまが出るという噂の不気味な森に入った7人の少年たちは、そこであるおそろしいものと遭遇する。少年たちが見たのは、宙に浮かんだ銀色に光る首だった!不気味に光る怪物が、少年たちに迫る! ... » more

第26回:黄金仮面の謎(最終回)黄金仮面というと江戸川乱歩の原作にもあるし、それを二十面相ものとして再構成した仮面の恐怖王があるが、今回の黄金仮面は黄金仮面でもピカソ作だとか。今回の話はお決まりのパターンの裏をみごとにかいていてさすがに ... » more
テーマ 江戸川乱歩 少年探偵団 怪人二十面相  コメント(1)

 

最終更新日: 2016/12/09 07:38

「江戸川乱歩」のブログ関連商品

» 「江戸川乱歩」のブログレビュー をもっと探す

「江戸川乱歩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る