誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

私たちは、何気なく子どもに言葉をかけています。その言葉がどんな意味をもっているのか、じっくりと考えてみるということはなかなか考えない物です。例子どもと一緒に入学式の準備をしている最中に、机に白布を敷くことになりました。A先生は、 ... » more

私たちは、常に子どもに言葉をかけながら、接しています。子どもたちに言葉をかけるとき、どんな思いや願いがあるのでしょう。そして、どんな感情がわき上がってくるのでしょう。この感情が私たちの教育活動の源泉となっています。子どもたちが幸せな人生 ... » more

考えをもつということをよく言いますが、どうもその理解については、人によってかなり違いがあるように思います。ある課題についての自分の考えをもつということは、その課題について正解の考えを作り上げることなのでしょうか?算数の授業に ... » more

皆がボールを触れるためには、1人が触れる時間を少なくしなければならない。ボールを持っていられる時間は3秒である。ドリブルは出来ないので、誰かにパスをしなければならない。動く範囲が大きく3区分されており、その3区分を順番に渡さなければ ... » more

子どもたちは、教師をどのように見ているのでしょう。 ・学校の中で一番怖い先生は、○○先生だよ。だってすぐに怒るもん。 ・うちの先生はとても優しい先生だよ。僕の事を心配して声をかけてくれるよ。 ・僕は、先生から嫌われているかもしれ ... » more

マナーが大切なことを学ぶ1.試合開始前に、手指の爪の長さを審判はチェックし長い場合はその場で切らせる(爪による怪我の防止)2.自分で守るべきルール(接触プレイ、妨害行為等)に違反した場合、プレイを制限され、違反した場所で起立させられ ... » more

ネットボールは、一人のスーパースターが活躍すれば勝てるという球技ではありません。ゲームを進めるにあたり、1人では何も出来ないといった方が早いかもしれません。でも、これこそが皆で協力をすることを理解するもっとも近道だと思いませんか?1人では出 ... » more

ゲーム時、監督は大きな声を出したり、コート外を動き回ることは出来ません。決められたベンチでプレイを見守ることになっています。指示は、チームのキャプテンが出し、選手全員で智恵を絞り、協力して一つのシュートに結びつけます。練習の時から、キャ ... » more

私たちがよく使う言葉に「ありがとう。」があります。相手との関わりを築く上でとても大事な言葉です。でも、子どもはなかなかうまく使えないことが多いようです。こどもたちは、どんな時にこの「ありがとう」が使えるのでしょう。例A先生は、時 ... » more

ネットボールは役割分担がはっきりしており、ゲームを行っているうちに自然に話し合いが始まります。皆で助け合わないとパスがつながらないからです。コミュニケーション能力が不足傾向にある現代の子ども達にとっても、ネットボールは大変取り組みや ... » more

ネットボールの魅力8(内、外どちらでも出来る) G体育館および外コートでも実施できる。1)移動式ゴールがあれば、体育館・屋外でも実施できる。2)ドリブルがないので、平らな場所であれば、土、オールウエザー、タータン、どこでも出来る。3)屋外の未使用エリアに線を引いておけば、いつ ... » more

F必要な施設・設備・器具や道具が安価で整う1)コートの大きさは、バスケットボールコートの枠を使用できる。2)追加ラインとしては、コートを3分割にするゴールラインに平行な2本ライン、2本のシュートエリアライン(ゴールサークル)を引いて ... » more

E指導者が教えやすい。1)バスケットボールのドリブルシュートやランニングシュートのステップを指導することは比較的難しい。一方、ネットボールでは、ゴール直下で攻撃者が停止した状態でシュートすることが多い。そのため、バスケットボールのシュー ... » more

D健康的である1)バスケットボールでは、5人対5人で全員が30mの距離を行ったり来たり、走り続ける為にプレーヤーにかなりの体力が必要となる。しかし、ネットボールは個人の体力・体調に合わせてポジションが選べるので、体力的に無理がない。 ... » more

Cルールで接触プレーを禁止していて、安全性が高い。1)ボールを持っている相手を防御する時、ボールをたたく、引っ張り合う等のバスケットボールで許可される行為がコンタクトという反則になる為、ぶつかり合いが少なくなる。2)ボールを捕りに行 ... » more

B基本的ルールが不変である1)バスケットボールのように、ルールが頻繁に変わるのでは現場指導者、教科書が混乱する。2)ネットボールは、一度覚えれば、ルールが変わらないので教えやすい。さらに年齢やメンバーによって、適宜ルールを簡素化する ... » more

A誰もが、取り組みやすい球技である。 1)ボールは小学生が4号球、中学生以上が5号球で、小さく軽く扱い易い。2)ゴールの高さは、小学生265cm、中学生以上は305cmでバスケットボールと同じ高さである。しかし、ゴールの高さは臨 ... » more

生涯スポーツにふさわしい。1)子供からお年寄りまで、誰でも気軽に取り組める。イングランド、オーストラリア、・ニュージーランドでは、90%以上の女性が行っており生涯スポーツにぴったりの球技である。2)小さい頃からネットボールで球技 ... » more

中学校時代にバスケットボール部に所属し、バスケットボールが大好きな私は、当然のこととして、体育実技教材の一つにバスケットボールを採用しました。ところが、最初の授業では、皆楽しそうにゲームを行っていたのですが、授業回数が進むにつれ ... » more
テーマ 教師 ゴール型種目 体育

子どもがほしがる言葉を取り上げていますが、日常生活の中には、たくさんあります。私たちの都合のよいように働きかけていると、そのうち「先生は、私のことをわかってくれない。」と悲鳴を上げます。その前に、教師は子どもの心をしっかりとつかまな ... » more

子どもがほしがる言葉は、たくさんあります。今回は、「あなたは大事な人だ。」という言葉を取り上げました。例Bくんは、授業中によく私語をしています。そして、友達が発言するとその発言について「そんなことないよ。それは、違うわ。 ... » more

私たちは、毎日、シャワーのように子どもたちに言葉を浴びせています。その中にどれほど、子どもたちがほしがる言葉を浴びせているのでしょう。ひょっとすると自分の都合のよい言葉を浴びせていることはないでしょうか。自分の言葉を見直す機会を ... » more

私たちは、自覚しているか否かに関係なく、学び続けています。これは、生きる上で必要な学びであり、よりよく生きたいと願う私たちの本性に根ざしたものです。そして、この学びは、親を真似ながら、学ぶ時期を経て、家族→学校→社会へと次第に世界が ... » more

新学期が始まり、子どもたちも新たな気持ちで学校生活を始めていると思います。その時に、子ども一人一人にめあてを立てさせることがあります。めあてを立てたときは、意欲もあり、前向きさをもって取り組もうと努力しますが、次第に意欲もなくなり、 ... » more

私たちは、子どもを伸ばそうと、いろいろな言葉をかけています。しかし、その言葉が本当に子どもを伸ばす言葉になっているかどうかは別です。受け取る側が伸びようとする言葉になって初めて、その言葉が子どもを伸ばす言葉として働きます。例えば ... » more

新しい年を迎え、気持ちも一新し、前向きに生きようと構える人は、多いことと思います。私もその一人です。私は、「次代を担う子どもが幸せな人生を歩めるようにその支援をする教師や保護者を一人でも多く幸せにしたい。」という願いをもっています。 ... » more

通知表をもらう子どもや保護者の姿が目に浮かぶ時期になりました。評価する側と評価される側は必ずしもその思いが一致するとは、限りません。伝えたい内容を受け取るのは受け手次第です。通知表では、子どもの能力やその子らしさを評価し、保護者 ... » more

多くの場合、私たちは、指導によって子どもの言動が変化したとき、指導の成果があったと考えます。 しかし、これだけでは本当に成果としてとらえてよいかは、わかりません。 私たちの指導が子どもにとって心地よいものであれば、進んでしますが、そ ... » more

私たちは、子どもの成長を願って、日々努力しています。保護者の方々も同様です。その子育ては、いつまで続くのでしょう?きっと子どもが自立するまでは、子育てが続くのではないでしょうか。子どもの自立には、いろいろな側面をもっています ... » more

キャリア・カウンセリングの授業 先週の「進路指導論」の授業は「キャリア・カウンセリング(進路相談)」について、その意義や役割、取り扱われる内容、用意すべき資料やキャリア・カウンセリングに必要な基本技術などについて講義したあと、進路希望が保護者と異なる生徒の場合を例にロール ... » more

 

最終更新日: 2017/01/22 06:50

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る