誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江戸川乱歩

江戸川乱歩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「江戸川乱歩」のブログを一覧表示!「江戸川乱歩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「江戸川乱歩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「江戸川乱歩」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今週はこんな本を読んだbS10(28.3.20)「展望塔の殺人」島田荘司光文社文庫91年3月 初版440円島田の初期の短編集である。「緑色の死」、「都市の声」、「発狂する重役」、「展望台の殺人」、「死聴率」、「D坂の密室 ... » more
テーマ 江戸川乱歩 島田荘司 展望塔の殺人

乱歩ワールド大全〔野村宏平〕 キャラクター論、トリック分類、マンネリズムと様式美…乱歩狂(マニア)が全著作を超解剖。渾身の大乱歩論。乱歩の全作品を網羅した方にも、これから乱歩作品を読む方にもオススメしたい乱歩本。密林のレビューにもありまし ... » more

ミステリマガジン 2015年9月号 7月28日で没後50年をむかえる江戸川乱歩。本誌では昨年の「幻想と怪奇」にひきつづき特集を行なう。作者が死してなお、映画、ドラマのみならず、舞台、歌舞伎、アニメにまでインスピレーションを与え続けている乱歩作品の魅力に迫る。 ... » more

ユリイカ 2015年8月号〔特集*江戸川乱歩〕 嗚呼、何という事でしょう。自分は、昨年の江戸川乱歩生誕120年と、今年の没後50年であることを失念しておったのです。そして、最近やっと、没後50年を企画しているユリイカとミステリーマガジン、乱歩ワールド大全の三冊を買 ... » more
テーマ 江戸川乱歩 丸尾末広

戦後池袋の住人・江戸川乱歩が視た世界 本日見て来ました。が!嗚呼、何という事でしょう…。旧江戸川乱歩邸が14日から22日まで無料で公開されていることを、帰宅してから知ったのでございます…。あ〜あ…。まぁ、平日のどっ ... » more

「すべては乱歩から始まった〜日本ミステリーの父 没後50年」 撮りだめしたブラタモリを見ようとしたら、こんな素晴らしい再放送が。確か、見た記憶はあるんですが、再放送に巡り合ったのはラッキーでした。ありがとう!NHK!NHKアーカイブス「すべては乱歩から始まっ ... » more

江戸川乱歩の一寸法師〔1955〕 本日初めて鑑賞致しました。これは先に見た方もレビューで書かれているのですが、この映画の肝は本作の主人公である『一寸法師』を演じた和久井勉氏の存在感につきますね。(メインキャストが大根なのが、どーでもイイと思えるほど) ... » more

『昭和の名優、故天知茂さんが名探偵・明智小五郎を演じ、人気を博したドラマシリーズ25作品が初ブルーレイ化され、「江戸川乱歩の美女シリーズ Blu-ray BOX」として6月24日にキングレコードから発売される。』…この日記をお読みの ... » more

『江戸川乱歩映像読本』 今日ご紹介する書籍はこれ。『江戸川乱歩映像読本』。紹介はするが乱歩に興味がない御仁には全くオススメは出来ない書籍である。100%江戸川乱歩と、その映像化された内容に関わる、非常にマニアックな書籍だ。明智小 ... » more

『湖畔亭事件』という小説も、実に江戸川乱歩っぽい小説なんだよなな。内気な主人公が療養に来ている湖畔亭という旅館の自分の部屋に女湯を覗ける鏡の仕掛けを作って自分の世界に浸る世界感。まさに乱歩っぽい。鏡、押し入れの中。そしてその仕掛けの ... » more

『一寸法師』って今だと何て言ったらいいんですかね、作者の江戸川乱歩のように表現すると、子供の身体に大人の頭が乗ってる人なんですが、そんな身体的に特徴のある人が世紀の犯罪者として、色々としでかすという話。明智小五郎登場作品。江戸川乱歩 ... » more

探偵小説と呼ばれるものには、トリックに重きをおくばかりに動機が薄かったり、ワンパターンなものが多いような気がする。2時間ドラマが隆盛となっている現代においてその傾向は顕著だと思うが、この『妖虫』は壮絶だ。物語のたてつけ自体は、乱歩の ... » more

石井輝男監督の『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(1969)という映画。もうタイトルからしてダメなのだが、これが何年かに1度ぐらいのサイクルで名画座に登場したりする。前回は池袋の新文芸座でリバイバル公開され、皆さまの予想に漏れず私も参 ... » more

久々にブログテーマを追加しての更新。「江戸川乱歩」とテーマを追加したのは私の中で第何次かの江戸川乱歩ブームが到来し、何度も読んだはずの乱歩の小説を読み返しているからだ。皆さまにも是非お伝えしたい。最初は有名な『黒蜥蜴』から紹介したい ... » more

夢野久作 あらたなる夢 KAWADE夢ムック 幻想怪奇文学の巨匠・夢野久作の決定版特集。単行本未収録のエッセイ、猟奇歌、書簡を発掘公開するほか、あらゆる角度からその魅力にせまる。夢野作品、全て読み切ってないのに、ついカッとなって買ってしまいました…。だが、後悔は ... » more

江戸川乱歩の著作リストです。ポプラ文庫クラシックの少年探偵団シリーズのリストです。本の画像は、文庫があるものは文庫、無いものは単行本を表示。画像をクリックするとAmazonのページ、画像下の書名をクリックすると、ブロ ... » more
テーマ 江戸川乱歩 著作リスト

多賀新 銅版画展 - 乱歩&魚シリーズ - Shin Taga Exhibition 先日、見て来ました。多賀作品の実物を見るのが初めてだったので、感動感激でした。魚シリーズも迫力のある作品でしたが、やはり春陽文庫の乱歩シリーズに目と心を奪われました。春陽文庫表紙全30作品の展示でしたら、完璧だっ ... » more

Le passe-temps同性愛【書物の王国10】
同性愛【書物の王国10】 同性愛は解決法のない難題であるか? コクトー「白書」、ルイス「薄明り」、ラシルド「アンティノウスの死」、江戸川乱歩「もくず塚」、川端康成「朝雲」など、同性愛をテーマにした作品を収録。国書刊行会の「書物の王国」全20シリー ... » more

「陰獣」 日本への憧れと勘違い DVD(映画)「陰獣」INJU2008年フランス原作:江戸川乱歩監督・脚本:バルベ・シュロデール脚本:ジャン・アルマン・ブグレルフレデリック・アンリ助監督:オリビア・ジャケ出演:ブノワ・マジメル源利華石橋凌西村和彦藤村志保菅田俊島岡現福井友 ... » more
テーマ 江戸川乱歩 バルベ・シュロデール DVD(映画)

K-20 怪人二十面相・伝〔2008〕 舞台は、1949年――架空都市《帝都》19世紀から続く華族制度により貧富が二極化する帝都。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまうK-20と呼ばれる≪怪人二十面相≫の出現が世間を騒がせ ... » more

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界 「少年探偵団」「名探偵ホームズ」「怪盗ルパン」の3大シリーズをはじめ、昭和20〜50年代の児童向けミステリの表紙絵約400点をオールカラーで集大成したヴィジュアルブック。去年、書店で見かけて、ようやく購入いたしました。 ... » more

Le passe-temps天野喜孝 乱歩幻影画集
天野喜孝 乱歩幻影画集 個人的には乱歩作品の挿画は「江戸川乱歩×多賀 新」が鉄板、と思いこんでいるのですが、天野氏の作品群も妖艶で美しいですな。(どちらのカバー絵も小説のネタバレをせずに、作品の魅力を伝えようとしているトコロは共通していますな。以前 ... » more

江戸川乱歩の弟に宛てた書簡(2) 前回に続き、もう一通、宮尾しげをのはがきを紹介しましょう。前回紹介したはがきと同様、宛先は江戸川乱歩の弟である平井蒼太となっています。住所は「滋賀県甲賀郡寺庄村寺庄」、蒼太がカリエスの療養で滞在していた、妻の実家宛てに出され ... » more
テーマ 江戸川乱歩 平井蒼太 宮尾しげを

江戸川乱歩の弟に宛てた書簡(1) 最近、まったく別のルートから、漫画家宮尾しげを氏の直筆はがきを二通、入手しました。そのあて先が同一人物であったことから、宮尾しげを氏がこの人物と頻繁に手紙をやりとりしていたことがうかがえます。今回は、この書簡を紹介してみたいと思います。 ... » more
テーマ 江戸川乱歩 平井蒼太 宮尾しげを  コメント(2) トラックバック(1)

Le passe-temps緑衣の鬼〔江戸川乱歩〕
緑衣の鬼〔江戸川乱歩〕 探偵小説家の大江白虹とその友人が銀座で目撃した怪事は、通行中の若い女に襲いかかる巨人の短剣の影であった。緑につつまれた怪人のナゾを追う大江と名探偵・乗杉龍平。―この世ならぬ恐怖の世界を現出した「緑衣の鬼」。イーデン・フィ ... » more

Le passe-temps猟奇の果〔江戸川乱歩〕
猟奇の果〔江戸川乱歩〕 愛之助は猟奇の徒であった。愛之助の大学以来の友に品川四郎という通俗科学雑誌社を経営する男があった。招魂祭でにぎわう九段で、愛之助はその品川に瓜二つのスリに出会ったことが、それからの怪奇な事件の幕明きであった!銀座裏の陰気なカフェ ... » more

Le passe-temps白髪鬼〔江戸川乱歩〕
白髪鬼〔江戸川乱歩〕 九州の西岸にあるS市の旧家大牟田家のあるじ、子爵の敏清は、当時18歳の美女瑠璃子を妻とし、親友川村義雄と三人でしあわせな日をおくっていた。しかし、川村と瑠璃子の邪恋の犠牲となり、敏清は地獄岩から落とされた。墓所の穴蔵に入れられた棺の ... » more

Le passe-temps妖虫〔江戸川乱歩〕
妖虫〔江戸川乱歩〕 悪魔の指さすところ、全裸体の若い娘が、十字架に手をひろげ、股をひろげてくくりつけられ、両の乳ぶさのあたりに二つのほら穴があいて、そこから流れ落ちた血潮が下半身をあけに染め、苦悶の形相ものすごく、歯を食いしばって息絶えている!悪魔の紋章“ ... » more

Le passe-temps魔術師〔江戸川乱歩〕
魔術師〔江戸川乱歩〕 探偵小説の一大金字塔!不滅の足跡を遺す巨星・江戸川乱歩の長編傑作!しばしの休養のため湖畔のホテルにやってきた名探偵明智小五郎は、東京の大宝石商の娘玉村妙子と知り合ったが、それが玉村家の怪事件へかかわり合うことになる始まりだった。玉村 ... » more

Le passe-temps悪魔の紋章〔江戸川乱歩〕
悪魔の紋章〔江戸川乱歩〕 H製糖株式会社取締役・川手庄太郎は差し出し人不明の脅迫状に悩まされていた。川手氏とふたりの娘の命をねらう不敵な復讐者とは、いったい、その正体はなんであったか?川手氏の依頼を受け、しろうと探偵で法医学界の権威・宗像隆一郎博士は、犯人究 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 07:38

「江戸川乱歩」のブログ関連商品

» 「江戸川乱歩」のブログレビュー をもっと探す

「江戸川乱歩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る