誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

何だか、教育界が大変だ。「いじめ」問題とか、教師の猥褻事件とか、他にも教師の窃盗事件とか。「いじめ」問題は、あちこちに波紋が広がっている。大津の事件とは関係のない人がネット上で、さも関係者のごとく名指しで批判されているとか。 ... » more
テーマ 教育 教師

「現代の教師に求められるもの」 7月12日、法政大学教職課程センター開設記念シンポジウムが、法政大学市ヶ谷キャンパスであり、参加してきました。シンポジウムは、「現代の教師に求められるもの−私立大学における教員養成を考える−」というテーマで、尾木直樹さん(法 ... » more
テーマ 教育 教師 大学

私たちは、教師である前に人間です。教師というのは、私という人間のほんの一面でしかありえません。しかし、教師になった以上、その顔をはずす訳にはいきません。自分の意志とは別に教師として見られている自分があります。何か問題が起こった時に、 ... » more

オールスター戦・MVPは中村紀洋。天国と地獄を行ったり来たり、不思議な野球選手。近鉄時代に待遇改善を求めて、経営陣からブラックリスト入り。どこの球団からも拒否された。中日の落合監督に拾われた。それこそ草履取りから ... » more
テーマ 教師 自力救済 オールスター

仕事には単純作業とサービスなどがあります。単純作業なら一例として、製品を作って梱包して出荷したら終わりです。しかしながら、サービス業にはどこで終了したという出口が分からないこともあります。日常のサービス業務なら、お客様や利用者を ... » more

子どもたちが安心して授業に参加できるように、どの発言の後にも拍手を送ったり、賞賛の言葉を送ったりすることがあります。どんな発言でも互いに認め合える仲間になることが前提ですから、これはとても大事なことです。ただし、認め合うというのは、 ... » more

現在も含めて私は素晴らしい先生に恵まれています。反面教師のような人とも長く、何度も関わりましたが、それ以上に御恩のあるお世話になった方々が多数いてくださいました。教師という立場でも同じ人間です。教える側、教えられる側というハッキ ... » more
テーマ 教師 生き方、考え方 つながり

わたしたちの目の前で、子どもたちは様々な姿を見せてくれます。そして、その一つ一つに価値判断をし、子どもを評価しています。人が話をしているときに、話をよく聞こうとしている子どももいれば、そうでない子もいます。もし、私たちが、話をよ ... » more

今年、還暦のマロ。を見に行ったら、子供が出来て、おめでたいことになった。無事に育つのを祈っています。パンダへの愛情を人間愛にも向けたいものだ。「いじめ自殺事件」の続報を聞くたびに、腹が立つ。教師は ... » more
テーマ 将棋 教師 いじめ

モラハラとアスペルガー症候群 最近、ある人のドキュメントを見て考えることがありました。それは大人のアスペルガー症候群の方の取り組みでした。その方は東京大学を卒業して大学院まで進んだらしいのですが、仕事で周りとのコミュニケーションが上手く取れないことで、アスペルガ ... » more

子どもや生徒から教えてもらう 大人や教師は子どもや生徒に教えるだけが、仕事だと思っていませんか?初めはそれで構いません。しばらくたったら、ときどきわざと分からない振りをして、彼らに教えてもらいましょう。これなんだったっけ?これが思い出せないんだけど? ... » more
テーマ 教師 子ども 生き方、考え方

私たちは、子どもに力を付けようと日々の教育活動を行っています。この時に大事にしたいのが、学習の4つの段階です。若い頃は、何を教えたらよいかということを知り、それを子どもに与えるだけで精一杯の時期がありました。次第にそれだけではいけな ... » more

よりよい授業づくりをしていく中で、よく子どもを見なさいと先輩に言われることがありました。この子どもをよく見るということは、授業で様々な刺激を与えている授業者に反応するのが子どもだから当然といえば、当然のことです。いくら教師がよい授業観を ... » more

私たちは、時間と共に生きています。その時間は誰にでも平等に流れていますが、その時間に対するイメージは人によって異なります。過去を振り返ることなく、前向きに生きている人もいれば、過去を大切にしながら、今を生きている人もいます。今という時間 ... » more

私たちは、褒めたり、叱ったりしながら子どもを育てています。よく褒めて育てましょうなどと言う人もいます。また、褒め方や叱り方の本を参考にしながら、言葉を選んでいる人もいます。どんな言葉を選んで子どもに対応しているかということは、と ... » more

子どもを育てる時にその子らしさを大事に育てたいと思います。その子らしさは、他の子どもと比較して素晴らしいわけではありません。その子のもつ独特の素晴らしさです。教師の価値観に合うから素晴らしいわけでもありません。学級づくりをする上 ... » more

私たちは、子どもたちに指示をすることが多くあります。その時、「しなさい。」と言う言葉を避け、「〜しましょう。」という言葉を使うことに心がけます。なぜ、命令語を避けるのでしょう。人は、誰でも主導権を握りたいと思っています。命令 ... » more

学級王国・・・昔は、よく耳にしました。今は、あまり聞かなくなった言葉です。実際には、それぞれの担任が自分の考えを十分発揮しながら、学級作りを進めているので、学級王国を作っているはずなのです。どうして、この言葉が聞かれなくなったの ... » more

5月も中頃となりました。この頃になると子どもたちは、学級での生活にも慣れ、次第に自分を出し始めます。そのため、4月には見られなかった、子ども同士のトラブルや学級全体で考えなければならない問題が起きることがあります。これは、とても自然 ... » more

GKはディフェンスの専門家と言ってよい。もちろん、ゴールラインからのスローインやリバウンドを捕ってからの攻撃はあるが、基本的には、GSにボールをゴールサークル内で持たせないように守ることである。しかし、ルール上、相手とぶつかることはもち ... » more

新学期が始まって、1ヶ月が過ぎようとしています。この間、子どもたちは、どんな先生だろう、どんなことを大事にしているのだろうと先生を知ろうと五感を使って必死で学んできました。そして、大まかな先生像を創り上げています。「この程度ならば、 ... » more

私たちは、子どもを育てるために様々な事を伝えます。その中で生き方につながる語りは、どれほどあるでしょう。子どもは、よりよく生きたいと思っています。しかし、どのように生きることがよりよい生き方なのかわかりません。それに気づかせ ... » more

私たちは授業を進めるために様々な言葉を子どもにかけています。その言葉にちょっと一言付け加えるだけで、授業のイメージが変わってきます。●だけで、授業は進みます。→を加えるだけで授業に参加する子どもたちの雰囲気も違ってきます。● ... » more

私たちは、常に欲求を満たそうとしています。その欲求は、子どもによって異なりますが、満足することで安定につながります。 マズローの欲求の5つの段階を踏まえて、支援に当たることが適切な支援になります。 最終的には、自己実現の欲求 ... » more

橋下市長に「教師生命かけ反対」…国歌起立せず - BIGLOBEニュース卒業式は、学習指導要領で特別活動とされており、単なる式典ではありません。卒業式という集団活動を通して、生徒の心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図ること ... » more
テーマ 教師 韓国語 国旗・国家斉唱

私たちは、何気なく子どもに言葉をかけています。その言葉がどんな意味をもっているのか、じっくりと考えてみるということはなかなか考えない物です。例子どもと一緒に入学式の準備をしている最中に、机に白布を敷くことになりました。A先生は、 ... » more

私たちは、常に子どもに言葉をかけながら、接しています。子どもたちに言葉をかけるとき、どんな思いや願いがあるのでしょう。そして、どんな感情がわき上がってくるのでしょう。この感情が私たちの教育活動の源泉となっています。子どもたちが幸せな人生 ... » more

考えをもつということをよく言いますが、どうもその理解については、人によってかなり違いがあるように思います。ある課題についての自分の考えをもつということは、その課題について正解の考えを作り上げることなのでしょうか?算数の授業に ... » more

皆がボールを触れるためには、1人が触れる時間を少なくしなければならない。ボールを持っていられる時間は3秒である。ドリブルは出来ないので、誰かにパスをしなければならない。動く範囲が大きく3区分されており、その3区分を順番に渡さなければ ... » more

子どもたちは、教師をどのように見ているのでしょう。 ・学校の中で一番怖い先生は、○○先生だよ。だってすぐに怒るもん。 ・うちの先生はとても優しい先生だよ。僕の事を心配して声をかけてくれるよ。 ・僕は、先生から嫌われているかもしれ ... » more

 

最終更新日: 2017/02/21 14:32

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る