誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

私たちは、毎日、シャワーのように子どもたちに言葉を浴びせています。その中にどれほど、子どもたちがほしがる言葉を浴びせているのでしょう。ひょっとすると自分の都合のよい言葉を浴びせていることはないでしょうか。自分の言葉を見直す機会を ... » more

私たちは、自覚しているか否かに関係なく、学び続けています。これは、生きる上で必要な学びであり、よりよく生きたいと願う私たちの本性に根ざしたものです。そして、この学びは、親を真似ながら、学ぶ時期を経て、家族→学校→社会へと次第に世界が ... » more

新学期が始まり、子どもたちも新たな気持ちで学校生活を始めていると思います。その時に、子ども一人一人にめあてを立てさせることがあります。めあてを立てたときは、意欲もあり、前向きさをもって取り組もうと努力しますが、次第に意欲もなくなり、 ... » more

私たちは、子どもを伸ばそうと、いろいろな言葉をかけています。しかし、その言葉が本当に子どもを伸ばす言葉になっているかどうかは別です。受け取る側が伸びようとする言葉になって初めて、その言葉が子どもを伸ばす言葉として働きます。例えば ... » more

新しい年を迎え、気持ちも一新し、前向きに生きようと構える人は、多いことと思います。私もその一人です。私は、「次代を担う子どもが幸せな人生を歩めるようにその支援をする教師や保護者を一人でも多く幸せにしたい。」という願いをもっています。 ... » more

通知表をもらう子どもや保護者の姿が目に浮かぶ時期になりました。評価する側と評価される側は必ずしもその思いが一致するとは、限りません。伝えたい内容を受け取るのは受け手次第です。通知表では、子どもの能力やその子らしさを評価し、保護者 ... » more

多くの場合、私たちは、指導によって子どもの言動が変化したとき、指導の成果があったと考えます。 しかし、これだけでは本当に成果としてとらえてよいかは、わかりません。 私たちの指導が子どもにとって心地よいものであれば、進んでしますが、そ ... » more

私たちは、子どもの成長を願って、日々努力しています。保護者の方々も同様です。その子育ては、いつまで続くのでしょう?きっと子どもが自立するまでは、子育てが続くのではないでしょうか。子どもの自立には、いろいろな側面をもっています ... » more

キャリア・カウンセリングの授業 先週の「進路指導論」の授業は「キャリア・カウンセリング(進路相談)」について、その意義や役割、取り扱われる内容、用意すべき資料やキャリア・カウンセリングに必要な基本技術などについて講義したあと、進路希望が保護者と異なる生徒の場合を例にロール ... » more

私たちは、価値あることには、前向きに取り組むことができます。このことを利用すると、物事に価値あることだと意味づけることで前向きに取り組むことができるということにもなります。そして、その意味づけが多ければ多い程、やる気を高めることがで ... » more

タニタの「からだカルテ」(右端)を見てください今まで、なんとかからだ年齢だけは20代をキープしていたのですが、ここ最近30代が続いています毎日毎日、腹筋や腕立て伏せ、スレ ... » more

子どもたちが教室に全員が揃っていると安心して授業を進めることができます。一人でも欠けていると、その子が気になります。授業に関して言うと、「遅れた分をどうやって取り戻そうか。」「何をしてあげられるだろう。」「いつ、時間を作ろうか。」な ... » more

今年は公私共にいろりろなことがあり、自分自身に考え直されられることがたくさんありました。また、「不惑」の40代を目前にして、あと2年いっぱい悩んで「不惑」の年を迎えたいと思います。さて、筋トレの方ですが、一時期無気力の時期があり休んでい ... » more

「みんな違って、みんないい。」・・・これは、金子みすずさんの「わたしと小鳥とすずと」の詩の一節です。学級経営を進めていくときによく使われる言葉の一つです。子どもたちは、学級という集団の一人として、位置付くためには、みんなと同じことが ... » more

教師の場合、大学に合格し、単位を取得さえすれば教員免許は取得できる。必ずしも4年生大学でなくても可能だ。その後教育委員会が採用してくれれば教師になれる。自動車学校に通い運転免許を取得された方が多いと思いますが。最後に学科試験があると ... » more
テーマ 教育委員会 教師 公立学校  コメント(13)

私たちは、日頃から保護者と連絡を取り、意思の疎通を欠かさないように努力をしています。家庭訪問まで必要がないという用件の場合は、電話を利用することが多いと思います。この電話での対応は、直接相手が見えない分、配慮を欠かないように注意 ... » more

授業作りは、教師の命です。ですから、授業作りに時間をかけることは、当然の仕事になります。しかし、今日の教師の多忙を生み出しているのは、この授業作りにかける時間を圧迫する様々な阻害要因があります。子どもの安心安全確保のためにすべきこと ... » more

三鷹の一日教師を育てる
先日、卒業生から電話がかかってきました。私が1年の担任をしていたときの生徒で、1983年に日体桜華を卒業しています。卒業して以来ほとんど会っていなかった彼女でしたが、一昨年、相談したいことがあるという手紙が来て、吉祥寺で会いました。そのとき ... » more
テーマ 教育 教師 高校

私たちには、様々な感情が身に付いています。その感情があるため、怒ったり、泣いたり、喜んだり、笑ったり、苦しんだりします。でも、強めたり、弱めたりすることはできても、一度に2つの感情を出すことは、できません。例えば、子どもが問題を ... » more

私たちは、時間の流れの中で生きています。その時間は、誰にでも平等に与えられています。しかし、その時間の使い方は様々です。そして、その時間は、幸せになるための時間です。今よりももっと幸せになりたいと願っている人は多くいます。子 ... » more

私たちは、子どもがトラブルを起こした時、そのトラブルを解決するために子どもと一緒にトラブルの原因や問題解決の方向を探りします。その指導の仕方は、教師によって様々で、その指導にかける時間にもかなり差があります。できれば、効率的に行うの ... » more

一つ失敗すると、だめだなと思います。そして、もう一つ失敗すると、何で同じ失敗をするのだろうと思います。そして、自分の能力を疑います。そして、また、失敗するとこれではだめだと自分自身をだめにしてしまいます。私たちは失敗を重ねると次第に ... » more

ファミリーアシスト あすなろ教室
私たちの仕事は、一般の会社と比べると一人に任されることの多い仕事になります。小学校のように教科担任制でなければ、一人で多くの子どもと一日を過ごすことになります。また、教科担任制であっても、多くの場合、1時間の授業を一人で多くの子ども ... » more

人と違っていると不安になります。違っていいのだろうかと心配になります。これは、誰でも経験することです。違いがあると「なぜ、違うのだろう。」と違いに焦点が当たります。そして、みんなと同じにしたいと思います。違っていいとは、なかなか思えませ ... » more

一つのことに一生懸命に打ち込んでいると、どうしても力が入ってしまいます。誰もが経験することだと思います。車の運転でもそうですが、力を入れすぎてハンドルを切ると急ハンドルになり、危険を伴います。少し速度を落として、周りの状況を確認しな ... » more

子どもたちは、無限の可能性を秘めています。しかし、その無限の可能性を秘めていると感じることは、どれ程あるでしょう。子どもならば、この程度できればよいとか、これは子どもには無理だろうと制限を加えているうちは、無限の可能性はなかなか見え ... » more

自信がもてない事の1つや2つは誰にでもあります。そして、その自信のなさは、多くの場合比較によって生まれます。 「〜よりできていないから、私はだめだ。」 「なかなか上達しないから、私はだめだ。」 というように、自分と ... » more

いよいよ新学期が始まりました。夏休みを有効に利用し、充電してこの2学期を迎えることができた人がいるかもしれません。子どもも同様で、概ねやる気をもって2学期を迎えようとしている子が多いと思います。このやる気は1週間ほどは続くと思い ... » more

残りわずかとなった夏休みです。この夏休みを振り返ってみると、私にとって例年の夏休みと比べると、かなり学びについて深く探求することができた夏休みでした。よく考えてみれば、当たり前のことですが、気づいていないのも私でした。それは ... » more

しなければならないこと、したいこと・・・・私たちが何かをするときにどんな思いでその事に立ち向かっているのでしょう。ブログに多くの書き込みをしてきましたが、これらは、すべて学校教育への熱い思いが源泉になっています。書き続けてい ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 15:40

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る